履歴書とエントリーシートの自己PRの内容は変えるべき?

たいていの学生は、エントリーシートの自己PR欄と履歴書の自己PR欄の二つを書くことになると思います。自信のある学生時代に頑張ったことを両方に書き込むのか、迷いますよね。
 企業に評価されるには、どうように使い分ければよいのでしょうか?

自己PRには、話題のフックは多い方が良い

 企業があなたのどこに興味を持つかはわかりません。だから、面接官が質問したくなるような「話の種」は大いにこしたことはないのです。したがって、履歴書の自己PR欄とエントリーシートの自己PR欄は違うエピソードを書いた方がよいでしょう。

 同じ強みをアピールするにしても、それを証明する経験が1つなのと、二つなのでは、全く説得力が違います。だから、エピソードは分けた方が良いのですね。

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自己PRとエントリーシートでは、できれば違う強みをアピールする

 企業が学生を採用するときには「チャレンジ精神があるから、即採用」「行動力があるから採用」というものではないのです。大抵の場合、チャレンジ精神も行動力もリーダーシップも……と複数の強みを求められています。 

 

 ある強みを上手くアピールできても、企業が求めている別の強みをまったくアピールできていないと、「この子はチャレンジ精神は凄いけど、チームワーク力について感じられるエピソードがなかったなぁ……しょうがない不合格で」と落とされてしまうことがあるのです。

 だから、履歴書の自己PR欄とエントリーシートの自己PR欄は、エピソードだけでなく、アピールする強みも変えていきましょう。エントリーシート欄に書いた「学生時代に頑張ったこと」の経験から、アピールできていない強みを把握し、その強みをアピールできる経験を履歴書の方に書くのです。

たとえば、エントリーシートではチャレンジ精神をアピールして、履歴書ではチームワークをアピールします。履歴書とエントリーシートの自己PRエピソードが別種のエピソードであればあるほど、面接で聞いてもらえる可能性も上がります。

 履歴書とエントリーシートでアピールしている強みが違えば、貴方の強みをより多面的に訴求できるでしょう。

GD_LPheader

自己PRでは強みを複数書くのも有効

 エントリーシートは、その出来で合否が決まります。だから、一番自信のある強み、経験を書くべきでしょう。しかし、履歴書は違います。たいてい、選考に通過したら、一次選考の時に提出することが多いです。つまり、選考の合否に直接はかかわりません。だから、1つ1つのエピソードは概要程度でも問題ないのですね。

 だから、自信のある強みが複数あるならば、履歴書の自己PR欄には

 
      強みA
    学生時代には〜(強みAを証明する学生時代のエピソード概要)
    強みB
    学生時代には~(強みBを証明する学生時代のエピソード概要)
    強みC
    学生時代には〜(強みCを証明する学生時代のエピソード概要)

このように、箇条書きをして、複数のアピールをしておくのです。面接官は履歴書を見ながら面接をします。複数のエピソードを書いておけば、それだけ質問で拾ってもらえる可能性があがります。複数のエピソードを語れば語るほど、あなたの魅力が伝わり、面接を有利に運べるでしょう。

おわりに

 履歴書は面接のためにあると考えましょう。複数書いておけば、それだけあなたをアピールするチャンスが増えます。履歴書とエントリーシートでアピールする強みを変え、より多面的に自分を伝えてください。

ESを作ったらjobrass新卒で添削してもらおう

ESは選考の最初の一歩。ここで選考落ちしたくないですよね。

「どんなに力をいれてESを書いても、受からない」 「第一志望の会社、書類選考で落ちたらどうしよう」と考えている方は、プロに一度アドバイスをもらってみてはいかがでしょうか?

おすすめは豊富な実績が特徴の就職エージェントneoです。 JOBRASS新卒では、キャリアアドバイザーがあなたの就活を徹底サポートします!

JOBRASS新卒|おすすめのポイント

  1. 企業から特別なオファーがもらえる
  2. エージェントから、あなたに合った企業を紹介してもらえる
  3. キャリアアドバイザーからのESなどのフィードバックがもらえる
  4. 今まで興味がなかった企業を知ることで視野が広がる

専任のキャリアアドバイザーがしっかり一人一人と向き合ってくれるから、二人三脚で就活を進められますよ。

まずは相談してみよう!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。