自己PRは「学んだこと」につなげないと、評価されない

学生時代に頑張ったことは学んだことに繋げよう

自分の学生時代の経験を充分話せたのに、なぜかいい結果がでないなぁ・・・と悩む学生は少なくありません。なぜ、学生時代に誇れる経験をしているのに、結果が伴わないのでしょうか?

それは、「のびしろ」を示せていないからかもしれません。

経験は重要ではない。「のびしろ」を示せるかどうか

このサイトではたびたび引用していますが、リクルートの行なっている就職活動意識調査『就職白書』では、「所属クラブ・サークル」を採用項目として重視している企業は10%、「所属ゼミ・研究室」を重視しているのは、6%、「海外経験」を重視しているのはわずか5%にすぎません。このように「学生時代の経験」自体は企業に重視されていないのです。

では、何を重視しているか?就職白書を見ると、「人柄」を重視するのが90%、「今後の可能性」は72%が重視しています。しかし、同調査によると、学生は「人柄」をアピールしている人は37%、「今後の可能性」をアピールしているのは、11%しかいません。つまり、企業が最も重視していることをアピールしようとしていないのです。

ゼミ長やサークルリーダー、バイトリーダーだからといって、企業で活躍できるわけではありません。なぜなら、そのバイトなりゼミを企業でやってもらうわけではないからです。重要なのは、「その企業に入ってどのくらい成長し、企業に貢献してくれるかどうか」です。

だから、学生時代の経験自体は凄くなくても「人柄」や「可能性」を示せれば、良いのです。逆に、ただ学生時代に「ゼミ長をやりました!サークルリーダーも!」という実績だけを告げても、失敗してしまうのですね。なぜなら、実績自体はそれほど重視されていないからです。

穴埋めで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ「自己PRジェネレーター」を活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

「何を学んだか?」につなげる

企業は「今後の可能性」いわば、のびしろを非常に重要視しています。したがって、内定を得るには、自己PRであなたの「のびしろ」を示す必要があります。

のびしろを示すには、「学生時代に頑張ったこと」を話すだけでなく、その経験から「何を学んだか?」につなげることです。

さらに、経験の中で学んだことが、志望企業のビジネスでも活かせるとつなげらればより良いでしょう。
たとえば、提案型営業が求められる仕事に応募しているなら、以下のようにアピールしてみましょう。

学生時代の学園祭の協賛企業集めの経験から、顧客を満足させるには、ただ単に相手の言うことをこなすだけでなく、相手の抱えている課題を理解し、こちらから解決策を提案する姿勢が重要だと学んだ。御社は企業のプロモーション用モバイルアプリケーションの開発を行なっている。

この営業には、相手のビジネスの課題を理解し、解決策としてのアプリの効用を考え、企画する力が求められると理解しています。御社のビジネスでなら、学園祭の協賛企業集めから学んだ姿勢を活かせると考えております。

企業が興味があるのは、あなたがどれくらい成長していける人か、です。経験の中から何かを学び成長できる人材であると示すために、「経験の中から何を学んだのか?」を示しましょう。

自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

時間がかかりがちな自己分析が簡単にできちゃうツールがあるのをご存知でしたか?

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)