例文でわかる!エントリーシートのキャリアプランの書き方

エントリーシート(ES)のキャリアプランの書き方

就活のエントリーシート(ES)で「キャリアプラン」「キャリアビジョン」を聞く質問が、最近よく出題されます。

キャリアビジョン・キャリアプランとは、「あなたが将来どんな仕事をしたいのか?」「あなたは将来どんな人間になりたいのか?」を問う質問です。エントリーシートでは、

  • あなたは10年後どのような人間に成長したいですか?その目標の実現のために、当社をどのように活かせると考えていますか?
  • あなたのキャリア上、当社をどんなステップにしたいと考えていますか?

という形で聞かれます。では、これらの質問にどう答えれば良いのでしょうか。

まず、この質問をする企業の意図を理解しましょう。


キャリアプランを問う理由を理解

エントリーシートでキャリアプランを問う理由は、自社との相性をチェックするためであることが多いです。
新卒の採用には、採用担当者の人件費だけでなく、専用サイトの開設や説明会開催、採用後の教育など、様々な時間とお金のコストがかかっています。そのため、採用後に「思っていた働き方と違う」などの理由ですぐ辞められてしまっては、企業側としても困ってしまうのです。

そのような事態を防ぐための質問が、このキャリアプランについての質問です。事前にキャリアプランを聞くことでどのような働き方を希望しているのか把握し、自社の雰囲気や働き方と合致しているかを確認しています。反対に、あまりにも自社の雰囲気とずれているようだと、「この子はいずれ辞めてしまうかもしれない」と思われてしまい、不採用につながりかねないので注意しましょう。

また、面接ではキャリアプランの質問以外にも、自己PRなどで入社後の働き方について述べる場面が多くあります。それぞれの質問において、入社後の自分像がちぐはぐになってしまわないように、あらかじめ回答内容をチェックしておきましょう。

具体的なイメージが持てているのか

キャリアプランについての質問は、入社後のイメージがどれだけ描けているのかについて確認する目的で聞いていることもあります。

就活生がどれだけ自社のビジョンに共感し、すばらしい志望動機を持って入社したとしても、その後のイメージが全くないままでは「その企業で働くこと」がゴールになってしまい、そこからさらに成長することができません。それどころか、途中で働く意味を見失ってしまい、辞めてしまう…という事態さえ有り得るため、採用担当者はあらかじめ入社後のイメージについて確認をしています。

5年後、10年後のキャリアプランを問うことは、「入社した後、どんな目標に向かってどのように努力を続けていくのか」が問われているということです。具体的にどうなりたいのか、そのためにはどんな努力をしなければならないのかを整理して、自分なりのキャリアプランを描いてみてください。

キャリアプランを聞く企業の意図

キャリアビジョン系の質問が知りたいのは、「あなたの目標」と「会社の方針・入社後の仕事」が一致しているかどうかです。

目標と入社後の仕事・会社の方針が一致していれば、人は力を発揮できるでしょう。

例えば、「プロフェッショナル志向」の人間が「コンサルティングファーム」を目指すのは理にかなっているので、意欲的に働くことができるでしょう。逆に、「起業をしたい!」という人間が、JR東海のような安定・保守的な企業を目指すのは、目標とキャリアステップがズレているので、長期的に力を発揮することは難しい。

では、どうすれば会社と「あっている」と考えられる「キャリアビジョン」の回答ができるのでしょうか?

大きく3つあります。

就活の軸を定めよう

就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。
しかし、就活の軸を定めることは難しいです。そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。

就活の軸には、年収という観点以外にも様々なものがあります。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひ無料でダウンロードしてみましょう。

imasia_15025085_S-1

会社の方向性と自分の共通点を探る

あなたの目標と会社の方向性が一致していることが重要です。この部分がズレていると、面接官は「この子は会社に入っても長期的には活躍してくれないのでは?」と感じます。

目標と会社の方向性を一致させるのは、それほど難しくありません。会社の方向性は企業トップの発言をインターネットで検索したり、会社のIRレポートを読めば大体把握できます。

具体的には、「グローバルに展開して、ビジネスを発展させていく」を戦略上の目標に掲げる会社ならば、「海外でビジネスを展開できる人間になりたい」と書けば良いのです。


企業研究を欠かさない

会社の方向性と自分の共通点を探るためには、企業研究が欠かせません。時間がないからと言ってサラッと調べるだけで終えてしまうと、ありきたりな情報しか出てこず、他の就活生と大差のない平凡すぎるキャリアプランになってしまう可能性があります。

まずは、説明会へ参加したり、企業の採用ページやIR情報などをチェックして、志望している会社がどのような目標を掲げているのかチェックしましょう。会社によっては、社長交代などで会社の方針が変わっている可能性もあります。ネット検索などで情報を入手した場合は、その情報が最新のものかどうか、必ず確認しましょう。

また、企業研究の一環として、OB訪問をしてみるのもおすすめです。会社のことはその会社で働いている社員が一番よく知っています。現場の社員が肌で感じている自社の雰囲気を教えてもらうことで、ホームページなどでは得られない情報を得られるかもしれません。

さらに、先輩社員がこれまで経てきたキャリアは、入社後に自分も歩む可能性のあるキャリアです。先輩社員が入社後、どのような部署で、どのような仕事をしてきたのかを教えてもらうことで、キャリアプランが描きやすくなります。

現在と地続きの目標を書く

目標は会社があなたを判断するために、重要な項目です。あなたの目標と、会社の方向性や入社後の仕事がつながるならば、会社はあなたを「入社後も活躍してくれるだろう」と評価します。

だから、目標は空想物語であってはいけません。大学のテニスサークルで遊んでいただけの人間が「恵まれていない子供たちを豊かに」といっても説得力がありません。

もし、「恵まれていない子供たちを豊かに」というのであれば、現在も海外のボランティアやNPOで積極的に活動していることが望ましいと考えます。目標に向かい、現在から努力をしている人間は、何のビジョンも持たず、フラフラしている人間と比べて、成長度が高いので、企業から好まれます。

具体的な目標を書く

将来の目標は具体的に書くべきです。
なぜなら、将来の目標を見て会社はあなたの方向性との一致点を探るので、これが曖昧に書かれていると判断に困るからです。

さらに、目標は具体的であることで、それに向かうための効果的な行動を生み出します。具体的な目標を掲げることのできる人物はビジネスパーソンとしても成長できる資質を持っているといえます。

たとえば、NGな抽象的な目標とは以下のようなものです。


盛らずに正直に

キャリアプランを立てるにあたり、目標に見合った行動が今現在できていないからといって、話を盛りすぎるのは止めておきましょう。たとえその場ではうまくごまかせたとしても、だんだんと態度がおどおどしてきたり、後々の質問でつじつまが合わなくなったりするなど、ボロが出てきかねません。

また、採用されたいからと言って、本来の自分と大きくかけ離れたキャリアプランを述べるのも危険です。これまでに受験した適性検査などから嘘をついていることがバレる可能性もありますし、もしそのキャリアプランを買われて入社した場合、自分の本来希望する部署とは真逆のところへ配置される可能性もあります。

ただし、自分の心に正直に話す方が良いとはいえ、何も成長のない現状維持のキャリアプランを述べるのも良くありません。企業はあなたに「常に会社に利益を与えてくれる人間」として成長し続けることを期待しています。盛りすぎず、少しずつでも成長し続けられるようなキャリアプランを立てましょう。

Bad Example

グローバルに活躍できる人間に成長し、世界のマーケットを相手にしたい

グローバルや、マーケットという言葉の概念が広すぎますし、具体的に何をしたいのか?がわかりません。

良い目標を書く方法

具体的な目標を書くには、5W1H要素を充実させる必要があります。
  • What・・何を成し遂げたいのか?
  • Where・・どこでやりたいのか?(国内or海外)
  • When・・いつまでにやりたいのか?
  • Who・・誰とやりたいのか?
  • Why・・なぜやりたいのか?
  • How?・・どんな風に実現したいのか?

を書きましょう。全て書くには文字数が少なすぎる場合は、『何を成し遂げたいのか?』『いつまでにやりたいのか?』『なぜやりたいのか?』に絞って書いてください。

では、以上の3つのポイントを反映した回答例を見てみましょう。


抽象的な言葉を避ける

5W1Hを意識したキャリアプランを考える際、抽象的な言葉は避けるように気をつけましょう。

例えば、悪い例として、「何を成し遂げたいのか」について「自分の力でこの会社を世界一の会社にする」などど答えたり、「どんな風に実現するのか」について「たくさんの知識と経験を身につける」などと答える人がいます。どちらの回答も「世界一」や「たくさんの知識」など抽象的な表現が多く、結局何がしたいのか、どう頑張っていくのかが具体的に見えてきません。

また、目標設定で陥りがちな表現として、「いずれは〜になりたい」と答える人も多いです。しかし、これも「いずれ」が具体的にどの程度の年数を見込んでいるのかわからず、目標への本気度が伝わりにくくなっています。

キャリアプランを考える際は、抽象的な表現ばかりになっていないかどうか、書き終えた後に改めて客観的な視点でチェックするようにしましょう。

あなたのキャリアプランを教えて下さいへの回答例

では、難関企業であるアクセンチュアに内定した内定者のキャリアプランを見ていきましょう。今まで紹介したポイントがしっかり押さえれれています。

Q.あなたの10年後の目標はなんですか?また、それを実現する上で弊社のキャリアを選ぶことがいかなる意味を持つか書きなさい(アクセンチュア)

私は起業を通して、10年以内に途上国の教育機関の変革や支援を行いたいと考えている。学生時代から教育支援に興味があり、途上国で孤児に語学教育を施すボランティアを行ってきた。

授業をうけた生徒が日本人向けのガイドという現地では良い職業につけた経験から途上国での教育が現地の生活支援に効果的であることを実感した。

しかし、「支援」という枠組みでは持続可能性に乏しいので、起業という形でビジネスとして支援を実行していくことが必要であると考える。

そのために必要なことは、2つあると考えている。ビジネスとは何かを深く知ることと、チームをまとめる力を身につけることだ。(理由省略)

御社では若いうちから一人で仕事をとってき、チームを組んで仕事に取り組むことができる。また、コンサルタントでありながらも実行支援も行っており、ビジネスを俯瞰的に見ることも泥臭い部分を見ることもできる。そのため、先ほど述べた2つのことを知り、身につけることができると感じている。

解説

目標、その目標にコミットしている理由、それを実現する上で会社を選ぶ理由が記述されています。目標に対して、会社でのキャリアで得たいものが明確なので、会社に入った後にも将来の目標のため、努力するであろうと考えられます。

ただし、「起業」が目標であると答えるのは会社を離れることに寛容な外資系企業では許されますが、日系企業では煙たがられる場合がありあります。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。