履歴書に貼る写真のサイズとは?知っておきたい就活知識

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s (1)

履歴書を目にして一番に目に入るのは写真です。たかが証明写真と、侮ってはいけません。なぜなら、実物がどうであれ、写真に写ったあなたが、採用担当者にとってはあなたの第一印象となってしまうからです。

また、人物として映っている姿だけでなく、写真の種類やサイズ、写り方、貼り方ひとつで、あなたの人となりが垣間見える証明写真は、選考を左右しかねないほど重要な情報ともなり得ます。

今回は、写真で就活を失敗しないよう、是非知っておきたい情報をご紹介します。

履歴書に貼る写真のサイズはタテ40mm×ヨコ30mm

履歴書に貼る写真のサイズは決まっていて、一般的に「縦40mm×横30mm」となっています。JIS規格を始めとした市販の履歴書には「縦36~40mm、横24~30mm」と表示されています。

これは、この範囲内なら問題ないとされるサイズです。特に企業からのサイズ指定がない場合は、この一般的なサイズの範囲内で収まるようにします。

人物が大きすぎるものや、小さすぎるものは不適格です。サイズだけでなく、頭上が切れていたり、左右のどちらかに寄り過ぎてしまったり、胸まで写っていない物は証明写真としてNGです。逆に体が入り過ぎていたり、余白が多すぎるものも証明写真としては使えません。

写真館で撮影してもらう際には、「履歴書用サイズでお願いします」と頼めば、「縦40mm×横30mm」に合わせて撮影してもらうことができます。また、スピード証明写真機で撮る際には、サイズ選択をする際に「履歴書用サイズ」を選ぶようにするとまちがいありません。

顔が、丸い枠の中にきちんと入るようにすると、正確な位置で正しいサイズの写真が撮れます。

運転免許証やパスポート用の写真サイズだと合わない

証明写真はどれも同じだと思っていませんか?実際には、用途によってサイズは様々です。例えば、運転免許証のサイズは「縦50mm×横40mm」、パスポート用は「縦45mm×横35mm」と微妙にサイズが違います。その他にも、検定試験などの種類によって、写真のサイズは細かく分かれています。

パッと見たところ、違和感はないように感じますが、他の履歴書と比較したときに、写真のサイズが小さいと気付き違いが悪目立ちします。

採用担当者は、資料の作成において入社後も同じような大雑把さがでるのではなか、と不安になりになります。写真のサイズのせいで、せっかくの履歴書を読んでもらえないという事態は避けなければなりません。そのため、誤ったサイズの写真を使わないように気を付けましょう。

また、写真を貼る際は、枠に合わせてまっすぐ貼るようにします。

枠の外側に貼ったり、全く無視して貼ることはないかもしれませんが、横や上下にずれたまま貼ってしまったり、斜めに貼ってしまったりすると、「やる気がない」「真剣に志望していない」と思わぬ誤解を招く可能性もありるので、注意しましょう。

履歴書のサイズが変わっても証明写真のサイズは変わらない

履歴書のサイズには、A4サイズとB5サイズがあります。しかし、どちらのサイズの履歴書を利用する際も、履歴書用証明写真のサイズは同じです。

もともと履歴書に記載されている「縦36~40mm、横24~30mm」というサイズは、B5サイズの履歴書に合わせたサイズでした。そのため、A4サイズの履歴書に貼るとなんとなく小さく感じるかもしれません。だからといって、勝手に写真のサイズ変更をすることはマナー違反になってしまいますし、ルールを知らないと思われマイナス評価となる可能性もあります。

写真のサイズだけで、書類選考に落とされるかどうかは、企業にもよりますが、指定のサイズの写真を用意するようにしたほうが安心です。

履歴書の際は、履歴書のサイズに関わりなく「縦40mm×横30mm」で写真を準備するのがルールと心得て、自己判断でサイズ変更をせず、一般的なサイズの写真を撮影し、写真欄に貼り付けるようにしましょう。

imasia_15025085_S-1

小さすぎる・大きすぎる写真は履歴書全体をアンバランスにする

証明写真を撮る際に、写っている自分には気を付けたつもりでも、貼り付けにおいて印象が下がる可能性もあります。多少のサイズの差はばれないだろうと思っていても、採用担当者は日々多くの履歴書を目にしています。そのため、写真の大きさも見慣れていて、通常と違うサイズはすぐに気づきます。

小さすぎる大きすぎるなどの指定サイズではない証明写真を貼ることにより、履歴書全体がアンバランスになります。履歴書の第一印象が悪くなることは非常にもったいないことです。

サイズの指定があるかどうかチェックし、あればそれに従います。ない場合は、一般的なサイズの「縦40mm×横30mm」のサイズを選びます。

サイズを間違えた場合は写真を撮り直す

サイズを間違えてしまったときは、どうすればよいのでしょうか?小さすぎた場合は、貼ると履歴書やエントリーシートの写真欄の枠が見えてしまい、サイズミスが目立ってしまいます。

大きすぎた写真の場合は、周りをカットしてサイズを小さくすればよいと思うかもしれませんが、そうすると、顔の大きさが外枠ぎりぎりになったり、身体部分がなくなってしまったりして、おかしな写真になってしまう可能性もあります。

就活の履歴書やエントリーシートという大切な書類に貼る写真なのですから、やはりサイズにぴったりな写真を取り直したほうがよいでしょう。

顔の大きさがぴったりでも、やはり写真のサイズが合っていないとおかしいものです。そのまま間違ったサイズで書類を提出後「写真のせいで落とされたのかもしれない」と後悔するぐらいならば、自分を納得させるためにも、もう一度撮り直ししたほうがよいでしょう。

履歴書用にカットして渡してくれる写真館もある

写真館では、写真の撮影から、トリミングと呼ばれるデータの加工、すぐに使えるように指定のサイズにカットするところまで全てをセットプランとしているところが多くあります。

写真の撮影前に、身だしなみチェックもしてもらえますし、撮影技術も写真館ならば当然プロの腕前なので、自然かつ自分を良く見せられるような表情に撮ってもらうことができます。

また、トリミングにより、影を消したり、血色を良く見せてくれたりもしてもれますし、写真のサイズに合わせて、きちんと顔が真ん中にくるようにして、適切なサイズにカットしてもらえます。

当然、それなりの料金はかかりますが、それでよい印象の写真が撮れて、内定へとつながるならば、決して高い買い物ではありません。忙しい就活中に、自分で何度も写真を取り直したりする手間も省けるので、写真館に全部お任せしてしまうのもよいでしょう。

履歴書をデータで作る場合は写真のサイズに注意

自分でスマホなどで撮った写真を、データに取り込み、プリントアウトする人も増えてきています。写真館で撮る証明写真と比べて、非常に安価で、しかも同じものが簡単に何枚も作れるので、大変便利なのですが注意も必要です。

重要なポイントは2つです。まずは写真の外枠のサイズ、つまり用紙のサイズと、写っている顔のサイズの両方に注意する必要があります。

「縦40mm×横30mm」というのは、写真のサイズです。もちろん、この中に収まっていればよいのですが、顔のサイズが外枠ぎりぎりだったり、反対にとても小さかったりすると、あまり印象がよくありません。そのため、自分で撮った写真を証明写真としてコンビニなどでプリントアウトする際は、「履歴書」のサイズを選びましょう。「縦40mm×横30mm」とも書いてあるので、間違いがないでしょう。

しかし、このままでは、写真の外枠とのバランスはとれません。そのため、「位置合わせ/拡大・縮小」で、外枠との幅を調節するようにしましょう。

参照:https://pic-chan.net/c/navi/

企業の指定に従う

履歴書用の証明写真のサイズは「縦40mm×横30mm」と書きましたが、サイズは必ずしも一般的サイズとはかぎりません。履歴書だけでなく、エントリーシートなどのために、企業から特別に写真サイズの指定があった場合はどうすればよいのでしょうか?
その際は、企業の指定サイズの証明写真を用意しましょう。

サイズ指定があるにもかかわらず、一般的なサイズの証明写真を貼ることは、「適切な行動ができない」「情報を正しく理解できない」とマイナス評価を受けることにもなりかねません。写真サイズの指定があった時は、ルール理解し、きちんと行動ができることをアピールするためにも、指定通りのサイズの写真を準備して貼るようにしたいものです。

その他にも、「白黒」または「カラー」などと、サイズ以外の指定がある場合もあります。その際も、サイズと同じように、指示に従ったものを用意するようにしましょう。

写真館で撮影した場合はデータでもらえる

写真館で撮影すると、写真をデータでももらうことができます。CD-ROMやスマホへデータを転送してもらうと、後はそのデータから必要な枚数分プリントできます。

データがあれば、1度写真を撮るだけで、後はそのデータを元に何枚でも同じ写真がプリントアウトできるため、大変便利です。また、撮り直しをする必要がないため、忙しい就活中は時間の節約にもなります。

焼き増しを写真館にお願いするときに気を付けないといけないことが2点あります。

1つ目は焼き増しのサイズの指定です。外枠には問題なく収まっていても、顔のサイズが大きすぎたり小さすぎたりで、枠の大きさと不釣り合いとなるためです。

2つ目は、カットサイズの指定です。きちんと指定をしないと、違うサイズで写真をカットされてしまう可能性があります。

このようなトラブルを避けるために、写真の焼き増しを頼む際は、「履歴書用の証明写真サイズ」であることをきちんと伝えるようにしましょう。できれば、画面上で確認させてもらえれば間違いがありません。お店に確認して、可能であれば見せてもらってもよいでしょう。

【人気企業100社分!!!】ESが不安なら内定者のESを参考する
SPI_LPheader

エントリーシートをどうやって書いていいかわからない 面接に進むための通過点として重要なエントリーシート。しかし、自己PRやガクチカなどをどうやって書いていいか悩む人も多いもの。 そこで人気企業100社の内定者が実際に提出したES回答集をプレゼント! 基本的な書き方から、評価されるポイントを詳しく解説。内定者のエントリーシートを基にすれば、魅力的な文章を効率よく書けるでしょう。 掲載企業:ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)

内定者のESを見る(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。