面接の「最後に何か言いたいことはありますか?」の答え方

就活で、面接の最後に「最後に何か言いたいことはありますか?」「最後に何かありますか」と質問されることがよくあります。かなり頻繁に聞かれる質問ですが、この質問の答え方をしっている人は少ないでしょう。「特にありません」とか、答えていませんか?

「最後に何か言いたいことはありますか」への的確な回答法を例文つきで解説致します!

「最後に何か言いたいことはありますか」と聞く理由・意図

まず、そもそもなぜ面接官は「最後に何か言いたいことはありますか」と聞くのでしょうか。その質問意図を押さえましょう。

まだ聞けていない学生の能力・人柄を知りたい

面接官は自分の質問で学生の全てを知れたとは考えていません。だから、この質問で自分がまだ聞けていない学生の人柄や能力を知ろうとしています。

最後のチャンスを与えたい

面接の中で、あまり上手くアピールできていなかった学生に対して、最後のチャンスを与える意味で、「最後に何か言いたいことは?」と質問されることがあります。

この質問がされる時は、あまり面接で芳しいアピールができていなかった場合が多いですが、最後のチャンスを上手く活かせれば、面接官の評価が変わることもあります。

面接評価シートで、面接官の意図を理解しよう

ここまで解説したように、面接では、面接官の質問意図を理解し、回答を考える必要があります。

面接官の意図を理解するには、「面接官の視点がわかる!面接評価シート」を活用してみましょう。

面接評価シートとは、企業の人事が学生を評価するために使用しているシートのことです。このシート内の評価項目をチェックするために、学生に様々な質問をしているのです。

面接評価シートを確認しておけば、面接官がどんな意図でその質問をしているのかがわかり、面接で圧倒的に有利になります。面接評価シートを活用して、面接官の視点を手に入れましょう。

「最後に何か言いたいことはありますか」への回答のポイント

絶対に答えること

この質問に「いえ、すべて言えたので」と答えるのは間違っています。なぜなら、それは自分をアピールできるチャンスをみすみす逃すことだからです。

この質問は自分が自由に述べられる質問です。したがって、自己PRと同じくらいあなたの能力や優位性を伝えられるのです。だから、必ず答えるようにしましょう。

自己PRで話せなかったエピソードを話す

面接では「この人を雇ったら会社に貢献してくれそうだな」と相手に思わせることが重要。相手にそう思わせるには、まず「能力があること」を納得させることです。既に面接を終えているので自己PRは伝え終わっているでしょう。だから、別の裏付けを使って能力を主張します。

たとえば「リーダーシップがある」という長所に、サークルの経験とゼミの経験という根拠があるとします。面接の自己PRでは、サークルの経験しか話せていなかったなら、「最後に何かありますか」と聞かれた時は、ゼミの経験を話すのです。複数の根拠があれば、より長所に説得力が増します。

また、あなたが最初に自己PRで述べた長所以外にも、あなたが自信を持っている強み・能力があれば、それを別に伝えてもよいでしょう。たとえば、面接では「粘り強さ」を中心に伝えておいて、最後に「論理的に考える力がある」ということを伝えられれば、相手に「深みのある人材だな」と思わせることが出来るでしょう。
私は忍耐力には自信があり、与えられた目標は達成できるまで努力を続け、必ず完遂することができます。御社でも、売上目標達成のために思考錯誤しながら努力を続け、少しでも貢献できるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いします。

思いを伝える

人は他人の印象を、第一印象と、最後の印象で決めます。最後を印象良く終わらせられれば、相手に良い印象を残すことが出来るでしょう。良い印象を与えるには、やはり「相手の会社への強い意欲」です。自分の会社に本気で来たい、と考えている人に嫌悪感を抱く人なんていません。

ひと通りのアピールをし終わった後に、会社への思いでしめくくりましょう。
本日はお忙しい中、このような機会を設けていただきありがとうございました。私は御社を第一志望としておりますが、本日面接を受けさせていただく中で、御社の○○事業にますます興味が湧き、改めて御社で働かせていただきたいという想いが強くなりました。少しでも早くお役に立てる人材となるよう、日々精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
imasia_15025085_S-1

「最後に何か言いたいことはありますか」への回答例

例文
挑戦をし、結果を出す力を貴社で是非活かしたいです。私の挑戦の裏には、効率的に学ぶ力があります。たとえば、3ヶ月の勉強でTOEICの点数を600から820にあげたことがあります。この時には、最初に本番の模擬テストをとき、現状と理想の800点とのギャップを分析しました。すると、文法知識は800レベルで、リスニングが劣っていることがわかりました。

そこで、リスニングを集中して勉強。具体的には、CDプレーヤの音楽を全て英会話教材にし、オンライン英会話で毎日1時間外国人と対話するようにしました。結果、短期間で200点アップを成し遂げることが出来ました。このように、目標を捉え、現状を目標に近づけるための成長力も私の強みです。

貴社は、常に新しいビジネスをつくりあげています。その幅広いフィールドに常に挑戦し、常に学び、成長し、貴社に貢献したいと考えています。本日はお時間をとっていただき有り難う御座いました。
Point
自己PRで伝えきれなかったエピソードを交えながら、相手に思いを伝えられています。また、最後にしっかりとお礼も伝えられています。