自己PRで嘘をつく、盛る、誇張はアリなのか?

自己PRの経験を盛るのは有りなのか

自己PRに自信がないと、つい盛りたくなってしまいますよね。たとえば、平部員だったのに、副幹事長と肩書きを盛ったり・・・このような誇張をする学生は少なくありません。

さて、このように自己PRの内容を盛る行為は「アリ」なのでしょうか?

結論から言えば、「用意周到に準備すれば、嘘を突き通せるが、あまりメリットはない」ということになります。

嘘は意外にばれない

さて、就活本を読むと「就活生の嘘はすぐ見抜けます。目線を見れば一目瞭然です」というようなことが書かれています。しかし、これ本当なのでしょうか?つまり、様子を見れば嘘を見抜けるのでしょうか

心理学者がテレビで行った実験によれば、片方は嘘の好物を、もう片方は本当の好物について同じ人が語っている映像を見せ、視聴者に判断してもらったところ、投票率は半分ずつ、つまり、見た目では嘘を見抜けなかったのです。

よく言われる「目が泳ぐ」というようなサインも、実際には出ないことも心理学の実験でわかっています。

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

面接官が使う「嘘を暴く方法」

このように見た目で嘘はバレません。では、面接官はどうやって嘘を見抜こうとするのでしょうか?簡単です。詳細を聞けばいいのです。

たとえば、明らかにリーダーに見えない学生が「リーダーをやり、200人を率いていました」といったら、「どんな場所で練習してたの?練習は週何回?副部長の名前は?」というような『細かい事実』を聞いていきます。

実際、ある採用コンサルティング会社では「学生は嘘をついて誇張するので、具体的な詳細を聞いて、真偽を確かめましょう」と会社に指導しているそうです。

嘘の場合は細かい事実を聞かれると答えられなくなってしまうので、すぐに嘘が見抜けます。対策は簡単で、5W1Hなどの聞かれそうな詳細な事実を事前に徹底的に練りあげていけば、バレないでしょう。

あるいは、事実のベースは自分が実際に経験したことを多少誇張する。たとえば、「100人集客した」を「500人に変える」これなら、細かい事実で嘘をつく回数が減るので、矛盾のない嘘をつく難易度が減ります。

このように、0→1はかなり大変ですが、1→5くらいの誇張、盛る行為はバレずに突き通すことが出来るでしょう。

GD_LPheader

嘘をつくメリットはあまりない

ただ、嘘をつくメリットはあまりありません。なぜかというと、企業は学生の「経験の凄さ」を見て、学生を採用するわけではないからです。何度も引用しているリクルートの就職白書2012によれば、企業が重視しているのは、学生の人柄や今後の可能性です。

即戦力なら中途を雇えばいいのです。学生に期待しているのは、今の実力ではなく、「今後、一緒に働いて成長してくれる人かどうか」なのですね。

「人柄」や「今後の可能性」をアピールするには、経験の凄さはそれほど重要ではありません。経験自体は地味に思えるようなものでも、あなたが本当に力を入れた経験で、その行動の中に、あなたの人柄が見えるものであればよいのです。

サークル活動を企業に入ってからもするのなら、その活動の結果が凄い人を雇うでしょう。しかし、当たり前ですがそんなわけはありません。企業に入ってオールラウンドサークルまがいのことをやっていたら、そんな奴、即クビでしょう。

重要なのは、結果ではなく、あなたの人柄があらわれる経験かどうか。人柄をあらわす経験ならば、素直な気持ちで話せる内容の方がよいでしょう。本当のことですから、嘘よりも堂々と語れます。

だから、「嘘は努力次第でバレずに突き通せる」が「普通の経験を素直に話した方が結局トク」なのですね。

経験の「凄さ」を気にせず、あなたが本当に力を入れ、創意工夫した経験を選んで話しましょう。

自己PRを作るなら、キャリアチケットで添削してもらおう

キャリアチケット

自己PRは自分自身を企業の面接官や人事に分かってもらうためのキモとなる部分。

嘘をつくわけではありませんが、印象のよい自己PRが作れるといいですよね。

行き詰ったら自分一人で悩むのではなく、第三者に客観的にフィードバックしてもらうのもいいですよ。

エージェントなら、就活の一環として無料で自己PRのフィードバックをお願いすることができます。おすすめは豊富な実績が特徴の就職エージェントneoです。

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 自己PRのフィードバックなど、あなたの就活を完全サポート
  2. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  3. 最短1週間でスピード内定
  4. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  5. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
サクッと1分で登録する!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。