就活のやる気が出ない人へ|考えられる原因と対策方法を紹介

「就活を頑張らないといけないのはわかっているけど、就活のやる気がでない!」と悩んでいませんか?

周りが就活を始めているから自分も就活をやらなくてはならないのはわかっているけど、焦れば焦るほど空回りしてしまうこともありますよね。

そこでこの記事では、就活にやる気がでない就活生のために、やる気のでない原因や、就活へと踏みです方法について紹介します。

就活したくない理由を具体的に把握することが大切

就職したくないと就活したくないは違う

就活したくない理由を探る時に、「就職したくない」と「就活したくない」を混同してしまわないように注意してください。一見どちらも同じように思えますが、各々のやる気がでない理由は全く異なり、取るべき対策も変わってきます。

例えば、就職したくないのであれば、進学や起業、フリーランスなどの別の進路を模索してみることができます。一方、就活のやる気がでないのであれば、就活支援サービスを利用してみたり、一旦息抜きをしてみたりと、就活の進め方を見直すことで改善することができます。

そのため、まずは就活と就職のどちらに対してやる気がでないのかをハッキリさせましょう。そして、やる気がでない理由を具体的に把握することで、モチベーションを上げるための対策を考えてみてください。

就活のやる気がでない原因

やる気がでない原因は、3つ考えられます。
①やりたいことが分からない
②何から始めればいいのか分からない
③選考を通過する自信がない
これら3つについて、詳しく解説します。

①やりたいことが分からない

やりたいことが分からない・やりたい仕事が見つからないことが原因で、働く姿をイメージできず、就活のモチベーションを維持できない人は多いのではないでしょうか。

中には義務感で就活自体は続けているけれど、本当に入社したい企業にで会えず、就活に本気になれない就活生もいるかもしれません。

やりたい仕事や自分に合った仕事を見つけることは簡単ではありません。たとえ熱意をもって入社した企業であっても、実際に働いてみるとイメージと違ったという場合も多いです。

見つからないからと焦る必要はありません。簡単に見つかるものではないと割り切って、じっくりと時間をかけて探していきましょう。

②何から始めればいいのか分からない

就活のやる気がでない原因として、就活の何から始めていいのか分からないケースもあります。

インターンシップへの参加、会社説明会への参加、企業研究、自己分析、面接対策、適性検査対策など、内定をもらうまでの工程は複数あります。

1つの企業だけならまだしも、複数の企業の対策を同時に進めていく必要があり、さらに工程が増えることでやる気がでなくなります。

③選考を通過する自信がない

不合格が続いてしまうと、選考を通過する自信がなくなってしまい、就活のやる気がなくなるケースもあります。

努力をしているのに思うような結果がでないと、誰しもが落ち込むものです。一度や二度の失敗なら簡単に切り替えられるかもしれませんが、失敗が続いてしまうと成功するイメージが持てなくなってしまいます。

しかし、落ち込んでいても次には進めないので、選考に落ちた原因を冷静に分析して次に繋げるしかありません。選考に落ちる理由は様々で、面接の準備が不十分なこともあれば、単純に企業が求める人物像とマッチしていない可能性も考えられます。

自分の実力不足と決めつけるのではなく、しっかりと失敗と向き合って改善していけば、あなたを必要とする企業にで会えるはずです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。
imasia_15025085_S-1

原因から考える就活のやる気をだす方法

社会人と話して仕事や働き方を知る

どんな仕事があるのかが分からない、興味のある仕事が見つからないことが理由で、やる気がでない就活生は、実際に働いている社会人から仕事や働き方の話を聞いてみてください。

実際の業務内容や仕事のやりがい、働く前後のイメージの違いなど、社会人の生の声を聞いてみることで、就職へのイメージが具体的になってきてモチベーションに繋がる場合もあります。また、就活の不安や悩みを聞いてもらうだけでもやる気がアップします。

少しでも気になっている業界や企業がある場合は、その業界や企業で実際に働いている学校の先輩を探して連絡をする、いわゆるOB訪問を検討してみましょう。

一方、やりたいことが具体的に決まっていない場合は、大学やアルバイト先の先輩、家族や親戚など、誰でも構いませんので身近な社会人、それぞれの具体的な仕事内容や、何のために働いているのか、業種や職種だけでなく働く目的ややりがいなど、働き方全般の相談をしてみてください。仕事の話を聞くうちに、やりたいことや興味を惹かれること、働く目的が見つかるかもしれません。

OB・OG訪問ではこの質問をすべき!経験者100名に聞いた「聞いておけばよかった質問」とは?

2021.06.23

就職エージェントを利用する

選考を通過する自信がない、何から始めればいいのか分からないという悩みを持っている就活生は、就職エージェントの利用がおすすめです。

就職エージェントとは、就活生1人ひとりに専任のキャリアコンサルタントがつき、就活の最初から最後までをサポートしてくれる基本無料のサービスです。

キャリアカウンセリングによる仕事探しサポート、履歴書・エントリーシートの添削や面接対策、就活の悩み相談など、就職先が決定するまで徹底的にサポートしてもらえるので、内定獲得に一気に近づけます。応募手続きや面接の日程調整も代行してもらえるので、エントリーシートの推敲や面接練習に集中できるのもメリットの1つです。

さらに、非公開の求人情報や特別な選考ルートを紹介してもらえる場合もあるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの就職エージェントを2社紹介します。

キャリアチケット

キャリアチケット

キャリアチケット


キャリアチケットは、「量よりも質」の就活をコンセプトとする新卒向けの就職エージェントです。内定獲得だけを目的とせず、入社後にあなたが活躍できるかどうかも見据えて企業を紹介してもらえるのが特徴です。

各企業に独自にヒアリングを行って活躍できる人物像を明確にしており、その中からあなたの価値観に合う本当に働きやすい企業のみを厳選して紹介してくれます。そのため、紹介する企業は平均5社程度と少なく、むやみやたらにエントリーさせられることもありません。

エントリー数が少ないと不安になるかもしれませんが、就活に精通したプロが全面的にサポートしてくれるので安心です。さらに、内定率が約39%向上する独自の選考対策によって、内定獲得までの道順をしっかりと示してくれるので、迷いなく就活に打ち込めます。

何十社にもエントリーのような”やみくもな就活”はしたくない人におすすめ!
キャリアチケットに登録


JobSpring(ジョブスプリング)

JobSpring

JobSpring


「エージェントによる手厚いサポートNo.1」に選ばれたこともある就職エージェントサービスJobSpring(ジョブスプリング)
エージェントによるヒアリングと適性検査「CUBIC」の組み合わせにより、あなたの価値観や人間性を徹底的に掘り下げてもらえます。

企業探しやエントリー、面接対策などの採用選考におけるサポートはもちろん、内定承諾や辞退についての悩み相談など、内定後も入社するまで必要に応じてバックアップを受けることができます。

さらに、運営会社が開催する就活セミナーや企業説明会にも参加することができるので、就活のノウハウを学びたい人にもおすすめです。ただし、紹介してもらえるのは首都圏の企業がメインとなるので、地方で就職したい就活生には不向きなサービスである点に注意してください。

\内定後のアフターフォローも充実/
JobSpring(ジョブスプリング)をチェック


スカウトサービスに登録する

やりたいことが分からない就活生や何から始めればいいのか分からない就活生には、スカウトサービスの登録もおすすめです。

スカウトサービスとは、その名の通り企業側からスカウトが届くサービスです。スカウト内容は企業によって様々で、自分に届いた説明会や採用選考への招待の中に気に入ったものがあれば、その企業と連絡を取ることができます。

就活生側は基本的にプロフィールや自己PRなどを登録しておくだけで良いので、自分で企業を探す手間を省くことができるのがメリットの1つです。さらに、知見のない業界や企業からオファーが届くこともあり、新しい業界や企業を見つけるキッカケ作りにも使えます。

特別な選考ルートに招待される場合もあるので、効率よく就活を進めたい、様々な企業と出会いたい就活生にもおすすめしたいサービスです。

OfferBox(オファーボックス)

OfferBox

OfferBox


新卒オファー型サイトとして4年連続で就活生の利用率No.1OfferBox(オファーボックス)2021年9月時点の登録数は258,000人で、今もっとも利用されているスカウトサービスです。

誰もが知る大手企業からベンチャー企業まで、9,183社以上の優良企業が登録しており、スカウトサービスを検討する就活生なら真っ先に登録すべきサイトの1つと言えます。企業がオファーを送る数に制限があるため、適当なスカウトが届くこともありません。

プロフィールでは、文章だけでなく写真や動画などを利用してアピールすることも可能です。プロフィール入力率80%以上でのオファー受信率93.6%という実績があり、高い確率で企業からのオファーが期待できます。

\新卒オファー型サイト4年連続で就活生の利用率No.1/
OfferBox(オファーボックス)が気になる


キミスカ

キミスカ

キミスカ


キミスカは、企業へのアピールの方法やサービス内容に特徴のあるスカウトサービスです。

キミスカは採用選考の経過を登録することでアピールができ、不採用となった選考も内定獲得に活かすことができます。例えば、〇〇社の選考で最終面接まで進んだという実績があれば、それを登録しておくことで他社からスカウトが届くケースもあります。

また、従来のスカウトサービスでは、企業と個別にやり取りを進めることになりますが、キミスカ運営には多数のコンサルタントが在籍しており、いつでも就活のサポートを受けられます。

さらに、キミスカ運営はマッチングイベントも開催しており、企業の担当者によるプレゼンや面談によって相互理解を深め、その後に面接や説明会に参加することができます。ただスカウトを待つだけでなく、自分からも積極的に企業とので会いを求めたいという就活生におすすめです。

\企業とのマッチングイベントも多数開催/
キミスカを見てみる

就活はスカウトサイトへの登録が当たり前!?おすすめサービス17選

2021.04.12

就活のやる気がでないときは一人で進めずに就活のプロや経験者に相談する

就活を1人の力で進めるのは限界がありますので、やる気がでなかったり、上手く行かずに悩んだりした時は、就活のプロに相談するようにしましょう。

就活支援サービスは基本的に無料で利用でき、企業を紹介されたら必ずエントリーしなければいけないという決まりもありません。興味のある企業があった場合のみ選考を進めれば良いので、時間を無駄にすることもなく安心して利用できます。

就活に精通したプロに相談できるというだけでも大きなメリットですので、積極的に利用して就活を有利に進めましょう。

就職エージェントについてはコチラの記事も要チェック

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)