「就活の軸」を的確に伝えるための3つの戦略【例文あり】

imasia_13188079_S

就活のES・面接で「就活の軸を教えて下さい」と質問されることがありますよね。しかし、「軸」と言われても、どう答えていいかわからず、戸惑うと思います。何を答えていいかわかりませんよね。

でも、大丈夫です。わかりやすい例文をもとに、「就活の軸」を質問された時に上手く答える方法を解説いたします!以下を読めば、誰でも「就活の軸」を上手く説明できるようになるでしょう。

「就活の軸」を質問された時の回答例

まず、細かい解説に入る前に、例文をチェックしましょう。例文を先に読んだ方が、完成形のイメージがつかめると思います。「就活の軸」について回答した例文を読んでみましょう。

例文

地銀で「就活の軸」を質問された時の回答例

私の就活の軸は「ファイナンスを通じて企業の経営を支えられる企業」かどうかです。

商学部の授業を受けていく過程で、企業経営への興味を持つようになりました。

企業経営を間近で味わいたいという想いから、大学時代にベンチャー企業にインターンとして参加しました。業務に関わる中で、いかに優れたアイデアがあっても、それを実行するための資金がなければ、絵空事でしかないと実感しました。

ファイナンスを支えることは、企業の力を引き出し、その未来をつくることにもつながると考え、金融、その中でも銀行業界を志望するようになりました。

その中でも、中小企業に寄り添い、経営のパートナーとして細かやな支援を行える地銀を主に志望しています。

自己PR_LPheader

企業が「就活の軸」を質問する理由

そもそも企業はなぜ「就活の軸」を質問するのでしょうか?その理由を考えてみましょう。質問の意図を押さえることで、的確な回答が出来るようになります。

自分なりの明確な「仕事選びの基準」があるかどうか

企業は、この質問を通じて、学生に明確な「仕事選びの基準」があるかどうかを確認しようとしています。企業を外見やイメージだけで選んでいる学生を振るい落とす意図があります。

自身の価値観に基づいた明確な「基準」を伝えなければなりません。「成長できる企業です」「社会貢献ができる企業です」「製品が好きな企業です」などの、安直な「軸」は減点評価されてしまいます。

学生の「仕事への価値観」と自社の仕事がマッチするか?

「就活の軸」は、「仕事において何を重視するのか」ということですよね。就活の軸を聞けば、学生が会社・仕事に求めるものがわかります。就活生の「会社・仕事に求めるもの」が自社の特徴と合致するかどうかを確認しようとしています。

当然ですが、「就活の軸」と「志望企業の軸」がマッチしていないと、志望度を疑われてしまいます。

就活の軸を定めよう

就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。

就活の軸には、年収という観点以外にも様々なものがあります。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひ無料でダウンロードしてみましょう。

就活の軸の作りかた

就職活動において基本となる「軸」ですが、その重要度を理解していても具体的にどう自分なりの軸を作ったらよいのかが見えずに不安になる人も多いことでしょう。

ここでは、就活に入る際に、どのような心構えが必要かについて見ていきましょう。

就活の軸は、自分ができる「can」と、未来を描く「will」が上手く入れ込まれた内容であることが必要なのです。以下ではその詳細について解説していきます。

自分ができる「can」の部分を書き出す

就職をするにあたり、まず誰もが考えることは「自分は何がしたいのか」「何ができるのか」でしょう。つまりこれは、自分が一生涯どんな分野の仕事をしていきたいのか、という自分がやりたい仕事内容の希望が基本になります。

同時に、今の自分の能力でできることを併せて職業や企業を選ぶという2つがベースになっています。

この2つを基に、「素直に自分自身が取り組んでいきたい仕事、目指している仕事とは何か」を考えてみましょう。

そして現在の自分の能力や持っている技術・知識で、その仕事ができるのかどうか、を自分で書き出してみましょう。

また、この順序は逆でも構いません。「自分が持っている資格や技術、また学生時代に勉強した事柄が直接活かせる仕事とは何か?」「現在の自分の特性や技術で何ができるだろうか」という順序で「can」部分を書き出してみる方法でもよいでしょう。

こうなっていたい「will」の部分を書き出す

就活の軸の基本の一つは「can」以外の要素も必要です。それが「will」です。「will」の要素が含まれていると、企業側が就活生を比較する際に評価をしやすくなります。

「can」は「自分ができること」が中心の内容したが、「will」とはそこから一歩進んだ状態の内容と言えます。

「will」には、「自分が社会人になってこれは成し遂げたい」「こういった仕事を実現したい」という自分の将来を見据えた内容が含まれています。

また、この「will」は必ずしも具体的な仕事内容でなければならない、という訳ではありません。「〇〇な企業人になって実践できるように精進していきます」などのような、精神的な部分・仕事を取り組む姿、を伝えられることでもよいでしょう。

[can]と「will」の重なる部分

就活の軸を決める時には、「can」と「will」の両方の要素を入れ込む必要があります。それでは、この2つの要素が上手く含まれる自己アピールをするためには、一体何が必要なのでしょうか。

就活を始めるときにまず、自分の「can」と「will」には何があるのか、を書き出してみましょう。

その後はこの2種類を見比べてみます。
自分で書き出した「can」と「will」の中に共通している部分はないか、または重なり合う部分がないかどうかを見比べる作業を行います。

このように「can」と「will」が共通した部分こそが、自分を最大限にアピールできる事柄なのです。

つまり、自分の理想と目指すもの、そして現実的に考えたときに自分ができることの内容の2つがバランスよく入れ込まれていると、就活の軸として有効な内容になります。

就活の軸は一度決定したら就活が終わるまで変更してはいけない、ということではありません。就活中に自分が感じたことがあれば、その都度自分の軸を見つめ直し微調整する、ということもときには必要と覚えておきましょう。

「就活の軸」を質問された時の的確な答え方

1.消費者目線ではなく「やりたいこと」に基づいた『軸』を伝える

消費者目線の軸は評価されない

学生の中には「大手であること」「製品が好きだから」など、消費者目線の「軸」を語る人がいます。しかし、みなさんはこれからその企業で従業員として働くわけですから「製品が好きだから」のような安易な「軸」では評価されません。

また「教育制度がしっかりしている」「福利厚生」などの軸も、受け身な印象を与えてしまいます。

「やりたいこと」に基づいた「軸」を伝えよう

「やりたいこと」に基づいた「軸」を語れば、能動的な姿勢をアピールできます。「やりたいこと」に基づいた「軸」とは、たとえば、以下のようなものです。

  • 大規模公共システムの開発に携わり、人の暮らしを支えたい
  • 中小企業の経営をファイナンスを通じて支えることが出来る
  • ビジネスを通じて、新興国のインフラを整備し、新興国経済の成長を支えたい

このような「仕事を通じてやりたいこと」を就活の軸としてアピールしましょう。「やりたいこと」をベースにすれば、能動的な姿勢・働く意欲が採用担当につたわります。

2.どこでも通じる「軸」は避けよう

よくあるのが「仕事を通じて社会貢献が出来る」「自己成長ができる」などの「軸」です。

しかし、よく考えてみれば、どんな仕事でも「仕事を通じて自己成長できる」し、「仕事が何らかの社会貢献につながっている」と言えますよね。

このような「どの企業にも当て嵌まるような、大雑把過ぎる軸」は評価されません。「仕事選びを真剣に考えていないのでは?」と思われてしまいます。

3.なぜその「就活の軸」なのか?も説明しよう

企業は、「軸」だけでなく、「軸から見えてくる、あなたの仕事への価値観」も知りたいと考えています。その価値観が自社の特徴とマッチするかを把握したいのですね。

だから、単に『軸』だけを回答するのでは足りません。あなたの価値観が伝わらないからです。「なぜその軸なのか?」理由を説明すると、あなたの価値観がつたわります。例文では、

例文
商学部の授業を受けていく過程で、企業経営への興味を持つようになりました。企業経営を間近で味わいたいという想いから、大学時代にベンチャー企業にインターンとして参加しました。業務に関わる中で、いかに優れたアイデアがあっても、それを実行するための資金がなければ、絵空事でしかないと実感しました。ファイナンスを支えることは、企業の力を引き出し、その未来をつくることにもつながると考え、金融、その中でも銀行業界を志望するようになりました。

このように、過去の体験をもとに「なぜ企業をファイナンスで支えたいのか?」を説明しています。このように、過去の体験・実感をもとに「なぜその軸か」を説明すると、血肉の通った説得力のある回答がつくれます。


4.「御社が第一志望です」と伝わるような「軸」を

企業が採用したいのは、「企業に入りたい人」です。リクルートの調査によれば、企業が採用にあたり重視する項目として「人柄」が1位、「企業への熱意」は2位になっています。

「どれだけその会社に入りたいのか?」は採用で非常に大きなウェイトを占める要素なのですね。「就活の軸」への答えにおいても、「御社に入りたい」という熱意が伝わる回答にする必要があります。

「御社に入りたい」という熱意を伝えるには、「志望企業の特徴」と「就活の軸」を合致させなければなりません。就活の軸と企業の特徴がズレていると、「本当に我が社が第一志望なんだろうか?」と志望度を疑われてしまうでしょう。

たとえば、例文は、地銀で質問された時の回答なので「企業経営を支えたい→その中でも中小企業の経営を支えられる地銀に興味がある」と、「就活の軸」と「志望企業の特徴」を合致させています。

このように、面接で答える時は、志望企業の特徴に合致する「就活の軸」を答えるようにしてください。

穴埋めするだけで『会社選びの軸』が完成!『就活の軸』作成マニュアル
自己PR_LPheader

『就活の軸(企業選びの軸)』が上手く決まらず、困っていませんか?『就活の軸はなんですか?』と面接で聞かれても、どう答えていいかわからず、悩んでしまいますよね。

就活サイト「キャリアパーク」なら、シートに穴埋めするだけで、説得力のある『就活の軸』が完成する「就活の軸作成マニュアル」が無料でダウンロードできます。

「Can(自分のできること)」「Will(自分のやりたいこと)」の穴埋めシートに必要なことを書き込んでいけば、人事も納得する『就活の軸』がすぐに完成します。

説得力のある『就活の軸』をつくり、選考を突破しましょう。

今すぐ就活の軸をつくる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

">imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。