自己PRで部活経験をアピールする時のコツ5つ【例文あり】

imasia_10103085_S

自己PRで部活動の経験をアピールしようとする体育会系の学生は多いものです。確かに、体育会系の部活動には「厳しい練習に耐える」「上下関係がしっかりしている」イメージがあるため、就活にも有利に働きます。

しかし、あることに気をつけないと「思わぬ失敗」をしてしまうことがあります。体育会系の部活動をアピールするときの注意点をわかりやすい例文をもとに解説していきます!

自己PR(部活動)の例文

以下は自己PR(部活動)の例文です。以下の例文を読めば、直感的に体育会系の自己PRのイメージがつかめると思います。以下の文章を参考に、自分の自己PRを練り上げてください。

自己PR(部活動)の例文

例文

私は「縁の下の力持ち」型リーダーです。周りのメンバーが力を最大限発揮できるように、自ら積極的に動くことができます。

その力を最も発揮したのが、xx空手の部活動の主将として、部員を指導し、初心者の部員を新人戦で5人中4人入賞に導いた経験です。

Point 企業は部活動自体には興味がない!「部活の実績自体」をアピールするのではなく、「自分の長所」を証明する材料として部活の実績を使う。

部活では、経験者と大学からの初心者の技能の差が激しく、稽古をしても初心者部員は全く歯がたたないため、モチベーションが低下している状況でした。そこで、私は彼らが経験者にキャッチアップできるように以下の取り組みを行いました。

Point 部活のPRではなく、あなたのPRなので、部活全体であげた成果よりも「あなた自身が考え工夫して取り組んだこと」をエピソードの中心にして説明する

  • 初心者が決定的に劣っているフィジカルを補うため、食事・筋トレのメニューを一人ひとりに作成
  • 各部員に毎週の「個人目標」を設定してもらい、「小さな達成感」を感じられる仕組みづくりをした
  • 不満・悩みを抱えていそうなメンバーは、こちらから積極的に食事に誘い、悩みを拾い上げ、対処する

Point 「部活を頑張りました」では伝わらない。何をどう頑張ったのか、そのプロセスを詳しく伝えよう。

特に、筋トレはやればやるだけ結果が出るため、「おっ、こんなに筋肉がついている!」とわかりやすいモチベーションになりました。これらの取り組みの結果、初心者グループも熱心に練習に取り組むようになり、上記の成果を達成出来ました。


これを真似ればOK!自己PRの型

この自己PRは以下の「型」に従って制作されています。この型に従って、文章を構成するだけで、誰でも説得力のある自己PRが書けるようになります。

Zikopr

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。
的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

1.要注意!企業は「部活動」自体には興味が無い

部活経験を自己PRする時に注意するべきポイント1つ、それは「部活経験」自体に企業が着目しているわけではないということです。

リクルートの調査「就職白書」によれば、企業が採用にあたり重視するのは、1位「人柄(92%の企業が重視)」2位「企業への熱意(77%の企業が重視)」3位「今後の可能性(65%の企業が重視)」となっています。

一方で、「所属クラブ・サークル」を重視しているのは、全体の9.0%に過ぎません。

そのため、単に「部活動でこんな実績を成し遂げました」とアピールしても、それだけでは評価されないと把握しておきましょう。

imasia_15025085_S-1

2.部活を語るな!部活を通して自分を語れ

では、どうすれば部活動経験を使って、魅力的な自己PRを構築できるのでしょか?それは「部活動の経験を語るのではなく、部活動への取り組みを通じて自分を伝える」ことです。たとえば、

  • A…私は「縁の下の力持ち」型リーダーです。周りのメンバーが力を最大限発揮できるように、自ら積極的に動くことができます。その力を最も発揮したのが、xx空手の部活動の主将として、部員を指導し、初心者の部員を新人戦で5人中4人入賞に導いた経験です。
  • B…●●部の主将として、チームを●●杯優勝に導きました。チームの士気を上げるため〜(以下省略)

Bは、ただ単に「部活の実績」をアピールしているだけです。企業は部活自体には興味がないので、これでは評価されません。だから、Aのように「部活動を素材として、自分がどんな人間なのか?」を伝えるように意識しましょう。


3.どんな取り組みをしたのか?プロセスを語ろう

既に述べたように、企業は「部活動自体には興味が無い」のです。だから「部活動でこんな凄いことをしました」とアピールしても、あまり人事の心には響きません。

知りたいのは「あなたがどんな人か?何を考え、どんな思いで取り組み、どう行動したか?」といういこと。部活動への取り組み方を通じて、あなたの人柄を知りたいのです。

だから、部活動で結果を出すために、「具体的に何をしたか」を詳しく説明してください。たとえば、例文では、

例文
部活では、経験者と大学からの初心者の技能の差が激しく、稽古をしても初心者部員は全く歯がたたないため、モチベーションが低下している状況でした。そこで、私は彼らが経験者にキャッチアップできるように以下の取り組みを行いました。
  • 初心者が決定的に劣っているフィジカルを補うため、食事・筋トレのメニューを一人ひとりに作成
  • 各部員に毎週の「個人目標」を設定してもらい、「小さな達成感」を感じられる仕組みづくりをした
  • 不満・悩みを抱えていそうなメンバーは、こちらから積極的に食事に誘い、悩みを拾い上げ、対処する

このように、かなり具体的に「初心者の力を引き出すために何をしたのか?」が書いてあります。このように書いてあれば「人のために尽くす子なんだろうな」「地道な努力ができそうだ」など、この就活生の人柄が伝わる自己PRになります。

部活動をやってきた学生に多いのが「〜で結果を出すために、必死に努力し〜」「〜をするために、チームが一丸となって練習に取り組み〜」という表現。しかし、「必死に努力し」なんて抽象的な表現からは何も伝わりません。

人事が知りたいのは、「努力の中身」です。できるだけ具体的に、部活動で結果を出すために、あなたがどんな取り組みをしたのか?を書いてください。



4.「部活の実績」ではなく「あなたが何を考え、どう行動したか」

部活動を一生懸命やっていた学生の自己PRに多いのが「自分のPRではなく、部活自体のPRになっている」というもの。たとえば。

私の所属していたグリークラブでは、●●コンクールで結果を出すために、1.〜時間の練習を欠かさない 2.一人ひとりの歌唱テープを録音し、弱点を認識する 3.〜 xxxx

このように「部活動全体でどんなことをやっていたか」を延々と説明する人がいます。しかし、企業が知りたいのは「あなたがどんな人か」です。部活動の説明をしても仕方がありません。

部活動を通して、チームのため、あるいは個人目標のために、あなたが何を考えて、どう行動したのか?をメインに語りましょう。部活動への取り組みを通じて、あなたの人柄を伝えるのです。

企業は部活まるごと採用できるわけではありません。部活動全体でどうすごかったのか?を語っても意味がないのです。「自分」を伝えましょう。

5.警告!人事はあなたのやっていたスポーツの素人だ

部活動の経験を自己PRに使う時に注意するべき最後の点は、人事がスポーツに関して無頓着かもしれないということです。

たとえば、「野球」「テニス」などのメジャースポーツでも、興味のない人は細かいルールさえ知らないでしょうし、都大会1位や、全国大会3位と余程いい成績でない限り、レベルの高さを分からないかもしれません。

そのため、説明するときは、県〇〇チームのなかで1位だった、など具体的な数字を用いたり、専門用語は使用せず、具体的に相手が伝わるように説明しましょう。
就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。