男女別インターンシップの服装の選び方【スーツ・私服】

インターンシップの服装指定がない場合、どのような服装で行ったらよいのか悩むことは多いものです。


このように、服装の指定がないことに不安を感じる就活生がSNS上でみられます。
ここではインターンシップの服装について解説します。

インターンシップの服装は「スーツ」「自由」「記載なし」の3択

インターンシップの服装として企業から伝えられる場合、以下の3択であるケースが多いです。

「スーツでお越しください」
「服装は自由です」
「特に服装についての記載なし」

スーツ指定がある場合が、一番分かりやすいですが、自由や特に指定が無い場合に何を着るかに迷いますよね。

指定がある場合は企業の意向に沿う

企業から服装の指定があった場合、指示に従うことが基本です。
インターンシップとはいえ、就活の一環であり、社員との交流の場でもあります。そのため、いずれの指定がある場合でも、ビジネスシーンにふさわしい範囲内での服装を選びましょう。
「服装自由」「ラフな服装」などの記載がある場合でも、あくまでもビジネスの場での「自由」「ラフ」という意味で、カジュアル過ぎる服装や、露出度の高い服装、仕事の妨げになるような服装は不適切です。

インターンの服装がスーツの場合

男性のスーツの選び方

  • スーツ:リクルートスーツ(色:黒・グレー・ネービー)
  • シャツ:無地・ストライプ(色:白・薄いブルー・薄いイエロー)
  • ネクタイ:ストライプ・ドット可(色:ブルー・イエロー・えんじ色)
  • 靴下:クルー丈(色:黒・紺・グレー)
  • 靴:革靴(色:黒・茶色)
インターンシップでスーツ指定がある場合、就活用のリクルートスーツを着用する人がほとんどです。就活生の場合、そんなに多くのスーツを持っている人は少ないでしょう。

複数持っている人は、無地以外のスーツでも黒やダークグレーまたはネイビーなどでも問題ありません

シャツは白や薄いブルーなどを選び、柄の派手なものは業界や社風によっても違いますが、控えた方が無難です。ネクタイも同様です。派手で目を惹く物は避け、柄に関しては、無地・ストライプ柄・ドットなどがおすすめです。
ネクタイの色は、冠婚葬祭向けの白・黒・ゴールド・シルバーは避けましょう。
忘れてはならないのが、足元です。
靴下は立っていると見えませんが、座るとスラックスの裾から見える可能性があるので、座った時に肌が見えるスニーカーソックスは避け、ビジネス用の紺色、黒、グレーの足首を覆う長さの物を選びましょう。

女性のスーツの選び方

  • スーツ:リクルートスーツ(色:黒・グレー・ネービー)
  • シャツ:無地・ストライプ(色:白・薄いブルー・薄いイエロー)
  • 靴下:ストッキング
  • 靴:パンプス(色:黒)
女性もインターンシップでスーツの指示が有った場合は、リクルートスーツで問題ありません。

色は、男性のスーツと同じく、黒・ダークグレー・ネイビーなどのダークカラーがおすすめです。
スカートは、タイトスカートが基本形ですが、その際は座った状態で丈が短くなり過ぎないよう、座った状態で丈の長さを確認するようにしましょう。
もちろん、パンツスーツでもOKです。

ジャケットの下はシャツでもブラウスでも構いませんが、お辞儀をすることも考え、スキッパータイプのシャツなどの胸元のカットには注意しましょう。
足元は、肌の色に近い色のストッキングを着用し、パンプスを履きます。
サンダル、オープントウ、ミュールなどの足の見える靴、ブーツはスーツ姿には不釣り合いです。

ヒールは、高過ぎず低すぎない3~5センチぐらいのものを選ぶと、日中履きっぱなしでも疲れが少なくなるためおすすめです。

男性女性に限らず、スーツ指定の場合はリクルートスーツで問題ないとお伝えしました。
しかし、長期インターンシップの場合、徐々に仕事の幅が広がり、外部のお客様とのミーティングや外回りを先輩と一緒にする機会をもらえる可能性もあります。
その際は、上記で紹介したようなカラーや小物の選び方をおさえたうえで、ビジネススーツの購入を検討してもいいでしょう。

インターンシップの服装が自由の場合

インターンシップの参加時の服装が「自由」と記されている場合、スーツである必要はありません。しかし、ビジネスシーンにふさわしい服装を選択しなくてはいけません。

男性の私服の選び方

  • アウター:ジャケット(黒・紺・グレー)
  • インター:ワイシャツまたはTシャツ
  • パンツ:スラックス(ベージュ・グレー)
  • 靴:ローファー、スニーカー、革靴
私服で参加する場合、企業の雰囲気によっても大きく異なります。カッチリ系としたい場合は、ジャケットの着用がおすすめです。

ジャケットのインナーはYシャツや冬場はニット、夏場はTシャツなどでもオシャレに着こなせるでしょう。
パンツはベージュのチノパンやグレーのスラックスがおすすめです。幅の広いワイドパンツはカジュアルもしくはルーズにみえますのでおすすめできません。

社風によっては、デニムもOKとされます。初日は様子見として控えるべきですが、役員や先輩社員の服装をみて選ぶといいでしょう。
上記のようなオフィスカジュアルの場合、革靴でも悪くありませんが、選択肢は広がります。スエードのローファーやシンプルなスニーカーなどもおすすめです。

女性の私服の選び方

  • アウター:ジャケット、カーディガン
  • インター:シャツまたはカットソー
  • パンツ:スカートも可
  • 靴:パンプス、ローファー、スニーカー
女性の場合、ジャケットだけでなく羽織りものとしてはカーディガンもおすすめです。無地のシンプルなデザインだと使い回しがしやすいです。

羽織りものに合わせるトップスは、シャツ、ブラウス、カットソーなど選択肢は多いです。

ボトムスはスカート、パンツのどちらでも構いませんし、ワンピースも華やかになりすぎず、ジャケットやカーディガンと合わせられるおのであれば問題ありません。

ショートパンツやミニスカート、胸元が広いトップスなど過度な露出の多い服や、ボディラインが出すぎる服装は仕事をする場所として相応しくありませんので避けましょう。

靴は、低めのヒールのパンプスやフラットシューズだと日中の疲れが軽減されるためおすすめです。

アクセサリー類は、仕事の邪魔にならない控えめでシンプルなデザインの物を選ぶようにします。メイクやネイルは派手なものは避け、ナチュラルなものにすると好印象ですが、こちらは社風によっても異なりますので、先輩社員を見ながら判断することをお勧めします。

面接が私服指定の場合の服装マナー【おすすめコーディネート付き】

インターンシップの服装が「指定なし」の場合は社員の服装に合わせる

インターンシップの服装が「指定なし」の場合、企業の雰囲気に合わせることをおすすめします。
業種や企業によって、服装の幅が広いところから、ある程度カチッとしたスーツに近いものでなくてはダメな場合などそれぞれです。

企業のホームページや口コミサイトをチェック

インターンシップの服装の指定がなく不安な場合は、企業のホームページや口コミを探してみることもおすすめです。
企業ホームページや新卒採用サイトには、先輩社員の紹介欄があることがほとんどです。

先輩の服装を見て、スーツで仕事をしている人が多い場合は、スーツを選択するべきですし、カジュアルな服装の多い人が多い場合は、オフィスカジュアルを選択してもいいでしょう。

しかし、先輩社員がパーカーを着ていたからといって、インターンシップ初日からパーカーを選択するのはやめましょう。初日は、挨拶や仕事の流れをおしえていただく時間が多いでしょう。教えてもらう立場で最初からルーズな服装は、失礼に当たります。
パーカーは社の雰囲気を掴んでから着用しても遅くありません。

服装に迷うとき、口コミを参考にするのもおすすめです。就活会議就活会議みん就など就活生が、口コミを投稿するサイトには、インターンシップの服装から社風、社員の対応など細かく記載されている場合があります。

登録することで口コミだけでなくESが読めたり選考状況も知ることができたりするため、おすすめの集冊サービスです。
自分が志望する企業をチェックすることで、服装についての情報が得られるかもしれません。

当日の服装について問い合わせるのも可

インターンシップ当日の服装について、どうしても「周りから浮いてしまうことは避けたい」「失礼に当たる服装はしたくない」という場合は、事前にインターンシップを行う企業に直接問い合わせましょう。
悩んでいるぐらいならば、思い切って尋ねるほうが確実です。
最後に、服装についての問い合わせの方法について、電話とメールのそれぞれのツールでの問い合わせの例文を紹介します。

電話での問い合わせ方(例文)

例文
自分:お忙しいところ、恐れ入ります。私、御社のインターンシップへの参加を予定しております○○大学の佐藤と申します。インターンシップ担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか?
取次者:はい、少々お待ちください。
担当者:お電話代わりました。○○です。
自分:お忙しいところ、恐れ入ります。私、御社のインターンシップへの参加を予定しております○○大学の佐藤と申します。今、お時間よろしいでしょうか。
担当者:大丈夫ですよ。
自分:先日はインターンシップの日程のご連絡をいただき、ありがとうございました。是非参加させていただきたいと思うのですが、インターンシップの服装に関して伺いたいことがあり、本日はご連絡差し上げました。当日の服装に関してなのですが、スーツで行くべきか私服で行くべきかの指定されていないようにお見受けしました。お手数ながら、当日いずれの服装で伺うべきか、ご教示いただけませんでしょうか?

メールでの問い合わせ方(例文)

例文
件名:インターンシップの服装についての質問(○○大学・名前)
株式会社○○
インターンシップ担当チーム
○○様
初めてメールを送らせていただきます。
○○大学◇学部△学科の佐藤太郎と申します。
インターンシップの日程のご連絡をいただき、ありがとうございます。
この度は、インターンシップ当日の服装に関して伺いたく、ご連絡致します。
先日いただいたメールを拝読しましたが、当日の服装に関して、スーツで行くべきか私服で行くべきかの指定がないようにお見受けしました。
お手数ながら、当日いずれの服装で伺うべきか、ご教示いただければ幸いです。
お忙しいところ誠に恐縮ですが、宜しくお願い致します。
———————————————————–
佐藤 太郎
○○大学◇学部△学科
携帯番号:090-xxxx-xxxx
e-mail:taro.sato@xx.jp
———————————————————–

【あなたは大手に受かるのか!?】20の質問であなたの就活力を診断
SPI_LPheader

平均点は58点!
あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

診断結果が出たら、対策を始めよう!

今すぐ診断する(無料)