面接で「自分の長所と短所」を聞かれたら?的確な答え方の秘訣3つ【例文あり】

就活の面接で「あなたの長所と短所を教えてください」「あなたの強みと弱みを教えてください」と質問されることがあります。いきなり「長所と短所」のセットで聞かれても、すぐには思いつかず、回答に窮するかもしれません。

でも、大丈夫です。わかりやすい例文をもとに、面接で「長所と短所を教えてください」と質問された時の答え方を徹底的に解説いたします!以下の例文と解説を読めば、誰でも、自分の長所と短所を上手に答えられるようになります。

長所と短所についての質問は面接では鉄板

採用面接のなかで、「あなたの長所はなんですか?」「長所と短所を教えてください」と質問されることは珍しくありません。

しかし、志望動機や自己PRほど一般的とされていないため、回答の準備をしていないと、質問があった際に、とっさの答えをしてしまったり、なかなか答えられなかったりする場合もあります。

ここでは、長所や短所を質問する理由や、答え方について紹介します。

【質問の意図】面接官が「長所と短所」を質問する理由

imasia_14777212_S
まず、そもそもなぜ面接官は「長所と短所」について質問するのか?理由を考えてみましょう。質問の意図を理解することで、より的確な回答ができるようになります。

「長所と短所」から、会社で活躍できる人か確認したい

まず、シンプルに「長所と短所を知り、その学生が会社で活躍できる人材かどうか」を知りたいという意図があります。会社で活躍するためには、会社が求める能力を持っていなければなりません。長所を聞き、その就活生が企業で活躍する資質を持っているかを把握しようとしています。

また、業務の遂行上、致命的な短所がないかも確認したいと考えています。たとえば、「コミュニケーションが苦手です」だと仕事で困りますよね。仕事における致命的な欠点がないかを探ろうとしています。

自分を客観的に把握できているかを知りたい

「自分の短所・欠点を素直に認める」ことは成長の第一歩です。自身の長所・短所を客観的に理解できている人は、「入社後も自分の課題と向き合っていける」と評価されます。

自分の短所を素直に認められるかどうかを、企業はこの質問を通じて確認しようとしています。性格検査の結果と照らしあわせて質問されていることも多いので、嘘・誇張は辞めたほうが良いでしょう。

短所に向き合い、克服のための努力をしているか知りたい

企業は「単に長所と短所を知りたい」だけではなくて「その短所にどう向き合っているか」も知りたいと考えています。短所のない人間は存在しません。だから、その短所にどう向き合い、対処していくのかが重要です。

短所を克服するための努力をしている人は、入社後も自分の課題と向き合い。成長していける人材として高く評価されます。短所だけでなく「短所にどう向き合っているか」もこの質問を通して探られています。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。
imasia_15025085_S-1

面接で「長所と短所」を効果的に伝えるための3つのコツ

imasia_14213985_S-2

1.長所は「長所を発揮したエピソード」とセットで伝えること

長所から回答しよう!長所の割合を多めに答える

回答する時は、長所から回答するようにしましょう。短所から回答すると、最初のネガティブなイメージがずっとまとわりついて、長所のパートが相手に響かなくなってしまう可能性があるからです。

「長所と短所」をセットで聞かれた時は、長所から回答しましょう。また、面接はあなたを売り込む場所ですから、長所のパートを多めに回答すると良いでしょう。割合としては、長所6:短所4程度が目安です。

長所を発揮したエピソードもセットで伝える

長所だけを答えても説得力がありません。「私はリーダーシップがあります!」とだけ言われても、それで納得する人はいないでしょう。長所をアピールする時は「長所を発揮したエピソード」とセットで答えるようにしましょう。

「長所を発揮したエピソード」をあわせて答えると、説得力のある回答になります。エピソードとセットで伝えることで、あなたの長所が仕事にどう役立つか?面接官がイメージしやすくなるのです。

2.長所の裏返しの短所を答えるとベター

長所は、自分のセールスポイントですから、比較的答えるのは簡単ですよね。問題は「短所」です。どう答えれば良いのでしょうか・

長所の裏返しの短所を答えると、相手が納得しやすい

コツは「長所の裏返しの短所」を答えることです。最初に「長所」を答えているので、長所と関連性のある短所を答えると、相手も理解しやすいというメリットがあります。

たとえば、
  • 「行動力がある(長所)」↔「せっかち(短所)」
  • 「気配りができる(長所)」↔「相手のことを考えすぎて意見が言えない時がある(短所)」
  • 「計画性がある(長所)」↔「慎重すぎて、新しいことに着手できない」
このように回答することです。長所の裏返しの短所は、致命的なものが少ないので、回答としては無難になります。

致命傷レベルの短所は避けよう

「この人に仕事を任せても平気だろうか?」と相手が不安になってしまうような、致命的な短所を答えるのは避けましょう。

たとえば「人とのコミュニケーションが苦手です」「すぐ不安になってしまいます」「約束を守れません」などです。仕事の遂行上、致命的な欠点をしゃべると、それだけで不採用になるリスクがあるので、やめておきましょう。

自分の短所のうち、致命的でないものを答えてください。

あざとい回答も嫌われる。「長所といえるような短所」はNG

よく「短所をできるだけ伝えたくない」という思いから「短所は負けず嫌いな点です」「短所は親切すぎる点です」「頑張りすぎてしまう」など、「長所ともいえるような短所」を答える人がいますが、やめましょう。

面接官は、この質問から「自分の弱点と向き合える人かどうか」も知りたいと考えています。「親切すぎる」のような回答は「ごまかし、あざとい。自分の欠点と向き合っていない」と思われるリスクが有ります。

3.短所を克服・修正する姿勢を見せよう

短所がない人間はいません。大事なのは、短所と向き合い、克服していく姿勢です。短所に向き合い、克服する姿勢を伝えれば、面接官に「入社後も、自身の課題と向き合い、成長してくれそうだ」と+の印象を与えられます。

自分の短所をどのように克服したいか?克服計画を語りましょう。克服計画をセットで伝えることで、短所のネガティブイメージを軽減できます。

短所を認め、改善する姿勢を伝えること

自分の短所を認め「その短所をどのように改善したいか?短所を克服するために、どんな工夫をしているか?」を述べてください。

「直したいと思っています」だけでは評価されません。短所を克服するためにやっている「具体的な対策案」を述べましょう。たとえば、「せっかちでよく事務ミスをする」が短所なら「他人に二重チェックをしてもらう」「重要な作業はチェックリストをつくり抜け漏れを防ぐ」のように、『具体的な対策案』を語ってください。

努力の成果が出ていれば是非伝えてみよう

短所を克服する努力をした結果、成果が出ていれば、そのことを伝えましょう。より説得力のある回答になります。

努力の結果、短所がどのくらい改善しつつあるのか?具体的なエピソードを交えて語れるとベストです。なお、短所はそう簡単になおるものではないので、無理をして「短所を克服できました!」と語る必要はありません。あくまで「短所に対処する姿勢」を説明することが重要です。

【お手本】面接で「長所と短所」を聞かれた時の回答例

それでは、面接で「長所と短所」を聞かれた時の例文を見ていきましょう。
例文
私の長所はコツコツと努力を継続できる点です。

大学1年生から1日30分の英語学習を毎日続け、地道に努力を続けてきました。また、授業のスキマ時間や電車の移動時間も上手く活用して学習を進めた結果、最初は420点しかなかったTOEICを805点まで伸ばすことができました。

このように小さな努力を積み上げていけるのが私の長所です。

一方で、短所は、新しいことをはじめるのが少し苦手な点です。

長く続ける前提で考える癖があるため、なかなか新しいことに乗り出せないところがあります。興味があるのに、始められていないことがいくつかあります。この短所を克服するため「気軽にできるところからスタートする」を心がけるようにしています。

たとえば、運動をゼロから始めるのは大変なので、今は「1日10分の散歩」にチャレンジしています。

本番前に面接力を診断してみよう

面接では、身だしなみ、自己PR、志望動機…様々な評価項目があります。どれか一つに大きな抜けがあると、内定を取るのが一気に大変になります。

思わぬ失敗を防ぐため、志望企業の本番の前に一度、「面接力診断」やっておきましょう。

面接力診断なら、24の簡単な質問に答えていくだけで、あなたの面接力のチェックができます。自己分析、企業理解…主要な分野におけるあなたの実力がレーダーチャートでわかります。

面接力診断で自分の足りないスキルを把握し、対策をしておくことで、万全の状態で本番に臨みましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)