これで迷わない!自己PRで使うエピソードを選ぶ3つの基準

imasia_4303644_S

自己PRで「どんなエピソードを使おうか?」迷っていませんか?自己PRはたいてい「私には〜という強みがある」「その強みを発揮したのが〜という経験だ。(以下詳細)」と語っていくもの。エピソードの出来は、自己PRの説得力に大きな影響を与えます。

どうすればあなたの良さが伝わる自己PRのエピソードを選ぶことができるのでしょうか?効果的な3つの選び方をご紹介します!

1.主体性……『規模』『肩書』『インパクト』にこだわるな!『主体性』を重視しよう

一番重要なポイントは「主体性で選ぶ」こと。つまり、あなた自身が主体的に考え、行動し取り組んだ経験を話す、ということです。肩書や規模、インパクトにはこだわる必要はありません。

リクルートの調査によれば、『所属クラブ_サークル活動』『ボランティア経験』を採用で重視している企業は全体の1割程度です。重視されているのは「人柄90%が重視」「熱意72%」「可能性70%」です。つまり、『活動を通して見えてくるその人の人柄・可能性」 に興味があるのであって、活動そのものには興味がないのですね。

どんな地味な活動でも、本気で取り組んだ活動には、あなたの人柄があらわれます。主体的に関わった活動を選んでアピールしてください。

自己PRを「インパクト」で選ばない

大規模のサークル幹事長だとしても、社会人からすれば「所詮、遊びの話」です。結果やインパクトで勝負しても、人事に響くアピールはできません。

しかし、学生の中には「とにかく印象に残ろう」として、たいして本気で関わってもいないサークル活動の話をする学生が多いです。

たとえば、「学生団体で有名作家の●●さんをお呼びし、イベントを開催しました!」等のアピール。しかし、よく聞くと、平スタッフで参加していただけ。「なぜその人を呼ぼうと思ったのか?」「交渉はどんな点が大変だったのか?」いくら聞いても、「その人が何を考えて行動していたか?」が全く伝わってこない…こんなことがよくあります。

無理をして派手な体験を語っても、本気で関わっていない活動だと、あなたの良さが伝わってこないのです。インパクトにこだわりすぎず、「自分が本気で関わった、努力した活動」を選んで話しましょう。




2.解決……『変革』『改善』『解決』を起こしたエピソードを使う

自己PRは「あなたの長所」をアピールするもの。長所を発揮したエピソードとして、何らかの『問題解決』『改善』『変革』を成し遂げているエピソードを選びましょう。改善の規模は小さなものでも構いません。

企業が採用したいのは「企業に利益をもたらしてくれる人材」です。企業に利益をもたらしてくれる人材とは、その強みを活かして、問題を解決し、事態を改善できる人間です。

だから、強みを活かして、何らかの問題を解決したエピソードを選んで伝えましょう。

3.再現性……同じ強みを発揮したエピソードがあること

自己PRをする場合、「同じ強みを発揮したエピソードが他にもあるか」も視野に入れておきましょう。人事が一番気にしているのは「入社後にちゃんと活躍してくれるかどうか」です。

いくら凄いエピソードでも「その場限り」のものでは、会社の役には立ちません。だから、人事は学生に「その強みを他の場面で発揮したことはありますか?」と質問します。他にその強みを証明するエピソードがないと、あなたのPRの説得力が下がってしまうでしょう。

逆に、同種のエピソードが複数あれば、自己PRの説得力は倍増します。たとえば、

例文
このように『目標を見据えてコツコツ努力する』のが私の強みです。塾講師のアルバイトだけでなく勉強にもこの姿勢を活かし、TOEICのスコアを400点から780点まで伸ばしたこともあります。仕事においても「コツコツ努力」を大事にして、自身を高め、貴社に貢献したいです。

このように同種のエピソードが複数あれば、よりそのPRポイントが信憑性をますでしょう。

同じ強みを発揮したエピソードが複数ない時は、自己PRを考えなおそう

学生の中には「同じ強みを発揮したエピソードが複数見つからない」と悩む人もいるかもしれません。そんな時は、自己PRで伝える内容を再検討する必要があります。

というのも、一部の学生は「企業の求めている長所」を意識しすぎて、本当の長所ではない長所をアピールしているからです。

たとえば、総合商社では「人を巻き込んで、プロジェクトを動かしていく力」が非常に重要です。だから、採用されたいあまり、本来はリーダータイプでもないのに「私は人を巻き込む力があります。それを発揮したエピソードとして〜」と自己PRをしている学生が多いのです。

本当の強みならば、その強みを発揮したエピソードが簡単にいくつも見つかるはずです。たとえば、「コツコツ努力する」のが本当の強みなら、他の場面でも「コツコツ努力」をしているものです。

しかし、企業の好みを意識しすぎて、嘘の長所をアピールしていると「リーダーシップを発揮した経験…ゼミ以外にはないぞ…」となってしまう。本来の強みではない長所をアピールしても、説得力がありませんし、人事にも響きません。

同じ強みを発揮したエピソードが簡単に見つからない場合、自己PRでアピールする内容そのものを再検討してください。

大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神サイト

3月の後半になり、就活もいよいよ本格化。でも、「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」「リクナビ・マイナビだけで本当に大丈夫なの?」と悩んでいませんか?就活サイトの数が非常に多く、どこを使えばいいのかわからず、戸惑ってしまいますよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性が高い「あなたを求めている」企業から選考オファーがもらえる就活サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
大手企業から選考のオファーが届く!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。