【例文あり】面接で好きな言葉を聞かれた時の的確な答え方

就活の面接で「好きな言葉は何ですか?」と質問されることがあります。「好きな言葉」と問われても、質問の意図もわからず、答え方に悩んでしまいますよね。

でも、大丈夫。わかりやすい例文つきで、「好きな言葉は何ですか?」という質問の意図・答え方を徹底的に解説いたします!以下を読めば、面接官の「好きな言葉は何ですか?」という質問に的確に答えられるようになるでしょう。

面接で「好きな言葉」を質問された時の回答例

例文
私の好きな言葉は「継続は力なり」です。

小さな努力を日々積み上げることが、大きな成果につながると信じているからです。

大学から始めた空手も、最初は練習にすらついていけないレベルの実力でしたが、日々、他のメンバーがやらない自主筋トレ・自主稽古・出稽古を続け、最終的にはチームの中で唯一の入賞者になることができました。

この経験から、たとえすぐに結果が出なくても、努力を続けることが成功を生むことを学び、「継続は力なり」と信じるようになりました。

【質問の意図】なぜ面接官は「好きな言葉」を質問するのか?

1.就活生の価値観・こだわりを知りたい

リクルートの調査によれば、企業が採用において一番重視するのは「人柄」です。学生の人柄を最も知りたいと考えているのです。

「どんな言葉が好きなのか?」には、その人の価値観・人柄が現れます。たとえば「やらない後悔より、やる後悔」が好きな人と「石橋を叩いて渡る」が好きな人では、価値観が全く違いますよね。このように「好きな言葉」は、その人の人柄を映す鏡なのですね。

だから、企業は面接で「好きな言葉」を聞き、就活生の人柄・価値観を知ろうとしているのですね。

2.就活生の価値観が形成された経緯を知りたい

学生の価値観がどのような過程で形成されたのか?も企業は知りたいと考えています。ただ「私の好きな言葉は「継続は力なり」です」とだけいっても、「なぜそうなったのか?」がわからなければ意味がありませんよね。

単に好きな言葉を知りたいだけでなく「どうしてそれが形成されたのか?」その経緯を知りたいと考えています。

自己分析ツールを活用するのも効果的

「好きな言葉は?」はあなたの価値観を問う質問。上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。

そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。

imasia_15025085_S-1

面接で好きな言葉を質問された時の答え方


例文
私の好きな言葉は、「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」です。
本当に賢い人物ほど、謙虚な姿勢を取るという意味に惹かれて、この言葉を好きになりました。
自分自身が成長するために、常に謙虚な姿勢を保ち続けたいと思っています。

例文
私の好きな言葉は、「初志貫徹」です。
私は、サッカー部の活動のおいて「県大会優勝」という目標を掲げ、常に意識していました。
以上の経緯があって、「初志貫徹」するという言葉が私の中で特別な意味を持つようになりました。

1.自分の考え方のコアになっている「言葉」を話す

就活生の中には、「好きな言葉」を聞かれて、単に「自分が気に入っている言葉」を話す人がいます。が、それでは良い回答にはなりません。

面接官は、「好きな言葉」を通して、あなたの価値観を探ろうとしています。だから、単なる好きな言葉を話すのではなく、「自分の行動・判断・価値観の基準になっている言葉」を選んで話しましょう。具体的には、
その言葉に基づいて、行動したことがある
言葉を選んで話すと良いでしょう。たとえば、例文では「継続は力なり」と自分の行動の核にある言葉を選んで話しています。

あなたの価値観が伝わる「好きな言葉」を選んで伝えましょう。

2.その言葉が好きな理由を伝える

「好きな言葉は『継続は力なり』です」これだけでは、何もつたわりません。面接官が知りたいのは「好きな言葉を通して見えてくる、あなたの人柄」です。だから、「好きな言葉」を伝えるだけでなく、「なぜその言葉が好きなのか?大事なのか?」…好きな理由もあわせて説明してください。

例文では、
私の好きな言葉は「継続は力なり」です。小さな努力を日々積み上げることが、大きな成果につながると信じているからです。
と伝えて、「なぜその言葉が好きなのか?」を説明しています。このように「好きな理由」は必ずあわせて説明するようにしてください。

3.「好きな言葉」を意識して行動したエピソードがあればベスト!

「好きな言葉+好きな理由」だけでは、どうしても薄っぺらい回答になってしまいます。たとえば、
私の好きな言葉は「継続は力なり」です。小さな努力を日々積み上げることが、大きな成果につながると信じているからです。
これだけだと、単なる「建前感」がありますよね。悪くはありませんが、誰でも言える内容でもあります。

この回答をより良いものにするには、「好きな言葉にもとづいて行動したエピソード」を加えることです。例文のように、エピソードを加えると、実感のこもったより良い回答になります。また、具体的に行動する様子を伝えることで、あなたの人柄もアピールできるでしょう。

その言葉に基いて行動したエピソード、その行動から何を学んだか?をあわせて説明してください。

「好きな言葉」について質問された時の回答例


例文
『私の好きな言葉は、「勇気」です。
大学入学当初、私は「引っ込み思案」でした。
私自身を変えたいと思って、人前に出る機会の多い文化祭実行委員会に参加しました。

委員会の活動において、「勇気」を持って人前に出たり、積極的に意見を提案するなどして、引っ込み思案な自分を変えることができました。』
(女子・営業職志望)

言葉を好きになった経緯をきちんと伝えることができています。

例文
『私の好きな言葉は、「信頼」です。
私は野球部において、捕手としてプレーしていました。

投手を上手くリード出来なかった時に、私と投手でどのようなピッチングをしたいのか話し合いました。
私はそこで「信頼」関係を作りました。

その後、投手は私の出すサインに対して自信を持って投球するようになり、結果としてバッテリーが機能するようになりました。』

(男子・総合職志望)

「信頼」を意識して行動し、結果に反映させられた経緯を説明できています。

★「好きな言葉」について質問された時のNG回答例
例文
『私の好きな言葉は、「挑戦」です。
私は、挑戦することにより、自分自身を成長させることができると考えています。
御社に入社した暁には、挑戦して結果を出していきたいです。』
(男子・営業職志望)

なぜ「挑戦」という言葉が好きなのか、挑戦という理念の元何を得られたかがアピールできていません。
面接官から「考えが浅い学生だ」という風に捉えられかねません。


例文
『好きな言葉は、「考えるよりもまず行動」です。
私は3回生のころ、白神山地の植林ボランティアに行くか悩んでいました。
その時私は、所属しているゼミの教授から「考えるよりもまず行動だ」と言われて、ボランティアに参加することにしました。

結果として、ボランティアで人間的に一回り成長することができました。』
(女子・会計職志望)

好きな言葉によって成果を挙げることが出来た点はアピールできています。
しかし、会計職という綿密性の高い職種に対するアピールとしては不適切です。

本番前に面接力を診断してみよう

面接では、身だしなみ、自己PR、志望動機…様々な評価項目があります。どれか一つに大きな抜けがあると、内定を取るのが一気に大変になります。

思わぬ失敗を防ぐため、志望企業の本番の前に一度、「面接力診断」やっておきましょう。

面接力診断なら、24の簡単な質問に答えていくだけで、あなたの面接力のチェックができます。自己分析、企業理解…主要な分野におけるあなたの実力がレーダーチャートでわかります。

面接力診断で自分の足りないスキルを把握し、対策をしておくことで、万全の状態で本番に臨みましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)