面接を辞退する方法|メール・電話のテンプレ付き

就活を進めるうえで、面接辞退を考える機会がある人もいるでしょう。

企業での本選考が始まる時期になると、SNS上では以下のような口コミが見られます。


緊張や不安もありますが、面接に向けて企業研究や業界研究を行っていくうちに志望度が下がったり、第一志望の内定が出たりということも理由にあげられます。

面接辞退においては、企業に悪い印象を与えないか、怒られないか、引き止められたりしないかという不安もあるでしょ。

ここでは、面接を辞退する方法について解説します。
この記事を読むことで、面接の正しい辞退の方法が分かるだけでなく、連絡のしづらさがなくなるでしょう。

面接を辞退する場合は必ず企業またはエージェントに連絡する

面接を辞退する場合には、速やかに企業またはエージェントへ連絡をしましょう。

無断での面接辞退は企業に対する失礼な行為であり、社会的な信頼を失ってしまう可能性が高いです。

“その企業では働かないのだから、信用など失って構わない”と考える就活生も存在しますが、たとえ入社しないとしても面接辞退をする際には連絡をしてください。

他の企業に入社した後に、面接を辞退した企業とビジネス上の付き合いが生じる可能性もありますし、同業者であれば、管理職や人事同士の交流がまったくないとも言い切れません。

辞退の連絡は、直接応募しているのであれば企業の採用担当者宛てにしますが、就職エージェントを利用している場合は、担当エージェントに連絡します。
就職エージェントを介しているのに、企業と直接連絡をとることは、エージェントとその後の付き合いがしずらくなる場合もあるので、まずはエージェントに辞退したい旨を伝えましょう。

面接辞退の連絡はメールでも可

面接を辞退する連絡は、電話でなくメールで問題ありません。
メールで良いと分かれば、辞退の連絡もしやすいのではないでしょうか。

当日または前日の場合は電話で辞退を伝える

もし面接の当日や前日に面接辞退を決めた場合には、電話で速やかに辞退を伝えましょう。

前日や当日の場合、メールを送っていたとしても面接時間までに担当者がメールを開かない、あるいは会社を休んでいることも考えらえます。

急な辞退は、必ずメールに気付いてもらえるとは限りません。確実に面接辞退と伝わるように電話をしましょう。

面接辞退の理由は必ずしも伝えなくても良い

面接を辞退する場合、辞退の理由の詳細は伝えなくても問題ありません。

面接辞退の理由は、一般的には「一身上の都合により」でOKです。

企業によっては、面接を辞退する理由について詳細を求めてくるところも存在します。

そうした場合には「一身上の都合なので、これ以上はお伝えすることができません。」と回答をして構いませんし、それでも追及がやまないようであれば「他の企業から内定を頂戴し、入社を決めた」と答えればそれ以上の追及はほとんどありません。

面接の理由について詳しく話すことに抵抗があるという就活生もいるでしょう。そのため、「面接辞退の理由は必ずしも全容を伝えなくてもいい」ということを覚えておきましょう。

面接を辞退する際のメールのテンプレ

件名:面接辞退のご連絡_〇〇大学山田花子
本文:
〇〇株式会社
人事部 採用担当 〇〇さま、

大変お世話になっております。
〇月〇日〇時から採用面接のお約束をしておりました、山田花子です。

大変恐縮ではございますが、一身上の都合により貴社の採用面接を辞退させていただきたく存じます。

〇〇さまには面接に向けてのご調整をして頂いた中で身勝手なお願いをしてしまい、大変申し訳ございません。

本来であれば直接お詫びするべきところではございますが、メールでのお伝えとなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。
最後になりますが、皆様のますますのご発展を祈念しております。

山田 花子
〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科4年
電話番号:090-XXXX-XXXX
メールアドレス:abcdefg@XXmail.com

辞退理由:一身上の都合

メールや電話で面接辞退の理由をどのように書くか迷った場合には、「一身上の都合により」と記載して問題ありません。

「”一身上の都合により”とだけ書くと、企業の担当者を納得させられないのでは?」と不安に感じる就活生もいますが、面接を自由に辞退する権利が就活生にある以上は、企業に「なぜ面接を辞退するのか」以上の過度な追及はできません。

また、メールを作成する上では文章をシンプルにしたほうが、メールを読む側にとっても時間を無駄にせずに済むメリットもあります。

したがって面接辞退の理由の書き方は、「一身上の都合により」という記載だけで問題がないことを知っておきましょう。

辞退理由:他企業で内定がでた

最近ではあまり多くはありませんが、面接を辞退する場合の理由として「一身上の都合により」と伝えたにも関わらず、理由の詳細を追求してくる企業も存在します。

そうした場合には「他の企業で内定を頂戴し、入社することを決めたからです」などと言えば多くの場合は納得してもらえます。

この文言に加えてさらに、「すでに入社を決めたにも関わらず貴社の面接を受けることは、皆様の時間を無駄にしてしまうことに繋がってしまうと判断いたしました。」と記載しておけば、相手に対する気遣いと共に面接を辞退できます。

面接を辞退する企業の社員と仕事を通じて関わることもあるかもしれませんので、できるだけ失礼のない文面や対応を心がけましょう。

面接を辞退する際の電話のテンプレ

就活生「お忙しいところ申し訳ございません。私、採用面接のお約束を頂戴しております、〇〇大学4年の山田花子と申します。〇月〇日〇時からの面接についてお伝えしたいことがあるのですが、ご担当の〇〇さまはいらっしゃいますでしょうか?]
担当者へ繋いでもらう
就活生「〇〇さま、大変お世話になっております。〇〇大学4年の山田花子です。お忙しいところ申し訳ございません。今3分ほどお時間を頂戴してもよろしいでしょうか?」
担当者「もちろんです、どうされましたか?」
就活生「大変申し訳ございませんが、一身上の都合により面接を辞退させていただきたくご連絡いたしました。
〇月〇日〇時にお約束を頂戴しておりますが、辞退させていただけますでしょうか。」
担当者「さようでございますか。辞退してしまうと、これ以降の選考は一切受けられなくなってしまいますが、よろしいですか?」
就活生「はい、問題ありません。この度は申し訳ございませんでした。」
担当者「いえ、ご丁寧にご連絡を頂きありがとうございました。それでは〇月〇日〇時の面接を辞退とのこと、承ります。失礼いたします。」
就活生「はい、失礼いたします。どうもありがとうございました。」

面接の辞退は誠実にしっかり伝える

面接を辞退する連絡をメールや電話でする際には、誠実に丁寧に伝えましょう。

面接を辞退する企業の社員と、今後どのような関わりを持つかは分かりません。

ビジネス社会では他の企業をお客様として取引をしたり、他の企業の社員と協働したりすることが多くあります。

そのなかで、自分が面接を辞退する企業の社員と会うことは二度と無いと言い切ることは不可能です。

いつどこで自分が面接を辞退した企業や、辞退を伝えた直接の担当者と新たなお付き合いが生じるかはわからない以上、できる限り就活中にネガティブな印象を残さないほうが賢明です。

そのため、面接を辞退する旨をメールや電話どちらで伝える場合においても、誠実にしっかりと伝えることが重要です。
間違っても無断で面接を辞退してしまうことはしないように気をつけましょう。

選考には企業側の手間はかかっている

企業は採用選考に手間をかけています。

1人の就活生と面接をするだけでも、企業は面接官となる社員の時間を確保しなければいけなかったり、面接会場を用意する必要があったりと、時間をかけて面接に向けての準備をします。

面接辞退の行為は、企業側の労力が無駄になります。

したがって面接を辞退する連絡を入れる場合には、手段が電話であってもメールであっても、誠意をもっておこなう必要があります。

就活生の中には「申し訳なく感じているからこそ、連絡がしにくい」と不安を覚える人もいますが、そうした場合にはできるだけ早い段階で辞退の連絡をするのが適切です。

面接当日までに余裕をもって辞退の連絡を入れることでメールで連絡を済ませることができ、精神的な負担も軽減します。

電話での辞退の際は相手に聞こえやすい環境でかける

面接辞退の連絡を企業へする際には、相手に聞こえやすい環境から電話をかけるようにしましょう。

静かな場所から電話をかけることはビジネス上でのマナーであり、騒がしい場所から電話をかけてしまうと音声が相手に届きにくく、情報の伝達がしづらくなります。

静かな場所だからといって、地下やエレベーターなどからの電話も避けましょう。
地下やエレベーターの中は電波が悪くなりやすい場所であり、言葉が途切れたり、通話が切れたりする可能性もあります。

静かで電波状況の良い、相手に話す内容がしっかりと伝わる環境で電話連絡はおこなってください。

声のトーンや話す速さ、電話でも通りやすい活舌滑舌を意識して電話を心がけることで、相手に性格正確に内容が伝わります。

面接の辞退は当日でなければメール連絡!理由は「一身上の都合」でOK

面接の辞退は企業にとっても珍しくなく、ある程度は理解できるものです。選考に進むか辞退するかを決めるのは就活生なので、企業から面接辞退を咎められることはありません。

辞退すると決めたら、なるべく早めに企業に伝えましょう。その際の連絡手段はメールでもOKです。しかし、前日や当日の場合は、担当者が面接本番までにメールに気が付かない場合もあるので、電話で辞退の旨を伝えましょう。

辞退理由は「一身上の都合」で問題ありません。担当者から引き止められたり、辞退の理由をさらに聞いてきたりする場合は、「他社への内定が決まった」や「選考を進めるうちに、他業界への興味が強くなった」と本当の気持ちを伝えてもいいでしょう。

合わせて、辞退の連絡をする際に忘れてはいけないのが、面接選考の都合をつけてくれたことへの感謝と、予定をキャンセルすることへの謝罪は必ず伝えるようにしてください。
感謝と謝罪の言葉を伝えるだけで、企業側も新しい道を進む就活生側にとっても、気持ちよく区切りをつけることができます。

【あなたは大手に受かるのか!?】20の質問であなたの就活力を診断
SPI_LPheader

平均点は58点!
あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

診断結果が出たら、対策を始めよう!

今すぐ診断する(無料)