面接でやりがちな失敗例と選考への影響|前日までの準備も紹介

imasia_13814298_S

大事な面接なのに、「緊張で上手く話せなかった」「基本的な質問に上手く答えられなかった」など、失敗をしてしまうことがありますよね。

面接で失敗をすると「もう終わりだ」と諦めてしまいがちですが、実は、面接で失敗をしても受かっているケースがあります。

そこで、この記事では、就活生が面接でやりがちな失敗と、それぞれの失敗が与える選考への影響を詳しく解説していきます。

面接でやりがちな失敗6選

面接でやりがちな失敗は、ある程度パターンがあります。緊張して上手に話せなかったり、事前準備をしておらず、適切な応答ができなかったりなどがあげられます。

面接での失敗は、内定が遠のくだけであり、メリットはありません。こうした面接でやりがちな失敗を6つピックアップして解説していきますので、就活生はぜひ参考にしてください。

1.緊張で上手く話せない、台詞が飛んだ

imasia_14777214_S
面接で緊張するあまり、上手く話せない時がありますよね。あるいは、言おうとしていたことが飛んでしまい、気まずい沈黙が流れることも…

しかし、実は「緊張で上手く話せなくても、大きなマイナスにはならない」ものです。大事な面接ですから、緊張するのは普通。むしろ、志望度が高いからこそ、緊張してしまうということもあります。

大事なのは「上手く話せているかどうか」ではなく、話している内容です。面接官は、話している内容を見ています。内容に筋が通っていれば、途中で詰まってしまったり、緊張で上手くはなせなくても、面接に合格するのは十分可能です。

練習するなら、新卒エージェントの利用がおすすめ

もし、真っ白になってしまって何も話せなかった、ということであれば少しずつ練習をしていくことで次回以降改善が可能です。

一人で練習する方法もありますが、自分だけでは、本番の緊張感が得られなかったり、どこが悪かったのかがわかりにくかったりと練習の成果が得られにくい場合もあります。自分で練習するのに限界を感じたら、新卒エージェントの個別サポートを利用するなどして、対策をしていきましょう。

キャリアチケット」は、専任のカウンセラーが面接の対策を一緒に行ってくれるほか、自己PRなどの添削もばっちり対応してくれ、就活生の心強い味方になってくれますよ。

2.準備不足で基本的な質問に答えられなかった

imasia_14585960_S-2
準備不足で、志望企業に関する基本的な質問に答えられない時がありますよね。たとえば、「弊社の社長はご存じですか?」と聞かれた時に、答えに窮してしまう、会社のHPを調べればわかるようなことを質問してしまう等…

最終面接付近で、この失敗をすると致命的です。「会社で働きたい気持ちが弱い」と判断され、落とされてしまうリスクが非常に高くなります。

ただし、一次・二次面接なら、自己PRに光るものがあれば「会社研究は不足しているが、面白い学生だから、次にあげて様子を見よう」と選考であげてもらえる場合もあります。

ただし、企業研究不足は、どんな場合であれ、悪印象です。Googleニュースで会社名で検索すれば、その会社の最新のニュースをすぐにチェックできます。しっかり企業研究をして面接にのぞみましょう。

3.面接に遅刻してしまう

imasia_14724960_S
面接に遅刻してしまった場合、「時間を守れないなんて社会人失格だ」と判断されてしまいそうですよね。実際、面接に遅刻してしまった場合、面接官の心象はかなり悪くなります。

ただ、電車の遅延など、やむを得ない理由の場合は多めに見てくれるケースもあります。

また、遅刻することが決定的になった時に早めに連絡をしておけば、遅刻の失敗をノーカウントにしてくれる場合もあります。もちろん、無断の遅刻は印象が最悪なので、少しでも望みをつなげるために、必ず遅刻の連絡をするようにしてください。

4.志望企業を批判してしまった

imasia_14814280_S
「弊社の◯◯について、どう思いますか?」と意見を聞かれ、思わず批判をしてしまう…そんな失敗をする就活生が少なからずいます。

しかし、「志望企業の製品・事業を批判したからといって、落ちるわけでなない」ものです。企業はイエスマンばかりを求めているわけではありません。むしろ、しっかりと企業研究をした上で、筋の通った批判ができれば、「気骨のある就活生だ」とプラスに評価されることだってあります。

ただし、的はずれな批判をした場合、印象は最悪なので、企業の批判はできるだけ避けるべきでしょう。

5.面接官に注意・指摘をされた

imasia_13203955_S
就活をしていると、面接官に「その志望動機だと、他の会社にも通用しない?」「その考え方では、やっていけないよ」「耳障りのよい言葉を並べているだけの印象がある」など、厳しい指摘をされることがあります。

厳しい指摘をされると、「あぁ、もうダメだ…」と諦めてしまいますよね。しかし、「採用線上にのっているからこそ、厳しい指摘をしている」場合もあるので、注意されたからといって落ちるわけではありません。

ただし、単純に注意されている場合もあります。「面接に注意をされたからといって、合否が決まるわけではない」と考えておきましょう。

6.こちらの発言に面接官が無反応・無関心だった

imasia_12354200_S
一生懸命に自己PRをしているのに、面接官が無反応で関心を示していない様子の時ってありますよね。すると、「ちゃんと発言できていなかったのかな?」と不安になるものです。

しかし、面接官によっては、全員に冷淡な態度をとっている人がいます。圧迫面接として淡白な態度をとっている場合もあれば、単にそういう性格の人の場合もあります。面接官が全員に対して無反応で接している場合は、こちらの発言への反応が芳しく無くても合格している可能性があります。

ただし、最初はにこやかに対応してくれていたのに、面接が進むにつれて、態度が無関心になっていった場合、何らかの理由で「この学生はいいかな」と見切られてしまった可能性があります。

発言が長くなり過ぎないように注意!

面接官が無関心になってしまう理由の1つに「発言が長すぎる」があります。90秒を超えて話し過ぎると「話長いなぁ」と面接官が退屈してしまい、あなたの話に興味を持たなくなってしまうのです。

90秒でも600文字ほどのメッセージを入れられます。話が長くなっている場合は、90秒以内に話をまとめる訓練をしてみましょう。

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。
結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接を失敗させない基本準備

面接を失敗させないためには、事前の準備が必要です。ここでは、上記のような面接で失敗しないための基本的な準備を紹介します。

提出した履歴書のコピーを持参する

履歴書を先に提出している場合、手元に履歴書がない状態になります。

複数の企業の選考を並行する場合、履歴書が手元にないと、履歴書に何を記載したのか分からなくなり面接で履歴書に記載した内容と異なる内容を話してしまう場合があります。

整合性が取れないと、就活生に対して不信感にもつながります。そのため、履歴書をコピーすることをおすすめします。

コピーがあれば面接する前に読み返したり、内容を頭に入れられるでしょう。

30分前には会社の最寄駅に到着する

面接会場に遅刻した就活生に対して、好印象を抱く人はいません。そのため、できるだけ早めに面接会場に向かいましょう。

できれば、30分前には会社の最寄駅に到着するようにしてください。そうすれば、時間的に余裕であり、履歴書の内容を読み直せる時間も取れます。

答えられない質問は無理に答えない

面接官は、「信用できない」「嘘をつく」就活生に好印象は抱けません。信用性を得ることは、就活において非常に重要です。

分からない質問内容に対して、知ったかぶりをして話すのではなく、「申し訳ございません。勉強不足でした」と伝えることも必要です。
GD_LPheader

面接は一度の失敗で合否が決まるものではない

今まで見てきたように「やっちまった」と思えるミスでも意外と面接に通過している場合があります。面接は、印象、受け答え、提出されたエントリーシートなどから総合的に合否を判断するものです。だから、面接で失敗をやらかしてしまっても意外と合格している場合があるのです。

もちろん、成功に見えても不採用になっている場合もあります。要するに、面接の手応えだけでは、面接の結果は予想できません。失敗した、と思っても今からできることもないのですから、ひとまず忘れて、違う企業の選考に集中して下さい。

また、失敗の中には、対策をすることで改善できるものもあります。一人で対策をするよりも効率的に進めたいなら就活エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

「まずは1社内定!」に強い就活サービス

キャリアチケット

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 最短1週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  4. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
  5. 専任のサポーターがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート
まずは登録してみる【簡単30秒】

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。