疑問解決!プレエントリーとは何か?エントリーとの違いは?

imasia_10270581_S

「就活はまずプレエントリーから始めよう」ナビサイトはそう言ってきますが、そもそもプレエントリーって何?エントリーと何が違うの?と、混乱していませんか?

そこで、プレエントリーとは何か?エントリーとは何が違うのか?を解説していきます。

プレエントリーとエントリーとの違いは何か?

プレエントリーとエントリーって言葉が似ているので、混同してしまいますよね。一言で違いを言うと、

  • プレエントリー…リクナビ等のナビサイトや企業の採用サイトから採用情報(個人情報・志望したきっかけ)を登録して、企業へ「御社に興味を持っています」と意思表示をすること
  • エントリー(本エントリー)…エントリーシートを提出し、選考に本格的に参加すること

エントリーは、エントリーシートを提出して本格的に選考に参加すること。プレエントリーは、リクナビや企業のサイトに個人情報や採用に必要な情報(志望したキッカケ・簡単な自己PR)を登録することです。

あなたの就活力はどのくらい?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。

ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。
無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

プレエントリーにはどんな意味があるのか?

さて、ではプレエントリーにはどんな意味があるのか。プレエントリーをすると、どんなことが出来るようになるのでしょうか?プレエントリーには大きく3つの意味があります。

  • サイトに登録した住所に資料が送付される
  • 説明会の開催情報やエントリーシートの配布等の選考情報を、企業があなたのメールアドレスに連絡してくれるようになる
  • ほとんどの企業では、説明会の予約にはプレエントリーが必要

このように大きく3つの意味があります。説明会の予約にはプレエントリーが必要ですから、志望企業には必ずプレエントリーをしておく必要があります。

つまり、企業に「あなたの企業に興味がありますので、選考情報・採用情報を連絡して下さい」と意思表示をするのがプレエントリーの機能。就活の第一ステップといえます。

imasia_15025085_S-1

プレエントリーを効率的に進める方法〜注意するべきポイント〜

就活の大事なファーストステップである「プレエントリー」。では、効率的に就職活動を進めるためには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

就活解禁日前にプレエントリーをする企業を決めておこう

プレエントリー解禁(3月)になってから、「どこにプレエントリーしようかな」と決めているようでは、少し遅いかもしれません。というのも、早い企業では、3月からすぐに説明会の開催がはじまるからです。

説明会開催の情報を知るには、最低でも開催前にプレエントリーをしておかなければなりません。ということは、説明会に確実に参加するには、3月前には志望業界の目安がついている必要があるわけです。

3月前には自己分析・業界分析を済ませ、志望業界・企業の目安をつけておきましょう。

興味がある企業には必ずプレエントリーをしよう

プレエントリーをしていないと、説明会の開催やエントリーシートの提出締切のような選考情報が連絡されません。だから、プレエントリーをしていないと「気がつかないうちに選考が終わっていた」「気がつかないうちに、参加必須の説明会日が過ぎていた」のような事態になりかねません。

プレエントリーをしないせいで選考に参加できないなんて馬鹿げていますよね。プレエントリーはせいぜい数分で終わります。興味をもった企業にはプレエントリーをしておきましょう。

プレエントリーから選考が始まっていることもある

ほとんどのプレエントリーは、名前・住所・大学等の基本情報を登録するだけで完了します。しかし、中には「自己PR(200字程度)」「志望したキッカケ、興味を持ったキッカケ」等の簡単な記入を求めるものがあります。

これらの記入を求める企業は、この自己PRや志望したキッカケ等の情報をもとに、説明会を優先的に案内する学生や、リクルーターをつける学生を決めている場合があります。

簡単な自己PRや志望動機を求められた場合は「そこから選考が始まっている」と考えて、身長に記入しましょう。

自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」
SPI_LPheader

インターンをする前に、自分自身を把握してみませんか? 自己分析は就職活動にもつながるので、先に進めておくと就活本番になった際に慌てずにすみます。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

今すぐ登録してみる(無料)

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
プロフィールを登録するだけ!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
平均点は80点!あなたの就活力知りたくありませんか?

20の質問であなたの就活力を診断!【就活力診断】

SPI 3
【無料】SPIパーフェクト問題集&模試

就活で必須のSPI。対策は進んでいますか?買うと地味に高いSPI問題集が無料で手に入るチャンスです!!

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。