就活生必見!説得力がある自己PRをつくる7つの極意

はじめに

ziko

就活に必須の自己PR。自己PRの出来次第で、就活の成否が決まるといっても過言ではありません。しかし、採用担当に響く自己PRができている就活生は、意外と少ないもの。多くの就活生が、ひとりよがりの自己PRをしてしまっています。

そこで、「企業は自己PRに何を求めているのか?」「内定する自己PRはどう書けばいいのか?」「どんな長所をアピールすればいいのか?」など、説得力のある自己PRをつくるために必要な情報を全て解説しました!

これを読めば、自己PRの心配は無くなります。

STEP0.就活生が自己PRで犯している勘違いとは?

自己PRで「サークルの実績」「アルバイトの実績」「部活の実績」をアピールしていませんか?これらをメインでアピールしている場合、人事に響かない自己PRを作成している可能性があります。

リクルートの調査「就職白書」で明らかになった「新卒採用で、企業が本当に重視していること」を理解し、企業に響く自己PRのポイントを理解しましょう。

STEP1.説得力が段違い!内定する自己PRの書き方

自己PRの書き方がわからず、困っていませんか?魅力的な自己PRが書けなければ、書類選考の突破は難しいでしょう。

でも、大丈夫。難関企業内定者の自己PR例をもとに、「説得力がある自己PR」の書き方を徹底的に解説します。この記事を読めば、内定する自己PRの文章構成が完璧にマスターできます。

STEP2.要注意!人事をげんなりさせる自己PRのパターン

気がつかない内に、「採用担当に全く響かない」自己PRの落とし穴にハマっていませんか?

一見、良い自己PRに見えても、企業に評価されない自己PRというものがあります。評価されない自己PRのパターンをしっかり理解し、失敗を避けましょう。

STEP3.自己PRでアピールする長所の選び方

自己分析で自分の長所を見つけよう

自分の本当の長所が理解できていますか?自分の長所を理解しないまま、適当に自己PRをしても、良い結果は望めません。

そこで、自己分析で自分の本当の長所を見つける方法をご紹介します。

企業の「求める人材像」を意識しよう

自己PRをする時は、「企業がどんな人材を求めているか」を理解しておく必要があります。「企業の求める人材像」を意識しないまま自己PRをしても、いまいち相手に響かない自己PRになってしまいます。

企業の求める人材像を理解し、相手に響く自己PRをしましょう。

自分を表現するキャッチフレーズを見つけよう

魅力的なキャッチフレーズがあると、自己PRのインパクトが倍増します。とはいっても、良いキャッチフレーズはなかなか思いつきませんよね。

キャッチフレーズの回答例つきで、魅力的なキャッチフレーズの作り方をご紹介します。

STEP4.自己PRで使うエピソードの選び方・伝え方

自己PRで使うエピソードの選び方

自己PRの説得力は、「長所を発揮したエピソード」の説得力にかかっていると言っても、過言ではありません。

「どのエピソードを伝えるか?」が内定の鍵になります。失敗しない自己PRエピソードの伝え方を解説しました!

自己PRに使うエピソードの上手な伝え方

「自己PRのエピソードをいかに魅力的に伝えるか?」が内定の鍵になります。そこで、失敗しない自己PRエピソードの伝え方を、例文つきで解説しました。

STEP5.魅力的な自己PRをつくるための5つのポイント

自己PRにオリジナリティを加える方法

就活生の自己PRは、どれも似たり寄ったり。「サークルの合宿運営を頑張った」「塾講師を頑張った」…正直、人事は聞き飽きています。

でも、少し工夫をするだけで、あなただけのオリジナリティのある自己PRをつくれるようになります。その秘訣を解説しました!

自己PRは「プロセス」に焦点をおこう

「こんな凄いことをやりました」と自己PRしても、企業には受けません。企業に受ける自己PRをするには「物事に取り組むプロセス」を詳しく伝え、そのプロセスから「自分がどんな人間なのか?」を伝える必要があります。

ダメな自己PRの例と改善例を比較しながら、採用担当に響く自己PRを書く方法を解説します。

自己PRは具体性が鍵だ

魅力的な自己PRをつくるには「具体性」が鍵になります。文章からでも、あなたの頑張る姿が浮かび上がるくらい、自己PRは具体的に書かなければなりません。

ダメな自己PR例と、改善例を比較しながら、人事に響く「具体的な」自己PRを書く方法を解説します。

自己PRは「仕事への活かし方」に触れよう

自己PRは「私はあなたの会社に役に立ちます」とアピールするための文章です。だから、長所をアピールするだけでなく、「その長所は御社でこんな風に活かせます」までアピールしなければなりません。

効果的な「長所を会社でどう活かすか?」の伝え方を解説しました。

誇張はせず、正直に伝えよう

就活生からよく「自己PRで誇張をしてもOKですか?どのくらいの嘘ならバレますか?」と質問を受けます。

そこで、「面接の自己PRでつく嘘は本当にバレるのか?」「誇張をした方が得なのか?」について詳しく解説しました!

STEP6.自己PRが書けない時の対処法

「自己PRが書けない…自己PRに書くような凄い経験をしていないし、自信がない」と悩んでいませんか?

でも、大丈夫。凄い経験をしていなくても、難関企業の選考を突破する自己PRをつくることは可能です。自己PRが書けない人が、ゼロから魅力的な自己PRをつくる方法を解説します。

STEP7.すぐ使える!自己PRのサンプル例文集

「自己PRの書き方を解説されても、結局、どう書けばいいのかわからない…」と悩んでいませんか?

そこで、就活生がよくアピールする長所(協調性、行動力、継続力、向上心…)ごとに、自己PRのサンプル例文を用意しました!ほぼ全ての長所を網羅しているので、参考になる自己PR例文が必ず見つかります。

自己PRでアピールすべき「本当の長所」を見つける方法

自己PRをつくる時、「どんな長所をアピールしたらいんだろう」「自分の長所ってなんだろう」と不安になりませんか?自分の長所がわからないままでは、良い自己PRは出来ません。

自分の本当の長所を見つける時に使えるのが、適職診断ツール「AnalyzyU+(アナライズ・ユー)」です。50万人が利用した診断ツールで、経済産業省の定めた社会人基礎能力のうち、あなたの強みの部分、弱みの部分を偏差値形式で教えてくれます。

これは私がテストした時の結果画面です。251問の設問に答える本格的な適職診断なので、自己PRでアピールするべき長所がわかります。

「AnalyzyU+」を使うには、Offerboxというスカウト型就活サイト(企業が学生のプロフィールを見てオファーを出す)に無料登録する必要がありますが、登録自体は30秒程度で終わります。

AnalyzyU+を使って、自己PRでアピールするべき「自分の長所」を見つけましょう。

⇒Offerboxに無料登録して、AnalyzeU+を使う