就活生必見!OG訪問の正しいやり方〜必要な5つのステップ〜

OG訪問のやり方

就職活動で重要なOG訪問。現場で活躍している女性社員から仕事の生の情報をもらえる貴重なチャンスです。しかし、「どうやって進めたらいいのかわからない」「どう依頼すればいいのかわからない」と悩んでいませんか。

そこで、OG探しから、依頼、質問の準備、訪問、お礼まで、全部のステップを徹底的に解説いたします!

1.OGを探す

まずは、OGを探してみましょう。OGの探し方としては、

  • 就職課の名簿を探す(一番基本)
  • ゼミの先輩をあたってみる
  • FacebookやTwitterで志望企業の社員を探し、同じ大学の人を探す
  • 親戚・両親のツテをあたる

これらの方法を使えば、OGを探すことができます。一番の基本は就職課で名簿を確認すること。連絡先まで書いてあるのでスムーズにOGを探せます。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。
無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。


2.OG訪問の依頼メールを書く

目当てのOGが見つかったら、メールで依頼をしましょう。どんな内容を書けばいいのかわからない人は、以下の例文を参考にしてください。

件名:OG訪問のお願い

株式会社◯◯

◯◯部 ◯◯さま

突然の連絡で失礼いたします。◯◯大学◯◯学部の◯◯と申します。

大学のキャリアセンターにありますOG名簿にて、◯◯さまのお名前を拝見し、ご連絡致しました。

現在、◯◯業界を中心に就職活動をしており、その中でも、貴社に大変興味を持っております。ただ、紙やWebの資料ではわからないことも多く、ぜひ現場で活躍なさっている◯◯様のお話を伺いたく存じます。

お忙しいところ、恐縮ですが、お時間をいただくことはできますでしょうか。

何卒ご検討下さいますよう、お願い申し上げます。

—署名—-

電話番号しかわからない場合は、電話で依頼しましょう。電話での連絡方法は、こちらをご参照ください。

imasia_15025085_S-1

3.当日前に企業研究をして、OG訪問の質問を用意する

本番でいきなり質問を考えても、浅い質問しかできないでしょう。本番前にじっくり質問を考えておきましょう。でも、「何を聞いていいか検討もつかない」という人は以下の質問をしてみましょう。

  • 実際に働かれてみて感じる、◯◯社の強み・弱みを教えて頂けないでしょうか
  • 実際に女性として活躍する中で、◯◯社の「ここは働きやすい」と感じる点はありますか?
  • 実際に女性として活躍する中で、◯◯社で「ここは改善して欲しい」と感じる点はありますか?
  • ◯◯社で活躍するために、必要な能力をあげるとすれば、何でしょうか?

せっかくOGに訪問をするのですから、女性としての働く環境については是非聞いてみたいところですね。

4.OGに会うためのマナーを身につける

OGに会う当日も気を抜けません。社会人と会うために必要なマナーを押さえておきましょう。特に大事な7つのマナーをリストアップします。

  • 遅刻は厳禁。10分前には待ち合わせ場所へ行く
  • 会う前にコート・帽子は脱いでおく
  • 服装はスーツが基本。リクルートスーツで行けば間違いない
  • 給与・残業・昇進などのセンスティブな内容は控える(顔見知りのOGは別)
  • 話は「ええ」「なるほど」と相槌を打ちながら聞き、メモをとること
  • 名刺を受け取るときは、両手で「頂戴いたします」と言って受け取る。すぐにしまわずテーブルの右側に置いておく
  • 注文する際は、相手と同じものを頼むと、飲み物が運ばれてくるタイミングが同じなので、気まずくならない

特に大事なマナーはこの7つになります。完璧なマナーを身につけ、OG訪問を成功させましょう。

5.OG訪問後にお礼メールを出す

OG訪問後にはお礼メールを必ず出すようにして下さい。忙しい中で、OGはあなたの就職活動のために協力してくれたのです。お礼をしておくのがビジネスマナーでしょう。


でも、どんなメールを出せばいいのかわかりませんよね。大丈夫です。以下の例文を参考書けば誰でも感謝が伝わるお礼メールが書けるようになります。

件名:OG訪問のお礼

株式会社◯◯

◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

本日OG訪問をさせていただきました、◯◯大学の◯◯です。

本日はお忙しい中、貴重なお時間をとっていただきまして、誠にありがとうございました。

インターネットや紙の資料ではわからなかった疑問が、◯◯様に丁寧にお答えいただけたおかげで、解決し、貴社の仕事内容への理解が深まりました。

特に、【女性だからこそ直感的に◯◯製品のマーケットを理解できる。その直感が、数字ベースで判断するしかない男性社員には出せないアイデアを生む。】というお話は非常に印象に残っています。私も女性である強みを活かして、◯◯様のように活躍してみたい、と感じました。

今後、◯◯様から伺った貴重なお話を踏まえて、さらに企業研究を進めて参ります。

就職活動をする中で、またご相談にうかがう機会もあるかと存じますが、その折はご指導下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

まずは、取り急ぎお礼を申し上げます。

ポイントは「具体的に感動したポイントを詳しく伝えること」です。ただ、「参考になりました」ではいかにも形式的になってしまいます。「私はここに感動しました」と詳しく伝えれば、「私の話は響いていたんだな。無駄じゃなかったな」と相手も嬉しくなるのです。

【最短1週間内定】就活の悩み、プロに相談してみませんか?
Jobspring

自己分析やES、面接対策など、就活の悩みは"就活のプロ"であるエージェントに相談すれば、的確なアドバイスで解決まで導いてくれます。

数あるエージェントの中でも、JobSpringは手厚いサポートに定評があり、大手エージェントのように機械的に学生に接するのではなく、1人1人、誠実に向き合ってくれます。

2020年2月には、『エージェントによる手厚いサポートNo.1』に選ばれました。

JobSpringはむやみやたらに求人を紹介するのではなく、あなたの適性に応じた会社を3~5社のみ提案してくれます。

面談とCUBIC適性検査を活用したマッチングの結果をもとに企業を紹介してくれるのでミスマッチが少なく、
JobSpring利用者の内定承諾率は70%を叩き出しています。

JobSpringのおすすめポイント3つ
  1. CUBIC適性検査をもとに、客観的にあなたに合う企業をマッチングしてくれる
  2. 面談を受けた学生の95%が大満足
  3. 自分の本質を言語化できるまで徹底的にカウンセリング

Jobspring(ジョブスプリング)なら、 3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!


\ まずは就活のプロに相談してみよう! / JobSpringに相談してみる(無料)

現在、JobSpringが紹介できる地方求人、専門卒対象求人、留学生求人が非常に限られているようです。
以下に該当する就活生は、JobSpringの利用を再度検討しましょう。(記載:2020年9月)
・就職希望エリアを首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外に限定している
・IT/WEB系統以外の専門学校在学生
・日本で就労を希望している留学生
JobSpringを運営する株式会社Rootsは2021年2月より「HRクラウド株式会社」に社名を変更しております。
電話では株式会社RootsではなくHRクラウド株式会社と名乗ることがございますのでご注意ください。