面接で「休日の過ごし方」を質問されたときの回答方法【例付き】

面接では「休日の過ごし方」を質問されることがある

就職活動における面接では、「休日の過ごし方」について質問をされることがあります。
一見すると就職活動や仕事には関係が無い質問ですので、学生の中には「特にないです」と回答してしまったり、「パチンコが多いです」とネガティブな回答をしてしまう人もなかにはいます。

しかし実際には、面接官が「休日の過ごし方」を質問するときは明確な意図をもって質問をしていることが多いです。

したがって「休日の過ごし方」を聞かれた際に「特にありません」と回答したり、ネガティブな回答をしたりすると、面接官からマイナスに評価されてしまう可能性が高まってしまいます。
ここでは面接官がなぜ「休日の過ごし方」を質問するのか、その意図を確認していきます。そのうえで自分にとって最適な回答を考えてみましょう。

面接で「休日の過ごし方」を質問する目的

面接で休日の過ごし方を質問する目的には、「ONとOFFを切り替える方法があるか知りたい」「人柄を知りたい」「雑談からコミュニケーション能力を知りたい」の3つがあります。
・ONとOFFを切り替える方法があるか知りたい
企業で長く安定的に働き続けるためには、業務や生活で発生するストレスを上手に解消することが必要です。そのための手段を持っているかを確認するために、面接官は休日の過ごし方を確認します。・人柄を知りたい
学生がどのような人柄なのかを測るために、休日の過ごし方を聞くこともあります。
この目的のもとに問われる休日の過ごし方について、模範解答を見つけることは難しいでしょう。
なぜなら学生の休日の過ごし方も、その回答を聞いて面接官がどう感じるかも千差万別だからです。

・雑談からコミュニケーション能力を知りたい
雑談として休日の過ごし方を話すことで、コミュニケーション能力はどれほどかを測っている場合もあります。

ONとOFFを切り替える方法があるか知りたい

面接において休日の過ごし方を確認する目的の一つには、ONとOFFを切り替える方法があるか知りたいというものがあります。
学生という立場から社会人になるにあたって、変化することは様々にあります。その一つが、責任とストレスの増加です。

特に新入社員は新しく覚えなければいけないことが多く、仕事によっては資格の取得が必要であったり、ストレスを感じやすい場面が多いです。その中で長期的に、かつ安定的に仕事をしていくためには、休日にONとOFFの切り替えをしてストレスの解消を図ることが肝心になってきます。

ONとOFFを切り替えてストレス解消の手段を持っているかを確認するため、面接官は学生に「休日の過ごし方」を質問する場合があります。

人柄を把握するため

面接において休日の過ごし方を確認する目的には、「人柄を把握するため」というものもあります。

アクティブな休日を好む学生なのか、インドアな休日を好む学生なのか、面接官がその学生の印象をさまざまな角度から判断するために質問されることが多いのが「休日の過ごし方」です。

ただし「人柄を把握するため」という目的のもとにこの質問がされた場合、模範回答を用意することは難しいでしょう。
なぜなら学生の休日の過ごし方も、その回答を受けて面接官がどう感じるかも千差万別だからです。

そして模範解答が見つけにくい質問だからこそ、学生の人柄を把握するためには面接官にとって使い勝手のいい質問と言うこともできます。

回答に迷った場合は「特にありません」などのネガティブな内容は避け、ポジティブに回答するよう心がけると良いでしょう。

雑談からコミュニケーション能力を知りたい

面接において休日の過ごし方を質問する目的には、「雑談からコミュニケーション能力を測りたい」というものもあります。
何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるかという側面から、コミュニケーション能力を測ろうとしているのです。

したがって、「特にありません」と回答してしまったり、「読書です」と短いセンテンスで回答を終わらせてしまうと会話が弾みにくいため、コミュニケーション能力に欠けると評価される可能性があります。

たとえば休日の過ごし方が読書なのであれば、「休日は読書をして過ごすことが多いです。小説を読むことが多いのですが、今後のためにも最近はビジネス書も読んでいます。何かおすすめの書籍があればぜひ教えてください。」
というように、面接官が返答しやすいように回答することを意識すると良いでしょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接をおこなう企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

診断であらわになった自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

\自己分析を通して、自分に合う仕事に出会える!/ imasia_15025085_S-1

面接で「休日の過ごし方」を答える際のポイント

面接において休日の過ごし方を質問された際は、「何もしていませんと述べない」「人柄がネガティブにうつる内容は伝えない」という2点に気を付けることがポイントです。
・「何もしていません」と述べない
休日の過ごし方を質問する面接官の意図には、コミュニケーション力を測るというものがあります。ここでは何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるかが肝心なので、「何もしていません」と回答するのは避けたほうが良いでしょう。
なぜならそれ以上会話を弾ませることが難しく、コミュニケーション能力に欠けると判断される可能性があるからです。

・人柄がネガティブにうつる内容は伝えない
面接は自分をアピールする場ですから、自分の人柄がネガティブにうつる内容をわざわざ伝える必要はありません。
自分が具体的に話せるトピックを選び、休日の過ごし方として話すと良いでしょう。

無理にアクティブな印象を与えるものを作らなくても良い

面接において休日の過ごし方を質問された際は、無理にアクティブな印象を与えるものを作らなくても良いです。
なぜなら「アクティブな内容だから」と言って具体的に語れない「休日の過ごし方」を回答に選んでも、その回答について面接官から具体的な質問をされた際、答えに困ってしまい辻褄の合わない回答が出る可能性もあります。

したがって面接で休日の過ごし方を問われた際は、内容がネガティブにならない範囲で、かつ自分がある程度はそれについて話せる内容のものを回答に選びましょう。

たとえば「おいしいタイ料理を食べること」でも構いません。一見すると些細な内容に見えますが、「タイ料理が好きで、よくトムヤムクンを食べに行きます。そうすると気分転換になって、翌週も頑張るエネルギーになります」と具体性を持って話をするだけで、ポジティブな内容にすることができます。

なぜそれをするのか、どんなことをするのか具体的に話せる内容が◎

面接で「休日の過ごし方」を問われて回答する際、なぜその過ごし方なのか、どのようなことをするのかについて具体的に話せる内容だとポジティブな印象を与えることが可能になります。学生の中には、「面接で話せるような大した過ごし方をしていない」と悩んでしまう方が多くいるようです。

しかし、休日の過ごし方について「スポーツのほうが読書より良い」という優劣はありません。

些細な内容でも具体性を持って話せば、面接官にポジティブな印象を与えることが可能になります。

たとえば犬の散歩でも構いません。「休日は平日より早くに起きて、飼い犬の散歩に出かけます。早朝の空気は清々しく感じますし、人も少ないので飼い犬と走り回ることができて良い気分転換になります。」このように具体的に行動を説明することで、ただの「犬の散歩」でもポジティブな印象にすることができます。

継続的な内容でも直近の休みの過ごし方を答えても良い

面接において休日の過ごし方を質問された場合、以前から長く続けている趣味や習い事等を挙げても良いですし、直近するようになったばかりの過ごし方を挙げても問題ありません。

休日の過ごし方に関する質問をする面接官の目的は「ONとOFFを切り替える手段を持っているか」「どのような人柄か」「コミュニケーション能力はどれほどか」を知ることです。

面接官にとってそれらの目的が満たされれば、「休日の過ごし方が継続的なものか一時的なものか」はほとんど関係がないため、休日の過ごし方について回答する際は継続的なものでも、一時的なものでも問題ありません。

回答をあらかじめ考えておく際は面接官の目的に沿うように、かつ嘘をつかない範囲で答えることを心がけると良いでしょう。

「何もしていません」で会話を終わらせるのはNG

面接において休日の過ごし方を問われた際、「何もしていません」で会話を終わらせることは避けましょう。
休日の過ごし方を質問する面接官の意図には、コミュニケーション力を測るというものがあります。

ここで肝心なことは、「何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるか」です。
その中で「何もしていません」と回答してしまうと、それ以上に会話を弾ませることが難しいだけでなく、「この学生にはコミュニケーション能力に欠ける」と判断されてしまう可能性があります。

趣味と言えるほどのものが無くとも、何気ない休日の行動に具体性を持たせるだけでポジティブな回答にすることができます。
自分の休日の行動を細かく観察し、具体性を持って話すことを心がけると良いでしょう。

人柄がネガティブにうつる内容は伝えない

面接において休日の過ごし方を問われた際に、自分の人柄がネガティブにうつる内容をわざわざ伝える必要はありません。なぜなら、面接は自己アピールをする場だからです。
ネガティブな回答の例として、このような回答が挙げられます。
例文
「休日はひたすらネットサーフィンをして過ごすことが多いです。平日は人と話をしなければいけない場面が多いので、休日は家とインターネットにこもって、自分の興味のあることを調べて過ごしています。」

このような回答をしてしまうと、「人と話をすることが嫌なのかな?」というネガティブな印象を持たれてしまう可能性があります。

せっかくの自己アピールの場なので、ポジティブな印象を持ってもらえるような回答を心がけると良いでしょう。そのほうが話を弾ませやすく、場の雰囲気も明るくなって良い面接にできる可能性が高まります。

「休日の過ごし方」の答え方

面接において休日の過ごし方を問われた際、下記のような回答例を参考に自分の回答を考えてみましょう。
そのための第一のステップは、「ONとOFFを切り替える方法があるか知りたい」「人柄を知りたい」「雑談からコミュニケーション能力を知りたい」という面接官の3つの目的を意識することです。

第二のステップは、「自分には面接で話せるような過ごし方がない」という悲観を捨てることです。

休日の過ごし方は千差万別であり、そこに優劣はありません。些細な過ごし方でも、具体性を持って話すことでポジティブな印象にすることができます。
面接は自己アピールの場なので自分にポジティブな印象を与えられる回答を心がけ、会話を弾ませて良い面接にしましょう。

家で映画鑑賞

例文
「私は家で映画を観て過ごすことが多いです。最近はNetflixなどでいつでも家で映画が見られますが、朝のウォーキングを兼ねて隣町のTSUTAYAに出かけます。好きなジャンルはファンタジーですが、最近は就職後の自分を想像するためにサラリーマンが主役の映画を観ることも多いです。何かおすすめの映画があればぜひ教えてください。」

Point
この例文では「家で映画鑑賞をする」だけの休日であるのに、一日の行動を具体的に述べることで話を膨らませられています。

「自分の就職後の姿を想像したい」という前向きさも垣間見えます。
また、最後に「何かおすすめの映画があればぜひ教えてください」と面接官に問いかけることで会話が弾ませやすくなっていて、コミュニケーション能力の豊かさがうかがえます。

高校の友達とラーメンを食べる

例文
「休日は高校の友達とラーメンを食べに行きます。私も友人も昔からラーメンが大好きで、高校生の頃は部活帰りにはみんなでおいしいラーメンを食べに行って気分転換をしていました。今は健康のことを考えて、休日だけ同級生で集まり様々なラーメン屋さんを回っています。もし内定を頂戴することができたら、この近隣のラーメン屋さんを探求してみたいと思います。」

Point
この例文では休日を友人と過ごす様子を話しており、友人を大切にする人格だということがうかがえます。
また、年齢に合わせて健康のことを考える面からは体調管理ができる要素を感じることができます。

内定後は会社近隣のラーメン屋さんを探索したいと語っていることから、面接官によっては「それだったらあそこがおいしいよ」と話を弾ませられるかもしれません。

飲食店のアルバイト

例文
「休日は飲食店でアルバイトをしています。1年前に始めたばかりのアルバイトですが、接客・配膳という仕事からお客様とのコミュニケーションの取り方を学ぶことができますし、同僚や先輩という横の関係、縦の関係に慣れておくことは会社で働く際に有益な経験かと思いました。
学校での生活と違って飲食店のアルバイトは体力を使うので、休日の良い運動になっています。」

Point
この例文では飲食店でのアルバイトを休日の過ごし方として挙げています。「会社で働く際に有益な経験かと思いました」というところから、将来のために学ぼうとする姿勢がある学生だということがうかがえます。

会社に入れば否応なく横の関係、縦の関係に揉まれることとなりますので、仕事が初めての学生と比較すればストレス耐性のありそうな学生だということが垣間見えるでしょう。

○○スクールに通う

例文
「休日はバレエスクールに通っています。バレエは小学生のころから継続している趣味で、休日にバレエをすることで良い気分転換になりますし、体を柔軟に動かすので平日の間にたまった肩こりや脚のむくみ等を解消するストレッチの意味合いもあります。私の母はデスクワークを原因として肩こりに悩んでいるので、今後も休日はバレエで体のストレッチと気分転換を図っていきたいと思います。」

Point
この例文では休日の過ごし方としてバレエスクールを挙げています。バレエで休日に気分転換ができていることから、ONとOFFを切り替える手段をもった学生であることがわかります。
また小学生の頃から継続しているということから、一つの物事を継続できる胆力をもった人格であるということも垣間見えます。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)