自己PRで「協調性」を上手くアピールする4つの秘訣【例文あり】

imasia_14332578_S

「協調性があります」と自己PRをする就活生は非常に多いです。仕事はチームでするものですから、チームのために行動できる「協調性」は、企業から評価される資質といえます。

しかし、「協調性」をアピールする学生は非常に多く、何の戦略もなく協調性を自己PRしても、多くの学生の自己PRの中に埋もれてしまいます。

では、どうすれば「協調性」を魅力的に自己PRできるのでしょうか?わかりやすい例文をもとに、「協調性」を自己PRする時のポイントを徹底的に解説いたします!例文は少しレベルの高い例かもしれませんが、気にせず「文章の構造・流れ」に注目して読むようにしてください。


自己PRで大事なこと

面接やESで必ずと言っていいほど出てくる自己PR。
自分らしさを一番表現できる質問のため、ここで上手に自分をアピールをしておき、他の就活生と差をつけたいところですよね。
そのためには、まず、自己PRの目的を理解しておく必要があります。

自己PRの目的とは、「自分の資質やこれまでの経験」を材料に自分自身をプレゼンし、面接官に「ぜひうちの会社に来てほしい」と思ってもらうことです。

つまり、資質や経験をアピールするだけで終わってしまっては、自己PRの意味がありません。そんな当たり前のことを…と思うかもしれませんが、多くの学生が自分の資質や経験をアピールするだけになってしまい、志望する企業と自分自身を結びつけることができていません。

自己PRを考える際は、志望する企業と自分のアピールポイントを結びつけられるようにしましょう。

盛り込むべき内容

自己PRに盛り込むべき内容は、全部で3つです。
1つ目は、アピールしたい「自分の資質」。今回の例で言えば、「協調性」ということになります。

2つ目は、「なぜその資質があると言えるのか」という根拠エピソードが必要です。もし根拠エピソードがないと、具体性に欠けることから信用してもらえなくなってしまいます。なお、エピソードを考える際は、自分がどういう行動をしたのか、その結果、どういう影響があったのかを必ず伝えましょう。結果に関しては、第三者からの評価がある方が、説得力が増します。

そして3つ目は、「その資質があることで、志望する企業へどう貢献できるか」です。冒頭でも話したように、自己PRは相手に欲しいと思ってもらわなければなりません。
ここが具体的であればあるほど、面接官は就職後のあなたの様子を想像しやすくなり、「うちに来て欲しい」と思ってもらえる可能性が高くなります。

【お手本】自己PR(協調性)の例文

まずは、協調性をテーマにした自己PRの例文をチェックしてみましょう。細かいポイントを言葉で説明するよりも、例文を読んだ方が、直感的に自己PRの勘所が掴めるはずです。オレンジ色で書く際のポイントも解説しているので、それもチェックしてください。

自己PR(協調性)の例文

例文
私は縁の下の力持ちとして「糊」のような役割を担う人間です。チームのために自分が何をできるかを常に考え、行動することが出来ます。
Point 最初に結論を伝える。「協調性がある」ではありきたりなので、自分の「協調性」を上手く表現できるキャッチフレーズを探しておこう

この力を発揮したのが、ベンチャー企業のインターンで多国籍チーム(韓国2名・日本2名・仏1名)で新規事業立ち上げを行った経験です。
Point 協調性を発揮し、成果を出したエピソードのを伝えて、自己PRの説得力をアップさせよう。

最初は、語学の問題もあり、リーダーの日本人と他の外国人メンバーとの意思疎通が上手くいかず、チームはパフォーマンスを発揮できていない状況でした。
Point 主にどんな課題・目標に取り組んだのかをわかりやすく伝えよう。

そこで、私は自身の語学力を活かし、彼らに現状の不満点を聞き出していきました。

すると、リーダーの指示が少し曖昧なため、何をすればいいかわからないので作業が進められないと不満を持っていることがわかりました。そこで、私は両者の間のパイプ役となり、リーダの指示をできるだけわかりやすい形で彼らに伝えるようにしました。

具体的は、言葉だけでなく、図や手書きのイメージ図を使って「作業の最終的なゴールはどこか」を彼らが把握できるように工夫しました。また、私が企画し、飲み会や食事会を積極的に開き、チーム同士の意思疎通が円滑になるよう、とりはからいました。
Point 課題・目標を達成するために、どんな努力・工夫をしたのか?出来るだけ詳しく伝えること。あなたの良さが伝わる一番大事な部分。

この取組の結果、チームがまとまり、多国籍メンバーのチームでも事業を立ち上げることが出来ました。
Point あなたの取り組みによって出た結果・成果を伝える

OBの方から、貴社の上流SEは、お客様と協力会社の間を上手く取り持ちながら開発を進めていかなければならないと伺いました。貴社の下で、パートナー会社とクライアントの間の「糊」になり、システム開発を成功に導きたいと考えています。
Point 志望企業の仕事に、自分の強みはどう活かせるのか?どうやって貢献したいと考えているのかを伝えよう


協調性はこう伝えればOK!押さえるべき自己PRの「型」

さきほどの協調性の自己PR文は、以下の「型」によってつくられています。この「型」を押さえて、自己PRを構成するだけで、採用担当にグッと響く自己PRがつくれるようになります。

Zikopr

では、ポイントごとの詳しい解説に入ります。

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。
自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

imasia_15025085_S-1

1.「協調性があります」では印象に残らない!的確なキャッチフレーズを探そう

例文
私は縁の下の力持ちとして「糊」のような役割を担う人間です。チームのために自分が何をできるかを常に考え、行動することが出来ます。

「協調性があります」では、抽象的すぎて印象に残りません。あなたの「協調性」を表現できる、的確なキャッチフレーズを探してください。

「協調性」は一番ありがちな自己PR

Googleのデータによると、「協調性 自己PR」で検索している就活生は、月間4000人近くいます。これはあらゆる長所の中で、最も検索されている数字です。わざわざ検索する就活生は一部でしょうから、相当に多数の学生が「協調性があります」とアピールしていると考えられます。

だから、「協調性があります」と自己PRを始めるだけで、人事は「またこれか」と凡庸な印象を抱いてしまうでしょう。

自分の「協調性」を表現できるフレーズを探そう

「協調性」にも色々あるはずです。「チームのために、嫌なことでも引き受ける協調性」「メンバー間のパイプ役になる協調性」…様々な協調性の形があるはずです。「協調性があります」では、あなたがどんな協調性の持ち主なのか、伝わりません。

例文のように、あなたの「協調性」を表現できる、的確なキャッチフレーズを探しましょう。


キャッチフレーズ例

以下は、協調性をテーマにしたキャッチフレーズの例です。この中から自分に近しいものを見つけ、自分なりにアレンジしてみましょう。

  • 行間を読む協調性
  • 他の人の「声に出してはいないが、心で思っていること」を感じ取ることができるということを指しています。

  • 人間潤滑油
  • 意見が激しく対立してしまい、なかなかお互いの意見を擦り合わせていくことが難しい時に、両者の間に入って、話し合いをスムーズに進めることができるということをアピールしています。

  • 裏方のプロ
  • リーダーシップを取る代わりに裏方に徹し、みんながうまくまとまるようにサポートしていくことができることを指しています。

  • 周囲を巻き込む協調性
自分だけでなく周囲の人も協調性を持てるよう、良い影響を与えることができるということを表現しています。

2.協調性を発揮したエピソードを使って「協調性」をアピールしよう

例文
私は縁の下の力持ちとして「糊」のような役割を担う人間です。チームのために自分が何をできるかを常に考え、行動することが出来ます。この力を発揮したのが、ベンチャー企業のインターンで多国籍チーム(韓国2名・日本2名・仏1名)で新規事業立ち上げを行った経験です。

あなたの「協調性」を活かして、組織に何らかの改善をもたらしたエピソードを伝えましょう。

「私は協調性があります。周りの事を考えて行動できます」というアピールをする学生は多いですが、具体的なエピソードがなければ説得力がありません。アピールだけなら、誰でも出来るからです。

「協調性を発揮して、組織に貢献したエピソード」を根拠にして、「協調性」をアピールすることで、自己PRの説得力が増します。具体的な根拠があれば「確かに、そんな経験があるなら、協調性を持っていそうだ」と人事を納得させられます。

単に「私は他人を気遣えます。人のために行動できます」だけでは、採用には至りません。なぜなら、企業が採用したいのは「企業の役に立つ人」だからです。

「協調性」を活かして、何らかの課題解決をしたエピソードを伝え、あなたの「協調性」が会社の役に立つものであることをアピールしてください。

3.チームの為に、具体的にどんな取り組みをしたのか?を伝えよう

例文

そこで、私は自身の語学力を活かし、彼らに現状の不満点を聞き出していきました。

すると、リーダーの指示が少し曖昧なため、何をすればいいかわからないので作業が進められないと不満を持っていることがわかりました。そこで、私は両者の間のパイプ役となり、リーダの指示をできるだけわかりやすい形で彼らに伝えるようにしました。

具体的は、言葉だけでなく、図や手書きのイメージ図を使って「作業の最終的なゴールはどこか」を彼らが把握できるように工夫しました。また、私が企画し、飲み会や食事会を積極的に開き、チーム同士の意思疎通が円滑になるよう、とりはからいました。

「協調性がある」と自己PRするだけでは、あなたの協調性は伝わりません。あなたの協調性を面接官に伝えるためには、「組織のために、具体的にどんな行動をしたのか?」を詳しく説明することです。

「チームのために具体的に何をしたのか」を詳しく説明すると、あなたの協調性を面接官に上手く伝えられます。

たとえば、例文からは「自分の出来ることを探し、チームに働きかける」「コミュニケーションを成立させるために、様々な工夫をする」この就活生の姿勢が伝わりますよね。もちろん、これらの姿勢は、企業に高く評価されます。

このように「チームのために、具体的にどんな行動をとったのか?」は、あなたの良さを伝える材料の宝庫です。「チーム・組織ののために何をしたのか?」文章からも、あなたの頑張っている姿が伝わるように、具体的にアピールしましょう。

よくある駄目な表現

最高の合宿にするために、全員で腹をわって一晩話し合い〜
皆が腹をわって話し合えるように、様々な工夫をし〜

協調性をアピールする学生の自己PRには、このような「よく話し合って、合意した」という内容をよく見かけます。

しかし、「合意を出すために話し合う」のは、当たり前のこと。それだけでは、アピールになりません。

「協調性がある」と自己PRをするには、「話し合いをまとめるために、具体的にどんな工夫・努力をしたのか?」を伝えなければなりません。

「みんなで話し合いました」は、何も言っていないのに等しいです。


自分はなにをしたのか

自己PRでは、自分の行動力や主体性をアピールすることが大切です。
「みんなで話し合いました」や「相手の話を聞くようにしました」など、やって当然のことを話していては、そのエピソードの中に協調性を見出すことも、「他の学生と違うな」と評価されることもありません。

また、誰かに指示されて行動しただけのエピソードでは主体性がなく、アピールポイントにはなりませんので注意してください。それどころか、「誰かから指示をされないと動けない人なんだ」と思われてしまう可能性もあります。

自己PRを考える際は自ら考えて行動を起こしたエピソードを選び、「どんな状況で」「何を考え」「どのように行動したのか」を明確に伝えられるようにしましょう。

4.「どうやって会社に貢献するか?」が大事

何のために自己PRをするのか?それは「私は会社に役立つ人間です。だから採用して下さい」とアピールするためです。ただ、「協調性がある」だけではあなたの魅力は伝わりません。「私の協調性はこんな風に業務に活かせる」とアピールして初めて、魅力的な自己PRになるのです。

文章の最後に「自分の長所「協調性」はこうやって活かせる」とアピールしましょう。例文では、以下のように書かれています。

例文
OBの方から、貴社の上流SEは、お客様と協力会社の間を上手く取り持ちながら開発を進めていかなければならないと伺いました。貴社の下で、パートナー会社とクライアントの間の「糊」になり、システム開発を成功に導きたいと考えています。

このように、「会社の業務にどう役立てられるか?」まで書くと、「どう役立つか」が採用担当にイメージしやすくなります。結果、「響く」自己PRになるのですね。ただ長所をアピールするだけでなく、「どうやって業務に役立てられるか?」にも言及しましょう。


企業研究をしっかりする

「自分の長所をどのように企業で活かせるか」を語るためには、まず企業研究がしっかりとされていなければなりません。
そうでないと的外れな回答をしてしまい、マイナスの評価をされてしまう可能性もあります。
企業研究では、まず志望する企業の事業内容や企業理念を把握します。

その後、新卒者が配属される可能性のある職種にはどのようなものがあるのか、具体的な仕事内容まで調べるようにしましょう。

可能であればOB訪問などを行い、実際にその企業で働いている先輩社員の方から話を聞くのも良いでしょう。細かい業務内容ややりがい、仕事をする上で大切なことなど、パンフレットや企業のホームページには載っていないことが聞けるかもしれません。

会社が自分を採用するメリット

新入社員を一人前に育てるには、時間的にも、金銭的にも、多くのコストがかかります。
そのため、採用担当者なら誰でも、より採用するメリットのある学生に来てほしいと思うものです。

つまり、自己PRを成功させるには、面接官に自分を採用するメリットをどれだけアピールできるかが鍵となるのです。

自分のアピールしたい資質が決まり、企業研究もしっかりと行うことができたら、自分の資質を活かせるのはどのような場面か、働く様子を想像しながら照らし合わせてみましょう。そうすることで、自分を採用するメリットを見つけやすくなります。

また、OB訪問などをしていれば、リアルな現場で求められる資質も聞くことができるため、より具体的な話が出来て良いですね。
就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。