【2016卒】就活生必見!内定が出る時期はいつから?

imasia_12911973_S

「就活の内定はいつ出るのか?」は気になるところですよね。2016年卒からは、就活の開始時期・内定時期が大きく変わります。例年と同じような気分でいると、大きなミスをしてしまうことも。

そこで、2016年卒以降、内定が出る時期はいつになるのか?を解説していきます。

大きく後ろ倒しになった就活のスケジュール

※スマートフォンの方は、クリック・ピンチで拡大できます。

Scedule

経団連の倫理憲章が変更になり、2016年卒以降は、就活のスケジュールが

  • ナビサイトのエントリー解禁が12月1日から3月1日に変更
  • 選考開始が4月1日から8月1日に変更

大きくこの二つの大きな変更がありました。これは内定時期にどんな影響をあたえるのでしょうか?

面接評価シートで面接官のチェックポイントを確認しよう

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があるのです。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで面接官視点を把握することができます。

面接官は、どのような就活生を評価するのでしょうか。
面接評価シート」を無料でダウンロードして、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

就活の内定時期は9月に集中する

2016年卒の就活は、選考開始が8月、内定式が10月に行われます。内定式を行うためには9月中に内定を出しておく必要があります。よって、2016年卒の内定時期は9月に集中することになるでしょう。

今までの就活は5月〜9月に内定が出ていた

去年までの就活では、4月末〜6月までに6割ほどの内定が出て、6月〜9月までに3割ほどの内定が出され、10月〜2月までに秋採用・冬採用という形で残りの1割の内定が出る、という形でした。

内定が出る期間のスパンが長かったので、序盤の就活で失敗しても、後半に頑張れば内定をとることができました。

より失敗できない就活に

例年は主要な内定が出る期間が3ヶ月近く(4月〜6月)ありましたが、今年は9月の一ヶ月で6割近くの内定が出るようになるでしょう。この1ヶ月で内定をとれないと、残り少ないパイを争う、厳しい後半戦を戦わなければなりません。

imasia_15025085_S-1

外資系・中小企業は8月前に内定を出す

今まで述べてきたように、経団連の倫理憲章が8月1日からの選考解禁を要求しているので、経団連に参加している企業の選考は8月1日以降となります。

しかし、外資系企業・ベンチャー企業・中小企業は、この経団連倫理憲章に参加していないので、8月1日ルールを守る必要がありません。だから、外資系企業・ベンチャー企業・中小企業の中には、8月前から面接選考を行い、内定を出す企業が数多くあります。


秋採用・冬採用が活発になり、10月以降にも内定が出るように

例年は秋採用・冬採用で内定が出ることはほとんどありませんでした。というのも、4月〜9月までと選考期間が長いので、この期間にほとんどの内定が出尽くしていたからです。

しかし、2016年卒からは、就活の選考期間が短期化して余裕が無くなるため、9月の間に内定が決まらない就活生も多く出てくることでしょう。また、予定の採用人数を集められない中小企業・中堅企業も増えてくるはずです。

これらの影響から、今までにないほど秋採用・冬採用で、内定が出るようになるでしょう。夏に内定を決められなくても焦らずに行動すれば、卒業までに内定を獲得することができます。

すぐに内定が出なくても、粘り強く行動し、内定を獲得しましょう。

2016卒の就活生はどう行動をするべきか?

できるだけ多くの企業を受ける

秋採用・冬採用が活発化するとはいっても、主要な内定は9月に出尽くしてしまいます。パイが少ない秋採用・冬採用はどうしても厳しい選考になってしまうでしょう。

このリスクを避けるには、できるだけ多くの企業の選考にエントリーすること。単純な話ですが、志望企業が多いほど、内定が出る確率が上がるからです。8月からの選考が上手く行かなくってからエントリー数を増やしても、間に合いません。

8月前にできれば30社以上の選考にエントリーをしておきたいところです。

8月前に中小企業・外資系企業の選考を受ける

8月でいきなり面接の本番を迎えると、なかなか緊張して上手くいかないでしょう。事前に面接選考を受け、慣れておく必要があります。

外資系企業・中小企業は8月前にも選考を行っています。選考が早い企業を積極的に受け、面接に慣れておきましょう。もし、8月前に内定をとれれば、かなりリラックスして選考が受けられるというメリットもあります。

就活の悩み、プロに相談してみませんか?
SPI_LPheader

就活で悩んでいる20卒に本気でオススメしたいエージェントサービスがcareerticket(キャリアチケット)です。

careerticket(キャリアチケット)を運営するレバレジーズは、キャリアサポートを10年以上行っている実績のある会社です。
そのため、博報堂や損保ジャパン、ハウス食品、オルビスなどの大手優良企業の取り扱いがあるので、いわゆるブラック企業を避けられるエージェントサービスです!

また、careerticket(キャリアチケット)は
大手エージェントのように機械的に企業を紹介するのではなく
適性に応じた会社を3〜5社のみ提案してくれるので、信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

careerticket(キャリアチケット)のおすすめポイント5つ

  1. 最短1週間でスピード内定できる
  2. 大手優良企業の紹介実績があるので、ブラック企業を避けられる
  3. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠がある
  4. 個別の面接対策やES添削も無料でしてくれる
  5. 専任のエージェントがマンツーマンであなたの就活を徹底サポート

careerticket(キャリアチケット)なら
3年後のキャリア形成まで見据えた、後悔のない内定を実現できます!

\ まずは就活のプロ相談してみよう! /

今すぐ相談してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
就活の悩み、プロに相談してみませんか?

【最速内定!】安心して・早く・確かに内定が狙えるサービス『doda新卒エージェント』

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。