履歴書の研究課題への取り組みが魅力的になる書き方【例文付き】

大学生活でゼミの研究課題に力を入れてきた人は、その取り組みは就活でアピールすべきです。
学生時代に学業に力を入れてきたと自信をもって伝えられる人は少なく、その分学業へ力を入れた人は評価されやすくなります。

しかし、せっかく力を入れた研究課題も、履歴書にどのように書けばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、学業のなかでも研究課題を履歴書に記載する方法を解説します。
記事を読むことで、書類選考で研究課題の取り組みが伝わり、ぜひ面接選考であなたに会いたいと思わせることができるでしょう。

履歴書への研究課題の書き方は2パターン

履歴書に研究課題を記載したい場合、自己PRかゼミ・研究課題の項目が適しています。

①自己PR

研究内容は、自己PR欄の題材として記載できます。研究をするなかでの学びがある場合や賞をとった経験がある場合は、十分な自己PRになります。

研究課題と志望先での仕事の分野が重なっている場合はもちろん、仕事とは直接関係しなくても、自己PRになります。

これまでに取り組んできたことを明確にかつ具体的に伝えるなどしてアピールする方法を工夫しなければなりません。

②「ゼミ・研究課題」の項目

履歴書のフォーマットはすべて同じなわけではなく、販売元によって記載されている項目が異なります。

履歴書によっては「ゼミ・研究課題」といった項目があり、ここで自身の研究についてアピールできます。
志望先の企業から履歴書の指定がなく、学生時代に熱心に研究に取り組んでいた場合は、この項目がある履歴書を選んで使用するとよいでしょう。

「ゼミ・研究課題」の項目があるのは新卒向けの履歴書であり、市販のものだけではなく、大学で販売している指定の履歴書もおすすめです。

研究課題から採用担当者がみるもの

仕事と研究課題が直結していなくても、履歴書に研究課題を記載しても良いとする理由は、研究課題の内容だけに着目しているわけではないからです。

文系は学習内容と人間性

文系が履歴書に研究課題を記載することで、採用担当者は2点確認ができます。
自己PR欄:人間性
ゼミ・研究課題:学習内容
ゼミ・研究課題へに記載すると学習内容が採用担当者へ伝わることは分かるでしょう。
自己PR欄では、人間性を伝えることができます。

「どんなことに興味を持つ人物なのか」「どんな取組み方をするのか」「課題に対してどのように取り組む人なのか」「物事をどのように考えるのか」採用担当者はこれらを見ています。

理系は仕事に活かせる取り組みと人間性

理系が研究課題を履歴書に記載する場合も2点です。

理系の場合、自己PRでも研究課題の項目であっても、仕事に活かせる取り組みが重視されるでしょう。研究内容と仕事内容が直結していなくても、効果検証や結果を出すまでのプロセスなど応用が効きます。

また、文系同様に人間性も伝えられます。
imasia_15025085_S-1

履歴書の研究課題の書き方【例文】

自己PRとしての研究課題の書き方例①

例文
私は、成果の出にくいものでも、時間をかけてコツコツと取り組めます。大学の研究では、工学研究科でアンモニアの製造について取組みました。
研究過程では、一発で成功をすることはなく、失敗の連続です。次の実験でいかに成功に近づくことができるのか、わずかな調整を繰り返しおこないます。

成果を出すには地道な努力が必要だと実感しています。御社に営業として入社した際も、結果を出すための地道な日々も、試行錯誤を繰り返しながら乗り越えていきたいと考えます。

自己PRとしての研究課題の書き方例②

例文
私は、初対面の人へも物怖じせずに飛び込むことができます。大学の研究課題では、地方創生のための商店街再生について取り組みました。調べるうちに四国の商店街がフォーカスされていると知りました。商店街再生に携わった方々からお話しを聞きたかったので、行政職員や民間で携わったとされる方々に電話やFacebookから連絡をとり、インタビューさせていただきました。

アポを取った皆さんが引き受けてくれるわけではありませんでしたが、商店街で商売を営む方々、合計10名の方にお話しを伺うことができました。
御社では関西地域での企業開拓を視野に入れているかと思います。営業職では、物怖じせず飛び込める心の強さを活かして、御社に貢献していきたいです。

「ゼミ・研究課題」の書き方例①

例文
『アンモニア合成に係る二酸化炭素の削減』
アンモニアの合成は、ハーバー・ボッシュ法で大量の二酸化炭素を排出している。
私は、合成の際の二酸化炭素の削減を目指した。研究では合成時の圧力を低くすることで、高い活性を維持し、二酸化炭素の排出を減らせることが分かった。

「ゼミ・研究課題」の書き方例②

例文
『地方創生における商店街再生の効果』
昨今、地方創生という言葉が多く聞かれるなかで、シャッター商店街の再生が効果的だと取り上げられるケースを目にする。私は、商店街再生がいかなる形で地方創生と繋がるのか、取り組む側の考え、取り組んだ人、その商店街で生活する人にフォーカスし、費用対効果を調査した。

研究課題の書き方

素人でも分かる言葉で書く

研究課題は取り組んでいる内容によっては専門的になってしまい、専門外の人には用語が理解できないことも少なくありません。

履歴書や選考でのアピールは、まずは理解してもらうことが重要なので、専門性の高い研究課題を伝える際には、できるだけかみ砕いて伝えることが大切です。

専門外の人でもわかるように簡単に述べ、一般的に認知されていない専門用語などは、できるだけ使わないようにしましょう。
難しい内容を並べたからといって評価されるわけではなく、むしろ理解してもらえないことでマイナス評価になってしまう可能性が高いです。

Point:研究室で専門的な人に向けて説明する場合であれば問題はありませんが、大勢の人が見る履歴書では、専門外の人でもわかるという点を意識して内容を考えましょう。

自己PRでは取組みや学びを具体的に書く

研究課題にどのように取り組んだのか、そこからいかなる学びがあったのかは、できるだけ具体的に述べることが大切です。

企業はどのような研究をしてきたのかはもちろん、その取り組みの過程や学びの部分から、いかに成長できたのかもチェックしています。
研究課題への取り組み方からは、仕事への取り組み方が見えるため、念入りに伝えることで自分がどのように仕事をするのかがアピールできます。

また、学びの部分を具体的に伝えることで、研究課題によって得たものが、企業にいかに役立つかを売り込めるでしょう。

どちらも具体的に示すことで採用メリットを提示でき、より高評価を獲得しやすくなります。
何を勉強したのかを提示するだけで終わらず、その過程と結果も念入りに伝えるようにしましょう。

研究課題について面接で質問されるケースがある

研究課題は履歴書に書いて終わりではなく、その後面接に進んだ際に質問されることも多いです。
面接で聞かれた場合は履歴書に記載した内容をもとに話すことを意識し、まったく別の内容を用意する必要はありません。

基本的には履歴書の記載内容に沿ってアピールしますが、口頭で伝える場合はさらに深堀りして伝えることが大切です。

いわば履歴書に書ききれなかった細部を面接で口頭にて伝えることになるため、詳細部分も事前に考えておく必要があります。

研究職の場合はより具体的に研究内容を把握して臨む

志望先が研究職の場合は、面接で研究課題について特に深堀りされることが多いです。

これは研究してきたことが直接的に仕事に活かせる場合が多い、理系の専門職ならではの特徴といえます。

そのため、詳細まで聞かれても回答できるように、アピール内容は事前に固めておかなければなりません。
どのような研究をしてきたのか、概要を頭に入れておくことはもちろん、得られた成果や考察などもより詳細まで考えておきましょう。

研究職では研究課題が評価の大きなウエイトを占めることもあり、いかにアピールできるかによって合否の結果を左右しやすいです。
もちろん、文系職でも研究課題について深堀りされることはありますが、より細部まで聞かれやすいのは研究職です。

面接官には詳しい人もいれば詳しく無い人もいる

理系の研究職の面接の場合、面接選考では研究に詳しい人もいれば、詳しくない人もいます。

例えば、1次面接は現場の管理者、2次面接は現場の部長クラス。この段階では、研究課題の取り組みや課題、今後の展望についても質問されます。

しかし、最終面接や3次面接は役員や人事部の部長など、研究に直接携わらない人が面接官となるケースもあります。そういった面接では、会社の展望や今後のキャリア、取り組みたい業務、働き方を質問されるケースが多いです。
この場合は、専門用語を並べた回答ではなく、相手に伝わる言葉選びをすべきです。

合わせてこちらもチェック!
【就活】入社後の目標を効果的に伝える方法

研究課題がない場合は関心のあった講義について記載する

ゼミに加入しておらず、特定の研究課題がなかったという人もいるでしょう。
この場合はこれまでの講義で関心のあったものや、精力的に取り組んだ抗議について記載することがおすすめです。

「ゼミ・研究課題」の項目に特定の講義についての取り組みを書いても問題はなく、きちんと取り組んでいるなら研究課題がなくても評価の対象にはなります。

どのような講義に興味を持ち、いかに取り組んだのか、そこから何を学んだのかを明確にして、アピール内容を考えましょう。

空欄や「なし」は志望度が低いとみられる

ゼミに所属していない、あるいは特定の研究課題がないからといって、履歴書の「ゼミ・研究課題」を空欄にしたり、「なし」と記載したりするのはNGです。

空欄にしているとアピールする意思が低いと思われ、志望度も低いと判断されることも少なくありません。
企業としては意欲が感じられず、マイナス評価にもつながりやすいため注意しましょう。

また、空欄のまま提出してしまうと、単に書き忘れのミスだと判断されることもあります。
細かいところまで目が届かない、がさつな性格など、余計な印象を与えてしまうこともあるでしょう。

「なし」と書いた場合も同じであり、アピールする意思に欠けると判断されるため、評価されるには必ず研究課題や関心に残った講義について書くことが大切です。

履歴書に研究課題を記載する場合は項目や仕事と直結するかによって書き方を変える

研究課題を熱心に取り組んだ人は、履歴書でアピールすべきです。
履歴書では自己PRまたはゼミ・研究課題の項目でアピールが可能です。

理系は特に、研究課題と希望する職種が直結しているケースが多いと思うので、面接で会って話しが聞きたいと思われるように、研究課題の取り組みだけでなく功績も一緒に記載してアピールしてきましょう。

面接では、履歴書にそった質問だされます。取り組み方をさらに具体的に話せるように準備したうえで臨んでください。

【22卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!
SPI_LPheader

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

詳細な分析結果が見れるので、あなたの適職やおすすめ企業もご紹介。 自己分析が出来るだけでなく、会社選びの参考にすることもできます!

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 高精度な自己分析ができる!
  2. 詳細な分析結果が見れる!
  3. エントリーシートにもそのまま使える!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)