就活生は要注意!自己分析でハマりがちな5つの落とし穴

imasia_13514719_S

就活で必要な自己分析。リクルートの調査によれば、企業が採用で一番重視しているのは、「人柄」です。「私はこんな人間です」と自信をもって答えるために、自己分析は欠かせません。

しかし、この自己分析。誤ったアプローチをしてしまうと、就活に悪影響を与え、内定が遠のく可能性があります。気をつけるべき「間違った自己分析」のパターンを解説いたします!


1.先入観に縛られて、長所を探してしまう

一番多いのは「私は部活を長くやっていたから、継続力が長所のはずだ」とはじめから長所を決めつけて、しっかり自己分析をしないパターンです。

しかし、そうやって安直に決めると「なぜ続けられたのですか?」「続けるためのあなたなりの秘訣は?」「部活の他に継続力を発揮した経験は?」と深堀りされ、全く答えられず、面接に落ちてしまうのです。

先入観に縛られては、自己分析は上手くいきません。じっくり過去の経験を掘り下げれば、「自分が本当に得意なこと」が見つかるはず。先入観に縛られず、まず過去の経験を振り返って、「なぜ頑張れたのか?」「なぜうまく行ったのか?」「自分はそこでどんな行動をとったのか」を掘り下げていきましょう。

2.志望企業を意識しすぎてしまう

志望企業を意識しすぎて、自己分析をするのも、よくある失敗パターン。たとえば、「総合商社の求める人材は、チャレンジ精神のある人材だ。チャレンジ精神を発揮した経験はないかな?」と志望企業に縛られて、自己分析をする。

すると、「チャレンジ精神を発揮した経験は?うーん…人見知りだけど接客業のアルバイトをしたことかな…」とチャレンジ精神をアピールするには、いまいちな経験を選ぶことに。

ひどい場合は、そもそも全くのデタラメ経験をこしらえようとする就活生までいます。

志望企業の「求める人材像」は一旦忘れて、学生時代の経験を詳しく分析し、「自分はどういうことが得意なんだろう?」「複数の経験で発揮されている強みはないかな?」と自分の本当の長所を探してください。

3.「自分なんか…」と思って長所を探せない

「自分には長所なんてない…」とはなから諦めてしまっている学生も多いです。

「サークルのリーダーをやったわけではないし、ゼミも平メンバーだから、アピールすることなんてない」と長所探しを諦めてしまう。

けれど、社会人からすれば、サークルのリーダーだろうと、レジ打ちのアルバイトだろうと、どちらも直接仕事と関わっているわけではないので、大した違いはありません。

大事なのは、「肩書」「結果」ではなくて、あなたがその経験の中で「何を考え」「どう行動したか」です。行動過程・思考過程を詳しく伝えれば、凄いエピソードではなくても、あなたの長所が伝わり、内定がとれます。

実際、吉野家のバイト経験を話して総合商社から内定をとった学生も、塾のアルバイト経験を話して大手シンクタンクから内定をとった学生もいます。

「こんなの大したことないよ」とはじめから排除せず、学生に頑張ったことをまず洗い出してみましょう。そこで「なぜ頑張れたか?」「課題は何だったか?自分は何を考え、どう取り組んだか?」を詳しく掘り下げていく。すると、誰でも「これには自信がある」という長所が見つかるものです。

4.自己分析の結果にこだわりすぎてしまう

自己分析の結果に縛られて、志望業界を絞りすぎるのは、時に致命的な失敗をまねきます。具体的には「私は人に感動を与える仕事がしたい。多くの人に感動を与えるにはマスコミ業界しかない!」と業界を絞りすぎてしまう。

すると、受ける企業が必然的に少なくなります。受ける企業が少なくなればなるほど、当たり前ですが、内定をもらえずに終わる確率はあがる。

自己分析で見つかった「やりたいこと」はあくまで目安。説明会で詳しく話を聞くと「最初はあわないと思っていたけど、この企業の仕事もやりたいことに近いかも?」と感じることがあるはずです。

説明会に行く、OB訪問をする・・・行動を重ねていけば、「行きたい企業」は増えていきます。自己分析は大事ですが、その結果に縛られて、志望業界を絞りすぎないように。あくまで目安と考えて、幅広い業界の説明会に参加してください。

5.自己分析にハマって先に行けなくなる

「絶対内定」のようなハードな自己分析をする学生に多い傾向です。「本当の自分は何だろう?自分の本当にやりたいことは何だろう?」と考えすぎて、立ち止まってしまう。就活を進められなくなってしまうのです。

自己分析の目的はあくまで「内定をとるためのもの」志望企業に向けて「私は〜が得意です。御社でこの長所をこんな風に活かしたいと思います」「私のやりたいことは〜です。御社でなら、それに取り組めると思いました」としっかり答えられるようになればOK。

自己分析は、あくまで内定をとるための情報収集ですから、あまりハマりすぎないようにしてください。

8月でも間に合う!就活の後半でも内定が狙える「マイナビ新卒紹介」

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。