自己PRで忍耐力を上手くアピールするコツ5つ【例文あり】

imasia_6556595_S

忍耐力をアピールした自己PRは、企業に高く評価されます。経済産業省の調査によれば、企業が若手社会人に足りないものとして「ストレス耐性」をあげています。3年で辞める若者が問題になる昨今、高い忍耐力を持った就活生は企業に魅了的に映るでしょう。

しかし、「忍耐力」をアピールする学生は非常に多い。何の戦略もなく忍耐力を自己PRしても、多くの自己PRの中に埋もれてしまいます。

では、どうすれば人事の印象に残る、魅力的な自己PRがつくれるのでしょうか?わかりやすい例文をもとに、忍耐力の自己PRのつくりかたを徹底的に解説いたします!

自己PR例文

まずは、自己PRの例文をチェックしてみましょう。以下の例文を読めば、直感的に忍耐力の自己PRのつくりかたがイメージできると思います。

自己PR(忍耐力)の例文

例文

私には「やり切る力」があります。辛い時にも投げ出さず、忍耐強く努力を続け、目標を成し遂げることができます。その力を発揮したがの、●●空手の全国大会で入賞した経験です。

大学から●●空手を始めた私は、経験者に追い付くため、彼ら以上の練習をしていました。しかし、練習過多がたたり、膝を故障。周囲からは「もうやめたら」と反対されましたが「ここで逃げたら、ずっと逃げることになる」と、できる努力を続けることにしました。具体的には、

  • 1.海外の論文を調べ、膝に負荷をかけず筋力を増やせる加圧トレーニングを取り入れた
  • 2.他の女子選手があまり力を入れないフィジカルトレーニングに力を入れた。トレーニング・栄養・カロリーを全て計算し、厳密に管理した
  • 3.毎日1時間以上の自主トレを行った。毎回「上段右フックを上手く捌く」ような具体的な目標を持って練習に臨んだ

これらの取り組みの結果、膝の故障を治しながら、下半身の筋力を保つことに成功。他の施策も競技力向上に貢献し、3年時に全国大会で入賞することができました。

辛い時にも、やり抜くことが道を切り拓く鍵だと実感しました。貴社においても「やり切る力」を活かし、自分の限界に挑戦していきたいです。

これを押さえればOK!自己PRの「型」

この自己PRは、以下の「型」にしたがって制作されています。この型を押さえるだけで、誰でも説得力のある自己PRがつくれるようになります。以下を参考に自己PRを構成してみましょう。

Zikopr

0.要注意!企業は「部活」「クラブ」には興味がない

忍耐力をアピールする学生は、たいてい「部活動経験」をアピールする人が多いと思います。しかし、企業は「部活自体」には、ほとんど興味がない事には注意しておくべきです。

リクルートの調査「就職白書」によれば、採用にあたり重視する項目として「所属クラブ・サークル」をあげている企業は、11%に過ぎません。

企業は「人柄」「熱意」「可能性」を重視している

では、何を重視しているのか?同調査では「人柄(90%が重視)」「企業への熱意(78%が重視)」今後の可能性(70%が重視)となっています。

部活に比べて、いかに「人柄」「熱意」「可能性」が重視されているかがわかると思います。

「辛かったエピソード」を題材にして、自分の人柄を伝える

企業が知りたいのは、「部活動」「クラブ活動」自体ではありません。部活動等の取り組みを通じて見えてくる「あなたの人柄」を知りたいと考えています。

だから、単に「こんなに辛い活動をやり遂げました!」とアピールするだけでは、企業に響く自己PRにはならないのです。

企業が知りたいのは「あなたがどんな人か?」です。だから、「なぜ辛い活動を乗り越えられたのか?」「どんな想いでその活動に取り組んだのか?」「その活動をやり切るためにどんな努力をしたのか?」を詳しく語り、『活動を通して見えてくる自分の人柄』をアピールしなければなりません。


1.「忍耐力」では印象が弱い!的確なキャッチフレーズを探そう

例文
私には「やり切る力」があります。辛い時にも投げ出さず、忍耐強く努力を続け、目標を成し遂げることができます。

「忍耐力」をアピールするときには、「忍耐力があります」と安易な表現は使わず、あなたの忍耐力を表現する的確なキャッチフレーズを探しましょう。たとえば、例文では「やり切る力がある。辛い時にも投げ出さずに、目標を成し遂げられる」と、自分の忍耐力を表現しています。

このように、自分を表現する的確なキャッチフレーズを探せば、他の「忍耐力があります」というアピールよりも、印象に残る自己PRができます。

部活を頑張って続けてきた学生は、たいてい「忍耐力があります」とアピールするので、ただ「忍耐力があります」とアピールすると、被ってしまい、凡庸なイメージを与えてしまいます。

「忍耐力」は抽象的

また、「忍耐力がある」という言葉は抽象的です。忍耐力にしても、色々あるはずです。たとえば「高い目標を見据えて、辛いことにも耐える」「辛いことの中に、楽しいことを見つけて努力を続ける」…様々な忍耐力の形がありますよね、

「忍耐力があります」では、抽象的すぎて、どんな忍耐力なのかが伝わらないのです。

あなたの「忍耐力」を表現できる、的確なキャッチフレーズを探してみましょう。

2.「どう大変だったか?」をちゃんと説明しよう

例文
大学から●●空手を始めた私は、経験者に追い付くため、彼ら以上の練習をしていました。しかし、練習過多がたたり、膝を故障。周囲からは「もうやめたら」と反対されました

忍耐力の自己PRですから、相手に「いかに大変だったか」を伝えておく必要があります。具体的に「どう大変だったか?」わかるように伝えてください。

よく長年部活をやってきた人が「とにかく厳しい練習でしたが、チームのために乗り越え〜」と自己PRしますが、これでは何も伝わりません。

というのも、人事は、その競技経験者とは限らないので、単に「辛かったです」と言われても、その辛さがイメージ出来ないのですね。

だから、例文のように、具体的な情報を出して「どう辛かったか?」を説明する必要があります。

3.なぜ辛いことに耐えようと思えたのか?

例文
「ここで逃げたら、ずっと逃げることになる」と、できる努力を続けることにしました。

企業が知りたいのは、「あなたの人柄」でした。企業受けする人柄を伝えるには「なぜ投げ出さずに頑張れたのか?」その動機を説明すると、Goodです。

「なぜ頑張れたのか?」を説明すると、辛い時にも前向きに努力するあなたの人柄が、より伝わりやすくなるからです。

たとえば、例文からは、「自分に厳しく、言い訳をしない」就活生の人柄が伝わりますよね。この姿勢は、ビジネスにも役に立つ姿勢なので、企業は高く評価するでしょう。

このように「なぜ投げ出さずに頑張れたのか?」を説明すると、魅力的な自己PRになります。

4.辛いことを乗り切るために、何をしたのか?を伝える

例文
できる努力を続けることにしました。具体的には、
  • 1.海外の論文を調べ、膝に負荷をかけず筋力を増やせる加圧トレーニングを取り入れた
  • 2.他の女子選手があまり力を入れないフィジカルトレーニングに力を入れた。トレーニング・栄養・カロリーを全て計算し、厳密に管理した
  • 3.毎日1時間以上の自主トレを行った。毎回「上段右フックを上手く捌く」ような具体的な目標を持って練習に臨んだ

「必死に努力した」「チーム一丸となって頑張った」のような抽象的な表現を使わずに、具体的にどんな努力をしたのか?を説明しましょう。

具体的にどう努力したのか?を説明すると、あなたの良さを上手くアピールできます。

たとえば、例文からは、「自分に足りないものを客観的に把握する」「情報収集能力がある」「地道な努力を継続できる」…このような企業受けするパーソナリティが伝わりますよね。

このように、「具体的に努力した内容」は、あなたの良さを伝わる最高の材料になります。「具体的にどんな努力をしたのか?」が、文章から浮かび上がってくるように、詳しく説明してください。

5.その経験から何を学び、仕事でどう活かせるか?

例文
辛い時にも、やり抜くことが道を切り拓く鍵だと実感しました。貴社においても「やり切る力」を活かし、自分の限界に挑戦していきたいです。

企業は「その就活生を採用したら、会社の役に立つだろうか?」を気にしています。だから、最初にあげたリクルートの調査でも「今後の可能性」が上位にあがっているのですね。だから、自己PRでも「忍耐力があります」とアピールするだけでなく、「今後の可能性」も同時にアピールしなければなりません。

「今後の可能性」を上手くアピールするために

「今後の可能性」を上手くアピールするには、

  • 1.辛いことをやり遂げた末に、学んだこと
  • 2.自分の長所を会社でどう活かせるか?

この2点をアピールしましょう。「1.辛いことをやり遂げた末に学んだこと」を伝えることで、経験から学び成長する「伸びしろ」を、「2.自分の長所をどう活かせるか?」を説明することで、「自分が会社にどう役立つか」を人事に伝えられます。

経験から学び、成長する姿をアピールし、「今後の可能性」を人事に伝えましょう。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。