疑問解決!内定式後の内定辞退は可能なのか?やり方は?

imasia_11404140_S

就活の開始時期が8月開始になり、10月に内定式。就活期間が短くなったので、内定式までに内定辞退の決断ができず、内定式後に内定辞退をしたくなる時があると思います。

でも、「内定式後の辞退なんて可能なのか?」「内定式後の内定辞退は損害賠償を請求されそうで怖い…」と心配ではありませんか?

そこで、内定式後の内定辞退は可能なのかを、法律的に検証していきたいと思います。

内定式後の内定辞退は可能です

結論から先に言うと、内定式後の内定辞退は可能です。法律的には何の問題もありません。なぜか。内定契約とは「双方が途中で解消していい契約」だからです。

したがって、内定式の後であっても、内定辞退しても何の問題もありません。

内定契約は「双方が途中で解消していい契約」

内定契約の法的な性格とは何か。最高裁の判例によれば、「双方が解約権を持つ始期つきの労働契約」です。

難しいですよね。簡単に言いえば、『ある期限(4月1日)から働くという契約だが、企業・学生側の双方が契約をキャンセルすることができる』というものです。」

立場の強い企業側からの解約には強い制約があります。が、立場の弱い労働者からの解約は自由にできます。

入社2週間前までの辞退なら法律的に問題はない

内定式後の内定辞退は法律的に何の問題もありません。特別な理由もいりません。なぜなら、労働者側は自由に契約を解除できるからです。民法によれば、

「契約期間の定めのない労働契約においては、労働者は2週間の予告期間を置けば、特段の理由を必要とせずに労働契約を一方的に解除できる(民法627条1項)

契約期間の定めのない労働契約とはいわゆる「正社員雇用」の労働契約です(派遣は期間の定めのある労働契約)

この労働契約は、「二週間の予告期間(解除する前に「解除するよ」と相手に予告し、相手が準備をするための期間)」を置けば、特段の理由を必要とせずに、解除できるのです。

だから、内定式後であっても、働き始める2週間前までなら、内定辞退は可能です。

ということで、内定式後の内定辞退は、労働者である、就活生の自由です。

損害賠償の心配もない

先ほど、「一方的に解除できる」と書きましたね。解除とは、法律的に言えば「最初からそんな契約がなかったものとして扱う」ということです。

「最初からなかったもの」として扱うわけですから、その契約を根拠とした損害賠償もできなくなるのです。

したがって、内定式後の内定辞退をしても、損害賠償を請求されることはありません。ブラック企業の場合、脅しとして損害賠償を請求してくるかもしれませんが、法的な根拠はないので、無視してもOKです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

内定後の内定辞退からトラブルを生まないために

これまで述べてきたように、内定後であっても内定辞退は可能です。また、損害賠償等を請求されることもありません。

内定式後の内定辞退はとても迷惑がかかる

しかし、内定式後の内定辞退が先方に迷惑をかけるのも事実です。内定式後に辞退をされると、人数を補填することもできず、採用計画が狂います。だから、内定式後の辞退は相手にとても迷惑をかける行為なのです。

企業によっては「内定式後に辞退をするなんて、おたくの学生は何を考えているんだ」と就職課にクレームを入れる可能性もあります。

だから、内定式後の内定辞退は出来るだけ丁重に辞退し、トラブルを起こさないように心がけなければなりません。

電話でまずは口頭謝罪しよう

まずは、電話で口頭謝罪をしましょう。メールで連絡する方法もありますが、丁重に辞退をしたい場合は、電話で直接謝罪をするのがベターでしょう。

電話をした際に、「直接お詫びにこい」と言われることもあるでしょう。相手に迷惑をかけているのは事実ですから、素直に直接お詫びに行きましょう。

電話による内定辞退の方法については、こちらの記事をご参照下さい。会話例付きで、スムーズな内定辞退の方法を解説しています。

手紙で改めてお詫びすること

ビジネスでの丁重な謝罪は「口頭で直接謝罪。後に、手紙で再度謝罪する」のがベストなやり方です。内定式後の内定辞退は相手にとても迷惑をかける行為ですから、手紙で丁重に謝罪をするべきです。

手紙による内定辞退をするときの謝罪文の書き方はこちらの記事をご参照ください。

imasia_15025085_S-1

内定辞退のまとめ記事もチェック!

内定辞退の電話連絡のやり方、内定辞退のお詫びの手紙の書き方、入社承諾書の提出後の内定辞退のやり方など、内定辞退で大事なポイントを全て網羅して、解説しました!この記事だけ読めば、内定辞退の知識は完璧です。

この記事のまとめ

imasia_13853155_S
  • 入社日(4月1日)の2週間前までは内定を自由に辞退することができる
  • 内定辞退をしたからといって、損害賠償をされることはない
  • 内定式後に内定辞退をする場合は、手紙で丁寧に謝罪をしよう

たとえ内定式の後であっても、学生は自由に内定辞退をすることができます。「損害賠償を請求するぞ」などと脅されたとしても、相手にその法的な権限はありません。本当に内定辞退をしたい場合は、遠慮する必要はありません。ただし、先方には大きな迷惑をかけるので、丁寧に謝罪をし、誠意を伝えましょう。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。