説得力が違う!自己PRの良さを決める「具体性」という鍵

imasia_13853155_S

自己PRをするときに、就活生が犯しがちなミスがあります。それは「抽象的な自己PRをする」ということ。

たとえば、「私はリーダーシップに自信があります。チームメンバーの悩みを常に意識し、彼らが悩みに先回りしてコミュニケーションをとることができます!」このようなアピールです。お題目ばかりで抽象的な自己PRでは何も伝わりません。

そこで、人事の心に訴える「具体的な自己PR」をするコツをご紹介します!

抽象的な自己PRでは何も伝わらない

抽象的な自己PRをしても、人事には何も伝わりません。なぜか?人事はあなたのことを知らないからです。だから、「伝えないことは存在しないこと」になります。抽象的に「頑張りました」「努力しました」といっても、どう努力したのか?を伝えなければ、面接官には評価されません。

抽象的な自己PRの例

たとえば、抽象的な自己PRとは以下のようなものです。

例文
私は「縁の下の力持ち」型リーダーです。メンバーの力を引き出すため、全力をつくすことができます。弁論部では代表をつとめ、メンバーの力を引き出すため、頭ごなしに指導をするのではなく、メンバーの個性にあわせた指導をしていきました。指導をする際には、「メンバーを正しい方向に導く」という熱い思いをもって行動してきました。

このようなアピールです。一見まとまりが良いように見えますが、全く評価できないアピールです。なぜか?「この人が実際にどんな風に行動したのか?」「どんな風に課題に取り組む人なのか?」が全く見えてこないからです。

「頭ごなしに指導をするのではなく、メンバーの個性にあわせた指導をした」といっても、『具体的に何をしたのか?」が全く分かりません。結果、「何も言っていない」に等しい自己PRになってしまっているのです。

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PRは具体的に伝えよう

このように抽象的なアピールでは何も伝わりません。では、どうすれば具体的な自己PRになるのか?コツは「課題解決のために自分が実施したことを詳しく書く」ことです。たとえば、上記の例文を改善すると、

例文

私は「縁の下の力持ち」型リーダーです。メンバーの力を引き出すため、全力をつくすことができます。この力を最も発揮したのが代表を務める弁論部での弁論大会の経験です。

出場する部員が力を最大限発揮できるように、以下の3つの施策を実施しました。

  • 1.指導の際には、駄目だしをするのではなく「どうすれば良くなるか」に焦点をおいてアドバイスをした
  • 2.部員同士で模擬弁論大会を何度も実施し、部員同士でフィードバックを行い、伸ばすべき箇所・改善すべき箇所を実感できるようにした
  • 3.部員が弁論をする様をビデオで録画し、弱点を客観的に把握できるようにした

このようにメンバーが力を引き出すべく全力で取り組んだ結果、50名が参加する弁論大会の個人部門で5人中3名入賞という成果を出すことができました。

このように具体的に書くと、「縁の下の力持ちリーダー」という学生の長所がより伝わるアピールになりますよね。

抽象的なアピールでは、何も伝わりません。あなたのことを全く知らない面接官でも、あなたが頑張っている姿がイメージできるように詳しく「どのように課題に取り組んだのか」を語りましょう。



imasia_15025085_S-1

自己PRを具体的に伝えるコツ

「どうすれば具体的な自己PRができるのか?」と不安になるかもしれません。でも、大丈夫。以下のポイントを押さえて、エピソードを伝えることで、物事への具体的な取り組み方を伝えることができます。

  • 概要…要するに何をしたのか?
  • 動機…なぜ取り組もうとしたのか?頑張った理由
  • 課題・問題…その活動の中で、どんな課題・問題に取り組んだのか?
  • 行動・工夫…問題を解決するために行った行動・工夫
  • 結果…行動の結果、どのような成果が出たのか?

このようなポイントを意識して自己PRのエピソードを書けば、具体的な自己PRが可能です。

特に、「行動・工夫」の部分を詳しく伝えるようにしてください。コツは「あなたの行動している姿を思い浮かべられるように」書くことです。たとえば、部活動経験者が「非常につらいトレーニングにも耐え〜」といっても、その部活を経験していない人にはイメージできません。どう辛くて、どうやって耐えたか?がイメージできるように伝えてください。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。