簡単!履歴書の「得意な科目・得意な学科」欄の書き方【例文あり】

imasia_13530451_S

履歴書の得意科目(得意な科目)欄って、意外と何を書けばいいかわからず、困りませんか?

素直に「得意科目 社会」と書いていいのか、それとも大学の専攻科目を書くべきか…迷いますよね。

そこで、「企業は得意科目の欄から何を見ようとしているのか」「人事担当から好意を得られる得意科目の書き方」を徹底的に解説していきます。

得意科目の欄は何のためにあるのか?

さて、そもそも「得意科目」の欄は何のためにあるのか?企業は得意科目欄から何を読み取ろうとしているのか?を考えていきましょう。

意外と重視されている「得意科目」

リクルートが企業に行った「新卒採用において重視する項目は何か?」を聞いたアンケートによれば、「大学で身につけた専門性」を重視する企業は全体の23.8%にのぼります。

スクリーンショット 2014 10 28 15 59 49

23.8%というと、「少ない」と感じるかもしれません。しかし、所属クラブサークルを重視するのが11%、海外経験を重視する企業が5%…という数字と比較すると、大学で身につけた専門性が意外と重視されているのがわかると思います。

履歴書において「大学で身につけた専門性」を測れるのは、「得意科目」の欄ですよね。そう、企業は履歴書の「得意科目」欄から、「その学生が学業を通して身につけた専門性」を見ようとしているのです。

学生が頑張ってアピールする「ボランティア経験」「サークル」のような内容よりも専門性が重視されていることを考えれば、「得意科目欄」は意外と侮れない欄なのです。

履歴書の得意科目の書き方の3つのポイント

履歴書を書く際には「その項目について、面接で質問された時に、上手くアピールにつなげられるか」を考える必要があります。履歴書は、書類選考の材料というだけでなく、面接官向けの資料でもあるからです。

だから、面接で質問された時に「大学/大学院で身につけた専門性」をアピール出来るように、得意科目を書いていきます。具体的には以下の3つのポイントを意識してください。

1.「好き」ではなく「専門性」をアピールできる科目を書く

よく就活生にいるのが「得意科目 世界史」と単純に好きな科目や、高校時代得意だった科目を書いてしまう人。

しかし、単に好きな科目、高校レベルで得意だった科目を書いても、「大学/大学院で身につけた専門性」はアピールできません。好きな科目ではなく、専門性をアピールできる内容を書く必要があります。

2.大学の専攻科目を書く

ゼミ等で専攻した主要専攻・副専攻の内容を書くと、専門性をアピールできます。たとえば、

南米文学(ガブリエル・ガルシア=マルケス等)
社会心理学(卒業論文 リーダーのフィードバックが組織に与える影響)
独占禁止法(国際M&Aと企業結合審査について)

このように、大学時代に主要専攻として履修した科目の内容をできるだけ詳しく書きましょう。

ただ、単に「社会心理学」と抽象的に書くのではなく、「教育心理学(卒業論文 子供の自制心を育むには)」「社会心理学(企業広告におけるネガティブアプローチについて)」と、「卒業論文」や「特に力を入れて研究した内容」を書き添えておきましょう。具体的に書いた方が面接官の興味を引けるからです。

あなたの専攻科目は、面接官よりもあなたの方が専門家です。質問されれば自信を持って語ることができ、自分の専門性や学業に取り組む真面目さをアピールできます。

面接官からの質問を引き出せるように、得意科目の欄は「社会心理学(企業広告におけるネガティブアプローチについて)」のように、具体的に記述してください。

3.得意な語学・科目を書く

「ゼミに所属していない」という人は、得意な語学や科目を書いておきましょう。資格欄にかけるようなレベルでなくても構いません。

フランス語(日常会話レベル)

と、書くだけでも印象は良くなります。また、業務に関連がありそうな科目(たとえば、金融志望者なら会計学など)を授業でとっている

GD_LPheader

この記事のまとめ

  • 「好きな科目」ではなく、自分の専門性をアピールできる科目を書こう
  • 大学の専攻科目を書いておくのが無難(卒業論文や研究テーマを横に書き添えておくとわかりやすい)
  • ゼミに所属していない人は、得意な語学などを書いておく(
  • 授業で志望企業の業務と関連のある科目をとっているなら、その科目を書くのも手

得意な科目は「それで内定の合否が決まる」ものではありません。なので、神経質にならなくても良いでしょう。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート
SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で内定者のESが読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。