面接で「アルバイト経験を通じて学んだこと」を聞かれた時の答え方

アルバイト経験の答え方

就活の面接やESでアルバイト経験を問われることがあります。
採用担当者が知りたいのは、何のアルバイトをしていたかではなく、どんな働き方をしていたかです。

そのため、アルバイト経験を問われたときは、「アルバイトを通して学んだこと」なども聞かれやすい質問です。
この回答が評価に繋がるのです。

この記事では、アルバイトで学んだことの回答方法について解説します。

面接でアルバイトから学んだことを質問する理由

働く姿勢について知りたい

1つ目の理由は、学生の働く姿勢を知るためです。

何のために働いているのか、どのような心構えでアルバイトに取り組んでいるのかを知ることで、働くためのモチベーションが分かります。

お金を稼ぐことが目的で特に何も考えずに働いていたという人も多いと思いますが、お金のためでも仕事を頑張る理由になります。

働くうえでは、楽しい事ばかりではありません。怒られることもあると思いますし、失敗だってあります。それを目的のために乗り越えなくてはいけません。

厳しいことを言われても目的のために働く姿勢は、アルバイトや社会人になっても同じことが言えます。社会人になって、何のために働くのかを知るためにも、アルバイトでの働く姿勢を質問しています。

周囲とのコミュニケーションの取り方を知りたい

2つ目の理由は、コミュニケーションの取り方を知るためです。

社会に出てから就く多くの仕事は一人でするものではなく、何かしら人とのやり取りが含まれます。
同僚や先輩後輩、取引先など、人との関わり無しに働くことは難しいです。

アルバイトをしている人は、すでに組織に属して人との関わりをもって働く経験をしていることになります。

社会で必要とされるコミュニケーション能力とは、誰とでもすぐに打ち解けられる能力ではなく、相手の意図を素早く理解して適切な反応・行動ができる能力です。

アルバイト経験のある人は、人と関わるなかで、アルバイト経験の無い人と比べると、上記のようなコミュニケーション能力が備わっていると考えます。

チームワークに関する学びは入社後も活かせるので評価されやすい

チームとしての取り組みや学びは入社してからの実際の業務にも活かしやすいので、選考のエピソードでアルバイトの経験を語る際は、個人での取り組みよりも複数人取り組みを選ぶことをおすすめします。

アルバイト中の課題に対して、周囲を巻き込みどんな取り組みをしたのかが分かると、入社後の働き方のイメージがより付きやすくなります。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接をおこなう企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

診断であらわになった自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

アルバイトから学んだことの回答方法

1.最初に「アルバイトを通じて学んだこと」の結論を述べる

アルバイトで学んだことを質問されたときは、まず「アルバイトを通じて学んだこと」を伝えましょう。
結論から先に回答することで、伝えたいことが確実に面接官に伝わります。

「こういうアルバイトをしていて〜」と背景から説明する学生が多いですが、最初に結論から答えましょう。背景から説明すると「要するに何が伝えたいのか?」が見えてこず、伝わらなくなってしまいます。

私がアルバイトを通じて学んだことは、「問題を解決した時の達成感」です。
のように伝えるといいでしょう。

2.結果ではなくプロセスに重点を置いて説明する

企業は「アルバイト経験」自体にはあまり興味がありません。
興味があるのは「アルバイトへの取り組み方」「アルバイトへの取り組みを通じて見えてくる、学生の人柄」です。

そのため、「バイトでこんな結果を出しました」「バイトリーダーをまかされました!」と結果・肩書をアピールするのではなく、「こんな問題に、こんなことを考えて、こんな風に行動した」と、行動のプロセスを伝えなければなりません。

行動のプロセスを詳しく伝えなければ、あなたの仕事への取り組み方が、相手に伝わらないからです。
概要…要するに、どんなアルバイトで、どんな役割をしていたか?
課題・目標…そのアルバイトで主に取り組んだ課題・目標
行動…課題を解決するために、具体的にどんな行動をとったのか?
結果…行動の結果、どうなったのか?
上記の構成を参考に、自分の取り組みを振り返ってみてください。

3.「なぜその行動をとったのか?」伝える

アルバイト経験を面接で話す場合、「なぜその行動をとったのか?」を伝えるようにしましょう。

目にするエピソードとして「店の売上をあげた」内容があります。
店の売上が下がっていたので、新メニューを提案した
このようなアピールがあります。

しかし、店の売上を上げるには、集客を努力する、客単価をあげる、リピーターを増やす…様々な方法がある中で、「なぜこの施策をとったのか?」がわかりません。「思いついたからやってみた」ような印象になってしまいます。

「なぜその行動をとったのか?他の方法では駄目だったのか?」がわかるように、伝えてください。

「集客には成功していた。→客単価を分析→女性の客単価が低い→その原因は?→焼き肉への罪悪感→脂肪分解作用のあるメニューを提案」と記載すると『なぜ行動したのか?」がわかるようになります。

4.社会に出てからの活かしかたを伝える

最後に、アルバイトを通じて学んだことを社会に出てどのように活かせるのかを伝えましょう。

たとえ過去にアルバイトで素晴らしい取り組みや活躍をしていたとしても、学びを仕事にまったく活かせないのであれば再現性のない、そのときだけの出来事です。

アルバイトから何を学び、今後の社会生活でどう活かせるかを話すことで、入社後に期待できる人材になるのです。

【アンケート公開】就活中のアルバイトどうしてる?働きやすい曜日やおすすめのアルバイト

2021.05.25

\自己分析を通して、自分に合う仕事に出会える!/ imasia_15025085_S-1

アルバイトから学んだことの回答例

例文①コミュニケーションの取り方を学んだ

私がアルバイトから学んだことは、コミュニケーションの取り方です。私は大学時代靴屋でアルバイトをしていたのですが、そこでは店員一人一人の売り上げが集計され、誰でも成績を見られるようになっていました。

毎回のように成績下位に位置していることに問題意識を持ち、なぜ商品を買ってもらえないのかを改めて分析することに。

成績の優秀な店員と自分を比較しながら分析した結果、私は人気商品や自分のオススメ商品を提案するばかりで、お客様のニーズをまったく考慮していないことに気づきました。自分よがりの接客になっていたため、売り上げがよくなかったのです。

そこで、「なぜ靴を買いに来たのか」「どのような靴を求めているのか」といったニーズを先に把握することを心がけた結果、以前より売り上げが目に見えて良くなり、店舗内での順位でも上位を取れるようになりました。

社会では、自分の意見を伝えるよりも、まずは相手の意図を理解することが重要だと思います。靴屋でのアルバイト経験を活かし、相手の話をよく聞いて意図を汲み取るというコミュニケーション方法を意識しながら働きたいと思います。

<ポイント>
例文は、結果→プロセス→行動→社会に出てからの活かし方という順序で構成されており、経験が仕事にどう活きるのかが相手に伝わりやすい文章になっています。

アルバイトで経験したことだけではただの思い出話になってしまうため、最後に自分が企業でどのように活躍できるのかを伝えましょう。

例文②お金を得ることの難しさを学んだ

私がアルバイトから学んだことは、お金を得ることの難しさです。私は大学に入ってから、「教えるのが好きだから」「時給がいいから」という安易な理由で家庭教師のアルバイトを始めました。

1時間程度椅子に座って勉強を教えるだけなのだから楽勝だな、などど甘い考えを持っていたのですが、実際に家庭教師の仕事を経験してその考えの甘さを痛感しました。

家庭教師の仕事は授業の時間に限らず、授業で使うプリントや宿題の作成、生徒それぞれに合った指導方法の考案や過去のテスト結果の分析など多岐にわたります。

仕事を身をもって体験したことで、給料のいい仕事にはそれなりの苦労があり、どんな仕事であってもお金を得ることは簡単ではないと気づかされました。

社会に出てからもお金を得ることの難しさをきちんと理解し、どんな仕事に対しても責任感を持って取り組んでいきたいと思います。

<ポイント>
家庭教師のアルバイトを始めた理由や仕事の苦労を、自分の感情を交えながら話すことで、人柄や価値観が伝わる文章になっています。

アルバイトで学んだことを伝える際は、そのときの自分の感情や具体的な数字などを盛り込み、エピソードに信憑性を持たせることが重要です。

【15分で自己分析&自己PR完了!】
10万人以上が使用する自己分析ツール

こちらの適性検査は、仕事に関する適性を測定するために開発された『人気の自己分析ツール』

15分であなたの強み・職務適性が客観的に分かります。
さらに、検査後は大手・有名企業から特別スカウトを受けとることも可能!

<スカウト実績(一部)>
YKKAP/スズキ/ ニトリ/ロート製薬/あおぞら銀行 /湖池屋/毎日新聞/POLA/一条工務店など

「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時のNG回答例1

私の働いていたレストランは価格の安いお店だったこともあり、良いお客様ばかりとは言えず、クレームをいただくことも多々ありました。「来店時の挨拶の声が小さい」「料理の提供スピードが遅い」という内容や、メニューの配置、スタッフの身だしなみ、店内の音楽まで様々なクレームがあり、時には「こんなことまでチェックされるのか」と思うこともありました。

しかし、せっかくいただいた意見は大切にしなければと思い直し、よりお客様が快適に過ごせるように率先して改善していきました。
この経験から、問題解決能力を学ぶことができたと思います。

回答の解説

この例では、クレームの内容を説明することに注力してしまっていて、肝心の「どう改善していったのか」が具体的に見えてこない点が問題です。

問題解決能力をアピールするのであれば、どのような点が問題だと感じて、どう行動していったのかを具体的に伝えるようにしましょう。

「アルバイト経験を通じて学んだこと」について質問された時のNG回答例2

私は学生時代に様々なアルバイトを経験し、多数の業界についての知見を身につけることができました。具体的には、高校時代にはコンビニ、レストラン、倉庫作業スタッフを経験し、大学時代には塾講師や居酒屋のスタッフのほか、コールセンターでの受電対応も経験しました。

それぞれのアルバイトで業務内容やスタッフに求められることが異なり、たくさんの職種について経験を積むことができました。

また、業界も多岐にわたっていたため、一つの業界に縛られることなく、複数の業界に詳しくなることができました。
御社の営業職として働かせていだたく際は、この知見を活かしてどんな業界のお客様とも積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思います。

回答の解説

面接でアルバイトについて語る時、アルバイト経験の豊富さをアピールすることはあまり得策とは言えません。

複数のアルバイト経験があることで、様々なスキルや知見の広さをアピールすることはできますが、同時に「長続きしない人」という印象を与えてしまいます。

もし、どうしてもアルバイト経験の豊富さをアピールしたいのであれば、なぜ複数のアルバイトを経験したのか、面接官が納得できるようなポジティブな理由を伝えられるようにしましょう。

周りの就活生の事情が気になる……
就活事情のアンケートを取ったこちらの記事をチェック!

【就活の実態アンケートまとめ】周りのみんなはどうしてる?OB訪問や自己分析について公開

アルバイトから学んだことは社会に出てからも活かせる再現性のある回答をする

社会に出てから活かせないような学びをアピールしても高評価にはつながらないため、アルバイト経験を伝えるときは再現性のある回答にしましょう。

再現性とはつまり、「過去の学びや経験を再び仕事で発揮できるか」ということです。たとえすごいスキルや経験があったとしても、それが仕事に役立たないのであれば意味がありません。

再現性のない回答はただの自慢話に終わってしまうため、面接では、過去の経験を具体的にどう仕事に活かせるのかを伝えるよう心がけてください。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)