「周りを巻き込む力」の自己PRは評価される?アピールする時の注意点

人を巻き込んだ経験は評価されるのか

最近、就活生に「私の強みは、人を巻き込む力です」とアピールする方が増えています。模擬面接をしていても、昔に比べてかなりよく聞くようになりました。彼ら曰く、「人を巻き込む力はビジネスに重要なので、アピールしておくと人事に受ける」といいます。

果たして、本当に「人を巻き込む力」は企業受けするアピールなのでしょうか

巻き込んだ経験は高評価

結論から先に言えば、「人を巻き込んでコトを起こす能力」は企業に非常に高く評価される能力です。企業が求めている能力は、経済産業省が企業にリサーチをした結果まとめた「社会人基礎力」を見ればわかります。(参照)http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/about.htm

人を巻き込んだ経験は、この中の「働きかけ力(他人に働きかけ、巻き込む力)」をアピールできる経験です。

働きかけ力はなぜ重要なのでしょうか?ビジネスとは本質的に人を巻き込むものだからです。自社の組織を巻き込み、クライアントを巻き込み、ビジネスをやっていく…それは優秀なビジネスマンには欠かせないことです。だから、企業はこの「働きかけ力」を求めているのですね。

また、経済産業省の調査によれば、企業が若手社会人に欠けていると感じるのは「働きかけ力」「実行力」「ストレスコントロール力」だといいます。

必要な能力の上に、多くの若手社会人が持っていない能力ですから、それを上手くアピールできればかなり強力な武器になるでしょう。

「おし、じゃあ、俺も『巻き込んだ経験』をアピールしよう」と思いましたか?でも、少し待ってください。それはあなたの本当の強みでしょうか?

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。
質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

本当の強みですか?

多くの学生が「巻き込んだ経験」をアピールし、組織をしきれる自分をPRしようとします。ただ、「アピールのために無理に探してきている」人がかなりいます。つまり、自分の本当の強みではないけれども、企業が評価するらしいから、それっぽい経験を探してきて、無理にアピールしているのです。例を見てみましょう。


私の強みはヒトを巻き込こんで、コトを起こす力です。その力を発揮したのは、サッカーサークルの運営です。サークルですが、真剣にサッカーをやるサークルで、関東サッカーサークル選手権での上位入賞を目指して活動していました。ただ、メンバーのスケジュールがなかなか合わずに、練習時間があまりとれないことが多くありました。そこで、私はメールでメンバーのスケジュールを3ヶ月先まで把握して、全員ができるだけ参加できるスケジュールを立てるようにしました。また、モチベーションが下がっているメンバーには、積極的に声掛けをして相談に乗りました。その結果、メンバーの参加率も良くなり、練習時間もとれ、関東サッカーサークル選手権で200チーム中5位に入賞できました。(実際にあった例を改変)


どうだったでしょうか?巻き込む力としては、かなり弱いといえます。そもそも、ビジネスで重要な「巻き込む力」とは、利害関係が対立している、相反する他者をいかに説得し、動かしていくか?という能力です。上記のアピールは単に間をとりもっているだけで、巻き込む力のアピールとしては成り立たないでしょう。たとえば、「計画性」などならアピールできるかもしれません。

その学生の話を詳しく聞いてくと、メンバーをまとめていたのは、別の学生だったようです。その学生は、スケジュール管理や練習場所の確保等の裏方としてチームをまとめていたそうです。つまり、「巻き込む力」というのは、その学生の本来の力ではなかったのですね。

このように、「評価されたい!」が先にたって、無理にリーダーシップ的経験、巻き込んだ経験を語ろうとすると失敗してしまいます。

「周りを巻き込む力」が「自分の本当の強みか」を検証する方法

自分の本当の強みをアピールできる経験を語りましょう。あなたの本当の強みを見つける方法は簡単です。

それは「同じような強みを発揮した経験が5つ以上見つかるか?」ということです。無理にアピールしている強みの場合は、まず見つかりません。「そういえば、あの時もこの強みで乗り切れたな」そんな経験がいくつも思い浮かぶ強みがあなたの本当の強みです。

→自分の本当の強みをアピールする方法についてはこちらを御覧ください。

GD_LPheader

まとめ

企業に評価されることばかりを考えて、アピールする経験・強みを選ぶのはやめましょう。「同じような強みを発揮した経験が5つ以上見つかるか?」を基準に、自分が持っている本当の強みをアピールしてください。

自己PRを作るなら、キャリアチケットで添削してもらおう

キャリアチケット

自己PRは自分自身を企業の面接官や人事に分かってもらうためのキモとなる部分。

嘘をつくわけではありませんが、印象のよい自己PRが作れるといいですよね。

行き詰ったら自分一人で悩むのではなく、第三者に客観的にフィードバックしてもらうのもいいですよ。

エージェントなら、就活の一環として無料で自己PRのフィードバックをお願いすることができます。おすすめは豊富な実績が特徴の就職エージェントneoです。

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 自己PRのフィードバックなど、あなたの就活を完全サポート
  2. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  3. 最短1週間でスピード内定
  4. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  5. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
サクッと1分で登録する!

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。