【例文あり】市役所の志望動機の書き方の3つの秘訣

市役所の志望動機が思いつかず、困っていませんか?市町村の面接では、ほぼ確実に志望動機を問われます。面接官が納得する志望動機を言えなければ、なかなか内定は難しいでしょう。

でも、大丈夫。わずかなコツを理解するだけで、説得力のある市役所職員への志望動機が書けるようになります。市役所志望の新卒学生のために、わかりやすい例文をもとに、市役所の志望動機の書き方を徹底的に解説いたします!

参考になる!市役所の志望動機の例文

まずは、細かい解説に入る前に例文を読んでみましょう。例文を先に読んだ方が完成形のイメージがつかめると思います。

生まれ育った●●市をより住み良い場所にするためには、市職員として働くのが一番だと思うからです。

私は学生時代から、人の役に立つ仕事がしたいと思い、地域の介護ボランティアや、児童への読み聞かせのボランティアに積極的に参加してきました。

そこで、●●市の職員様と一緒にお仕事をする機会があり、地域のことを誠実に考えて働くお姿に感銘を受け、自分も地域のために市職員として働きたいという思いが強くなりました。

●●市は、私の生まれ育った愛着のある地元です。自分の頑張りが地域の活性につながることほど、やりがいのあることはないと思い、●市を志望致しました。

大学時代に政治学部にて学んだ地方自治・行政学の知識を活かし、市民の方が住みやすい●●市にするべく、貢献していきたいです。


例文の良いポイントは、市職員として働きたいと考えるキッカケになった具体的なエピソードを含めている点です。
具体的なエピソードを含めることで、より明確で説得力のある志望動機になります。

また、例文では学生時代に積極的にボランティア活動をしていたこと、地方自治・行政学を学んだことをアピールしています。
学生時代に自分が行ってきたことをアピールした上で、経験を市職員の仕事にどのように活かすことができるのかについても説明するとよいでしょう。

さらに、例文では「生まれ育った愛着のある地元」ということを●●市を志望する理由として挙げています。
市役所の面接試験では必ずと言っていいほど、「なぜ他の市ではなく、●●市で働きたいのですか?」という質問をされます。

そのため、例文のように●●市で働きたい理由を明確にしておきましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用してみよう

ここまで市役所の志望動機を作成する方法を解説してきましたが、例文のような志望動機を一人で書き上げる自信がない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えるだけで説得力のある志望動機が完成します。

志望動機作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

1.なぜその市町村なのか?がわかるように

志望動機の中で、必ず「なぜその市町村でなければならないのか?」を示してください。

公務員志望の学生には「人の役に立ちたい」「地域のために働きたい」という想いは伝わっても、「なぜその地域なのか?」の部分が弱い学生が多いです。

地方公務員である市役所職員は、地域への奉仕者です。地域への想いが伝わらなければ、「それなら他の地区でもいいじゃないか」と思われ、熱意を疑われてしまいます。

だから、志望動機では、必ず「なぜその市町村でなければならないのか?」を明示するようにしてください。

「なぜその市町村なのか?」を示すやり方として使えるのは以下の3つです。

  • 生まれ育った地域を住み良くするために働きたいから(故郷を理由にする)
  • ●●市の●●政策という取り組みに魅力を感じるから(地域の特色ある政策を理由にする)
  • ●●市は、●●という観光資源に加え、●●線の開通により、さらに発展する余地があり、その発展を支えたい(地域の特色・経済環境を理由にする)

これらの3つのロジックは比較的、応用が効きやすいやり方です。これらの手法を使って「なぜその地域で働きたいのか?」が採用担当に伝わるようにしてください。


例文1
私は、生まれ育った愛着のある地域を、より暮らしやすい地域にしていきたいと思い、鳥取市を志望しました。
私は学生時代から、将来高齢者の生活を支える仕事をするための経験として、独居高齢者の見守り活動に参加していました。

そこで、鳥取市職員の働きぶりを間近で見る機会があり、市職員の働きが高齢者にとっての大きな支えとなっていることに気づき、自分も高齢者の生活を支えるための仕事をしたいという思いが強くなりました。

高齢者の多い鳥取市では、ふれあい型食事サービスなど、高齢者の安否確認や生きがいづくりのための事業に力を入れて取り組んでいます。
鳥取市でなら、私が学生時代に独居高齢者の見守り活動に参加してきた経験を活かせるという点も大きな魅力です。

学生時代に学んだ知識や経験を活かし、生まれ育った鳥取市を、子どもから高齢者まで誰もが暮らしやすい場所にするために、貢献したいと考えております。

Point
鳥取市の行っている事業を挙げた上で、自分がどのように活躍できるかについても示すことで、他の市ではなく鳥取市でなければならない理由を明確にしています。

明確で説得力のある志望理由にするためには、自分が働きたい市の取り組んでいる事業を含めるとよいでしょう。


例文2
私が岡山市の職員を志望する理由は、生まれ育った愛着のある岡山市を、さらに観光客にとって魅力的な街にすべく貢献したいと思ったからです。

大学では大学広報誌の作成に携わっており、広報誌の中で岡山市の情報についても発信していくうちに、長く住んでいる私でも知らなかったような魅力が岡山市にはたくさんあることに気づきました。

岡山市は、岡山城や吉備津神社などのような認知度の高い観光地に加え、美術館や博物館などあまり知られていない観光地の情報発信にも力を入れて取り組んでいます。

私が大学時代に学んだ知識を活かし、岡山市を観光客や住民にとって、さらに魅力的な街にしていきたいと思います。

Point
多くの市では観光施策に力を入れているため、働きたい市の観光事情について触れるのも有効的です。

さらに、志望する市で問題となっていることや、自分なりの解決策も挙げるとよいでしょう。

具体的な市の問題や、取り組みを志望動機に含めるためには、事前にしっかりと調べておくことが重要です。

imasia_15025085_S-1

2.「地域のため・市民のため」の気持ちを前面に出す

公務員は「全体の奉仕者」です。ある意味では、自分を顧みず、国民へ奉仕するために働く姿勢が求められます。だから、志望動機でも「地域のため・市民のために働きたい」という想いが伝わるように書きましょう。

たとえば、最初の例文では、

私は学生時代から、人の役に立つ仕事がしたいと思い、地域の介護ボランティアや、児童への読み聞かせのボランティアに積極的に参加してきました。そこで、●●市の職員様と一緒にお仕事をする機会があり、地域のことを誠実に考えて働くお姿に感銘を受け、自分も地域のために市職員として働きたいという思いが強くなりました。

この文章から、この学生が「人のために役立つ仕事をするため、積極的に行動できる人物」であることが伝わりますよね。このような「人のために行動したい」という姿勢が文章から伝わるように書きましょう。

志望動機の骨格となる部分は「地域のため・人々のために働きたい」という想いであるべきです。「安定した働き方がしたい」などの理由は思っていても、書いてはNG。やる気を疑われてしまいます。


例文1
私は学生時代から、将来高齢者の生活を支える仕事をするための経験として、独居高齢者の見守り活動に参加していました。

そこで、鳥取市職員の働きぶりを間近で見る機会があり、市職員の働きが高齢者にとっての大きな支えとなっていることに気づき、助けを必要としている市民の生活を支えるための仕事をしたい、という思いが強くなりました。

Point
「地域のため・市民のため」の気持ちを伝える際に、限定的すぎる対象を挙げるのはあまりよくありません。

そのため、高齢者世帯や子どものいる世帯などのように、ある程度広い対象を挙げるようにしましょう。

例文2
私は、大学で大学広報誌の作成に携わっており、広報誌の中で岡山市の情報についても発信してきました。

広報誌の作成を通して、今まで知らなかったような岡山市の魅力に気づき、岡山市の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと考えるようになりました。

そして、地域のさらなる発展のために、市職員として働きたいという思いが強くなりました。

Point
なぜ岡山市に魅力を感じ、多くの人に知ってもらいたいのかが伝わる文章になっています。

「地域のため」を志望動機にする場合は、観光地として魅力的な街にしていくことで、さらに地域を発展させていきたいという理由も有効的です。

3.どのようにその地域に貢献したいのか?志を示そう

ただ、「地域のために働きたい」という想いだけでは採用されません。市役所も人件費を払って、あなたを採用するわけですから「この人を採用したら、地域の行政の役に立つだろうか?」という視点であなたを見ています。

だから、志望動機でも、単に「〜に魅力を感じます。憧れます」だけではなく、「自分の〜という能力を活かしたい」という前向きな志を示しましょう。たとえば、例文では、

大学時代に政治学部にて学んだ地方自治・行政学の知識を活かし、市民の方が住みやすい●●市にするべく、貢献していきたいです。

このように「こういう能力を活かしたい」という前向きな志を語っています。仕事への熱意が伝えると同時に、自分のスキルもアピールできています。

単に「〜に携わりたいです」とあこがれを伝えるだけでなく、「こんな風に●●市の役に立ちたい」という志を示してください。


「こんな風に●●市の役に立ちたい」の例を記載してください


例文
鳥取市の職員として、私が学生時代に学んだ福祉の知識や、独居高齢者の見守り活動に参加してきた経験を活かし、貢献していきたいです。

高齢者の多い鳥取市では、ふれあい型食事サービスなど、高齢者の安否確認や生きがいづくりのための事業に力を入れて取り組んでいます。

そのため、鳥取市でなら、学生時代に学んだ知識や経験を最大限活かせると思い、志望しました。

Point
志望動機では、自分の能力がどのように仕事に活かせるのか示すことが重要です。

学生時代に取り組んだことを市職員の仕事に関連づけることができれば、大きな強みになります。

あなたは市役所に向いているタイプ?自己分析ツールで診断してみよう

自分の性格や適性が、市役所の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が市役所に向いているタイプか、診断してみましょう。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)