模擬面接とは?本番の選考に向けてのおすすめの対策方法

就活生は模擬面接をして本番の面接に臨むのがおすすめ

就活を攻略するための対策は数多くありますが、その中でも特におすすめなのが模擬面接です。模擬面接で本番さながらの面接を経験しておくと、いざ選考となったときにもスムーズに、過度に緊張せずに済みます。

しかし、模擬面接とはどのようにおこなうのか知らなかったり、そもそも模擬面接自体がどのようなものかわからなかったりする人もいるでしょう。

まずは模擬面接についての基本的な理解を深めていき、いかに選考の対策に役立つかを知っていくことが大切です。

模擬面接を事前にしているかどうかでは、選考の結果が違ってくることも多いです。
就活対策として重要な模擬面接を上手におこない、万全の準備によって本番もスムーズに攻略していきましょう。

模擬面接とは実際の面接のように一連の流れを練習としてすること

そもそも模擬面接とはどのような選考対策なのか、基本的なことを知らないという人もいるでしょう。

模擬面接とは、言葉通り面接を模擬的におこなうことを指し、面接の一連の流れを実際におこないます。単に面接での質問のやり取りなどを考えるだけではなく、入室から退室まで、完全に本番と同じシチュエーションを作り、おこなうことが特徴です。

最初から最後まで一連の流れをおこなうことが重要なポイントであり、一連の流れを通すことで得られるものは多いです。

面接同様にすることで改善点や不明点が見つかる

面接での受け答えを考えるだけではなく、入室や退室まで一連の流れまでおこなうのは、現時点での面接の対策がどこまでできているかを知るためです。
実際に流れを通しておこなうことで、どこを改善するべきか、客観的に見て、自分の行動や受け答えがどんな印象をうけるのかなどがわかり、面接における疑問点や不明点、改善点などもわかります。

また、反対にどこができているのかもわかり、伸ばすべきところと直すべきところの両方がわかるため、より実際的な対策になるでしょう。細かいポイントほど、できているつもりで冷静に見つめ直すとできていないということも少なくありません。

緊張感のある面接本番では、どこまでできているかを冷静に考える余裕が持てないことも多いため、模擬面接で事前に確認しておくことがおすすめです。
imasia_15025085_S-1

模擬面接に必要な準備

就活対策の中でも模擬面接はやや大掛かりであるため、実施するためにはさまざまな準備をしなければなりません。

徹底した準備をしてからおこなうことで、対策の真剣度は増し、より本番に近い環境を実現できるでしょう。模擬面接は緊張感を持っておこなうことがもっとも重要であるため、事前準備は細部までぬかりなく、こだわっておかなければなりません。

やるべきことは多岐にわたるため、それぞれ細部のポイントまでチェックしておきましょう。

本番同様の身だしなみ

まずは自身の身だしなみから整えることが大切であり、選考当日のように細部まで意識しておきましょう。髪型はもちろん、服装も本番と同様にすることが大切であり、スーツ着用で取り組むことが望ましいです。

もちろん、普段着で髪もいつも通りのまま実施することも可能ですが、見た目を整えずにおこなうと、本番のような真剣さが出ないことも少なくありません。
形式だけ面接のようにしても、なんとなく気が緩んでしまい、対策の効果が半減してしまうことも多いため、まずは形からきちんと整えるようにするとよいでしょう。

身だしなみを整えることで自然と背筋が伸びたり、緊張感を持ったりしやすいため、より高い効果を得るには模擬面接といえども、細部まで手を抜いてはいけません。

面接官役に見てもらうチェック項目の一覧

模擬面接では面接官役が必要であり、その人がきちんと評価できるようにチェック項目の一覧などを作っておきましょう。ただ形式的に面接の流れを進めるだけでは、終了後に得られるものは少ないです。

型どおりに進めるだけではなく、本番同様にきちんと評価されることが重要であるため、評価を決めるためのチェック項目の一覧表は事前に作成しておきましょう。

チェック項目に何を記載するかは自分次第ですが、できるだけ多くの項目を作ったほうが実際的な評価に近く、かつ厳しい目で自分の面接の様子を見つめられます。

一度作ってしまえば後から何度でも使いまわしはできるため、模擬面接のチェック項目の一覧はテンプレートを最初に作成しておきましょう。

チェック項目

模擬面接のチェック項目の一覧に記載する例としては、次のものがあげられます。

  • 髪型
  • 髪色
  • メイク
  • ネクタイの色や柄
  • シャツの色や柄
  • シャツのしわや汚れの有無
  • スーツの色や柄
  • パンツやスカートの丈
  • ベルトやカバンなどの持ち物
  • 入室時のあいさつの仕方
  • 第一印象
  • 立ち姿の姿勢
  • 着席時のマナー
  • 受け答えの際の声の大きさ
  • 言葉遣い
  • 表情
  • 質問の回答内容
  • 面接終了時のあいさつの仕方
  • 退室の仕方
これらはあくまで一例であり、他にチェック項目を付け足しでも構いません。

企業によってはお客様対応の多い職種となるとさらに詳細な評価基準を持っていることもあるため、追加する分には問題はないでしょう。

項目が少ないと正確な評価は下しづらいですが、多い分には構わないため、気づいたものがあるならば、随時追加することがおすすめです。

面接官役に聞いてほしい質問一覧

面接は質疑応答の形式で進むため、面接官役には実際の面接と同様に質問をしてもらわなければなりません。質問内容は実際の面接に即したものがよいため、よく聞かれる質問例を参考にするとよいでしょう。

  • 自己紹介をしてください
  • 自己PRをしてください
  • 弊社を志望した理由は何ですか?
  • 学生時代に力を入れたことは何ですか?
  • これまでの一番の苦労について聞かせてください
  • あなたの長所は何だと思いますか
  • 弊社に就職したら、どのような仕事をしたいですか?
  • 入社後のキャリアプランを教えてください
  • 質問はありますか?
これらの質問は業界や企業に関係なく聞かれることが多いため、基本の質問として模擬面接に組み込むことがおすすめです。

スマホやビデオカメラでの撮影準備

模擬面接は一通りおこなって終わりではなく、後からその様子を見直して、反省点や改善点がないかをチェックすることが大切です。
そのため、スマホやビデオカメラなどを用意して、模擬面接の一連の様子を撮影しておきましょう。

入室から退室まで、全体が映るように設置することが大切であり、可能なら姿勢や表情などが見える程度の画質のものを用意することがおすすめです。
自分が頭でイメージしている動きと、実際の動きは違っていることも多く、そのギャップを埋めるためにも映像で確認するのは大切なことです。

後で見直すからこそわかる反省点も当然あります。自分ではできているつもりでも、映像で見ると粗が見つかるということは多いため、撮影の準備は忘れずにおこないましょう。

模擬面接が終了したらフィードバックをもらう

模擬面接が終了した後は、自分で反省するのはもちろん、面接官役の人からフィードバックをもらうことが大切です。

自分で取り組んでみた感触と、相手が感じている評価は必ずしもイコールとは限りません。

自分では手応えがあったと感じていても、面接官役の人からすると細部でできていないことが多く、低評価の場合もあります。反対に自分では自信がなくても、第三者が見るときちんとできており、高評価を得られることもあるでしょう。

実際の面接の様子をより冷静に判断できるのは第三者であるため、面接官役の人からのフィードバックは非常に重要です。模擬面接に取り組み、自分で反省し、フィードバックをもらってさらに改善点を見つけるという流れまでが、模擬面接の一連だと考えましょう。

模擬面接をする方法

模擬面接は、採用担当を経験したことのある人ではなくても、友達や家族に面接官役をお願いすることで実施は簡単です。

しかし、身内や友達だと正確な評価が出るとは限らないため、より明確なフィードバックを求め、かつ緊張感を持って取り組みたいなら次の3つの方法がおすすめです。

  • 大学のキャリアセンターに依頼
  • ハローワークの新卒応援に行く
  • 新卒エージェントの利用
これらの方法で模擬面接を実施することで、より本番に近い環境で取り組むことができ、フィードバックなどのアドバイスも的確なものを得られるでしょう。

大学のキャリアセンターに依頼

各大学に設置されているキャリアセンターでは、就活生に向けて模擬面接のサービスを実施していることが多いです。大学によって細かい決まりは違うものの、基本的には事前予約制となっています。

そのため、まずはスケジュールを確認して、予約を取ってから模擬面接という流れになります。
キャリアセンターでの模擬面接は私服でも構いませんが、本番さながらの雰囲気で臨むなら、スーツ着用がおすすめです。学内で選考の対策ができ、かつ無料で実施できるのは大きな魅力でしょう。

ただし、時期によっては予約が取りづらいことも多いため、注意しなければなりません。就活が本番に近づくと予約は増えるため、空いている時期に早めに予約を入れておくことがおすすめです。

ハローワークの新卒応援に行く

ハローワークでは新卒の就職についての支援もしています。新卒応援ハローワークでも模擬面接は体験できるため、近くにある場合はそこで選考の対策をおこなってもよいでしょう。

ハローワークは既卒やすでに仕事をしていて、退職した人向けのサービスというイメージを持つ人が多いですが、実はそうではありません。新卒者の就労サポートも数多く実施しているため、利用してみることがおすすめです。

新卒応援ハローワークでは模擬面接だけではなく、応募書類の作成相談や添削、キャリア相談などもおこなえます。もちろん、求人情報の検索もできるため、就職先を探す場としては最適です。模擬面接以外の支援も上手に活用すると、選考の対策が念入りにおこなえるでしょう。

新卒エージェントの利用

新卒向けのエージェントは多数あり、ここでも模擬面接を実施している場合が多いです。エージェントによって実施の有無は異なりますが、模擬面接以外でも就活のサポートサービスを独自におこなっているところは多く、利用する価値は十分にあります。

エージェントサービスは無料が基本であり、模擬面接などの対策も無料で利用できることがほとんどです。
また、選考の対策ができるだけではなく、キャリア相談をおこない、その内容から自分に合った企業を紹介してくれる点も、エージェントならではの魅力です。

志望先の企業を紹介してもらえ、かつその企業に合った面接の対策もおこなえます。特定の業界や企業に絞ったピンポイントの対策もおこなえるため、おすすめ度は高いです。


特別ルートでスピード内定が狙える!
【doda新卒エージェント】

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)