自己分析が分からない人注目|目的ややり方について紹介

自己分析を無師しよう

「就活では、まず自己分析をすることが大切」という言葉はよく耳にするものの、なぜ大切なのか理解していないまま、なんとなく自己分析をしている人は多いのではないでしょうか。

自己分析に時間をかけることは、就活においては一見遠回りのようにも思えます。しかし、正しく自己分析をすれば就活を効率的に進められ、採用後のミスマッチも減らせるのです。

また、自己分析は自分に合った企業を探す助けとなり、自分を理解することで、自分の魅力を企業にわかりやすく伝えるための助けにもなります。

企業の研究を始める前に、自己分析をする目的を理解し、自分の価値観や適性を明確にしておきましょう。

自己分析の目的は自分に向き・不向きの職種や業界・企業を見つけるため

自己分析をする大きな目的は、自分に向き・不向きの職種や業界・企業を見つけるためです。

就活生の中には、まだ自分のやりたい仕事や興味のある仕事がわからない、という人も多いのではないでしょうか。

就活の方向性が決まっていない時は、最初に、自己分析で自分の性格や価値観などを振り返ることで、自分に合った企業や興味のある企業を見つけやすくなります。

また、自分の性格や価値観を理解しておくことで、採用面接では必ずと言っていいほど聞かれる志望理由や自己PRでも、説得力のある回答を用意できるでしょう。

だからこそ就活の始めに自己分析をし、これまでの自分を振り返り、どのような考え方や価値観を持っているのか明確にしておくことが大切なのです。

適職を見つけ早期離職を防ぐ

長い就活の末、苦労して企業に入社したとしても、残念ながら早期に離職してしまう人は少ながらず存在します。

早期離職の原因としては、「自分の性格に合わなかった」「自分の能力を活かせる企業ではなかった」といったものが考えられます。

もちろん、実際に企業に入社して働き始めてからでないと、わからないこともありますが、入念に自己分析をしていれば、ある程度はミスマッチを防げるはずです。

自己分析をすることは、企業探しや選考対策を効率的に進められるだけではなく、採用後のミスマッチを防げるというメリットもあります。

強みを把握し効果的な自己PRをする

採用面接では、限られた時間の中で、初対面の相手に自分の魅力を伝える必要があります。

自分の何が強みなのか、どんな性格で、どのような価値観を持っているのかを相手に伝えるためには、まずは自分自身のことを正しく理解しておかなければなりません。

採用面接で聞かれる、「志望理由」「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」「自分の長所・短所」などは全て、自分自身のことを正しく理解していなければ、採用側が魅力を感じるような回答を用意するのは難しいでしょう。

自己分析のやり方がわからない

自己分析の大切さを理解したとしても、具体的にどうやって自己分析を進めたらよいのか、わからないという人も多いのではないでしょうか。

「自分に合った企業を見つけやすくなる」「選考に活かせる」などのメリットがある自己分析ですが、決まった方法があるわけではありません。

自己分析の方法としては、インターネット上でできる診断ツールの利用や、学校や就活サポート会社が開催する自己分析セミナーへの参加などが考えられます。

自分一人でじっくり考えるのが合っているのか、それとも人と一緒に考えるのが合っているのかによって、最適な自己分析の方法も人それぞれですが、ここでは自宅でも簡単に行える自己分析の方法を紹介します。

過去の特徴的な出来事を洗い出す

自己分析では、過去の特徴的な出来事から、そのときの自分の感情や行動を振り返っていく方法が効率的です。

「過去の出来事と言っても、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない」という人は、「頑張ったこと」「楽しかったこと」「辛かったこと」などのテーマを決めて考えていくのがおすすめです。

例えば、「頑張ったこと」というテーマであれば、サークル活動やボランティア活動、卒業論文など、自分が頑張ったと思えるような出来事を振り返りましょう。

その出来事を選ぶ理由を「why」で深掘りしていく

過去の出来事を振り返るときは、「具体的に何を頑張ったのか」「そのときの感情は?」「どのような工夫をしたのか」「周りの人には何を言われたか」など、出来事に対して自問自答を繰り返していきましょう。

深堀していくことで、「○○という性格だ。だから自分は頑張ることができた/あのとき成功したのか」自分の持っている考え方や価値観を把握でき、自分の強みや弱みが明確になっていきます。

その結果、自分が企業に求めるものも明確になり、企業探しもスムーズに運ぶでしょう。

一人では自己分析が難しいという人は、家族や友達など、周りの人の意見を聞いてみるのも効果的な方法です。

最終的にたどり着くものが自分の大事にしたいものや譲れない価値観

過去の出来事を振り返り、自問自答してどんどん深堀りしていき、最終的にたどり着くものが自分の大事にしたいものや譲れない価値観です。

例えば、ボランティア活動を頑張ったことを深堀りしていった結果、「助けを必要としている人の役に立ちたいから、ボランティア活動を頑張った」という考えにたどり着いたのであれば、人の役に立てるような仕事が合っていると言えます。

自分の大事にしたいものや譲れない価値観がわかれば、企業選びの際にチェックすべきポイントもわかり、就活を効率的に進められるでしょう。
imasia_15025085_S-1

自己分析で見つけた自分の価値観に合った企業を探す

自己分析で見つけた自分の価値観に基づき、自分に合った企業を探していきましょう。

企業のホームページを見るときや、会社説明会に参加するときは、自分の価値観と企業の特徴が合っているのかをチェックしていけば、本当に自分に合った企業を見つけられるはずです。

自己分析をすることによって、自分でも気づいていなかった価値観や、新たな魅力を発見することもあります。

就活を始める際は、まずは自己分析から始めましょう。

36の質問に答えてパーソナリティータイプを診断しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。

今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

【23卒におすすめ】すでに70,000人が活用してる自己分析ツール!

kimisuka

キミスカは性格・意欲・思考力など、仕事に関する適性を測定するために開発された、高精度自己分析ツールです。 150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かります!

通常の就職活動では、「学生が自分で志望する企業を探す」という性質上、調べることが出来る企業の数には限界があります。 それに対して、逆求人型の就職活動サイト『キミスカ』では、学生が知らない会社との出会いが生まれます。

あなたがチェックし漏れていた優良企業からスカウトが来るチャンスがあるのです。

キミスカのおすすめポイント3つ

  1. 有名・人気企業からスカウトが届くチャンス
  2. 5択の質問に答えるだけで自己分析ができる
  3. 一次・二次パスでいきなり最終選考も!?

キミスカなら、逆オファー型のサービスだから 手間いらずで人気企業からスカウトが届く!

\ まずは無料診断してみませんか? /

今すぐ診断する(無料)