就活生必見!グループディスカッションの進め方の7つのコツ

business team having discussion in office

就活で避けては通れないグループディスカッション。グループディスカッションを上手く進めるには、グループディスカッションの進め方・流れを深く理解しておく必要があります。

そこで、「コンビニの売上を二倍にするには?」というよく出るタイプのお題をもとに、グループディスカッションの進め方・流れを詳しく解説していきます。

進め方1 時間配分から始めよう

グループディスカッションは厳しい時間制限があり、その時間内で結論を出し、発表をしなければなりません。だから、議論に入る前に議論のタイムテーブルを決めておきましょう。

たとえば、よくあるお題「コンビニの売上を二倍にするには?(制限時間30分)」なら、以下のタイムスケジュールを組んで、時間配分をします。最初に時間配分をすることで、議論に筋道が生まれ、効率的にディスカッションを進めることができます。

お題例…コンビニの売上を二倍にするには?(制限時間30分)

  • 課題定義(2分)…そもそもこの質問はどういうことを聞いているのか?どんな答えが必要か?チームで共有する
  • アイデアのブレスト(10分)…出されたテーマのアイデアを出し合う
  • アイデアの整理・まとめ(10分)…提出された意見をまとめ、チームの結論を選ぶ
  • 発表の形にまとめる(3分)…人事に発表するため、チームの結論をロジカルにまとめる
  • 発表の予行練習(2分)…発表者が事前にリハーサルをしておくと、上手くまとまる
  • 予備の時間(3分)…時間内にまとまらなかった時のために、予備の時間をとる

スタンフォード大学の研究によれば、人は「一番最初に発言した人」をリーダーとみなす傾向があります。まず、「時間配分を決めませんか?」と口火を切り、主導権を握りましょう。

進め方2 課題を定義しないとチームがバラバラになる

グループディスカッションを効率的に行うには「課題定義」が必要です。聞かれている質問を具体的に定義し、チーム内で共有しましょう。少しイメージが沸かないでしょうか?

たとえば、「コンビニの売上を二倍にするには?」という課題。これって「オフィスビルの側にあるコンビニ」なのか「田舎の国道沿いのコンビニ」なのか「学生街のコンビニ」なのかでやることって全く違いますよね。だから、まずは以下のような台詞でスタート地点を設定します。

発言例
「一口にコンビニと言っても、国道沿いのコンビニか、学生街のコンビニか、オフィスビルのコンビニか…で売上増加施策は全く違いますよね。どんなコンビニを想定して議論をするのか?チームで定義を共有してから議論を始めませんか?」

だから、まずチーム内で「ここで議論するコンビニ」とは何なのか?スタート地点を共有しておきましょう。

原因分析フェーズが必要な場合も

「少子化を止める解決策を論じなさい」「オレオレ詐欺を減らす解決策を考えなさい」といった「問題とその解決策」を論じるグループディスカッションでは、アイデアを出し合う前に「そもそもなぜその問題は起きているのか?」を議論した方が良いでしょう。

発言例
そもそも、なぜオレオレ詐欺は起こるのでしょうか?たとえば、「高齢者個人情報の流出」「使い捨ての匿名携帯電話の増加」…などの様々な要因があると思います。まずは、主要な原因を洗い出してから、その解決策を論じませんか?

このように「問題と解決策」を議論するディスカッションでは、原因分析のフェーズを設けると、生産的なグループディスカッションになります。

進め方3 チームからアイデアを引き出そう

課題を定義したら、次はその課題を達成するためのアイデアについて、チームで話し合いましょう。この段階では「いかにチームから意見を引き出すか?」が重要になります。楽しい雰囲気で、チームから様々な意見を引き出せば、最終的な発表の質も上がります。

チームから上手くアイデアを引き出すには以下の点を意識してください。

  • 傾聴する。相手の目を見て、「ええ」「はい」と相槌をうち、うなづきながら話を聞く
  • 意見を否定しない。否定・検討は後の段階で。ここでは意見を肯定的に受け止め、チームから意見を引き出していく
  • 発言できていないメンバーに話をふる。ここで意見を出させないと後のトラブルになる可能性もあるから
  • 適宜要約をしよう。「なるほど〜ですね」と相手の発言をまとめていくと、チームが意見を認識しやすく、議論のかみ合わせがよくなる
  • アイデアのレベルはここでは考えない。とにかく発言をして、議論を活性化させよう

これらのポイントを実践し、グループディスカッションを活発にしましょう。

進め方4 アイデアを整理しよう

アイデアをまとめ、チームの結論を選ぶ前に、アイデアを整理しましょう。出された意見を大きなくくりでグループ化して、チームが議論をしやすい準備を整えます。

発言例
それでは、そろそろまとめに入っていきたいと思います。大学付近のコンビニの売上を伸ばす方法として、今まで出た意見は大きく二つのグループに分けられると思います。
  • A 客単価を上げる方法
    • 女子学生向けの高級スイーツを仕入れる
    • 男子学生向けに「60円でお弁当に揚げ物一つトッピング」サービスを始める
    • etc…
  • B 集客を増やす方法
    • Twitterで話題になるような「●●頼み過ぎちゃいました」のような写真をあげ、話題づくりをする
    • 勝手に大学非公認のゆるキャラをつくり、そのキグルミで接客をする
    • 美男美女の定員を取り揃える
    • etc…

で、この中で「集客を増やす方法」として一つ、「客単価をあげる方法」として一つを選んでいきませんか?あるいは、両方をミックスさせるのもありだと思いますが、いかがでしょうか?

このように「意見をグルーピング」すると、対立点や類似点が明確になり、「これからどんな議論をすれば意見がまとまるか?」が圧倒的にわかりやすくなるのです。

上手く意見を整理してグルーピング出来れば、それだけでグループディスカッションを通過できるほど、人事から評価されます。

進め方5 アイデアを選び、まとめよう

アイデアを整理したら、チームの中での結論を選んでいく段階です。ここで多数決に頼る人がいますが、絶対にやめてください。グループディスカッションでは「いかに合意形成をするか」が見られているので、多数決は評価されません。

グループディスカッションで上手く合意形成をするには、以下のポイントを意識してください。

  • 「良い・悪い」を言い合うとまとまらない。「費用」「スピード」「実行容易性」「効果」等のアイデア評価基準を設定し、アイデアを採点していこう
  • まとまらなそうな場合は、有力なアイデアを上手く混ぜあわせ、いいとこ取りをしたアイデアにまとめよう
  • 明確な対立点がある場合は「AとBの意見は大枠では同じだが、Cという対立点がある。この対立点について話合いませんか?」と対立点の解消を促す

特に「費用」「スピード」「効果」のような誰もが合意できる評価基準にもとづいてアイデアを採点していく手法は、どのグループディスカッションでも有効です。使いこなしてみましょう。

進め方6 アイデアを磨き上げよう

チームの中でアイデアがまとまりました。このまま発表!とする前に、もう少しアイデアを磨き上げていきましょう。所詮、ブレストで出た思いつきレベルのアイデアなので、このままでは詰めが甘く、面接官に突っ込まれてしまうからです。

具体的には、以下のポイントを詰めて、アイデアをブラッシュアップしましょう。

  • What…要するに何をするのか?
  • Why…なぜそれをするのか?なぜ他の方法よりその方法が良いのか?
  • Where…どこでするのか?
  • When…いつするのか?
  • Who…誰がするのか?
  • How…どうやってするのか?
  • How much…どのくらいお金がかかるのか?かけるのか?

これらのポイントを詰めていけば、思いつきレベルのアイデアでも、発表に耐える素晴らしいアイデアに変えることができるでしょう。

進め方7 ロジカルに発表をしよう

意見をダラダラと述べるような発表だと、どんな良い議論をしても、印象が悪くなってしまいます。逆に、発表を上手くまとめれば、悪印象を払拭可能です。

発表をロジカルにまとめあげるには、外資系の会社でよく使われるメッセージのフレームワーク「PREP」を使いましょう。といっても、非常に単純です。

  • Point(結論)…要するに、結論は何か?
  • Reason(理由)…なぜその結論に至ったのか?
  • Example(具体例)…理由に関する具体的な根拠・事例・仮説を話す
  • Point(結論)…最後にもう一度まとめる

このポイントに基づいてプレゼンテーションをまとめれば、発表がスッキリまとまります。たとえば、

発言例

【結論】大学付近のコンビニの売上を伸ばす方法として、「大学非公認のゆるキャラをつくり、集客に利用する」ことを考えました。

【理由】現在、ゆるキャラがブームであり、大学のモチーフと絡めたキャラクターをつくれば、学生の間で話題になり、自然と集客が増えると考えたからです。

【具体例】学内でコスプレをしている人を写真にとってTwitterにあげている学生をよく見かけます。もし、大学と関連のある、少しパンチの利いたゆるキャラならば、学生がTwitterに写真をあげ、自然と話題になるはずです。また、ゆるキャラと関連づけた商品はそうでない商品とくらべて、30%も売上が上がるというデータも見たことが有ります。

【結論】非公認のキャラクターをつくり、それに関連付けて商品を販売することで、集客と客単価アップを同時に狙っていく。これが私達のグループの結論です。

と、このようにまとめていきましょう。PREPにもとづいてまとめれば、どんな内容でもそれなりにまとまります。

8月でも間に合う!就活の後半でも優良企業の内定が狙える神サイト

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。