社長面接での逆質問例|目的や押さえておきたい注意点も紹介

面接には逆質問の時間がつきものですが、社長面接でも同様にほとんどの企業で逆質問の時間が設けられます。

学生の中には「面接は自分たちが質問をされる側だから」という理由で逆質問の対策をおろそかにする人も多くいます。しかし、面接は企業が学生に一方的に質問する場ではありません。

面接とは企業と学生が、「自分たちが雇う学生は誰か」と「自分が今後働く企業はどこか」を相互に確認しあうための場所です。

せっかく内定に近づいたのですから、逆質問の時間でどのようなことを質問するかをあらかじめ考えてから社長面接に臨むようにしましょう。

社長面接での逆質問の目的

疑問点を明確にする

社長面接での逆質問の目的1つ目は、就活生の疑問点を明確にするためです。
企業が採用活動において重視していることは、優秀な就活生を採用することだけではありません。

企業は採用活動に多くの費用や時間を投入するため内定辞退は避けたいという考えや、採用した就活生には長く働いてもらいたいという考えもあります。

そう考えるなかで、疑問や不安を残した就活生に内定を出し入社させてしまうと、内定辞退や入社しても早期退職に繋がる可能性があります。

しかし入社前に就活生の疑問や不安を解消すれば就活生も安心して入社できますし、入社後にミスマッチが起こる可能性を下げます。

入社意欲のアピール

社長面接における逆質問の目的には、入社意欲を確かめるためというものもあります。
上記でも伝えたように、企業側には内定を出した就活生には内定を辞退してほしくないという考えがあります。

そして面接を担当する社長や面接官の中には、「入社意欲が強いなら企業研究や業界研究を多くしているはずだし、その分疑問も多く生じるだろう(=質問が無いならば、入社意欲もそれほど無いだろう)」と考える人が少なくありません。

そこで面接の中に逆質問の時間を設けて就活生に質問をさせることで、入社意欲がどれほど強いかを測っているのです。

したがって逆質問では、「質問がない」と答えてしまったり、ホームページを見ればわかるような質問をしてしまったりすると、入社意欲が低いと判断されてしまいます。
面接に臨む前には、逆質問の時間があることを前提に質問を複数用意しておくのが得策です。

こちらも合わせてチェック!
面接の到着時間は何分前が良い?就活生が知っておくべき遅刻の対応も紹介

逆質問は相手の立場に合わせて内容を決める

社長面接の逆質問では、相手(面接官)の立場に合わせた質問をすることが大切です。

企業のトップである社長に対して、インターネットで調べればわかるようなことを聞いてしまうと、「そんなことも知らないのか」とマイナス評価をされる可能性があります。

そうならないためにも、たとえば「創業時に〇〇さんが最も苦労されたこととはどのようなことですか?」「社長として社員をまとめるにあたり、社員と意見が合わないことも中にはあると思います。そのような局面はどのように乗り越えますか?」等、相手が社長だからこその質問をしましょう。

社長の考えに同意して入社意欲が高まるかもしれませんし、意と反する場合は、自ら辞退することも可能です。

社長相手の場合は事業や経営関係の逆質問がおすすめ

社長面接の逆質問では、経営や事業についての質問もおすすめです。
経営方針や事業展開の決定をするのは社長です。

そのため、今後の事業展開や経営方針が分からないわけはありません。
もし西日本に拠点を置く企業で、全国展開を視野に入れている場合、自分自身も全国展開への営業を希望している場合は、具体的なスケジュールや展開していく理由などを質問するのもいいでしょう。

反対に、自分は全国展開の営業をしていきたいのに、企業が一地域にとどまる場合は、ミスマッチが生じます。これから数十年働いていく会社です。事業展開や経営について社長の話を聞ける機会はそう多くはありません。自分の入社する企業を調べるつもりで入念に企業研究をしましょう。
imasia_15025085_S-1

社長面接でのNGな逆質問

ホームページを見ればわかる質問

社長面接に限ったことではありませんが、社長面接でホームページを見れば分かる内容を質問することはNGです。

まず時間の無駄です。なおかつ企業研究ができていないことによる準備不足を伝えることになってしまいます。

福利厚生など待遇に偏った質問

社長面接での逆質問では、福利厚生など待遇に偏った質問をすることは控えましょう。

業務についての質問をおろそかにして給与や勤務地、有給休暇の取りやすさや福利厚生についてばかり質問をしてしまうと、「この学生は待遇にしか興味が無い」という印象が残ってしまいます。

企業で働くにあたって待遇は気になるところですが、それらについて確認するのは社長面接の場ではありません。逆質問をしたところで、社長が待遇を知っている可能性はきわめて低いです。

一般的には内定を獲得したあとに面談があり、入社前に確認したい福利厚生や待遇についてを確認する場や内定承諾書にサインするための場が設けられます。
また、もしそういった機会がなくとも人事に相談すれば面談を設定してもらうことも可能であるケースが多いです。

したがって、どうしても社長面接の段階で確認しないと就職活動に支障をきたすという場合でなければ、待遇に偏った質問は控えるのが無難でしょう。

社長相手に現場業務に関する逆質問をしない

社長面接では、現場業務に関する逆質問も控えましょう。

社長は主に企業の事業や経営を推進する立場であり、実務を担当するのは、現場の社員です。

たとえば「顧客の要望や状況に応じて、当初の納品日が大幅に変更されることもあると思います。そのときはどのように対応されますか?」といったような質問を投げかけてしまうと、現場ではない社長は話しにくくなります。

適した相手に適した質問をするのは、当然です。
現場の業務に関する逆質問は1次や2次面接、採用担当者に質問しましょう。

「ありません」も興味関心が低いと見られるためNG

社長面接の逆質問で、「質問はありません」と答えるのは控えましょう。

一般的に面接官が学生に逆質問をさせる理由には、「学生の興味・関心から志望度を測る」ことでもありません。

特に社長面接の場において逆質問の時間を与えてもらったというのに「ありません」と回答してしまうと、「せっかく企業のトップに質問できるのに、この学生はうちの会社に興味や関心がないのかな?内定を辞退してしまうのではないか?」とマイナスの評価をされてしまう可能性が高まります。

入社後ですら一般の社員が社長に対して質問ができる機会は、決して多くはないものです。
社長に対してだからこそできる質問をあらかじめ用意してから、面接に臨むと良いでしょう。

社長面接で評価が高くなる逆質問内容

「企業にとって有益な人材である」と判断できる逆質問

社長面接において社長が学生のどこを見ているかというと、「企業にとって有益な人材であるか」を見ています。

ビジネスマナーや資質、能力や知識を見るのは、それまでの面接における面接官です。
社長はこれから採用する学生に対して、長期的に働いて企業を支えてほしい、一緒に企業を盛り上げてほしいという思いがあります。

トップとして企業を末永く繁栄させることは重大なミッションであり、採用には大きなコストがかかるため、短期で退職されてしまっては採用にかけたコストが無駄になるのです。

したがって、社長面接では入社後に描いているビジョンや企業に対する熱意をアピールできると、プラスの評価をもらえる可能性を高めることができます。

利益の生み方は様々

企業にもたらすことができる利益の生み方は様々にあるため、「あなたを採用してうちの会社にどのような利益が生み出せる?」と社長に問われても、臆する必要はありません。

社長面接で問われることのある「うちの企業にどんな利益をあなたは生み出せる?」という質問に対して、即戦力に乏しい新卒の就活生は答えに困ってしまうことも多いです。
しかし、転職者と比較した際に新卒の学生に即戦力が欠けていることは社長も採用担当者も理解しています。

そのため、答えに困った場合は熱意がアピールできるように回答すれば良いでしょう。
たとえば、「私は勉強が得意で、取れと言われた資格に不合格になったことはありません。入社後に必要な資格は最速で取得し、誰よりも早く即戦力になって御社の利益に貢献できると考えております」というような回答です。

企業研究をしたうえで弱点を突く逆質問

企業研究をしたうえで弱点を突く逆質問は、高い評価に値する場合もあります。
企業にはそれぞれに強みがあるのと同様に、弱みもあります。たとえば商品の品質は高いが企業の知名度が低かったり、国内での知名度は高いものの海外での展開が伸び悩んでいるなど、企業によって弱みは様々です。

企業研究を進めていく中でそうした弱みを見つけて逆質問に臨むと、「良く企業研究ができている」と評価されるケースもあるのです。

この弱点を突く逆質問をする場合は、入念な企業研究が必要です。的外れな質問をすると、高評価とは反対に企業研究ができていないとマイナスの印象を与えますので注意しましょう。

実は各企業の中期経営計画等、投資家向けの資料を見ると企業の強み・弱み・それを軸にした経営計画が記されていることが多いです。

投資家向けの資料は多くの企業がホームページに掲載しているので、企業研究をする際には目を通すようにしましょう。

社長面接で評価が高くなる逆質問の仕方

自分の考えを伝えたうえで社長の意見を聞く

社長面接の逆質問では、自分の考えを伝えつつ社長の意見を伺うと、自分のアピールにつなげられます。

たとえば自分の熱意をアピールしたいときは、
「今まで社会に出て営業職として活躍することを目指してきました。〇〇社長は以前に営業職をされていて、トップの成績を収め続けたと存じております。今から意識しておくべき営業職としての心得や、読んでおくべきおすすめの書籍があったらお教え頂けませんでしょうか?」
「私もいつか社員をまとめる立場になって、御社を末永く繁栄させる一助になりたいと思っております。〇〇社長が今までコミュニケーションについて心がけていたことがあれば、ご教示いただけませんでしょうか?」
という質問が例として挙げられます。

このように逆質問を上手に利用すれば自分のアピールにつなげることが可能なので、逆質問では自分の考えを述べつつ、社長へ質問することを心がけると良いでしょう。

社長面接でのおすすめの逆質問例

質問例

「御社に入社する上で覚悟するべき心構えがあれば、お教えいただけますでしょうか。」
この質問をする理由は、入社意欲をアピールするためです。
一見してストレートな質問ですが、前置きを置くよりもシンプルな質問のほうが聞き手も理解しやすく、印象に残る可能性が高まります。
さらに、この質問は入社後に求められる資質や社風を社長から聞き出すことも兼ねています。

たとえば社長に「毎日仕事に追われるだろうから、体力をつけておくべきだ。」と言われれば、残業が多い社風なのかなと推察することが可能です。

社長が就活生に求める「心構え」は企業や事業によって様々なものがあるので、逆質問の場で聞き出すことで企業選びに役立てることができます。

社長面接での逆質問は入社意欲が伝わる独自の質問をしよう

社長面接での逆質問は、入社意欲が伝わる独自の質問をするようにしましょう。ありきたりな質問だと、社長の印象に残りません。

独自の質問をするには、企業研究を入念におこなう必要があります。
企業研究において何をどのように調べればわからないという就活生も毎年多くいますが、企業のホームページを参考にする場合には、経営計画や決算情報にも目を通すと、事業展開や経営状況が分かります。

また、それまでに参加した説明会の資料やメモも再度見直すようにしましょう。
社長面接は最終面接、もしくは最終に近い段階で設けられる面接であり、内定まであとわずかです。

社長面接を受ける前に逆質問をしっかり用意し、良い面接時間にしましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)