面接の自己PRで人事の心を掴む5つの技術【回答例文あり】

就活の面接で必ず聞かれる自己PR。この質問は、自分を企業に売り込む最大のチャンスです。自己PRを上手く話せるかに内定がかかっている、といっても過言ではありません。

けれど、上手く自己PRできている学生は、実は少ない。人事に評価されない自己PRを一生懸命してしまっています。それでは満足のいく結果は得られません。

そこで、少し意識するだけで説得力が倍増する、面接の自己PRの伝え方を、内定者の回答例つきで解説いたします!

なぜ面接では自己PRが必ず聞かれるのか(質問の意図)

そもそも、なぜ面接官は必ず学生に自己PRを聞くのでしょうか。その意図を考えていきましょう。

会社で活躍するための能力を持っているかどうか知りたい

会社で活躍するには、能力が必要です。たとえば、コンサルティングファームなら、論理的思考力は必須でしょう。商社なら、管理能力や交渉能力が重要です。このように、会社ごとに活躍するために必要な能力は異なります。自己PRを聞き、その能力を学生が持っているかどうかを知りたいのです。

アピールの根拠になる経験を知りたい

ただ、「〜が得意です」と長所をいうだけでは信じられません。「Aという長所がある」というアピールの根拠となっている経験・エピソードをも、この質問を通して把握しようとしています。

長所が会社で活躍するのに充分なものかどうか知りたい

長所にもレベルがあります。その長所が「企業に役に立つレベル」の長所かどうかを確認しようとしています。役に立つレベルの長所であるためには、条件があります。それは、「その長所を使って、問題を解決し、成果を出していること」です。あなたの長所で何らかの事態を改善していることが必要です。

どのような考えを持っているのか人柄を知りたい

自己PRを通じて、応募者がどのような考えを持っている人なのか知りたい、と言う目的もあります。履歴書や志望動機だけでは、どんな人柄なのかは分かりません。

自分自身のどのような部分をアピールするのか、それに対してどのような考えを持っているのかを言葉で表現することで、深い部分まで知りたいと考えています。

例えば、同じ「積極性」をアピールする場合でも、どのように相手に伝えるか、自分の強みをどのように感じているのかは、一人ひとり違います。

その人がどんな人柄なのかを知ることで、企業の雰囲気に合っているか、仕事に対して前向きな姿勢で取り組んでいけるかどうか、長く働き続けてくれそうかなどを判断する材料になります。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

面接の自己PRを成功させるポイント

あなたのアピールは、会社の求めているものに合致するか

いくら自己PRを頑張っても、あなたのウリが会社で活かせないものであれば、意味がありません。スコップが欲しい時に、高級つめきりを渡されても仕方ないのと同じです。会社は会社ごとに求めている能力が異なります。

「志望企業で求められている長所・能力は何か」を会社分析で見極めましょう。ズレた長所や能力をいかにアピールしようとも、採用されません。なぜなら、その会社では、役に立たないからです。

まず、会社が求めている能力を分析しましょう。ずれない自己PRは、会社が求めている能力を理解することから始まります。

主張⇒根拠⇒具体例の順で伝える

まず、結論から『私は〜が得意です』『私には〜があります』と自分の能力・強みを端的に伝えます。

次に根拠を伝える。たとえば「その力を最も発揮したのは、学生時代の〜という活動です。」と、アピールの根拠を伝えましょう。

最後に、根拠で話した例を詳しく話しましょう。あなたの能力が、その場でどんな風に活かされて、どんな結果に貢献したのかを話して下さい。

具体的に話す

能力の根拠となる経験は具体的に話す必要があります。根拠となる経験を話す際には、あなたを知らない相手にもわかるように伝えて下さい。例えば「苦労したが、成功した」では知らない相手には何も伝わりません。

具体的に話すには、
  • 特に、〜という課題に取り組んだ
  • 課題を解決するためには、〜が必要だと考えた
  • そこで、〜という解決策を実行した
  • その結果、〜という成果が出た
という順序で語ると、エピソードがわかりやすく伝わります。

未来への視点を話す

あなたのアピールする能力は「会社で役に立つ」必要があります。会社で役に立つ能力を持っていると面接官に思わせるためには、未来への視点を話しましょう。

つまり、「貴社の業務はAという能力が重要です。私のAという能力は、貴社で〜という形で役立てます」と答えるのです。会社にとって自分を雇うことにどんな得があるのか、相手に伝えられます。

自信を持って伝える

面接では、胸をはり、背筋を伸ばして、相手の目をしっかり見据え、身振り手振りを交え、大きな、ハキハキとした声で話しましょう。「俺の自己PRはアルバイトの話だし、大したこと無い」と自信無さげに話さないことです。

面接で話す時の態度は、人事が受け取る印象に大きく影響します。自信に満ちた表情で話せば、自己PRの評価も高くなり、オドオドした態度で話せば、自己PRの評価もマイナスの影響を受けてしまいます。(消え入りそうな声で、リーダーシップがあります!という人を信用できますか?)

自信を持ってアピールするのはタダ!ならば、少しでも評価を上げるために、自信に満ちた態度で自己PRをしてください。
imasia_15025085_S-1

自己PRは時間を指定される場合がある

面接での自己PRでは「3分間でしてください」など、時間の指定をされる場合もあります。当日になってみないと分からないので、言われてすぐに対応できるように事前に準備していくことも大切です。

練習で自己PRをする時には、1分間、2分間、3分間などいくつかのパターンで時間内におこなえるようにしておくとよいでしょう。

時間はオーバーするのも問題ですが、短すぎて余ってしまうのも避けたいところです。複数の応募者が一緒に面接をする集団面接では、自己PRの持ち時間は短くなる傾向があるため、短時間のパターンも用意しておきましょう。

一般的に、300文字くらいを1分間で話す速度が理想的な速さだといわれています。焦ってつい早口になってしまうこともありますので、時間のイメージを持って練習しておくことが大切です。

面接官からの質問を通して自己PRする

「自己PRをおこなってください」といわれて自分の意見を述べる場合だけでなく、面接官からの質問に答える際にも、アピールのチャンスはあります。

自己PRの場面では、自分の一番の強みを伝えますが、他の質問でも積極的に特技や能力をアピールしていくとよいでしょう。

面接の練習をおこなう際には、自己PRに対してもひとつだけでなく、複数のパターンを用意しておくことが大切です。事前に考えておくことで、予想外の質問をされた時にも落ち着いて対応できます。

また、集団面接で他の人と答えが同じような内容になってしまう時も、違うパターンがあると安心です。

答えをいくつか用意するのは、準備に時間がかかってしまいますが、面接で慌てないためにもしっかり事前に練習しておくことをおすすめします。

面接での質問例

例文
  • 部活は何をしていましたか
  • サークル活動はしていましたか
  • あなたの短所を教えてください
  • 最近のニュースで印象に残ったものは何ですか
  • 最近嬉しいと感じたことは何ですか
  • 自分を物に例えると何ですか
面接ではどんな質問がされるのか分かりません。企業によっては、予想もしていなかった事を聞かれ、答えに詰まってしまうことも考えられます。

質問をすべて予想するのは不可能ですが、自己PRのパターンをいくつか考えて、練習を繰り返すことでスムーズに回答できます。

効果的に自分自身をアピールするためにも、色々な自己PRの文章を考えておきましょう。自分だけで思いつかない場合には、友人や家族にアドバイスをもらうのも良い方法です。

回答例文 自己PRをしてください

面接での自己PRで大事なのは
  • 相手の会社が求めている長所をアピールする
  • アピールの根拠となるエピソードを話す
  • エピソードは、問題→問題原因の把握→問題原因への対応→結果の順で語る
  • 最後に自分の長所が会社にどう役立つかをアピールする
でした。以上を踏まえた回答例文を見ていきましょう。

自己PRをしてください(広告代理店)

私の強みは、自分の頭で主体的に考え、問題を解決する方法を考えられることです。その根拠として、アルバイトをしていた居酒屋の売り上げ20%伸ばした経験があります。アルバイトをしていた居酒屋は味の評判は良く、雑誌にとりあげられることもありました。

が、売り上げが伸びていませんでした。お金をもらっているからには少しでも貢献したいと考え、この問題を解決しようと思いました。原因を分析すると、店の立地が悪いため、新規顧客が少ない点が売り上げを鈍化させているとわかりました。

そこで、新規顧客を獲得するために、1.ソーシャルネットワークで地元の人をフォローし、情報を伝えていく 2.女性のアルバイトに客引きをしてもらい、店を認知させる。人が不足する分は、オペレーションを見直すことで対処。を実行しました。

結果、今まで店を知らなかった人が店の存在を知り、新しい常連となり、店の売り上げが安定して伸びていくようになりました。この経験から学んだ問題解決力は、顧客の広告戦略を考える貴社の仕事でも活かせると思います。

回答例文の解説

「長所→エピソード概要→エピソード詳細→長所の会社での活かし方」の順で書いているので、説得力があり、会社で活躍する姿をイメージできる

また、エピソードも「問題の原因把握→解決策の実行→結果」の順で整理されているので内容が把握しやすい。

本番前に面接力を診断してみよう

面接では、身だしなみ、自己PR、志望動機…様々な評価項目があります。どれか一つに大きな抜けがあると、内定を取るのが一気に大変になります。

思わぬ失敗を防ぐため、志望企業の本番の前に一度、「面接力診断」やっておきましょう。

面接力診断なら、24の簡単な質問に答えていくだけで、あなたの面接力のチェックができます。自己分析、企業理解…主要な分野におけるあなたの実力がレーダーチャートでわかります。

面接力診断で自分の足りないスキルを把握し、対策をしておくことで、万全の状態で本番に臨みましょう。

【内定率39%UP!】面接対策するならキャリアチケットがおすすめ
SPI_LPheader

面接対策で悩んでいる人に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
就活のプロが面接官視点で改善点を教えてくれるので、面接対策後の内定率が39%もUPしたというエージェントサービスです!

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント3つ

  1. 最短2週間でスピード内定できる!
  2. 多数の企業人事とつながりがあるから特別推薦枠がある!
  3. 利用者の内定率39%UP!

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは、キャリアチケットに相談してみよう! / 今すぐ相談する(無料)