面接で「会社を選んだ理由」を伝える方法【例文付き】

志望動機では「なぜその会社でなければならないのか?」がしっかり伝えるようにしなければなりません。企業は内定を蹴られたくありません。だから、第一志望の学生だけに内定を出したい。

第一志望だと人事に感じさせるには、「なぜその会社でなければならないのか」が伝わる志望動機が必須です。

とはいっても、多くの学生は「その会社に絶対に入りたい」というよりは「その業界に興味がある」くらいの人が多いはず。「なぜその会社でなければならないのか」を伝えるロジックをつくるのは、なかなか大変ですよね。

でも、大丈夫。少しのコツを意識するだけで、「第一志望」だと伝わる志望動機を作成できます。

企業が会社を選んだ理由=志望動機を聞く目的

会社への熱量を知る

企業が自社を選んだ理由を学生に聞く目的は、学生の志望度や熱量を測るためです。

企業は採用選考を通して、その学生が競合他社から内定をもらった場合でも自社を選んでくれるか、会社に定着して将来的に活躍する人材に育ってくれるかを判断しなければいけません。

その判断材料として、企業は学生の熱意を見ているのです。熱量を持った学生の方が自社を選んでくれる可能性が高いのはもちろんのこと、入社後も目的意識を持って真面目に取り組んでくれると考えられます。

一方、特別なこだわりがなく、何となくで企業を選んでいるような学生は内定辞退の可能性が高く、入社してもすぐ辞めるだろうと考えられます。

つまり、学生がその会社に入りたいという想いをどの程度持っているのかを、「その会社を選んだ理由」の答えから見極めているのです。

求める人物像とミスマッチがないかの確認

企業が求める人物像と、学生の就活の軸やビジョンがマッチしているかどうかを判断することも目的の1つです。

企業と学生の価値観にズレが生じたまま入社してしまうと、学生のやりたいことができなかったり、社風が合わないと感じてしまい、早期退職の原因となってしまいます。

そのため、学生の志望理由から仕事選びの基準や将来の目標を把握して、企業の理念や社風と合っているかを確認する必要があるのです。

就活の軸が曖昧な学生や目的意識が希薄な学生は入社後のミスマッチを招くリスクが高く、企業側も積極的に採用したいとは思わないでしょう。また、企業研究が甘く、理念や成長戦略を正確に把握していない学生も同様です。

ただ、働いてみないと分からないことが多いのも事実なので、学生の段階でビジョンが多少具体性に欠けるのは仕方ありません。しかし、企業の目指す方向性は正確に把握するようにしましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用してみよう

ここまで○○の志望動機を作成する方法を解説してきましたが、例文のような志望動機を一人で書き上げる自信がない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけで説得力のある志望動機が完成します。

志望動機作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

NGな会社を選んだ理由

給与の高さ

その会社を選んだ理由として、給与の高さを取り上げるのはNGです。

もちろん、お金を稼ぎたいと考えるのは間違ったことではありません。給与は働く目的の1つなので、多くの人は給与の高い会社で働きたいと考えるでしょう。

しかし、給与を動機とした志望動機は控えるべきです。

給与の高さを動機としても、企業側にあなたを採用した場合のメリットが全く伝わりません。仕事に対する意欲や目標も感じ取れませんし、将来的に企業のためになる人材かどうかも判断できません。

また、より給与の高い企業が現れた場合にその企業を優先する可能性が高いことも、企業側にとっては憂慮すべき事柄です。内定辞退や転職で人材を失うリスクを最小限に抑えたい企業にとって、わざわざそのリスクが大きい学生を採用したいと考えることは稀でしょう。

○○さんと一緒に働きたい

大学やサークルの先輩やリクルーターを担当もらった先輩社員と一緒に働きたいと考える学生も多いですが、それを会社を選んだ理由とするのは不適切です。

仕事に対する意欲や向上心が感じられない学生を採用するメリットは企業側にありません。先輩と一緒に働くことを志望理由にしてしまうと、熱意が感じられないと思われてしまうでしょう。

また、一緒に働きたい先輩が転職してしまうと、その学生は働く目的を失ってしまうことになります。そのまま会社に残ったとしても仕事に真摯に取り組むかは分かりませんし、転職してしまうかもしれません。

志望動機では自分本位の理由を述べるのではなく、企業にあなたと一緒に働きたいと思わせられるような理由を選ぶようにしましょう。

企業で学べない・達成できない内容

企業を選んだ理由として、その企業では学べない・達成できない内容を述べるのはもちろんNGです。

このような失敗をしてしまう学生の多くは企業研究不足で、業務内容や募集要項を正確に理解していないことが原因です。

企業側もそのことは分かっているため、熱意がない学生と見なされてしまいます。そうでなくても、学生が望むものを企業側は提供できないので、採用される可能性は当然低くなってしまうでしょう。

企業HPや説明会でしっかりと企業研究を行って、志望度の高さをアピールできるように準備しておくことが大切です。また、不明点や疑問点はあやふやなままで放置せず、説明会の質疑応答等を利用してハッキリとさせておきましょう。

【アンケート公開】就活中のアルバイトどうしてる?働きやすい曜日やおすすめのアルバイト

2021.05.25
imasia_15025085_S-1

会社を選んだ理由を効果的に伝えるには就活の軸をつくる

就活の軸をつくる方法

就活の軸とは「私は仕事を通して〜を成し遂げたい」という、あなたの仕事上の目標です。

仕事上の目標があれば「私は〜をやりたいという基準がある」「あなたの会社は〜という特徴を持っていて、私の基準に合致する」と簡単に志望動機がつくれるようになります。志望動機作成にかかる時間は、往来の4分の1ほどになるでしょう。

就活の軸を定めよう

就活を成功させるには、確固たる「軸」を見つけておく必要があります。軸を持たずに就活をしても、納得のいくキャリアに出会えることは少ないからです。

ただ、軸をを見つけるのは簡単ではないですよね。そんな時は、「就活の軸」発見ツールを活用してみましょう。

就活の軸作成ツールを使えば、簡単なガイドに基づき、自分の「できること」「やりたいこと」を整理していくだけで、面接官も納得する「軸」が見つかります。

就活の軸作成ツールを使い、あなただけの就活の軸を見つけましょう

就活の軸の例

就活の軸をつくるには、
1.大学時代に「打ち込んだこと」を掘り下げ、「自分はどんな時に喜びを感じるのか?」「やりがいを感じるのか?」「意義を感じるのか?」を分析する
2. 1でわかった「やりがいを感じる瞬間」を最大化するには、どんな仕事が良いのか、考えてみる
3. 2で見つけた仕事を通して、社会にどんな価値を提供したいのか?を考える
この3ステップを踏めば、すぐに就活の軸が作成可能です。たとえば、先にあげた例文なら、

簡単な業務システムをつくっただけだが、人に感謝され、業務を効率化できた
大規模システムの開発・運用に関わることで、より多くの人の役に立つことができる。それはやりがいのあることだ。特に、人の生活の根幹に関わる経済をシステムから支えたい
銀行のシステムを通して、経済の心臓を動かし、社会を支えたい

このような軸になるわけですね。

ちなみに、この軸は、言い方次第で簡単に同業他社に応用できます。たとえば、上では「金融システムが社会を支えることに〜」と書いてありますが、医療系のシステム会社を志望するなら「人の生命を支える医療システムに携わることは、社会の根幹を〜」と変えればよいのです。

一度、軸をつくっておけば、同業他社に簡単に応用し、志望動機がつくれます。ぜひ、就活の軸(仕事上で成し遂げたい目標)をつくっておきましょう。
説得力のある志望動機にするためには、就活の軸を上手に使う必要があります。

そのために、先程の3ステップに従って「打ち込んだこと」「やりがいを感じる瞬間」「社会貢献」をについて説明するのです。

それではさっそく、この3つのポイントを使った志望動機の例を紹介しましょう。
住宅メーカー
1.安全と環境問題を追求した住まいづくりをしたいと考え、建築工学を学んでいる。
2.自然環境に配慮した、再生可能エネルギーを使ったエコな住宅でありつつ、安全性と耐震性を兼ね備えた、住み心地のよい住まいづくりの研究開発に携わりたい。
3.「地球の未来のために貢献している」と住んでいる人が思えるような住宅を開発し、社会に貢献したい。
Point
まず、なぜ自分が建築工学を学ぶことになったのかを説明しています。
次に、そのことによって、どんな仕事をしたいのか、より具体的に述べています。最後に、その仕事を通じて、どんなふうに社会貢献ができるのかに言及しています。

自分の経験やスキルを具体的に業務に活かすことができ、そのことによって社会貢献をできることに喜びを感じるという、論理的で説得力のある志望動機です。

就活の軸を定めよう

就活を成功させるには、確固たる「軸」を見つけておく必要があります。軸を持たずに就活をしても、納得のいくキャリアに出会えることは少ないからです。

ただ、軸をを見つけるのは簡単ではないですよね。そんな時は、「就活の軸」発見ツールを活用してみましょう。

就活の軸作成ツールを使えば、簡単なガイドに基づき、自分の「できること」「やりたいこと」を整理していくだけで、面接官も納得する「軸」が見つかります。

就活の軸作成ツールを使い、あなただけの就活の軸を見つけましょう

その雑談も評価対象です!!
雑談面接、気を抜いて回答していませんか……?
面接を雑談形式でする目的とは?会話のポイントや注意点を紹介

会社を選んだ理由を伝える例文

例文①

例文
志望動機…三菱東京UFJ銀行 コース別採用(ITシステム)

貴行の金融システム開発に携わり、日本経済に血液を回す「心臓」を支えたいと考えております。

大学時代に、中小企業で社内エンジニアのインターンをし、簡単な業務システムを開発しておりました。少しの労力でも、業務を大きく効率化できるシステムの力を実感し、ITシステムの開発を仕事にしたいと考えるようになりました。

より多くの人の生活に影響を与え、支えられるシステムは何か?と考えた時に、金融機関のシステムが最も重要なのではないかと思いました。お金という血液が回らなければ経済は動かず、経済の根本を支えるのが金融機関のシステムだからです。

貴行は、世界規模でも類を見ない勘定系システム統合を早くから終え、安定したシステム運用においては、都市銀行の中でもトップであると存じます。貴行でなら、経済の基盤となるシステムを開発・運用し、人の生活を支えることができると考え、貴行を第一志望としております。

仮に入行できた際には、国際業務系のシステムに携わりたいと考えております。グロバール化が進む中で海外とのシステム連携強化はますます重要になる点、大学時代の留学で培った英語力を活かせる点に魅力を感じております。

【評価ポイント】
この志望動機は、以下の構成になっています。
「大学時代の経験から、システムを通して社会を支えたいと思うようになった(仕事上の目標・就活の軸)」
「貴行は、世界規模でも類をみない勘定系のシステム統合を〜都市銀行の中でもトップである(志望企業の特徴)」
「貴行でなら、経済の基盤となるシステムを開発・運用し、人の生活を支えることができる(就活の軸と志望企業の特徴をすりあわせる)」
「私は仕事で〜をしたい」という仕事上の目標(就活の軸)を固めて、企業の特徴を当てはめられているので、会社を選んだ理由が採用担当者に伝わる志望動機になっています。

例文②

例文
貴社は再生医療の分野で活躍が期待される蛍光色素の開発や、ヘッドホンの振動板に使用する液晶ポリマーの開発等、独自で機能性高分子材料を開発することで、高付加価値の製品を生み出しています。また、新素材の開発には数年を要したという話を聞き、長いスパンを見据えた研究環境が整っていると感じました。

独自の開発技術と基盤を持つ貴社でなら、大学の研究室で学んだ高分子材料の知見を活かし、人々のライフスタイルを変えるような新素材を開発できると考えます。

【評価ポイント】
自分の就活の軸ややりたいことを明確にして、その会社の強みに結びつけるようにしましょう。事業内容や業界内のポジション等の特徴から、あなたの成し得たいことがその企業でしか実現できないということをアピールしてください。

例文③

例文
貴社の魅力は、暮らしに関わる製品を多岐にわたって展開している点と考えます。トータルで提案できる強みに加えて、セット導入でより利便性が増す仕組みを取り入れる等、その強みを最大限に押し出した戦略は、多くのお客様に喜んでもらえるサービスだと感じました。

また、海外シェアの高さも貴社を志望する理由の1つです。デザイン性がより重視される海外において、技術力で勝負して高いシェアを誇る貴社でなら、世界中の人々にワンランク上の生活を提供するための製品を開発できると考えました。

【評価ポイント】
その企業ならではの強みが中々見つけられない場合、複数の強みを志望理由とするのも有効な手段です。1つの強みでは競合他社と差別化できなくても、いくつかを組み合わせれば他社にはない長所になります。

例文④

例文
私は貴社製品の開発秘話をテレビで拝見し、品質へのこだわりやお客様を考えた細かい気配りに感銘を受け、貴社で働きたいと考えるようになりました。

貴社のインターンシップで製造工程に関わり、室内環境の細かい調整や厳しい品質基準等、品質管理の徹底ぶりに驚きました。人の肌に直接触れる製品を扱う企業として、お客様の安心・安全を守るための強い覚悟を感じました。

高品質で安心な貴社の製品を世界中に浸透させ、多くの人々にその良さを実感してもらいたいと考えています。

【評価ポイント】
その企業の製品を使った経験や、実際に使われている現場を目にした経験等、その企業との関わりを理由に取り入れても良いでしょう。ただし、それだけだと説得力に欠けるため、あくまでも興味を持つキッカケ程度に留めておくのが無難です。

また、インターンシップでの実体験や懇親会で聞いた内容等を取り入れると、具体性と説得力が増し、その企業ならではの要素も加えられるのでおすすめです。

合わせてこちらも要チェック
【面接で相手に伝わる話し方】就活生が知るべき注意点3つ

会社を選んだ理由は企業が注目するポイント!就活の軸から考えよう

志望動機や競合他社の中からその企業を選んだ理由は、企業が採用選考で最も注目するポイントです。

業界や企業の研究を徹底的に行い、その企業の強みや特徴を洗い出してください。そして、その中で自分の志望動機に最適な要素を判断するようにしましょう。

ただし、そのためには就活の軸を明確にしておく必要があります。企業研究が完璧でも、会社や仕事を選ぶ基準が曖昧では意味がありません。

あなたの軸と企業の強みが合わさってはじめて、採用担当者の心を動かす志望動機となります。

就活ノートの作り方とは?本当に使えるメモするべき項目を就活経験者にアンケート調査

2021.06.23
【15分で完了】大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!
SPI_LPheader

キミスカは150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かる自己分析ツールです。

さらに、大手・ベンチャー・優良企業の人事があなたのプロフィールを見て特別オファー。 内定直結の特別選考に進めます!

<オファー実績> あおぞら銀行 /湖池屋/ デジタルホールディングス/ POLA/ tutuanna/ YKKAP/ サイゼリア/ スズキ/ ニトリなど

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 大手や優良企業からオファーが貰える(特別選考に進める!)
  2. ESに書ける強みが分かる(明日提出のESも間に合う!)
  3. 高精度な自己分析ができる!(70,000人以上が使用!)

\ まずは無料診断してみませんか? /

企業の内定直結オファーを受け取る(無料)