面接で面白い質問をされる理由とは【回答例4選付き】

imasia_12354201_S-2

面接で面白い質問をする採用担当者もいる

採用面接での質問といえば、「志望動機」や「自己PR」、「学生時代に頑張ったこと」などをイメージする人は多いでしょう。実際にこれらの質問はどの業界、企業でも頻出であり、採用活動の中でもスタンダードな質問といえます。

基本的にはこれらスタンダードな質問によって面接は進みますが、中には一風変わった面白い質問をする採用担当者もいます。通常とは違う角度からの質問に驚いてしまう人も多いでしょうが、これも評価の対象となっているため、回答内容には注意しなければなりません。一般的な頻出の質問から、変化球の面白い質問まで、幅広い質問に対応できるようになることが大切です。

面白い質問とはどのようなものがあるのか、採用担当者がそれを聞く理由なども含めて理解を深めていきましょう。

面接で面白い質問をする理由

まずは面接でなぜ面白い質問をするのか、その理由を知っておきましょう。面接での質問には必ず意図があり、これは少し変わった面白い質問であっても同じです。

質問が変わっているからといって全く意図がなかったり、評価に関係しなかったりするわけではないため、注意しなければなりません。面白い質問の意図を理解しておくことで、採用担当者がどのように考え面接に臨んでいるのかも理解しやすくなります。

面接で面白い質問をする理由は、大きく3つあげられます。

就活生の緊張を解かせるためのアイスブレイク

採用担当者が面白い質問をするのは、就活生の緊張を解くためという場合があります。アイスブレイクの意味を込めて面白い質問をし、その後緊張がほぐれてから面接が本格的にスタートするということも少なくありません。

採用担当者は就活生を細部まで理解したいと考えており、ありのままの姿を見たいと思っています。
しかし、面接は緊張度が高く、なかなか自分を上手く出せなかったり、本当に思っていることが伝えられなかったりすることも少なくありません。

緊張をほぐすことでリラックスして話しやすい空気を作り、就活生の本質を見極めようとする採用担当者は多いです。面白い質問自体も評価の一部となっていますが、それだけではなく場を和ませる手段としても使われることは覚えておきましょう。

就活生の志向性を見る

スタンダードなものとは違った質問をすることで、その就活生がどのような考えや価値観を持っているのか、志向性を見たいと考えられていることもあります。ひとくちに面白い質問といってもさまざまですが、質問内容には正解がないものも少なくありません。

どのように答えても正解不正解はなく、その人の性格によって回答内容が変わるものがほとんどです。
つまり、回答にはその人らしさが存分に表れているといえ、本質的な人柄や個性を見抜くための重要な情報となります。スタンダードな質問だけでは、事前に用意してきた答えを提示され、本質的な人柄が見えないということも少なくありません。

人柄をチェックするために面白い質問をする場合は多く、個性を深く知るための質問ともいえるでしょう。

回答を準備していないなかでの就活生の対応力を知る

頻出の質問については、事前に回答内容を考え、きちんと準備してから面接に臨むことが多いです。しかし、面白い質問は定型がなく、場合によっては面接官がその場で思いついたことを聞いているということすらあります。

そのため、事前に対策のしようがないため、準備ができないなかでどれだけイレギュラーなことに適応できるか、その対応力も見られています。回答内容はもちろん、きちんと答えられるかも評価のポイントになることがあるため、注意しなければなりません。

いわばアドリブ力を探るための質問であり、土壇場での思考の速さや対応力が見られています。仕事でも準備して取り組める場合だけではなく、急な対応を迫られることもあるため、即興性の有無は重要な能力であると考えましょう。

GD_LPheader

面白い質問への回答ポイント

出題されることにはさまざまな理由があるイレギュラーな面白い質問ですが、面接の一部として聞かれている以上、当然評価もされています。

そのため、高評価を獲得するには、どのように答えるとよいのかを考えておかなければなりません。面白い質問は質問内容が固定されていないため、明確な答えはありませんが、答え方そのものにはポイントがあります。上手に答えるためのポイントを知り、イレギュラーな質問にもスムーズに対処しましょう。

結論から伝え理由を述べる

スタンダードな頻出の質問と同じで、面白い質問もまずは結論から伝えることが大切です。最初に結論を述べることで、何を伝えたいのかが簡潔になり、アピール内容も分かりやすくまとまります。

また、回答内容を印象付けやすくなるため、上手く答えられていると高評価にも繋がりやすいでしょう。結論を後回しにしてしまうと、何を伝えたいのかがなかなかわからず、最後まで述べても結局伝わらないということも少なくありません。

また、答えを求められているなかですぐに結論を提示しないと、質問の意図を理解していない、コミュニケーションが取れないと思われることもあります。最初に結論を提示し、次に根拠、さらに結論と繋ぐことが基本であるため、面白い質問への回答でもこれは守りましょう。

質問に対して「分かりません」や無言はNG

イレギュラーな質問はすぐに答えることが難しく、思わず「わかりません」といってしまいたくなることもあるでしょう。しかし、どのような質問でもわからないからと、考えもせずに回答を自分で諦めるのは禁物です。

考えもせずにわからないと答えてしまうと、回答する意思がない、面接に積極的ではないと思われてしまいます。場合によっては志望度が低いとまで思われてしまう可能性があるため、質問に対してすぐにわからないと返すのはやめましょう。

また、いつまでも回答せず、黙り込んでしまうのもNGです。黙ったままだと回答を拒否していると思われたり、アドリブの対応力がないと判断されたりします。どちらもマイナス評価に繋がってしまうため、わからないと切り捨てることや、黙り込んでしまうことだけは避けましょう。

考える時間を30秒ほどもらって回答をつくる

質問に対してどうしてもすぐに答えることができないのなら、「30秒ほど考える時間をもらってもよろしいでしょうか?」「少しだけお時間ください」と声をかけることがおすすめです。

回答がすぐに出ない場合は、無理に答えようとするよりもきちんと考えたほうがよく、少し待ってもらってその間に考えたほうが、よりよい答えが浮かぶことも多いです。質問に対して黙り込んで考えるのはよくありませんが、面接官に申し出て、許可をもらった場合は少しの間黙ってしまっても問題はありません。

アピールポイントに繋がるように答える

高評価を獲得するには、最終的に自身のアピールポイントに繋がるような回答を心がけることが大切です。

面白い質問は質問内容が変わっているだけに答えづらくもありますが、考え方次第では頻出の質問と同様に、自身の売り込みへと繋げられます。大切なのは面白い質問にも誠実に回答して自分をアピールすることであり、質問自体が変わっているからといって、奇をてらった回答をするのはNGです。

面白い質問も見方を変えて分解していくと、基本的な構造や聞かれている内容自体は、頻出の質問とほとんど同じということも少なくありません。

最終的な着地点は他の質問と同じと考え、どのように自分のアピールに繋げるかを意識して回答するようにしましょう。

面接の面白い質問例

面接で聞かれる面白い質問はさまざまであり、業界や企業だけではなく、そのときの担当者によっても異なります。そのため、定型なものはありませんが、一例をあげるなら次のようなものがあります。

  • 自分を動物に例えると何か?
  • 無人島に行くなら何を持っていくか?
  • 朝はパン派かご飯派か?
  • 自分を物に例えると何か?
  • 最近面白かったことは?
  • 2番目に得意な特技は?
  • 四季のなかでどれが一番好きか
  • 猫はか犬派か?
  • 動物園と水族館のどちらに行きたいか?
  • お金と優しさはどちらのほうが重要か

AかBかのように選択肢が決められているものから、何でも自由に回答できるものまであります。基本的には自由型か選択型のどちらかになると考えてもよいでしょう。

面接の面白い質問への回答例

面白い質問に対してどのように回答するのかを知るためには、実際の回答例を参考にすることがおすすめです。

面白い質問には決まった答えがないため、回答例がすべて模範解答というわけではありません。

そのため、どのような質問があるか、それに対していかに答えるのか、その骨組みに注目してチェックすることが大切です。また、回答例を参考にしながら、自分ならどのように答えるかも考えておくと、本番でイレギュラーな質問が来ても対処しやすくなるでしょう。

あなたを家電製品に例えると何ですか?

回答例
電子レンジです。必要なときに必要な分だけ温めることができ、チームのモチベーションを高められます。御社でも電子レンジのように熱い気持ちで仕事に取り組み、周囲のメンバーのモチベーションも高めながら、ともに成長し、活躍したいと考えています。

回答のPoint
自身を家電に例えるとという質問では、自分の特徴に合った家電を選び、かつどのような魅力があるのかを伝えることが大切です。ただ端的に「私を家電に例えると○○です」だけで終わってしまうと、アピールにはならないため注意しなければなりません。

最終的には仕事に繋げられることがベストであり、回答例のように自分が熱く仕事をするだけではなく、周囲にも影響を与えるとするのは、よいアピールになっているでしょう。

嫌いな食べ物はなんですか?

回答例
卵が子供の頃から苦手です。特に白身と黄身の間にある、白いとろっとした管のような部分の食感が苦手で、生卵は得意ではありません。生卵は苦手ですが、火を入れたものはおいしく頂けます。苦手を克服しようと卵料理に励んでいるうちに、一番の得意料理は出し巻きになりました。御社でも苦手なことにも積極的に挑戦し、少しでも成長することで、何らかの形で成功を掴みたいと考えています。

回答のPoint
苦手なものを答える際には、なぜ苦手かの理由まで含めて伝えることが大切です。

また、その苦手に対してどのように向き合ったのかも、一緒に提示しておくとよいでしょう。苦手ときちんと向き合い、何らかの形で克服、あるいは苦手が改善できていると評価されやすくなります。

好きな色とその色を選んだ理由も教えてください

回答例
好きな色は黒色です。裁判官の服が黒色なのは周囲に染まらず、法に基づき厳格に判決を下すためだというお話を聞き、意思の強さを感じて好きになりました。御社では専門職としてひとつの道を突き進み、初志貫徹で研究に打ち込み続けることで、新たな製品や部材の開発に貢献したいと考えています。

回答のPoint
好きな色と理由を聞かれる質問では、重要なのは理由の部分です。何色を選んだから間違いということはなく、選んだ色に対して明確な理由の説明ができることが大切です。

ただし、色を聞かれているのに透明と答えたり、イメージしづらい色を答えたりするのはよくありません。

また、問われているのは1色であるため、虹色のように複数色あるものも、基本的には避けたほうが無難でしょう。

今まで自分が苦手だなと思った人はいますか?それはどんな人ですか?

回答例
人の話を途中で遮り、話し始める人です。アルバイト先の先輩がそうで、誰かが話していてもすぐに割って入り、主導権を握ろうとしていました。私は反面教師で同じようなことをしないように、相手の話はきちんと最後まで聞くようにしています。また、その先輩と話すときは、聞き役に徹することでスムーズに会話ができています。

回答のPoint
苦手な人を聞かれるのは、どのような人間関係を持つか、好むかを知るためです。

仕事をする上では人間関係は非常に重要です。そのため、ただ苦手な人を伝えるだけではなく、なぜ苦手なのか、その人と接する際にどのような対応をとるのかまで伝えましょう。

苦手な人との接し方まで伝えることで、自分らしさがより伝わりやすく、人間関係の持ち方も理解してもらいやすくなります。


あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート
SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。