会社説明会とは何か?必ず押さえたい会社説明会の5つの基本

imasia_13204173_S

会社説明会とは、何か?簡単な定義は、「企業が学生に対して、自社の事業内容・仕事内容・働き方について説明をする場」です。

けれども、会社説明会を「企業が学生に事業内容や働き方を説明をする場」とだけ捉えていると失敗するリスクがあります。

就活をするなら、絶対に押さえておくべき説明会の基本を解説します。

会社説明会に参加しないと、選考に参加できない会社がある

どの会社も建前としては「選考に関係ありません」としています。しかし、実は会社説明会への参加が採用選考参加への必須条件となっている企業は少なくありません。

たとえば、参加必須の説明会は、以下のような形で行われます。たとえば、
  • 説明会に行った学生にだけエントリーシートが配られる
  • 説明会に参加していない学生は、マイページからエントリーシートをダウンロードできない
  • 説明会でグループワーク形式の選考が行われる
このように、説明会が選考の第一ステップである企業は数多くあります。「どうせ説明聞くだけでしょ?」と行かずに放置していると、そもそも選考に参加できなくなってしまうかもしれません。

「みんなの就職活動日記」を使って、過去の口コミを見てみましょう。説明会参加必須の企業は、
学生たちがそのことについて書き込みを残しています。チェックすれば、「参加しなくてもいい説明会/いけない説明会」を見分けられます。
一部の企業では、「選考に関係のない」と謳う説明会の参加が選考を受ける必須条件になっている

会社説明会への参加が必須の企業例

説明会への参加が必須の企業の中には、「説明会のあとに選考会が行われる」と公言している企業もあります。

例えば、
  • キーエンス
  • ウイルテック
  • ベルク
  • 和幸商事
  • 東建コーポレーション
  • アビスト
  • ペッパーフードサービス
  • オープンハウスグループ
  • ソラスト
などの企業です。

キーエンスは、企業別の平均年収ランキングで常に上位をキープしているメーカー企業。
他にも、大手スーパーのベルクや、飲食店「和幸」を運営する和幸商事などのような東証一部上場企業も、選考直結型の説明会開催を公言しています。

選考の内容は企業によって様々ですが、最低限、「なぜその企業に興味を持ったのか」や「自己PR」などは話せるように、事前準備をしておきましょう。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

会社説明会は選考の場でもある

説明会を「選考参加の条件」としている会社のほかにも、説明会で学生を選別している会社もあります。たとえば、
  • 説明会直後のグループワークで良い働きをした学生を人事がチェックしている (某化学メーカー)
  • 説明会で良い質問をした学生を人事がチェックしている(某通信インフラ企業)
  • 学生と社員の懇親会後、社員が気に入った学生のみを選考に呼ぶ(某外資系投資銀行)
というようなケースが多くあります。「説明を聞く場ではなく、選考の場である」と意識し、気を抜かず、自身を積極的にアピールしましょう。

特に、企業への質問は、あなたの知性や会社への関心を企業にアピールするチャンスです。しっかり予習して、良い質問を絞り出してください。
会社説明会は選考の場と意識して、気を引き締めて参加する

会社説明会で見られている点

会社説明会の会場にいるスタッフの大半は、新卒採用に携わる人事部の社員です。そのため、たとえ説明会後に選考会が無かったとしても、企業側が学生をチェックするシーンは多数あるので気をつけましょう。

「この会社説明会は選考に関係ないから」「人が多いからどうせ一人一人の名前はわからないはず」など考えて、気を抜いてしまうのは危険です。あなたが思う以上に、企業側はあなたのことを見ています。

油断していると思わぬところで態度をチェックされてしまい、後々の選考に影響を及ぼす可能性もありますので注意してください。

では、企業側は説明会において、具体的にどのような場面で学生の態度をチェックしているのでしょうか?見られている点は説明会の内容によっても異なるため、以下にて詳しく説明します。

グループワーク

グループワークでは、複数人が協力して課題に取り組んだり、与えられたテーマについて議論したりと、「自分以外の就活生」と関わることが必須になります。
そのためここで見られているのは、主に「思考力」「協調性」「コミュニケーション力」の3つ。

特に、協調性とコミュニケーション力は、周囲の人との関わり方をリアルに見ることができるため、言葉で伝えられるよりも納得感があり、細かくチェックされやすいポイントです。

また、グループワークではリーダーやタイムキーパー、書記などの役割をグループ内で分担することがほとんどです。これらの役割に積極的に立候補できているかという点もよく見られているポイントなので、役割の押し付け合いになることのないように注意しましょう。

会社説明

「企業の担当者が、学生たちに向けて自社を紹介する」という一般的な会社説明の場では、あなたの聞く態度をチェックされています。
  • 熱心にメモを取っているか
  • 退屈そうにしていたり、ケータイをいじっていたりしないか
  • 質疑応答の時間に積極的に質問をしているか
などの項目がよく見られているため、特に気をつけてください。

なお、質疑応答の時間に聞く質問については、内容によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあるため注意してください。

例えば、「すでに企業側が説明している内容を尋ねる」「他の学生と同じ質問をする」などは、いくら積極的に質問をしたとしても、これまでの話をきちんと聞いていなかったと判断されてしまいます。

また、「福利厚生などの待遇面ばかりを聞く」というのも、あまり印象が良くありません。「条件が良ければどこでもいいのかも」と思われてしまう可能性があります。

その他

他にも、説明会中だけでなく、その前後の様子も見られていることが多いので気をつけましょう。例えば、受付での応対や、説明会の休憩時間中、終了後の様子などです。

まず余裕を持って会場へ向かい、中に入る前に身なりを整えましょう。受付ではハキハキと名乗り、会場内でスタッフと思われる方とすれ違う際は、挨拶をすると良い印象を与えることができます。

また、説明会終了後は席にゴミを残さないように注意してください。持参していた飲み物の空き容器や、資料の入っていた袋など、たとえうっかり忘れてしまったのだとしても、印象は良くありません。退室する際は席の周りにゴミや忘れ物がないか、必ずチェックするようにしましょう。

なお、最近では服装自由の説明会も増えていますが、その言葉を鵜呑みにして普段通りの格好で説明会へ行くのは危険です。基本的には、服装自由と言われたとしても、スーツを着用することが望ましいと考えておきましょう。

もし、スーツ以外と指定があった場合でも、オフィスカジュアル程度のきれいめなスタイルで行くことをおすすめします。
imasia_15025085_S-1

説明会が選考に全く関係のない企業もある

もちろん、説明会に参加しなくても、選考で不利にならない企業も多々あります。説明会の参加がそもそも困難な大手人気企業などは、説明会に参加しなくても選考に不利になりません。

説明会に参加できなくても、「ダメだ」と諦めずにエントリーシートを出しましょう。

では、説明会にはどんな種類のものがあるか、種類ごとにどんな点を意識して参加するべきなのでしょうか?

押さえておくべき会社説明会の種類

会社説明会(選考なし)

説明会後に選考がない、一般的な会社説明会です。しかし、目立つ学生(良い意味でも、悪い意味でも)は名前を人事に控えられている場合があります。気を抜かず「選考の場である」と意識して、のぞんでください。

また、説明会は志望動機の材料の宝庫です。ただ聞くだけでなく「このポイントは志望動機に使えるかな?」と能動的に聞きましょう。

会社説明会(選考込)

選考をかねた説明では、説明会後に、グループワーク・グループディスカッションや筆記試験があります。

選考をかねていても「選考をかねています」と言わない場合もあります。グループワークでは、「ゲームだ」とは考えずに本番の選考に臨むような気持ちで取り組みましょう。

また、説明会後にその場でエントリーシートに記入させられることもあります。ボールペンを含む筆記用具はくれぐれも忘れないように。

学内会社説明会

企業が特定大学の学生に向けて行う説明会です。参加人数が少なくなるため、容易に参加できます。

学内でわざわざ説明会を開くのは「あなたの大学から積極的に採用する意思がある」証明です。学内説明会に参加している企業には、積極的にアプローチしてみましょう。

合同会社説明会

合同会社説明会とは、企業が集まって合同で開催する会社説明会です。1日で多くの企業を回れるというメリットがある反面、一つ一つの会社の話は浅く、短くしか聞けません。

合同会社説明会には、以下の3つの種類があります。

地域での合同会社説明会

たとえば、「千葉県の中小企業が集まった合同会社説明会」のように、特定の地域の会社が合同で開催する説明会です。地元で働きたい!という学生はぜひ参加しましょう。

業界会社説明会

たとえば、「コンサルティング業界の合同会社説明会」のように、特定の業界の会社が集まった会社説明会です。業界志望者向けなので、一般的な合同会社説明会よりも深い説明が聞けます。

また、同じ志向の学生が集まるので、就活仲間も見つけやすいでしょう。

ナビサイト主催

リクナビやマイナビなどの大手ナビサイトが主催する合同会社説明会です。非常に多くの企業が集まるというメリットがあります。が、プレゼン時間が短く、あまり深い説明は聞けません。

会社説明会の流れ

以下は会社説明会の基本的な流れです。参加前に押さえておきましょう。
  • 1.受付
  • 2.訪問表への記入
  • 3.企業からの説明・プレゼン
  • 4.質疑応答
  • 5.(選考をかねるケースの場合)グループワーク/エントリーシート記入/筆記
  • 6.アンケート記入・その他
  • 7.解散

グループワークのテーマ例

グループワークでは、大きく分けて2つの内容があります。
まず1つは、「与えられた材料を使ってできるだけ高いタワーを作る」などの、作業を行うものです。ゲーム要素が強く、リーダーや書記などの役割もないため、積極性やコミュニケーション力などを中心にチェックされています。

もう1つは、グループ内で議論をするグループディスカッションタイプです。
議論の内容は「正解のない問題」「賛否両論ある問題」など様々で、一般的には議論した内容をプレゼン形式で発表するところまでが課題となることが多いです。

また、中には実際の仕事でも使えるような、本格的なビジネスの課題についての解決策を考える場合もあります。
一般的なグループディスカッションよりも深い知識や思考力が必要となるため、業界への理解度などが試される場でもあります。

おわりに

ただ、「説明を聞く場」と捉えていると、思わぬ失敗をしてしまいます。「説明会は選考の場。自分の挙動は人事にチェックされている」と考えて、説明会に参加しましょう。

聞く態度・質問・グループワークでの態度などで自身をアピールしてください。
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。