これを聞けばOK!OB訪問で聞いておくべき質問リスト15

imasia_1904457_S

就職活動のOB訪問。アポイントをとったはいいけど、「どんな質問をすればいいのだろう?」とわからず、困っていませんか?相手は社会人。あまり妙な質問をして恥をかきたくありませんよね。

そこで、就活生のために「困ったときはこれを聞いておこう!」といえる使えるOB訪問の質問リストをご用意しました。以下を参考に、OB訪問で聞く質問を考えましょう。


OB訪問をする目的を再確認

はじめに、OB訪問をする目的について、再確認しておきましょう。OB訪問の最も大きな目的は「実際に働いている人の話を聞き、その企業についての情報を集めること」です。OB訪問では、説明会では教えてくれないような細かい業務の話や、人事担当者では答えてくれないような現場のリアルな声を聞くことができます。

さらに、話を聞く中で、「自分がその仕事のどんなところに興味を持ったのか」などの自己分析を行うことも可能です。対面での会話は、ただパソコンで企業情報を調べているよりもずっとリアルな情報を知ることができるため、自分自身の反応も画面を眺めているだけの時と比べて大きく変わります。気づけば話が盛り上がってて、「この仕事のこういう部分に興味があったんだな」というような、新たな発見があるかもしれませんね。

また、企業によっては、OB訪問の回数やその内容(態度、身だしなみなど)を評価対象とし、高評価の場合は選考を一部スキップするなどの優遇措置がとられることがあります。

会社で活躍するために必要な能力を探る質問

  • 御社で活躍するために必要な能力はどんな能力だと思いますか?
  • 御社で活躍している人材に共通する特徴はありますか?
  • お話を伺っていると、御社で活躍するためには●●という能力が必要だと感じるのですが、いかがでしょうか?また、その他に活躍するため重要な資質はありますか?
  • どんな後輩社員に入社してきて欲しいですか?若手社員に期待するものを教えて下さい

OB訪問は「内定を見据えて」行うもの。内定には、「採用担当に響く自己PR」が必須です。効果的なアピールをするためには、会社の求める人材像や、会社で必要な能力を理解しておく必要があるでしょう。

OB訪問をし、会社で求められるスキルを理解し、それを自己PRでアピールすれば、的確な自己PRが可能です。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。


imasia_15025085_S-1

仕事のやりがいを理解するための質問

  • 就職活動の際、最終的にこの会社を選んだ決め手を教えて下さい
  • この会社を選んでよかったと感じるのは、どんな時ですか?
  • 入社前に抱いていたイメージと、入社後の実感にギャップはありましたか?
  • 今まで仕事をしてきて最もやりがいを感じたのは、どんな瞬間ですか?
  • 今までのお仕事の中で、最も大変だったのはどんな時ですか?

就職活動において「志望動機」は、非常に重視されています。リクルートの調査によれば、企業の78%が採用において志望動機を重視しています。(サークル活動は10%)

上記の質問で、仕事のやりがいや醍醐味を理解し、志望動機の材料にしましょう。生の情報を使った志望動機は、紙の情報からつくった志望動機とは説得力が断然違うはずです。


実際に現場の声を聴く

企業によってはホームページに先輩社員へのインタビューを載せている場合もありますが、それはあくまでも編集された文章。あらかじめ用意された質問に答えるだけの形式が多く、構成上割愛された部分もあるため、得られる情報量は少なくなってしまいます。

その点、OB訪問では現場のリアルな声を直接聴くことのできる絶好の機会です。一対一での対話の場合がほとんどなので、誰に邪魔されることもなく、自分の聞きたい内容を存分に聞くことができます。そこには文字数の制限も、時間配分の制限もないため、ホームページ上のインタビューなどを調べる場合と比べて情報量が圧倒的に多いのです。

また、「仕事のやりがいは?」「最も大変だった時は?」などの質問も、先輩のリアルな体験を交えながら話していただけるため、より自分が働く際のイメージが湧きやすくなります。

調べるだけではわからないことが聞けるメリット

OB訪問を通して、ネットで調べるだけではわからないことを聞く最大のメリットは、「その企業について、より深い知識を持つことができる」ということです。
企業のホームページなどで公開されている情報は、その企業についての情報のほんの一部であり、「企業全体としてはこのような方向性をを目指している」という建前の話でしかありません。それに比べて、OB訪問では一個人にまで回答の内容が落とし込まれるため、より具体的で細かい内容を知ることができるのです。

企業について深い知識を持てば、自分がその企業を志望する理由や、自分の強みを仕事で活かす方法などをより具体的に述べることができます。さらに、先輩から伺った話を志望理由に織り交ぜることで、「よくある志望理由」から抜け出すことができ、他の就活生との差別化を図ることも可能です。


仕事を理解するための質問

  • 入社から今まで主にどのような仕事をされてきましたか?
  • 平均的な1日の仕事のスケジュールを教えて下さい

最近の就職活動では「入社後、どんなことにチャレンジしたいですか?」「5年後にはどうなっていたいですか?」等、学生に具体的なキャリアプランを求める企業が増えています。

仕事像をしっかり理解していなければ、ズレた回答をしてしまうでしょう。上記の質問で、実際の仕事像を理解しておけば、説得力のあるキャリアプランが語れるはずです。


HPや説明会で知れる内容は限られている

ホームページや説明会では、どうしても文字数や時間の制限があるため、伝えられる内容は限られてしまいます。また、どちらも「一度に多くの人へ情報を届ける」ことを目的としていることから、どうしてもよく聞かれるようなありきたりな質問への回答が多くなってしまい、なかなか自分の聞きたい質問の回答がもらえないこともあります。

それに対して、OB訪問ではあなた1人に情報を届けられれば良いため、先輩社員は面会の時間をフルに使ってあなたの質問に答えてくれます。もちろん、あまりにも非常識な質問は避けなければなりませんが、入社してからこれまでの業務内容や、自分の会社についてどう思っているのかなど、細かい質問や本音の部分を聞くことができるというのはOB訪問でしか実現できないことです。

ホームページや説明会で知ることができるのは、あくまでも「一般的な情報」であり、そこで聞けないことを聴けるのが、OB訪問だと考えると良いでしょう。

会社・仕事を知るための質問

  • 働かれていて感じる、御社の強みは何ですか?
  • 御社の課題はどんな点にあると思いますか?
  • 御社の●●職は〜をする仕事だと認識しているのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

志望動機を作成するとき「●●業界の中でも、御社は〜に取り組まれており〜」と会社独自の強み・特徴に触れることになるはずです。現場で働いている社員から、会社の強み・弱みを聞いておけば、志望動機作成の材料になります。


具体的な質問を心掛ける

OB訪問の質問を考える際は、なるべく具体的な質問をするように心がけましょう。相手は忙しい業務の合間を縫って、こちらの質問のために時間を割いてくれています。そんな中で、「仕事のことについて、なんでもいいので教えてください!」というような漠然とした質問では、何から話せば良いのか困ってしまい、余計な時間を取らせてしまいかねません。

訪問前にまず、企業の事業内容やその方の所属している部署の大まかな仕事内容など、最低限の企業研究を済ませておき、その上で何が知りたいのかを具体的にしておきましょう。
また、聞きたいことがたくさんあるからと、あれこれと矢継ぎ早に質問するのもよくありません。一度にたくさん質問しすぎると相手が困ってしまうだけでなく、一つ一つの回答が短くなってしまい、具体的な内容まで聞くことができない可能性があります。

質問したいことを一通り考え終わったら、「ネットで調べられる情報ではないか」「相手に失礼になるような質問ではないか」「重複している内容はないか」の3点をチェックし、質問内容をブラッシュアップしていくように心がけましょう。

OB訪問で聞いてはいけない質問リスト12

聞いておくべき質問だけでなく、避けるべき質問も押さえておきましょう。避けるべき質問を理解しておくことで、OB訪問で失敗しなくなります。以下の質問は、相手が答えにくい場合が多いので、聞くのはやめておきましょう。

残業に関する質問

たいていの日本企業では、残業があります。ただ、これを聞いても「あるよ」というような回答しか得られない上、「なんだか弱腰な学生だな」という印象を与えてしまいます。

  • サービス残業はありますか?
  • 休日出勤を命じられることはありますか?

給与・福利厚生に関する質問

初対面の相手に、あなたは「給与はどのくらいですか?」と聞きますか?聞きませんよね。これらの問題は、プライバシーに関わる問題でもあるので、控えましょう。

  • 給料はどのくらいですか?
  • 有給休暇は消化できていますか?
  • 福利厚生について教えてください

知識不足を露呈する質問

調べればわかることを相手に聞くと「あ、準備していないな」と知識不足を露呈してしまいます。調べればわかることは、自分で調べるのが大人のマナーです。

  • 海外展開をする予定はありますか?
  • 御社の経常利益率を教えて下さい

ネガティブな質問

ネガティブな質問をすると、「なんか弱気だな?会社に入る熱意が弱いのかな」と相手に感じさせてしまいます。あまり良い印象は与えないので避けましょう。

  • 御社の離職率はどのくらいですか?
  • 営業ではなく、企画がやりたいのですが、配属希望はかないますか?

人事や一部社員以外には答えにくい質問

その会社の社員だからといって、全てのことを知っているわけではありません。質問をする前に「その人が答えられることかどうか」を考えましょう。

  • (男性社員に)女性が働きやすい職場ですか?
  • 新人はだいたいどんな部署に配属されますか?

抽象的な質問

抽象的な質問をしても、質問の意図がわからず、相手は混乱してしまいます。

  • あなたにとって、仕事とは何ですか?

聞きにくいことを調べる方法

とはいっても、残業・ノルマ・給与はとても大事な問題。知らずには済まさません。これらの情報を調べるには、転職者用の口コミサイトがオススメです。

  • vokers
  • 転職会議
  • carrer navi

これらのサイトでは、その企業にいた人だけが口コミを残せるようになっています。昇進・給与・残業・ノルマ・パワハラに至るまで、かなり詳しい事情が赤裸々に語られています。聞きにくいことは、これらのサイトでチェックしましょう。

学生時代から面識のある気心の知れたOBなら、これらの質問を聞いても大丈夫です。
就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。