疑問解決!内定承諾書の提出後に内定辞退はできるのか?

内々定をもらった後に、内定承諾書への署名・捺印を企業から求められます。

そこには、「正当な理由がない限り、内定辞退はしない」などの文言がある場合が多く、これにサインをしたら絶対に内定辞退したら駄目なのかと心配になりますよね。

しかし、志望企業が変わったり、家庭の事情があったりと理由は何であれ、内定承諾後に辞退を考えるときがあるかもしれません。

内定承諾書を提出した後に辞退は可能なのでしょうか?
この記事では、内定承諾後の辞退は可能なのか、可能であればどのように企業に連絡をするべきなのかについて解説します。

内定承諾後でも辞退は可能

結論からいえば、内定承諾書を提出した後でも内定辞退は可能です。
以下で理由を説明します。

内定承諾書には法律的な拘束力がない

内定承諾書には、学生を法律的に縛る力がありません。

そのため、内定承諾書「正当な理由がない限り、内定辞退はしない」と記載されており、サインをしたとしても必ずしも従う必要はありません。
内定承諾書の提出後でも、学生は特別な理由を必要とせず辞退できるのです。

誓約書を記載していても法的な拘束力はない

憲法第22条第1項によると「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」となっています。

つまり、書類を提出していたとしても、辞退は法律に反するわけではないのです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

内定承諾後でも辞退できるが失礼のない対応が必要

内定承諾後に企業は入社手続きをする

企業は内定承諾後に内定者の入社手続きを開始します。

内定者のフォローアップ、内定式や内定者懇親会の準備、入社までのスケジュール調整など、あなたを新入社員として迎えるにあたって企業側の仕事は山積みです。

さらには、採用選考にかかった費用に加えて、PCなどの備品調達費や研修費などが必要になり、内定者1人ひとりに対して多くのコストをかけています。

内定辞退は、企業があなたにかけた時間・労力・コストが全て無駄になるのです。そして、内定辞退が遅くなればなるほど、企業側の負担も大きくなります。

そのため、企業側に迷惑を掛けていることを十分に理解した上で、失礼のない対応をとりましょう。

辞退による採用や配属の調整が必要

あなたが内定を辞退すると、企業は採用や配属の調整が必要になります。

企業は採用をするにあたって、各部署にヒアリングを行った上でどのような人材を何人確保するかを決めて、その採用計画に基づいて新卒採用を進めます。

そのため、内定辞退者が出ると採用計画の見直しや配属先の再調整をしなくてはならず、採用を打ち切っていた場合は再開して代わりの人材を確保する必要が出てくる場合もあるのです。

もちろん企業側は内定辞退者が出る可能性も考慮して採用をしてはいますが、人材不足が深刻な昨今では満足な人材を確保できている企業は多くありません。

内定を辞退する場合は、出来る限り企業側の都合にも配慮するようにしましょう。
Jobspring

内定承諾後の辞退を決めたらなるべく早く企業に伝える

入社日が近づくと言いにくくなる

入社日が近くなればなるほど入社に向けて準備が進んでいってしまい、内定辞退を申し入れにくくなってしまいます。

断わりずらくなってしまって、そのまま流されて希望に沿わない企業に入社してしまう、あるいは何の連絡もしない「サイレント辞退」をしてしまうといった最悪の事態は至らないようにしましょう。

早い段階で内定辞退を決めれば、企業としても素早く次の行動に移すことができ、余裕をもって対応できます。

内定辞退は決して悪いことではなく、誠実に対応すれば企業側も理解してくれます。もし迷いがあるのなら、その事実を企業側に事前に伝えておくと良いでしょう。

言いづらいからと後回しにしてしまうとその分企業にかかる迷惑も大きくなるので、早めに内定辞退を伝えるようにしてください。

内定承諾後に辞退をする方法

担当者に必ず電話で伝える

内定辞退を申し入れる場合は、電話で伝えましょう。

連絡しにくいのは分かりますが、企業側にとって、対応スピードが速くその場で本人確認や辞退理由のヒアリングがしっかりと行える電話の方が都合が良いです。

メールを送ったとしても、改めて企業側から電話がかかってくる可能性もあります。なるべく1本ですべて終わらせられるようにするためにも、はじめから電話で内定辞退を伝えることをおすすめします。

ただし、電話を掛ける時間帯には気を付けなければいけません。出社・退社時間付近やお昼休憩の時間帯は避けてください。

話す内容や辞退理由は事前に考えておき、ある程度時間が取れて落ち着いて連絡できる場所から電話を掛けると良いでしょう。
【電話例】お世話になります。〇〇大学の〇〇と申します。採用担当の〇〇様はいらっしゃいますか?

(担当者に代わる)
お世話になります。先日内定の通知を頂きました〇〇大学の〇〇です。今お時間よろしいでしょうか。

この度は内定のご連絡を頂きありがとうございます。身勝手なお願いで大変恐縮なのですが、本日は御社の内定を辞退させて頂きたく、ご連絡差し上げました。

色々と悩んだのですが、自分のやりたいことや適性を鑑みた結果、御社と並行して選考を進めていた他の企業への入社を決意した次第です。

選考に際し、貴重なお時間を頂いたにも関わらずご期待に沿えず大変申し訳ございません。

担当者に繋がらない場合は取り急ぎメールで辞退を伝える

担当者に電話しても繋がらない、電話が出来ない事情がある、その他どうしても電話がしたくない場合には、内定辞退のメールを担当者に送るようにしましょう。

その場合は、電話での連絡が出来ないことへの謝罪をメールの文中に記載しておくようにしてください。

また、担当者から確認の電話が来る可能性も十分にありますので、もし電話対応が出来ない状況なら、その旨をメール内に記載しましょう。
【メール例文】
件名:内定辞退のご連絡_〇〇大学の〇〇
株式会社〇〇
採用担当 〇〇様お世話になっております。
先日内定を頂きました〇〇大学の〇〇です。

大変喜ばしいご連絡を頂きながら誠に申し訳ありませんが、別の会社とのご縁を感じたため、貴社の内定を辞退させて頂きたくご連絡差し上げました。

貴重なお時間を頂いたにもかかわらず、このようなご連絡を差し上げることとなり、大変申し訳ございません。

また、本来ならば電話で直接ご連絡差し上げるべきところを、メールでのご連絡となってしまったことも重ねてお詫び申し上げます。

以上、ご理解の程よろしくお願いいたします。

署名

内定辞退の取り消しはできないので十分に検討する

企業は内定辞退が出た時点で採用計画の見直しや調整に入るため、内定辞退を撤回することは基本的に出来ません。そのため、辞退を伝える前に十分に検討してください。

内定辞退は出来る限り早めに申し入れたほうが良いとお伝えしましたが、あなたの将来を左右する大事な決断でもあるので、よく検討もしないまま即辞退を決断するのはやめましょう。

無断での辞退(バックレ)は絶対にNG

連絡もせず無断で内定を辞退することだけは絶対にやめましょう。企業からの連絡をすべて無視するのはもってのほかです。

連絡も取れない状況だと内定を辞退するのかどうかもわからず、企業側は追加採用に踏み切る判断もできません。

採用担当者は何度も確認の連絡を入れなければいけなくなり、様々な状況を想定して動く必要が出てくるため、企業に大きな負担を強いることになってしまいます。

入社しないので関係ないと思うかもしれませんが、仕事をしていれば何かの縁でその企業にお世話になる可能性は十分にあるので、良い関係を築いておくことに越したことはありません。

内定承諾後の入社辞退は損害賠償を請求される?

何かには、「内定承諾書の提出後に辞退をすると、損害賠償を請求されないかな?」と心配になる学生もいるでしょう。内定承諾書の提出後に辞退をすると、損害賠償を請求されるのでしょうか?

結論から先に言えば、内定承諾書に署名した後に辞退しても、損害賠償を支払う必要はありません。

学生は自由に労働契約をキャンセルできる

学生は内定契約を「解除」できます。解除というのは、「はじめからなかったものとして扱う」ことを指します。

「はじめからなかったことにする」ので、企業が内定契約を理由に損害賠償を請求することはできません。

内定承諾書を提出した後でも、学生はペナルティを受けずに内定辞退ができます。
ただし、労働開始日(4月1日)の2週間前までに、「解除します」と告知しなければなりません。

損害賠償を請求すると脅された場合はどうする?

内定辞退をした学生に損害賠償を請求するのはほぼ不可能です。裁判をしても、負けることはありません。

勝てない裁判に金と時間をかけるほど、企業も馬鹿ではありません。要するに、「損害賠償を請求するぞ」というのは、学生への脅しや八つ当たりに過ぎません。

辞退したことには、謝罪をしつつ辞退の意思は堅いことをつげましょう。ひとしきり悪態をつかれるかもしれませんが、その後訴えられることはあり得ません。

学校には報告する必要がある?

基本的に、学校や大学に内定辞退を報告しないことにより、義務違反になることはありません。
また、内定を辞退したことによって退学処分になったりするリスクはありません。

とはいえ、学校推薦であった場合は事情が異なります。学校推薦で応募した企業からの内定を断った場合、翌年度から母校にはおそらく求人は来ないでしょう。

つまり、学校側としては非常に困る事態となるのです。
後輩や教授をはじめ、多くの母校の職員の皆さんにも迷惑がかかるのです。

そのため、学校推薦での内定辞退はより十分に検討してください。
そして、辞退をきめたのであれば、まずは学校に報告してから、学校側から辞退の連絡をするか自分から連絡したほうがいいのか指示を仰ぎましょう。

合わせてこちらもチェック!
【就活】企業からの電話に折り返す方法|会話例つきで解説

内定辞退のまとめ記事もチェック!

内定承諾後の辞退も可能であり、法律的に罰せられることや、賠償金を支払わなくてはならないというケースはありません。

内定辞退をする際には、選考や入社準備に時間をかけてくれたお礼と謝罪の気持ちをしっかり伝えましょう。

内定承諾後の辞退は可能ですが、学校推薦の場合はその後の推薦にも響く可能性が大きいです。学校への報告はもちろん、辞退の企業への連絡も学校からか自分からすべきかは指示を仰いだ方がいいでしょう。

いろいろ伝えてきましたが、何よりも自分の進路です。しっかりと決めて悔いのないように進んでください。

内定辞退の電話連絡のやり方、内定辞退のお詫びの手紙の書き方、内定辞退の理由の伝え方、入社承諾書の提出後の内定辞退のやり方など、内定辞退で大事なポイントを全て網羅して、解説しました!この記事だけ読めば、内定辞退の知識は完璧です。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
Jobspring

自己分析やES、面接対策など、就活の悩みは"就活のプロ"であるエージェントに相談すれば、的確なアドバイスで解決まで導いてくれます。

数あるエージェントの中でも、JobSpringは手厚いサポートに定評があり、大手エージェントのように機械的に学生に接するのではなく、1人1人、誠実に向き合ってくれます。

2020年2月には、『エージェントによる手厚いサポートNo.1』に選ばれました。

JobSpringはむやみやたらに求人を紹介するのではなく、あなたの適性に応じた会社を3~5社のみ提案してくれます。

面談とAIによるマッチングの結果をもとに企業を紹介してくれるのでミスマッチが少なく、
JobSpring利用者の早期退職率は0.1%と驚異の低さを叩き出しています。

JobSpringのおすすめポイント3つ

  1. AIがあなたに合う企業をマッチングしてくれる
  2. 面談を受けた学生の95%が大満足
  3. 内定後の早期退職は驚異の0.1%

Jobspring(ジョブスプリング)なら、 3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!


\ まずは就活のプロに相談してみよう! / JobSpringに相談してみる(無料)

現在、JobSpringが紹介できる地方求人、専門卒対象求人、留学生求人が非常に限られているようです。
以下に該当する就活生は、JobSpringの利用を再度検討しましょう。(記載:2020年9月)
・就職希望エリアを首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外に限定している
・IT/WEB系統以外の専門学校在学生
・日本で就労を希望している留学生
JobSpringを運営する株式会社Rootsは2021年2月より「HRクラウド株式会社」に社名を変更しております。
電話では株式会社RootsではなくHRクラウド株式会社と名乗ることがございますのでご注意ください。