選考辞退の際に送るメールの正しい書き方ポイント【例文付き】

女性とパソコン

選考に進む気がなくなったから選考を辞退したい…と思っても、どう辞退の連絡をすればいいかわからず困っていませんか?

そこで、わかりやすいメールの例文つきで、選考辞退メールの正しい書き方を解説します。例文を真似るだけで、誰でも、失礼のない選考辞退メールがかけるようになるでしょう。

失敗しない選考辞退のポイント

imasia_14213983_S

1.選考辞退の連絡はメールでOK

「選考辞退のお詫びは、手紙や電話じゃなくてもいいのか?」と不安な人もいるでしょう。内定をもらった場合や、推薦で受けている場合は別ですが、選考辞退をするのに、そこまで義理立てする必要はありません。メールでOKです。

2.面接選考で当日辞退のときは電話連絡

選考辞退の連絡はメールでOKと上記ではお伝えしましたが、これは辞退する日付によって異なります。

辞退の連絡が前日までの場合はメールでOKですが、当日の選考辞退の場合は電話にしましょう。

採用担当者が朝から選考のためにバタバタしてメールを確認する時間がないかもしれません。

辞退は連絡すれば完了ではなく、相手に伝わって完了です。そのためにも、当日に選考を辞退する場合は電話で連絡をいれましょう。

3.就活の軸を再確認する

就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。

そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひダウンロードしてみましょう。

これを真似るだけ!選考辞退メールの例文

選考辞退メールを書くときは、以下の例文を参考に書きましょう。真似をするだけで、誰でも、失礼のない選考辞退メールが書けるようになります。

例文

件名:選考途中辞退のご連絡
Point 件名を読めば、メールの結論がわかるようにする

株式会社◯◯◯
◯◯部 ◯◯様
Point メール冒頭に、送付先の会社名・部署・名前を書く

いつもお世話になっております。
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。
Point 挨拶をし、大学・学部・名前を名乗る

先日は、次回面接のご通知を頂きまして、誠にありがとうございました。
しかし、諸般の事情により、今後の選考を辞退させて頂きたく存じます。
Point 先日の通過連絡へのお礼をし、すぐに結論(選考辞退)を述べる。辞退理由はぼかしも良い

貴重なお時間を割いて選考をして頂いたにも関わらず、このようなお返事となり、大変申し訳ございません。
Point 相手に好意を無にしてしまった点についてお詫びをする

誠に身勝手ではございますが、何卒ご容赦いただきたく、お願い申し上げます。
Point 辞退の許しを乞う文言を入れて、より丁寧な印象に

本来は、直接お伺いしてお詫びすべきところ、メールでのご連絡となりますことを、重ねてお詫び申し上げます。
Point メールでの簡易な謝罪になった点へのことわりを入れておく

末筆ながら、貴社の益々のご発展と、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
Point 定型句で文章を終える

imasia_15025085_S-1

選考辞退メールの書き方のポイント7つ

1.件名だけでメールの内容がわかるように

例文
件名:選考途中辞退のご連絡

件名を見ただけで、メールの内容がわかる件名にしましょう。「申し訳ありません」等の、わかりにくい件名はNGです。

2.ビジネスメールの書き出しマナーを守る

例文
株式会社◯◯◯
◯◯部 ◯◯課 ◯◯様

最初に送付相手の会社名・部署・名前を書きます。基本的なことですが、忘れないように。会社名は「株式会社〜」「〜株式会社」を間違えることがよくあります。正式名称を書きましょう。

例文
いつもお世話になっております。
◯◯大学◯◯学部の◯◯です。

挨拶は、一度面識のある相手への挨拶なので「いつもお世話になっております。」で良いでしょう。挨拶をしたら、大学・学部・名前を名乗ります。

3.先に、メールの結論(選考辞退)を告げる

例文
先日は、次回面接のご通知を頂きまして、誠にありがとうございました。
しかし、諸般の事情により、今後の選考を辞退させて頂きたく存じます。

本題に入る前に、先日の通過連絡へのお礼をしておきます。ビジネスメールでは、先日のイベントについてのお礼から入るのが一般的です。

次に、選考辞退したいという結論を先に書きます。メールの要旨は先に書いた方が、相手に内容が伝わりやすくなるからです。

選考辞退理由はハッキリ書くべきか?

質問されない限りは「一身上の都合により」「諸般の事情により」と、あいまいにしてOKです。また、「大学の試験日程が変更になった」等のカドの立たない選考辞退理由があるなら、正直に行っても良いでしょう。

「第一志望の会社に内定をもらった」などは、カドが立つので書かない方がベター。

4.相手の好意に報いれなかったことを謝罪する

例文
貴重なお時間を割いて選考をして頂いたにも関わらず、このようなお返事となり、大変申し訳ございません。

選考辞退の意志をつげたら、相手の好意を無駄にしてしまったことへの謝罪をしておきましょう。

5.辞退の許諾をお願いする

例文
誠に身勝手ではございますが、何卒ご容赦いただきたく、お願い申し上げます。

選考辞退のように、相手の好意に反する行動をとるときは「申し訳ありません」と謝るだけでは足りません。

「何卒ご容赦いただきたく、お願い申し上げます」と、相手に辞退の許諾をお願いをすることで、丁寧な、カドの立たない印象になります。

6.メールでの謝罪になった点にことわりを入れておく

例文
本来は、直接お伺いしてお詫びすべきところ、メールでのご連絡となりますことを、重ねてお詫び申し上げます。

謝罪連絡は直接するのがベストなやり方。メールでの謝罪は、簡易なやり方です。ですから、簡易なやり方をとったことへの断りを一言入れておきましょう。中には、「直接謝罪しろ」と怒る人事もいるからです。

7.ビジネスメールの定型句で文章を〆る

例文
末筆ながら、貴社の益々のご発展と、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

選考辞退・断りの連絡をするときは、相手の企業・社員の発展を願う定型句で〆るのが一般的なマナーです。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。