【内定式の内容・流れ】内定式の前に必ず押さえるべきポイント7つ

はじめに

imasia_13853148_S

入社までの重要なステップである、内定式。内定式には社長や執行役員も出席するので、絶対に失敗したくないものですよね。

そこで、内定式で失敗しないために押さえておくべき情報を徹底的にまとめました。これだけ読めば、内定式をしっかり乗り切るための知識が身につきます!

そもそも内定式とは?

内定式とは、企業から内々定もらった就活生が出席し、正式に内定をもらう場です。
企業側が内々定者に採用通知を渡し、内々定者から承諾書を受け取ることで最終的な意思確認を行い、正式に内定となります。

解禁日である10月1日以降に内定式を開催する企業が大半です。

正式な内定には法的な拘束力が生じます。
そのため、余程のことがない限り内定式後の内定取り消しはないと考えて良いでしょう。

一方、内定式を実施するよりも前に内定を出すと言われたとしても、それは正式な内定ではなく内々定である場合が多いので、注意が必要です。

内定式と合わせて内定者懇親会を開催する企業も多く、入社前に他の内定者や社員と親睦を深める場でもあります。
入社前に他の内定者と顔を合わせる場面は内定式のみとなる場合が多いです。

そのため、積極的にコミュニケーションを取って、人間関係を築いておくと良いでしょう。
Jobspring

内定式の内容・流れを押さえよう

内定式というものがあるとはわかっていても、一体どんな内容なのか?どんな点に注意をしなければならないのか?わかりませんよね。

そこで、内定式で失敗しないために押さえておくべき内定式の内容・準備の仕方・持ち物について詳しく解説していきます!

内定式の主な内容

内定式の内容は企業によって様々です。内定式前に大まかな内容を通知してもらえる企業もあるでしょう。
ここでは、多くの企業に共通する基本的なイベントを解説します。

内定式のメインとなるのが、内定書の授与です。一人ずつ手渡しされる企業もあれば、代表のみが受け取る企業もあります。
手渡しで受け取る場合は、他の内定者や役員の前に出て受け取ることになりますので、身だしなみやマナーをしっかりとチェックしておきましょう。

役員からの挨拶も大半の企業で行われます。社長や取締役から話を聞ける機会は貴重です。
そして、内定式ではすでに社会人としての姿勢も試されています。メモ等を準備してしっかりと聞くようにしましょう。

その他では、内定者の自己紹介、入社までの案内等の事務手続き、先輩社員や役員との懇親会が行われることが多いです。
自己紹介用の挨拶や事務手続き用の書類や筆記用具など、あらかじめ準備が必要なものがある場合もあります。
事前に人事に確認したり、Webでチェックしたりして、内定式では失敗がないように準備しておきましょう。

業界別の具体例

企業によっては、内定式でユニークなイベントや取り組みをするところもあります。
業界別に紹介していきます。
例1
【IT・メディア】
日本電気株式会社 (NEC)は、2017年から内定式をオンライン方式で開催しています。
人事担当者が内定者にインターネット経由で説明会を開き、質問がある場合はチャット形式で受け付けるという形式です。

学生の負担を軽減する目的で、オンライン方式を取る企業も増えつつあります。
さらには、富士通や全日本空輸など、内定式自体を開催しない企業も増えてきています。

例2
【食品】
アサヒビール株式会社では、内定式後にグループワークを実施。
内定者が考える「アサヒビールの魅力」について、グループ内でまとめてプレゼンを行ったようです。

例3
【インテリア】
ニトリホールディングスの内定式では、20年卒の内定者が会社の未来についてプレゼンテーションを行いました。
事前に課題を提示し、選考を通過した5人が新商品の提案等を発表したようです。

例4
【製薬】
武田薬品工業は、2019年10月1日に開催した内定式で仮想現実(VR)を用いた体験イベントを開催。患者のために何ができるかを考えてもらうことを目的に、内定者が認知症患者として介助される体験を実施しました。

例5
【金融】
東京海上日動火災保険株式会社は、2019年10月1日に開催した内定式で「学生の個性を尊重したい」と自由な髪形での参加を促しました。

これは、「パンテーン」を展開するP&Gジャパンが実施した「令和の就活ヘアをもっと自由に」というキャンペーンを応援する形で実現。
このキャンペーンには、DeNAやサイバーエージェントなどの多くの企業や経済産業省が賛同しました。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

内定式の自己紹介・挨拶・スピーチを成功させるコツ

多くの内定式では、内定者一人一人が全体に向けての自己紹介を求められます。その自己紹介があなたの第一印象になるわけですから、できるだけしっかりとこなしたいものですよね。

とはいっても、何を話せばいいかわからない人も多いかと思います。そこで、わかりやすい例文つきで、内定式の自己紹介のポイントを徹底的に解説しました!

自己紹介のやり方

内定式での自己紹介は、内定式の出席者にアピールできる場でもあります。
無難に終わらせるのも良いですが、印象に残るような挨拶ができると理想的です。

ただし、フォーマルな場ですので、ふざけすぎないように注意しましょう。
例文
はじめまして、私は〇〇と申します。
〇〇大学の〇〇学部出身です。学生時代にはフットサルサークルに所属していました。

社会人になってもフットサルは続けていこうと思っています。サッカーを見るのも好きなので、サッカー好きな方は声をかけてくださると嬉しいです。

入社後は大学で専攻していた化学の知識を活かし、全く新しいオンリーワンな化学素材を開発したいと考えています。

1日でも早く仕事を覚えて活躍できるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最初に名前や学校名を言った後に、学生時代に打ち込んできたことや趣味、特技などに触れると良いでしょう。

自分の人柄や趣味嗜好が伝わるような内容を盛り込むことで、魅力的な内容になります。
内定式後に懇親会がある場合は、その時に話題にしたいことを盛り込んでも良いでしょう。

自己紹介のスピーチは、時間指定がない限りは30秒~1分程度の長さがおすすめです。
内定者全員が1人ずつ自己紹介を行う場合が多いですので、簡潔にまとめるようにしましょう。

内定式の服装・髪型のポイント

基本的にはスーツでの参加になります。
内定式用にスーツを新調しても良いですが、就活中に使用していたものをそのまま着用すれば問題ありません。

ネクタイやワイシャツは派手すぎるものは避けるようにしましょう。

私服での参加を求められた場合は、フォーマルな場にふさわしい服装を選んでください。ビジネスカジュアルを意識しておけば間違いないです。

髪型は清潔感のあるスタイリングを意識しましょう。
髪の毛の色も派手な色は避け、出来る限り地毛に近い色が無難です。

内定式の身だしなみに関しては、就活中と同じような意識を持つと基本的には問題ないでしょう。

内定式の服装・髪型

内定式にどんな服装で行けばいいのか?悩みますよね。内定式には、具体的にどんな服装で行くべくなのか?詳しく解説しました!また、「私服で来てください」と指示された場合の対処法もあわせて解説します。

これさえ読んでおけば、内定式、当日の服装は万全です。

内定式の髪色

内定式の髪色は、どうすればいいか。迷いますよね。そこで、男性・女性に分けて、どこまでの髪の毛の色まで許されるか、何色にしていくべきなのか。急に髪色を戻さなければ行けない時の対処法…などなど、気になるポイントを徹底的に解説しました!

髪色で失敗して、悪印象を与えないためにも、チェックしておきましょう。

内定式後の内定辞退は可能なのか?

内定式後の内定辞退は法的には可能です。
内定者は法的にはいつもでも内定辞退を申し入れることができ、申し入れ日から2週間後に労働契約が解約されることになります。

そのため、入社日の2週間前まで内定辞退をすることができるのです。

しかし、企業側に大きな迷惑がかかることを忘れてはいけません。
もし、内定辞退によって企業側に損害が発生した場合、企業は損害賠償を請求できることも覚えておきましょう。

現在の就活ルールでは、内々定が出てから内定式まで1か月以上の余裕がある場合が大半です。内定を辞退する場合は、遅くとも内定式前までには申し入れるようにしましょう。

もちろん早ければ早いに越したことはありませんので、辞退を決断したい時点ですぐに連絡をするのがベストです。

内定式後の内定辞退は可能なのか?法律的な観点からトラブルにならない、内定式後の内定辞退のコツを詳しく解説いたしました!