これで見分けろ!ブラック企業を決める3つの定義

imasia_12452819_S

よく「ブラック企業は駄目だ」「ブラック企業に引っかかってはいけない」とはいうけれど、実際には「どんな企業をブラック企業というのか?」って中々わかりませんよね。

そこで、ブラック企業を見極める時に使える、超シンプルな「ブラック企業の画定義」を徹底的に解説いたします!

1.労働に対して正当な対価を支払わない企業

ブラック企業の最もわかりやすい定義・特徴は、「本来支払うべき労働の対価を支払わず、労働者を搾取する」ということです。

この姿勢は、残業代の雇用条件に如実に現れます。残業代を支払わなければ、低コストで労働者を使い倒せるからです。具体的には、以下のような残業代規定によって、残業代をごまかそうとしてきます。

みなし残業代制度(残業代固定制度)

みなし残業代制度とは、一定時間の残業をしていると「みなして」固定の残業代を支給する制度です。本来支払うべき残業代を「うちは固定残業だから」「みなし残業代で払っているでしょ」としてカットする目的で利用されることが多いです。

裁量労働制(名ばかり管理職)

裁量労働制は「労働と成果が必ずしも連動しない」管理職や専門職で利用される制度です。高給取りの裁量労働なら良いのですが、一般的な給与にも関わらず「裁量労働制」を敷いている時は注意が必要。

「残業?あなたの裁量で残っているだけで命令しているわけじゃないよ」と残業代をカットする目的で使われている場合が多数です。新卒なのに裁量労働制の場合、とても高い確率でブラック企業の可能性があります。

年俸制

年俸制とは、一年単位で「あなたに支払う額はこれです」と決めた給与を支払う制度です。高給取りの外資系サラリーマンなら良いのですが、新卒なのに「年俸制」の場合、「うちは年俸制で年に払う賃金は決まってるから。残業代なんて支払わないよ」と悪用されているケースが多いです。

2.人権を軽視している企業

仮に賃金を払ったとしても、人を人として扱わない、人権軽視の企業はブラック企業です。たとえば、執拗なパワーハラスメント、行き過ぎた叱責、暴力、セクラなど…たとえ給料があっても、これの特徴に該当するのはブラック企業といえます。

人に精神的隷属を強いるブラック企業の特徴

これらのタイプのブラック企業の例としては、以下のようなものがあります。

  • 社長や上司から肉体的な暴力を振るわれる
  • ノルマを達成できないと、全員の前で人格を否定される
  • 仕事上の立場を利用した、パワーハラスメント及びセクシュアル・ハラスメント
  • 解雇をちらつかせ、理不尽な業務命令を下してくる

このような企業は、仮に給与が多かったとしても、ブラック企業といえるでしょう。

人権を軽視しているパワハラ企業を見抜くには?

これらの項目は、リクナビ・マイナビなどの情報からでは中々わかりません。というのも、リクナビの様なナビサイトは企業からお金を貰って情報を掲載しているからです。では、どう観抜くか?

  • 転職会議
  • Vorkers

これらの、社会人向けの転職口コミサイトを使いましょう。これらのサイトは、その企業で実際に働いていた人の生々しい口コミを閲覧可能です。ブラック企業にはブラック企業にふさわしい書き込みが多数のってしまっています。たとえば、

ノルマをこなせないと、全員の前で「お前は屑だ」と叱責される。とても仕事を続けられる環境ではない

と、いうような赤裸々な書き込みが見つかるはずです。求人サイトではわからな、リアルな情報を手に入れましょう。

GD_LPheader

3.若者を使い捨てにしている企業

ブラック企業とは『労働者をコマのように使い捨てにする』企業です。とにかく「大量の採用をし、使い物になる人だけが残ればいい」これが多くのブラック企業の本音です。この姿勢は以下のような点に現れるのでチェックしてください。

現在の社員数に対して、新卒採用人数が多すぎる(在籍社員に対して20%以上だと要注意

在籍社員数に対して、新入採用人数が多すぎる場合、「人がすぐに辞めてしまうので大量採用をしている」可能性がとても高いです。これは一番信頼できるアラートになります。

同業他社に比べて、平均勤続年数が短い

仕事をやめる理由の一位は「待遇が悪い」です。残業、給与、職場環境に不満があるから人は辞めるのですね。同業他社に比べて、平均勤続寝数が短すぎる場合、それなりの理由があると考えておきましょう。

社員の平均年齢が同業他社に比べて、若すぎる

平均年齢が若い時も注意。同業他社に比べて平均年齢が若すぎる場合、仕事を長く続けられる環境にないので、ベテラン社員がすぐに辞めてしまっている可能性が高いです。

平均年齢が27〜28以下の場合は、かなり警戒しておくべきでしょう。

【ES・面接不要】最短4時間で当日内定を狙えるイベント

ジョブコミット

ESや面接で落とされて続けていて、選考がなかなか進めない、という悩みを持っている人は必見!

ESも面接もいらず、最短当日の内定が狙えるイベントがあることをご存じですか?

ジョブコミットは企業の人事や経営者が参加するイベントで興味を持ってもらえれば、その場で内定も夢ではありません!

ジョブコミット|おすすめポイント

  1. 大手企業が参加
  2. 最短4時間!その場で内定の可能性もある
  3. グループワークの練習ができる
  4. 人事や経営者からその場でアドバイスが受けられる

イベントの参加者は50名限定!満席になる前に早めに参加予約をしましょう!

まずは簡単登録!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

">imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。