面接で「10年後の自分」を聞かれた時の的確な答え方【例文あり】

businessman going up to the success way

就活の面接・ESで「10年後の自分はどうなっていたいですか?」と質問されることがあります。しかし、「その会社での10年後の自分」といっても、イメージが全くわかず、答えに窮してしまいますよね。

でも、大丈夫です。わかりやすい例文をもとに、就活で「10年後の自分はどうなっていたいか」質問された時の効果的な答え方を解説いたします。以下を読めば、説得力のある「10年後の自分」像を語れるようになるでしょう。

面接で「10年後の自分」について質問された時の回答例

まず、「10年後の自分」について質問された時の回答例を見てみましょう。回答例を見ることで、完成形のイメージが素早く掴めると思います。
例文
10年後は、プロジェクトマネージャーとして、大規模案件を回せる人間になりたいです。
Point 志望企業の10年後のキャリアパスを意識して回答しよう。あくまで「仕事上の自分」について回答する
まず、入社後、SEとしてキャリアを積み、主に金融系のシステムに携わり、自身の専門性を築いていきたいです。現場に参加する際には、自身のことだけでなく、「周りの生産性をどう向上させるか?」を常に考え、マネージャーとしての目線を身につけたいです。

5年後をめどに、リーダーとして小規模のプロジェクトを回し、知見を身につけ、10年後には大規模案件のリーダーとしてプロジェクトをマネジメントできる人間になりたいと考えています。
Point 「10年後の理想の自分」に近づくために、どんな努力をしていきたいか?ステップバイステップで説明する
そのために、まず技術面でスタートダッシュが切れるよう、現在は就活の合間をぬってプログラミングの勉強に励んでいます。
Point 現在、目標のためにやっている努力があれば伝える。なければ、「努力する予定」でも可

あなたの面接力はどのくらい?

面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?
それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。

結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

【質問の意図】なぜ面接官は「10年後の自分」を質問するのか?

まず、そもそも、なぜ企業は「10年後の自分はどうなっていたいか?」質問するのでしょうか?その意図を考えてみましょう。質問の意図を押さえることで、より的確な回答ができるようになるはずです。

1.学生のキャリアプランと企業のキャリアパスにミスマッチがないか

「10年後どうなっていたいか?」を聞けば、学生の大まかなキャリアプランがわかります。そのキャリアプランと、自社のキャリアパスが一致するかを確認しようとしています。実際のキャリアパスと、大きく外れた「10年後の自分」を言ってしまうと、「本当に志望しているのかな?」と志望度を疑われてしまいます。

2.入社意欲を確かめたい

「10年後の自分像」を明確に答えるには、企業研究・職種研究を入念しにしておかなければなりません。「10年後の自分像を答えられるなら、入社意欲が高いだろう」と考え、入社意欲を確認する意味で、企業は10年後の自分像を質問するのですね。

3.学生は明確な目標・ビジョンを持っている人材か

「こうなりたい」と明確な目標をもって仕事にのぞめる人は、何の目標もなく日々を過ごす人よりも、成長していけるはずです。仕事に対して、明確な目標を持って取り組める人材かを、この質問で確認しようとしています。
imasia_15025085_S-1

面接で「10年後の自分」について質問された時の答え方

1.OB訪問や採用ページから「10年後のモデル」を探そう

この質問に的確に答えるには、「10年後どうなっていたいか」を具体的に答える必要があります。しかし、その会社での「10年後の姿」なんて想像できませんよね。では、どうするか?大きく3つの方法があります。
  • OB訪問をして、10年後の自分のロールモデルを探す
  • 採用ページの「先輩社員インタビュー」からモデルを探す
  • 「キャリコネ」の口コミから、10年後のキャリアパスを把握する
上から順にオススメの方法です。これらの方法を使えば「その会社で10年働くと、具体的にどんな仕事を任されるか?」のイメージが掴めると思います。OB訪問や先輩社員インタビューから、「なりたい自分のモデル」を探し、回答の参考にしましょう。

2.目標のためにどんな努力をしていきたいのか?

「10年後の目標」を語るだけでなく「そのために、何をしていきたいか?」も説明しましょう。「具体的にこんな努力をしていきたい」とプランを話せば、あなたの向上心や仕事への熱意がつたわります。

例文のように「入社後には〜をして〜の能力を身につけ、その後に〜」とステップバイステップで、10年後の自分に至るまでの過程を語りましょう。

また、目標に向けて、現在やっている努力があれば、必ず触れておきましょう。目標にかける想いが効果的にアピールできます。
例文
10年後は営業も開発も行える、どこに行っても活躍できるようなオールラウンダーになっていたいです。
そのためには営業とプログラミングスキルをどちらも磨く必要があると考えており、現在はアルバイトとして営業の職種を経験しつつ、空いた時間でプログラミングの勉強をしています。

3.企業の方向性を意識した回答を

「10年後の自分」「10年後の目標」は、会社の経営方針と合致している必要があります。会社が縮小させようとしている部署への熱意を語っても、「その部署は縮小方向だから、熱意を語られても…」と思われてしまうでしょう。

会社の経営方針を理解し、経営方針にそった「10年後の自分」を説明できるようにしてください。
例文
10年後は社会の常識を壊して新しい常識を創り出せるような人間になりたいです。
具体的には、御社の中でも戦略投資部門にあたるフィンテック部門においてキャッシュレス化と新しいお金の概念形成に尽力して、社会に対して価値を提供したいと思います。

4.採用人数が少ない部署への情熱は語らない方がいい

「人事として〜がしたいです」「総務として〜」など、あまり採用人数がないポジションへの熱意を語るのも控えましょう。採用人数が少ない部署への熱意を語っても「でも、その部署、今年は採用ないんだよね」と思われてしまうだけです。
例文
10年後は多くの人の可能性を引き出せるようなマネージャーになりたいと思います。
人を育成するというとまず人事として働くことがイメージされてしまいますが、どのような部門にいたとしてもしっかりと同僚や後輩のポテンシャルを発揮させるマネージャーとなるのが私の理想です。

5.あくまで「仕事上の自分」について答えること

まれに「結婚して母親になり、育児と仕事の両立を〜」とプライベートの目標を話す人がいますが、やめましょう。面接で聞いているのは「仕事上のビジョン」ですから、プライベートのことは聞いていません。

また、「人から信頼される営業になりたい」などの抽象的な回答もやめてください。職種研究が浅いという印象を与えてしまうからです。
例文
10年後は契約して終わりではなく、契約してからもしっかりとお客様の売り上げを伸ばすことができる営業マンになりたいと思います。

そのために、しっかりとお客様の課題を理解できるビジネス感覚と、お客様の心に寄り添えるコミュニケーション能力を磨いていきたいです。

「10年後の自分」について質問された時のOK回答例

例文
10年後の自分は、クライアントのニーズをしっかりと把握して的確な解決策を提示できるコンサルタントになりたいです。

目標の達成の為にまずは、先輩コンサルタントが行なっている思考方法やクライアントへのヒアリング方法、日々の働き方を徹底的に観察して自分のものにしたいと考えています。

すでに活躍している先輩方には活躍の理由が必ずあり、新人の自分にとってはそれを会得することが成長の近道だと考えるからです。

そして基礎となるスキルが身についてきたところで、自らの個性や特徴を活かしながらクライアントとのプロジェクトを成功へと導ける人材になりたいです。

Point
  • まずは、10年後に「どのような事が出来る自分になっていたいのか」を具体的に述べていることがgood!
  • 10年後の理想像へ近づくために、どのような方法や努力をしようと考えているかを述べていることがgood!
  • 回答→根拠→結論の流れを使って答えを述べていることがgood!
例文
10年後は、社会をあっと言わせるような企画を量産するプランナーになりたいです。

目標達成のために私は、圧倒的な質と量のインプットとアウトプットをこなす事が必要だと考えています。

その理由は、たくさんの情報に触れるとともにそれを用いていくつもの企画を作っては精査することで、ベストと言えるような企画ができると思うからです。

現在では10年後の目標のためにも月10冊の読書と週1回のブログ更新をノルマとしており、社会人が始まってからも努力の中で理想を達成します。

Point
<
  • プランナーという職種と、企画をするという具体的な仕事内容を回答出来ていることがgood!
  • 目標を達成するために必要なこと、根拠を述べていることがgood!
  • 現在行なっている目標達成のための行動を述べていることがgood!

「10年後の自分」について質問された時のNG回答例

例文
10年後は、周りの人に信頼される人となりたいです。しっかりと仕事をして、働いている中で同僚や先輩の期待に応えられる人になりたいと考えています。

Point
  • 10年後の理想像が具体的でなく、非常に曖昧となっている
  • 目標を達成するための方法が「しっかりと仕事をする」という曖昧なものになっている
  • 全体的に曖昧で、面接官に「この学生は自分の将来について考えていないのでは?」という印象を与えてしまう
例文
10年後は、経理のプロとして会社の土台を支える役割を担いたいと思います。

特に経理の中でも経費削減を担当して、会社の無駄遣いや非効率を改善していきたいです。

そのために新卒で入った後のキャリアとしては、経理のプロとしての道を進んでいきたいと考えています。

Point
  • 志望する職種(経理)が新卒採用で募集しているのかが分からない
  • やりたい事が限定的であるため、そのキャリア以外の道では採用できないという印象を与えてしまう
  • 無駄削減を掲げている企業なら良いが、ベンチャー企業や大手企業などではあまり注力していない場合もあり、企業の方向性に合っていない可能性がある
例文
10年後の自分は、世界一周をするようなアクティブな人でありたいと思います。

世界一周は学生時代からの夢であったため、コツコツと貯金をしていきながら必ず夢を達成したいです。

Point
  • キャリアイメージを聞いているのに、仕事に関係のないプライベートな回答をしてしまっている
  • 「仕事をしている自分の10年後」を聞いているのに、個人的な夢・やりたいことを話してしまっている
  • 面接官に「なぜ学生時代にやらないのか?」という印象を与えてしまう
自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。