【例文あり】グループディスカッションの自己紹介のやり方

imasia_9583733_S

グループディスカッションの自己紹介。大勢の前で何を言えばいいかわらず、困っていませんか?

グループディスカッションの自己紹介は、実は重要です。この自己紹介が、チームメンバーや人事が抱くあなたの第一印象になるからです。

そこで、グループディスカッションの自己紹介で好印象を得るための秘訣を、例文つきで解説していきます。

グループディスカッションの自己紹介(例文)

まずは、グループディスカッションの自己紹介の例文を見てみましょう。例文を読んだほうが、完成形のイメージがすぐに掴めるかと思います。

発言例

はじめまして。就活大学経済学部の就活太郎です。大学時代は、ベンチャー企業のインターンに参加して、ECサイトの運営をしていました。サイトの運営では「どんな文章なら、ユーザーを購買に導けるか」等の試行錯誤が重要でした。このグループディスカッションでも、試行錯誤を続け、より良い議論をして、チームに貢献出来るよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

あなたにぴったりな役割はどれ?

グループディスカッションは、役割決めで自分の力を発揮できるかどうかが左右されます。
グループディスカッションの進め方や役割を把握するためにおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。

こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりな役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

グループディスカッションの自己紹介の仕方〜大事な3つのコツ〜

元気な、ハキハキとした声で語る

グループディスカッションでの自己紹介があなたの第一印象になります。ここで良い印象を与えられれば、その後の議論でも、有利になります。

自己紹介の時間は短いので、内容では差がつきません。だから、出来るだけ大きく、ハキハキとした声で自己紹介をしてください。

挨拶→大学名・学部→名前→打ち込んでいること→抱負の順番で語る

例のような順番で語ります。

  • 挨拶…「はじめまして!」と元気よく
  • 大学名・学部を名乗る…長くなるので学科までは言わなくて良い
  • 打ち込んできたことを話す…あなたのことを覚えやすいように、大学時代に打ち込んできたことを話す
  • 抱負を語る…「みなさんに負けず頑張ります」のような、ポジティブな抱負を語って挨拶を終えると、印象がよくなります

これらのポイントを意識して自己紹介をすれば、メンバーがあなたを覚えやすくなり、議論で少し有利になります。

簡潔に話す

グループディスカッションでは、1人あたりにかけられる自己紹介の時間が短いので、簡潔にまとめて話すようにしましょう。

1人が長々と自己紹介をしてしまうと、議論の時間が短くなってしまい肝心の話し合いがうまくいかない可能性が出てきます。

グループ内での自己紹介は話し合いを円滑に進めていくためにするものなので、最低限名前をきちんと伝えることができれば、議論はスムーズに進むでしょう。

自己紹介にかける最適な時間としては、10秒〜30秒以内で簡潔にまとめるのがおすすめ。

短い時間の中にも『相手の頭の中に残るちょっとしたフレーズ』や『親しみやすい印象を与えるフレーズ』を盛り込むようにすると、印象がよくなりグループディスカッションの話し合いも活気づきます。
imasia_15025085_S-1

やってはいけない自己紹介

グループディスカッションの自己紹介の仕方では、やってはいけない自己紹介があります。

自己紹介で失敗をしてしまうとグループ内での第一印象が悪くなり、話し合いになかなか参加できないということも出てくるでしょう。

それでは、グループディスカッションでの自己紹介でやってはいけないことを2つご紹介していきます。

長くなりすぎて時間をとる

グループディスカッションの話し合いのなかで長すぎる自己紹介は、聞いている方も飽きあきし、議論にかける時間も削ってしまうので、やってはいけません。

例えばグループ人数が5人で、議論にかける時間が45分だった場合、自己紹介に2分ほどかけてしまうと、全員で合わせると10分近くのロスになってしまいます。自己紹介で名前ぐらいを覚えてもらえれば、議論を円滑に進める上では問題ありません。

大学名と名前だけだと余りに印象が悪くなるので、意気込みなどを付け加えると、丁度いい長さの自己紹介になるでしょう。
1分以上の自己紹介は少し長いです。最低10秒で長くても30秒以内にまとめるようにしてください。

自己PRに徹する

自己紹介をする場面で自己PRに徹してしまうのもやってはいけないことなので注意しておきましょう。

自己紹介と自己PRは似ているようですが、全くの別物。自己紹介をする場面で、自己PRを行うのは意味がありません。

例文
「〇〇大学〇〇学部の〇〇です。英語が得意で、海外留学の経験が半年以上あります。TOEICでは900点近く点数を取りました。海外へは5ヶ国以上行っています。よろしくお願いします。」

このような例文は、自己紹介の内容が大学名と名前しか入っていないので、意味がありません。グループ内でいい印象を与えられず、ただの自慢話のように聞こえてしまいます。

グループディスカッションを行う際には、『自己紹介』と『自己PR』との違いをきちんと理解しておきましょう。

グループディスカッションの自己紹介で大学名は言わなきゃ駄目?

グループディスカッションの自己紹介に関して、学生からよく質問されるのが「周りが高学歴ばかりの時、自分の大学名を言いたくない。言わなくても平気ですか?」というものです。

確かに、周りが「京大です」「東大です」「慶応です」となると、学歴を言い難いですよね。ではどうすればいいのか?

学歴は言わなくていい

結論からいうと、「言いたくなければ言わなくてOK」です。大学名を言わずに「大学では〜を学んでいます」と専攻内容について詳しく語ってごまかしましょう。グループディスカッションの評価は、グループディスカッション中の議論で決まりますから、学歴を言わないから減点、なんてことはありません。

「学歴を言う」空気をつくらない方法

ただ、最初の人が「東京大学経済学部です」と言い出すと、「大学名・学部を名乗る雰囲気」が出来てしまいます。これを避けるために、まずあなたから自己紹介を始めると良いでしょう。すると、「学歴を言う空気に反して発言する不自然さ」を避けられます。

大学名を言うように要求された場合は

当たり前ですが、人事が「大学名とお名前を含めて自己紹介をしてください」と言った場合は、大学名もいいましょう。

自己紹介の事例とポイント


例文
はじめまして。◯◯大学の△△と申します。大学では学祭の実行委員を担当していました。学祭の企画を担当しており、呼べるゲストやイベントを計画したり徹底的にリサーチした経験があります。

今回のグループディスカッションでは、皆さんと深い議論を交わしていきたいと思っております。よろしくお願いします。
Point
挨拶→大学名→名前→打ち込んでいたこと→グループディスカッションの抱負をまとめた10秒程度の理想的なまとめかたをした例文です。

覚えやすいように、「何をしていたか」の結論を名前のすぐ後ろに持ってくることで、名前と打ち込んだことの関連が強まり、覚えやすくなっています。

例文
はじめまして。◯◯大学の△△です。インターンとしてIT系のベンチャー企業で、WEBマーケティング事業での営業を担当しています。クライアントが求めている内容を正確に読み取り+αの提案をできるように心がけております。皆さんと議論を重ねて、内容の濃いグループディスカッションにしていきたいです!よろしくお願いします!
Point
営業として相手の求めている内容をきちんと読み取る能力があることをアピールする例文になります。短い時間の議論でも、話を脱線させないように相手の意図を汲み取って周りに伝えることができるということがわかります。

例文
はじめまして。◯◯大学の△△です。学生時代は、テニス部で部長を詰めており、関東大会に出場した実績もあります。部長としてチームをまとめた経験があるので、今回のグループディスカッションでもその経験を生かしていきます。皆さんと議論をしっかりと交わして、いい話し合いができるよに頑張りますのでよろしくお願いします。
Point
部長というまとめ役をした経験を伝えることで、周りから「まとめるのが上手い人」という印象を与えることができる自己紹介です。まとめるのが上手な印象を与えることで、司会に立候補しやすい立場にもなるでしょう。

例文
はじめまして。◯◯大学の△△です。私は大学4年生の終盤に留学をします。計画を立て、留学までにお金が貯まるようにアルバイトをしたり、留学時の予定を立てたりしています。今回のグループディスカッションでは、テーマに沿って計画的に議論をしていきたいと思っているので、よろしくお願いします。
Point
計画を立てる能力があることをアピールしている例文になります。グループディスカッションでは時間が限られているので、時間配分の計画を細かく立てる必要があります。グループディスカッションで役に立つ能力をアピールできるといい印象を与えます。

【21卒におすすめ!】大手人気企業に内定できる就活セミナー
ガクチカ_訴求広告枠_header

人気企業から内定を取れる人と取れない人の「明確な」違いを知っていますか?

内定がとれるか否かを大きく左右するのは「就活準備」の方法にあります!
つまり、内定がとれない学生は総じて間違った「就活準備」をしてしまっているのです。

そこで今回ご紹介するのが、株式会社リアライブ主催の「ジョブトラ」です。 超少人数で4時間かけて行われるため、本番の採用活動と同じように厳正に評価される点が他イベントにはない魅力です。

ジョブトラ|3つの特徴

  1. 人事の評価シートが当日にもらえるから、自己分析ができる
  2. インターンでは足りない業界・職種研究ができる
  3. しかも!上位者には人気企業から「内定」も‥!?

\参加者内定実績多数/
三菱商事 / 三井物産
電通 / 博報堂
アクセンチュア / 旭化成
楽天 / Google / yahoo
三井住友銀行 など

就活が本格的に始まる前に! セミナーに参加して準備をしておこう!

関東の方はこちら(無料) 関西の方はこちら(無料) ※ご好評につき、残席数が少なくなってきました。ご参加される方はお早めにお申し込みください。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。