これで完璧!内定辞退理由の正しい伝え方のポイント5つ【例文あり】

複数の企業から内定をもらった場合、内定を辞退しなければなりませんよね。そこで、難しいのが内定の辞退理由をどう告げるか。正直に言うべきか、取り繕うべきか、迷いますよね。

そこで、正しい内定辞退理由の告げ方をわかりやすく解説致します。

内定の理由は正直に伝えよう

まず、内定辞退理由は正直に伝えることです。正直に伝えるべき理由は3つあります。
  • 相手の今後の採用活動の参考になる
  • 正直に伝えた方が誠意が伝わる
  • 正直に伝えたほうが自分もスッキリする
これらの理由から内定辞退理由は正直に伝えるべきです。よくあるのが「実家の家業をつぐ」「健康に問題があり」「母親の介護をしなければならず」と言う、ごまかし。本当ならいいのですが、嘘の場合が多い。こういう嘘は、少し問い詰められるとバレます。相手を不快にさせるだけなので、やめましょう。
もし相手から聞かれなければ、内定の辞退理由や進路先の会社名をを言う必要はありません

内定辞退理由のサンプル事例

とはいっても、自分で考えるのも大変かと思います。そこで、辞退理由として使える主要なパターンをまとめてみました。これらを参考にすれば、内定辞退理由をちゃんと伝えられるでしょう。

1.職種を理由に断る

御社と並行して選考が進んでいた会社に、御社で頂いた◯◯職ではなく、△△職で内定をいただきました。最後まで悩みましたが、◯◯職の仕事が、私がやりたかったことに一番近いと思い、このような決断となりました。貴重なお時間を割いて、選考をしていただいたにも関わらず、このような形になり、大変申し訳ございませんでした。
職種が違う場合は、職種を理由に断るとカドが立ちません。

2.業界を理由に断る

御社と並行して選考が進んでいた別業種の会社から内定をいただきまして、最後まで悩みましたが、そちらの業種での仕事が、私がやりたかったことにに一番近いと思い、このような決断となりました。貴重なお時間を割いて、選考をしていただいたにも関わらず、このような形になり、大変申し訳ございませんでした。
業界が違う場合は、それを理由にするのもありです。

3.適性を理由に断る

御社と並行して選考が進んでいた会社から内定をいただきまして、最後まで悩んだのですが、自身の適性を鑑みた結果、そちらの会社での仕事が私の適性にあっていると思い、このような決断となりました。貴重なお時間を割いて、選考をしていただいたにも関わらず、このような形になり、大変申し訳ございませんでした。
進路先が、同業他社で、かつ進路先の方がランクが上で、しかも同職種。このような場合、カドを立てずに言うのが難しいですよね。なので、ツッコミにくい「自分の適性」を理由に断りましょう。

4.地元志向を理由に断る

御社と並行して選考が進んでいた地元の会社から内定をいただきまして、最後まで悩んだのですが、地元で働き、郷土に貢献したいという想いを捨てきれず、このような決断となりました。貴重なお時間を割いて、選考をしていただいたにも関わらず、このような形になり、大変申し訳ございませんでした。
都会の会社に内定をもらい、地元の企業を選ぶときは、こういうとカドが立たないでしょう。
ポイントは「より希望に近いところが見つかった」と強調すること。「待遇が〜」「会社規模が〜」などは相手の会社の悪口になる可能性があるのでやめる
imasia_15025085_S-1

余計なことは言わない

そもそも、内定辞退は「一度行きます」と言った約束を反故にするものです。相手方を多少は不快にするでしょう。なのに、学生の中には「御社がブラックという評判を見て」「より待遇のいい会社に内定をいただき」など、相手を怒らせるような辞退理由を言う人がいます。

正直が大事とはいっても、人を不快にさせても仕方ありません。上の例のように「自分の適正を考鑑み、他社に魅力を感じた」と、前向きな理由を言いましょう。
余計なことは言わない。あくまで自分の適性や希望を鑑みた結果だと伝える

第一志望と言ってしまっていたら、どうする?

学生の中には、内定を貰うために、「御社が第一志望です」と言っている人もいるでしょう。すると、人事に「第一志望ですといったのに、なんで?」と質問されるかもしれません。

そんな時は、
はい、御社が第一志望でした。ですが、内定後、他社の職種(仕事)内容を詳しく伺ったところ、私の適性に一番近いと感じ、このような決断となりました。
このように、
  • 御社が第一志望だった
  • 内定後、他社の職種内容を詳しく伺い
  • 「適性に一番近いと感じた」or「私のやりたかったことに近いと感じた」
の3点を意識すれば、角が立たずに済みます。あくまでも、そのときは、第一志望だったが、後になってから変わったと伝えるのですね。

内定辞退の連絡は電話が基本

内定辞退の連絡をどうすればいいか、迷いますよね。

内定辞退の連絡は「出来るだけ早めに」「電話で直接謝罪」が基本です。ビジネスの場合、緊急度の高い連絡は、電話でするのがマナーだからです。手紙やメールだと、相手に伝わったか確認ができません。

内定辞退のような重要な連絡は、電話でするようにしてください。

この記事のまとめ

imasia_13853155_S
  • 内定辞退の連絡は必ず電話でしよう
  • いい加減な嘘はバレるので、正直な理由を伝えよう
  • 「考えた結果、職種・業種・適性を鑑みて〜」と理由を伝えれば、角が絶たない
  • 第一志望と面接で伝えてしまっていた場合は、「就活をしていく中で志望が変わった」と伝えよう

内定辞退のまとめ記事もチェック!

内定辞退の電話連絡のやり方、内定辞退のお詫びの手紙の書き方、内定辞退の理由の伝え方、入社承諾書の提出後の内定辞退のやり方など、内定辞退で大事なポイントを全て網羅して、解説しました!この記事だけ読めば、内定辞退の知識は完璧です。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

JobSpring新卒エージェントには、楽天からサマンサタバサに至るまで、事業会社出身のエージェントが在籍しています。

JobSpringの運営会社である株式会社rootsは、設立して間もない精鋭を連ねるベンチャーです。
そのため、大手エージェントのように機械的に学生に接するのはなく、1人1人、誠実に向き合ってくれます。
むやみやたらに求人を紹介されるのではなく、適性に応じた会社を3~5社のみ提案してくれるので信頼できるエージェントだといえるでしょう。

JobSpringのおすすめポイント3つ

  1. AIがあなたに合う企業をマッチングしてくれる
  2. 面談を受けた学生の95%が大満足
  3. 内定後の早期退職は驚異の0.1%

Jobspring(ジョブスプリング)なら、 3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!



\ まずは就活のプロに相談してみよう! /

就活のプロに相談する(無料)