説得力が違う!面接の自己紹介で人事の心を掴む3つの技術

自己紹介のポイント

就活の面接では、面接が始まると「自己紹介をお願いします」と聞かれますよね。

面接では第一印象が重要。だから、最初の自己紹介で、良い第一印象を形成できれば、その後の面接が非常に有利なります。

でも、どこまで話せばいいのか?何秒話せばいいのか?迷いますよね。

そこで、どのように自己紹介をすれば面接官をうならせられるのか。自己紹介を成功させる戦略を解説いたします!

なぜ面接では最初に自己紹介を求められるのか

まず、そもそも、なぜ面接の最初で自己紹介を聞くのでしょうか。質問の意図を考えていきましょう。

あなたの能力・特徴を知りたい

「自己紹介をしてください」という質問に、「○大学○学部○○です」だけで終わってしまうのは間違いです。なぜなら、自己紹介をしろ、と言われているときは暗に「短い時間で自己PRをしろ」といわれているようなものだからです。

つまり、「学生時代に力を入れたこと」「自己PRをしてください」と同じく、その学生の長所や特徴を知りたくて、この質問をしているのです。

短い時間でいかに自分を売り込めるかを知りたい

ビジネスでは簡潔なプレゼンテーションが求められます。営業の電話でもそうですが、短い時間でも、自分を売り込まなければならないのですね。

自己紹介をして欲しいといわれた場合、だいたい使える時間は60〜90秒。その間に、あなたが自分の基礎プロフィールとアピールポイントを端的に伝えられるかどうかを試しています。

面接の自己紹介を成功させるコツ

基礎プロフィール+打ち込んだ活動を話す

 自己紹介ですから、当然「大学・学部・名前」は話す必要があります。加えて、「能力・長所」をアピールするために、簡潔に、大学時代に何に力を入れ、どんな風に活動したのかを話してください。あまり詳細に話す必要はありません。60秒におさまるくらいに、簡潔にまとめましょう。

自分を一言で紹介するキャッチコピーを用意しておく

面接官に自分を印象づけるために、自分を一言で表現できる、キャッチコピーを用意しておきましょう。

たとえば、「私は走りながら考える人間です」というような具合です。自分の長所を一言で表現できる言葉を探してください。

ただし、「私は醤油のような人間です」「私はスルメのような人間です」のようなキャッチコピーは、あまりにも使い古されているので、控えましょう。却って没個性的になるからです。

会話のフックをつくっておく

 この自己紹介の内容から面接はスタートします。したがって、自己紹介で話した内容をもとに面接が展開してく場合が多いのですね。だから、その後の面接を自分の話したい方向に持っていくようなフックをつくっておきましょう。

 たとえば、「サークル運営方針の対立がきっかけで『お前のせいでサークルがつまらなくなった』と言われこともありました。」のような、「え?どういうこと?」と先を聞きたくなるような内容を入れておきましょう。その後の面接をあなたの得意な展開に持ち込むことができます。

回答例文 自己紹介をお願いします

では、以上のポイントを踏まえた回答例を見ていきましょう。

○大学○学部の、○○と申します。私は「飛び込んでいく」人間です。未経験でも自分が成長できるチャンスがあれば、恐れずに、挑戦してきました。

今までで一番チャレンジングだったのは、海外インターンでインドの企業で働いた経験です。スキルもなく、語学もいまいちで、最初は全く貢献できませんでした。

ただ、「飛び込んでいく」精神で、恥をかく事承知で、わからないことは同僚にどんどん質問し、自宅で学んだことを必ず振り返るようにしました。さらに、業務に関連する書籍があれば、英語でしたが時間をかけて読み込んでいきました。

結果、2週間ほどで業務内容も理解できるようになり、後半では業務改善提案を自分でもできるようになりました。この「飛び込んでいく」精神は、貴社が重視しているフロンティアスピリッツとも一致すると考えます。本日はよろしくお願い致します。

注意

「お名前と大学名をお願いします」と言われた時は、聞かれたことだけに答えましょう。着席した後に、「自己紹介をお願いします」と言われた場合は、アピールポイントも含めて回答してください。