自己PRでチャレンジ精神をアピールするコツ5つ|例文あり

経済産業省の調査によれば、企業が「若手社会人に足りないもの」として「前に踏み出す力」をあげています。だから、チャレンジ精神のある学生は、企業にとって魅力的にうつるでしょう。

しかし、「チャレンジ精神」をアピールする学生は非常に多いです。何の戦略もなく「チャレンジ精神」を自己PRしても、多くの就活生の中で埋もれてしまうでしょう。では、どうすれば魅力的な自己PRが書けるのでしょうか?わかりやすい例文をもとに、チャレンジ精神の自己PRの書き方を徹底解説いたします!


自己PRとはなんのため?

就活で自己PRがうまくできないと、なかなか内定につながりません。そもそも、自己PRとはいったい何なのでしょうか?

企業は志望者の自己PRを通して、履歴書や志望動機からははかり知ることのできない、人柄や癖などを読み取り、必要な人材かどうかを見極めようとしています。適所適材の人事をするために「この学生はこんな部署に向いている」「この人物ならこの業務を任せられそうだ」ということを判断する材料ともなります。

そのため、すでに提出済みの書類と同じことを繰り返すだけではせっかくのチャンスを活かすことはできません。自己PRとは、履歴書に書ききれなかった自分の長所を企業にアピールする貴重な機会である、ということを認識する必要があるのです。

自分を売り込む

自己PRは「自分」という商品を売り込む場です。自分を売り込むのに、流暢なセールストークは必要ありません。かといって、「察してほしい」「言わなくてもわかるだろう」という気持ちでは、せっかくのチャンスを無駄にすることになってしまいます。

ウソをついたり、話を盛りすぎたりするのはよくありませんが、控えめ過ぎて全く印象に残らないこともよくありません。同じ2つの商品でも、無造作に置かれている商品よりも、きれいにラッピングしてあるほうが、よく売れるであろうということは予測がつくでしょう。どうしたら、「自分」という商品がよく見えるか、見せ方の研究をしてみましょう。

エントリーシートなどの文章なら、下記でご紹介するフレームワークの通りの文章を構成すると、説得力のある文章が書けます。
面接ならば、背もたれは使わずに椅子に浅く腰掛け、手は膝に置き、まっすぐ前を見ます。相手の目を見ながら話すようにし、にこやかに、大きな声でハキハキと話せば、自信に溢れて見えます。

その際も、結論から話すことは忘れないようにしましょう。立ち居振る舞いや話し方に気をつけるだけで、グンと印象が良くなります。

自己PR(チャレンジ精神)の例文

まずは、自己PR(チャレンジ精神)の例文を読んでみましょう。例文を読んだ方が、自己PRのコツが直感的に理解できるはずです。例文を読んで、自己PRの作り方をマスターしましょう。

自己PR(チャレンジ精神)の例文

例文

私には「前に踏み出す力」があります。できるかできないかを考える前に、まず行動を起こします。

Point 「チャレンジ精神」は皆が使いすぎて埋もれてしまうので、別のキャッチフレーズでアピールすると印象に残りやすい


この力を発揮したのが、NGO団体に20万円の寄付をし、カンボジアに小学校を立てるお手伝いをした経験です。

Point 具体的にチャレンジ精神を発揮してどんな成果を出したのか伝えよう。数字ベースでアピールできるとbest。その先のアピールに興味を持ってもらいやすくなる


報道で、カンボジアに小学校を立てるべく積極的に活動している日本のNGO団体のことを知り、貧困解決のために行動する彼らの姿を見て居ても立ってもいられなくなりました。

Point なぜ行動したのか?という動機の部分で、自分の人柄を伝える


その日のうちに、そのNGO団体に電話で問い合わせをし、大学に支部をつくってよいか確認。交渉の末、大学に支部をつくり、友人を中心に5名の団体を立ち上げました。支部として本部に貢献したいという想いから、学園祭にチャリティの出店を出店。3日間で20万円の利益を出すことに成功し、全額本部へ寄付をすることができました。

Point 具体的にどんな行動を起こしたのか、どうチャレンジをしたのか詳しく説明しよう。そこでの工夫・試行錯誤は仕事にも通じることが多く、良いアピールになる


自ら可能性に踏み出すことで、自分でも思ってみなかった事が成し遂げられると知りました。

Point チャレンジの結果、何を学んだのか?があると、行動のたび、より成長していくイメージが採用担当に与えられる


貴社においても「まず行動」をモットーに、営業として活躍したいと考えております。

Point 会社の仕事に自分の「チャレンジ精神」はどう活かせるのかを説明して、アピールを結ぼう。仕事で活躍するイメージを与えられる

これを真似ればOK!自己PRの型

この自己PRのは、以下の自己PRの「型」にしたがって制作されています。この「型」を押さえて自己PRを書くだけで、誰でもわかりやすく説得力のある自己PRが書けるようになります。

Zikopr

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

これまで例文つきで、チャレンジ精神の自己PRを作成する方法を解説してきました。ただ、例文のような自己PRを書き上げる自信がないという方も多いはず。

そんな時は、「自己PR作成ツール」を活用してみましょう。

自己PR作成ツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、説得力のある自己PRが完成します。

自己PR作成ツールを活用して、人事を唸らせる志望動機を完成させましょう。

  imasia_15025085_S-1

1.「チャレンジ精神」ではややありきたり。良いキャッチフレーズを考えよう

例文
私には「前に踏み出す力」があります。できるかできないかを考える前に、まず行動を起こします。

「チャレンジ精神」をアピールする時に「チャレンジ精神があります」と書くのは、出来れば避けたいところです。というのも「チャレンジ精神があります」と書く学生が多すぎて、「チャレンジ精神があります」と書くだけで、凡庸な印象になってしまうからです。

チャレンジ精神といっても、いろいろあるはずです。「挑戦的な目標を見つけて、自身を高めるためにチャレンジしていく」「人を巻き込んでチームをつくり、プロジェクトを動かし、コトを起こす」…様々な形のチャレンジ精神があるはずですよね。「チャレンジ精神」では抽象的すぎて、あなたの長所が伝わりづらいのです。

例文では「前に踏み出す力」として、自分のチャレンジ精神を説明しています。このように、自分なりのキャッチフレーズを考えて、チャレンジ精神をアピールしてください。その方が、採用担当の印象に残るアピールになります。


「チャレンジ精神」の言い換え例

「チャレンジ精神」と言っても、色々な性格や特徴を表すことができます。

  • 既存のやり方にとらわれない
  • 好奇心旺盛
  • 行動力がある
  • オリジナリティー溢れる発想
  • 向上心がある
  • バイタリティーがある
  • 向学心がある
  • 打たれ強い

これらは全て「チャレンジ精神」のある人の特徴となり得ます。そして、どれも社会人として必要な資質ばかりです。

そのため、「チャレンジ精神」を長所として選んだ場合は、より具体的な特徴や性格に言及したエピソードを盛り込み、業務上でいかにその資質を活かすことができるのか、いかに企業に貢献できるのかをアピールすれば好印象です。

「なるほど、こういう人なら仕事を任せられそうだ」と、採用担当者を納得させられそうな、ロジカルな自己PRができるよう準備しましょう。

2.なぜ行動したのか?を説明すると、良い自己PRになる

例文
報道で、カンボジアに小学校を立てるべく積極的に活動している日本のNGO団体のことを知り、貧困解決のために行動する彼らの姿を見て居ても立ってもいられなくなりました。

リクルートの調査によれば、企業が採用にあたり重視する項目1位は「人柄(90%の企業が重視)」2位は「企業への熱意(78%が重視)」3位は「今後の可能性(70%)が重視」です。ちなみに、所属クラブ・サークルを重視しているのは、全体の7%に過ぎません。

企業は「あなたがどんな人か」を知ろうとしています。求めているのは「一緒に働く人」です。その人がどんな人かわからなければ、採用なんてできないですよね。だから、「人柄」を一番知りたいと思っています。

「行動の動機」で「人柄」をアピールする

「なぜチャレンジしたのか?」という動機には、あなたの人柄が現れているはずです。それは「向上心」であったり「競争心」であったり…いずれにせよ、魅力的な人柄をアピールできる要素になるでしょう。

たとえば、例文では、「問題を放置せず、実際に行動を起こす」就活生の人柄が伝わりますよね。当然、+に評価されます。

このように「なぜチャレンジしたのか」を説明すると、あなたの良さが伝わる自己PRになります。チャレンジした内容だけではなく、挑戦した動機も説明するようにしてください。


どのようなモチベーションで

チャレンジ精神が旺盛であることはわかっても、「チャレンジ精神が旺盛です」だけでは、あなたの人柄は見えてきません。繰り返しになりますが、採用担当者が知りたいのは履歴書ではわからなかった志望者の人物像です。

つまり、どんなことを、どんな時に、どんなふうに、どうして「チャレンジ」してみようと思ったのか、が述べられていなければ、自己PRとしてはNGなのです。

あなたのチャレンジ精神を突き動かすモチベーションの原点が何であったのかを説明することにより、初めて、自己PRとしての「チャレンジ精神」が意味を持ち始めるのです。エピソードの内容に終始するのではなく、自分の魅力のひとつとしての「チャレンジ精神」を挙げるのだということを忘れないようにしましょう。

3.チャレンジを成功させるために、どんな工夫をしたのか?

例文
その日のうちに、そのNGO団体に電話で問い合わせをし、大学に支部をつくってよいか確認。交渉の末、大学に支部をつくり、友人を中心に5名の団体を立ち上げました。支部として本部に貢献したいという想いから、学園祭にチャリティの出店を出店。3日間で20万円の利益を出すことに成功し、全額本部へ寄付をすることができました。

そのチャレンジを成功させるために、どんな行動・工夫をしたのか?詳しく書きましょう。

ただ「こんなチャレンジをしました!」だけでは、抽象的すぎて、あなたの良さを採用担当がイメージできません。例文のように、具体的に「どうやってチャレンジをしたのか?チャレンジを成功させるために何をしたのか?」を説明すると、あなたの「チャレンジ精神」が採用担当にしっかり伝わります。

できるだけ具体的に「どんなチャレンジをしたのか?チャレンジを成功させるために、どんな工夫をしたのか?」を説明しましょう。

抽象的な表現では何も伝わらない

よくある駄目な例は、

  • 「やるからには成功させたい」と必死に努力した結果
  • なんとしても結果を出すために、様々な工夫をした結果
  • 全員が納得する結果を出すため、チームが一丸となって努力した結果

このように「抽象的な表現」を使ってしまうこと。企業はあなたが課題に直面した時にどんな行動をするか?を見たいと思っています。なぜなら、それを見ることで、あなたの仕事への取り組み方がわかるからです。

つまり「課題に対してどんな行動・工夫をしたのか?」は自己PRで一番重要な部分。それを「必死に努力した結果」のような抽象的な表現で濁してはいけません。それでは何も伝わらないからです。

チャレンジを成功させるために、あなたが何をしたのか?詳しく説明して下さい。「文章からでも、あなたが頑張っている姿が思い浮かべられるように」できるだけ具体的に伝えましょう。


数字や期間などを具体的に

あなたの同じ経験をしていない人に、短時間で話を理解してもらおうとしても、なかなか伝わらないことがあります。抽象的な話ばかりで具体例がなかったり、話があちこち飛び過ぎたりする論旨が見えない話も、何が言いたいのかわからないため、興味を持ってもらえません。

「チャレンジしました」と言うよりも、具体例やデータや数字などがあれば、信ぴょう性も増しますし、内容が理解しやすくなります。エピソードがイメージしやすくなれば、興味も持ってもらいやすくなり、好印象となります。

自己PRの際は相手の立場に立ち、「実務でもチャレンジ精神が活かされそうだ」と、思わせられるような「〇週間で、△件」など具体的な数字を織り込むと、説得力のあるアピールができます。

4.チャレンジを通じて何を学んだか?も書いておこう

例文
自ら可能性に踏み出すことで、自分でも思ってみなかった事が成し遂げられると知りました。

ただ、「チャレンジしました」だけでは、「ふーん、だから?」と思えるような自己PRになってしまいます。前述したリクルートの調査からわかるように、企業は「今後の可能性」に注目しています。

「今後の可能性」をアピールするために「チャレンジした経験から学んだこと」にも触れましょう。挑戦から学び成長できる人材であると示せれば「今後の可能性」の面で高く評価されるからです。

挑戦を通して、自分なりに学んだことを書いてください。

5.仕事にどう活かせるか?

例文
貴社においても「まず行動」をモットーに、営業として活躍したいと考えております。

企業が知りたいのは「この子をとったら、会社の役に立つだろうか」ということ。だから「チャレンジ精神」をアピールするだけでは駄目で「そのチャレンジ精神が会社にどう役立つか」までを説明しなければなりません。

会社のどのような仕事に、どんな形で自分のチャレンジ精神が役に立つのか?企業研究の結果を元に書いてみましょう。


企業研究を重ね業務内容に沿った回答

業界や企業によっては、チャレンジ精神をよしとしない場合もあります。与えられた仕事をこなすのが美徳されている企業で「チャレンジ精神が旺盛です!」とアピールしても、良い印象は与えられません。そのため、企業研究は欠かせません。

また、ひとつの企業の中でも、アグレッシブにチャレンジ精神を存分に発揮できる部署もあれば、コツコツと地道に業務をこなす必要のある部署もある、といったこともあります。

その際は、自分の志望企業の志望部署では果たしてチャレンジ精神をよしとしているのかどうかを予め知っておく必要があります。そして、もしも企業の求めている価値観と違っていそうだと思ったら、チャレンジ精神をアピールすることは避けましょう。

自分の強みは本当に「チャレンジ精神」なのか、自己分析ツールで確認しよう

『チャレンジ精神』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。

自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強みが本当に『チャレンジ精神』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。

【21卒におすすめ】自己PRを考える前にまずは自己分析をしておこう!
kimisuka_pc
キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。
150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。
自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ
  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /
今すぐ診断する(無料)