生命保険会社に就職する人は要注意!生保業界が抱える大きなリスク

日経がまとめた就職人気ランキングによれば、生命保険業界が就活生に人気です。1位に日本生命、3位に第一生命、10位に住友生命と10位以内に3つもランクインしています。

確かに、大手生保は現時点ではブランドもあり、給与も良く、安定しています。就職先として目指す学生が多くても不思議はありません。

でも、大手生保は「安定」したい学生にとって、本当に魅力的な選択肢なのでしょうか?結論から先に言えば、「安定」や「高給」を求めて大手生保を志望するのは分の悪いカケです。

なぜ、一見安定しているように見える大手生保が就職先として魅力的ではないのでしょうか?

日本の生保需要は減っていく

P10b

 それは、日本の生保需要は確実に減っていくからです。私達は未来を予想することはできません。が、1つだけ例外があります。それは人口動態です。人口動態は将来予測のデータの中でも、最も正確に未来を予測できるデータです。

日本の人口は2005年から減少し続けています。2030年には1億1500万人に、2050年には9500万人まで減少します。一方で、65歳以上の高齢者の人口は2030年には31.8%、50年には39.6まで上昇します。さらに、年少人口(14歳以下)の比率は30年には9.7%まで低下してしまいます。日本のような先進国では、栄養失調などで急死する幼児がほとんどいないため、この人口動態は確実に実現します。

では、少子高齢化が進んだ社会で、生保需要はどうなるでしょうか?生保のメインターゲットは、当たり前ですが、子供のいる家庭です。夫の稼ぎに依存している専業主婦家庭が、夫が死んでしまった時のリスクをヘッジする為に生保に入るのですね。2030年には年少人口(14歳以下)が9.7まで低下するわけですから、この子供のいる家庭がどんどんと減っていくということです。子供を育て終えた高齢者が生保に入るニーズは少ないため、この構造変化は生保業界には強烈なダメージになるでしょう。

人口自体が減少し、さらにターゲットとなる世代も減っていけば、生保の需要が減っていくのは言うまでもありません。上のピラミッド図の下部部分のしぼみがそのまま生保需要の減少につながっていくことをイメージすれば、どれだけ厳しい状況になるかは簡単に予想ができます。

さて、そんな状況でも、大手生保は今と同じような高給を保ちつつ、リストラもせずに、経営を維持していけるでしょうか。

就活の軸を定めよう

就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。

就活の軸には、年収という観点以外にも様々なものがあります。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひ無料でダウンロードしてみましょう。

大手であるが故にコスト競争力がない大手生保

 少子高齢化で需要が激減するといっても、日本は魅力的な市場であることに変わりはありません。需要が減っても、そのパイを上手く独占していけば、ビジネスを維持できるかもしれません。しかし、その道も険しいでしょう。なぜなら、大手生保は大手生保であるが故にコスト競争力がないからです。ネット生保には到底コスト競争力で勝てません。大手生保は、大量の高給社員を抱え、多くの保険のおばちゃんを雇用し、全国に彼らのための営業所を構えています。このコストが「付加保険料」として保険のコストに加算されるのです。

一方で、ライフネット生命のようなネット生命保険は、余分な人員や不動産を抱えていないため、付加保険料を低く設定できます。保険の本来のコストである「純保険料」は統計データからはじきだされる死亡率を基準に自動的に決定されるため、実は各社で違いがありません。保険の料金を決めているのは、純保険料の上にのった「付加保険料」なのですね。

つまり、同じ保証内容ならば、ネット生命保険を使った方が断然得なわけです。

Index pic 02

もし、あなたが合理的な消費者ならば、同じ保証内容で出来るだけ安い保険を選ぶはずですね。大手生保は「大手」であるが故に抱えているコストのために、ネット生命保険に価格競争力で大きく劣ってしまうのです。

したがって、縮小するパイの中での勝ち残り競争でも、大手生保は厳しい戦いを強いられる可能性が高いといえるでしょう。

imasia_15025085_S-1

それでも生保業界は魅力的な就職先でしょうか?

 アベノミクスが大成功し、賃金が大幅上昇!さらに、何かのきっかけで草食男子や女子たちが手当たり次第に子供をつくりだすようになり、少子高齢化問題が完璧に解決!さらに、家庭をつくった彼らがネットで料金も比較せずに「やっぱり大手の方が安心だね!」と大手生保とつぎつぎに契約していく未来がくれば、大手生保は今の地位を保っていられるでしょう。あるいは、グローバル戦略が奇跡的に成功するかもしれません。個人的には、未来が実現する可能性は高くはないと思います。

 会社や業界の調子が悪くなり、いざ転職!といっても、生保は特殊な業界であり、身につくノウハウも業界内でのみ通用するものが多い。もちろん、探せば転職先はあるでしょうが、同じような条件を担保してくれる会社に出会える確率は低いはずです。

おわりに

生命保険という商品に心底惚れ込み、生命保険に関わりたい!という方は生命保険に就職すれば良いと思います。

ただ、学生の話を聞いていると、生命保険志望の学生は「ブランドもあるし、給与もいいし、採用人数も多くて上手く滑り込めそうだ。だから、生保」という方が多い印象があります。

もちろん、日本生命や第一生命が潰れるとは考えません。しかし、リストラや賃下げをせずに今の地位を保っていけるとも思えません。なぜなら、ターゲットになる世代が物凄い勢いで縮小していくからです。現時点で優良な選択肢が将来も優良とは限らないのです。

『ピラミッドは逆さまになる』ことを頭の隅において、就職先を選びましょう。

引用(図1)http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/sy014/sy014f.htm

引用(図2)http://www.lifenet-seimei.co.jp/about_insurance/misunderstanding/premium/

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。