小売業(スーパー)の志望動機の書き方のコツ3つ【例文あり】

imasia_10797074_S

小売業・スーパーの志望動機の書き方をご紹介します。身近な企業である小売業は志望する学生も多く、書類選考の難易度は低くありません。適当な内容では、なかなか突破できません。

そこで、わかりやすい例文をもとに小売業の志望動機の書き方をご紹介します。以下を読めば、誰でも説得力のある小売業への志望動機の書き方がわかると思います。

参考になる!小売業の志望動機(例文)

まず、小売業(スーパー)の志望動機の例文からチェックしましょう。例文を見れば、「こうすれば良いのか!」とイメージが湧くはずです。

例文

イオンの志望動機(例文)

世界に日本型のスーパーを広げ、人の生活を豊かにしたいという想いがあり、貴社を志望しました。

学生時代、個人経営の100円ショップでアルバイトをし、発注や品出し・売り場設計も担当しました。自身の工夫が目に見える形で反映され、結果に結びつく小売店の仕事にやりがいを感じ、小売店の仕事に携わりたいと考えるようになりました。

数々の企業の中でも、貴社は「アジアNo1」を目指して、中国・ASEAN等に積極的に店舗を展開しておられます。大学時代は中国語(中国語検定2級)を専攻し、アジアに興味がある私にとって、日本だけにとどまらず、世界に挑戦できる貴社の環境は非常に魅力的です。地域に密着した店舗を企画し、アジアに日本の小売の力を広げたいです。


自身のこれまでの経験、経験から感じたことが志望動機と関連しており、納得感のある内容でした。
また、過去の振り返りだけにとどまらず、就職後のビジョン、成し遂げたいことおよびその理由を記載しており、志望度合いの高さを感じる内容でした。

では、どうすれば内定する小売業(スーパー)の志望動機が書けるようになるのでしょうか?

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。

「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

小売業の仕事を通じて何をしたいのか?を熱く語ろう

例文
世界に日本型のスーパーを広げ、人の生活を豊かにしたいという想いがあり、貴社を志望しました。

最初の結論部分で「小売の仕事を通じて、どんな事をしたいのか?どんな事に取り組みたいのか?」を熱く語りましょう。

小売業を志望する就活生の多くは「昔から、家族で◯◯によく通っていた」などと愛着を語る学生が多いですが、会社が求めているのは「事業に共に取り組むメンバー」です。お客様気分の人はいりません。

「事業に共に取り組むメンバー」に足ると思われるためには、いかに好きか、愛着を語るよりも、「その会社でどんな事に取り組みたいのか?」ビジョン・目標を語りましょう。仕事における目標を語ることで、あなたの熱意が伝わり、説得力のある志望動機になります。


例文1
日本の小売業界はレベルが高く、また、会社それぞれ差別化戦略をとっており、競争が激化している市場だと感じています。

しかし、都会ではその市場の恩恵を受けることができますが、地方にお住いの方や買い物に行けない高齢者の方などは恩恵を受けることができていません。

私は、この質の高い小売サービスをどこでも、誰でも使うことができる世の中を実現したいと考えています。
そのような世の中が実現し、さらに人々の生活をより豊かにしたいです。

Point
業界研究を実施しており、良い面だけでなく、小売業界の課題についても理解できている点から志望度の高さを感じる内容です。
また、社会貢献という実現可能な大きなビジョンをイメージできている。

例文2
今日、ひとの購買行動は変化し、「モノを買う」という目的を達成するのは小売業への来店、購買だけではありません。特にAmazonを代表とする電子商取引が購買行動の変化に影響を与えたと感じています。

しかし私は、従来の小売業が持つひと同士のコミュニケーションが重要だと感じており、今後も残していきたいと考えております。電子商取引の市場が広がっていくことも予想されますが、コミュニケーション、地域密着、おもてなしの精神、これらを大切にし、お客様のより豊かなライフスタイルの実現に寄与したいです。

Point
従来型の小売業と競合となるEC(電子商取引)についても記載できていることから、ビジネスにおける脅威となる存在を理解している。
また、いかにその競合と差別化戦略を取り、成長、生き残っていくかが描けており、業界研究の成果を感じることができました。

imasia_15025085_S-1

なぜ小売業に携わりたいのか?を伝えよう

例文
学生時代、個人経営の100円ショップでアルバイトをし、発注や品出し・売り場設計も担当しました。自身の工夫が目に見える形で反映され、結果に結びつく小売店の仕事にやりがいを感じ、小売店の仕事に携わりたいと考えるようになりました。

過去の体験から「なぜ小売か」を語ると説得力倍増

「なぜ小売なのか?」を過去の体験から語ると、志望動機の説得力が倍増します。ただ「小売は商売の中心であり、消費者に最も近いところでビジネスができるので〜」と能書きを語っても、どうしても薄っぺらくなってしまいます。

「私はこういう経験をしてきた。だから小売に興味がある」と過去の体験に結びつけて小売業への情熱を語りましょう。実際の体験が根拠になっているので、内容が

学生時代のアルバイトや、学部で学んだ内容から「なぜ小売なのか」を説明しましょう。



「なぜ小売か」と、根拠になるエピソード例


例文
私は、学生時代に個人経営のイタリアンレストランでアルバイトを経験しました。
そのアルバイト先は、地元の常連のお客様が大半で、地域に密着したレストランです。

また、お食事だけでなく、地元のクリエイターが作成したハンドメイド雑貨も販売していました。

私はそこで、地域のお客様とのコミュニケーションの楽しさ、自分が良いと思ったモノを販売するやりがいを感じました。

そこで、私は大学時代に培った、この経験を小売業に就職し活かしたいと考えました。

過去の経験は、具体的にかかれていますが、「過去の経験をどのように活かすか」が具体的でないので、面接官に好印象を与えることができないでしょう。

数ある小売業(スーパー)の会社の中でも、なぜその会社なのか?を伝える

例文

数々の企業の中でも、貴社は「アジアNo1」を目指して、中国・ASEAN等に積極的に店舗を展開しておられます。大学時代は中国語(中国語検定2級)を専攻し、アジアに興味がある私にとって、日本だけにとどまらず、世界に挑戦できる貴社の環境は非常に魅力的です。地域に密着した店舗を企画し、アジアに日本の小売の力を広げたいです。

「会社の強みに言及する」→「会社の強みに魅力を感じる理由」の2点を押さえて説明する

最後に「なぜその会社なのか」を説明しましょう。他の会社にも通用する志望動機では評価されません。「その会社でなければならないのか」がハッキリ伝わる内容であれば、高く評価されます。「なぜ御社なのか」を説明するには、

  • 会社の強み・特徴に触れる
  • なぜその強みが自分には魅力的なのか説明する

この2点を押さえましょう。例文では、イオンの『「グローカル経営」として、アジア・ASEANに積極的に事業展開をしている』という特徴に触れ、「中国語を学んだ自分には魅力的である」と魅力を感じる理由を書いています。

このように、会社の特徴と、なぜその点に魅力を感じるのか?を書けば、「なぜ御社なのか」が伝わる文章になるでしょう。



例文
<イオン>
貴社の強みは2点あると考えています。

1点目は、国内のGMS(総合スーパー事業)のトップランナーとして、全国各地に店舗を展開されており、今後新しいことにチャンレンジした際、マーケットへのインパクトが大きいこと。

私は、日本にはモノを買うことに不便を感じている地方在住の方や高齢者の方などがおり、その点を貴社の課題だと感じています。
その課題を解決すべく、事業を企画し展開できる環境に魅力を感じています。

2点目は、イオン銀行やWAONなどの金融事業や、イオンモールなどの不動産事業など小売業にとどまらずビジネスを展開されている点です。

事業の多角化は安定経営と新しいビジネスの創出に繋がると考えています。
これからの時代、いかにデータを活用するかが勝負だと考えており、他事業のお客様のデータを活用した新規のビジネスが創出できるのではと考えました。

以上の理由から貴社に魅力を感じており、入社を強く希望しております。


Point
企業研究・経済の潮流の理解が進んだ記載内容です。
昨今の小売業はイオンだけでなく、小売業以外にも参入しているケースが多いです。
特に、電子マネーなどの決済関連事業は非常に注目されています。

そこに対して記載されているのは、小売業だけでなく広い視野で社会を捉えることができていると感じます。

自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。