就活は自己分析にはまらない方が上手くいく

自己分析を無師しよう

就職活動の序盤でやることになる自己分析。怒涛のようなワークシートをこなしながら「小学生の頃の夢は何か?」「両親にどういう風に育てられた?」はては「血液型は?」のような質問にこたえながら「自分に向いている仕事」を見つけにいく。これが就活序盤の定番となっています。

でも、いわゆる『自己分析』つまり、「自分に本当に向いている仕事を探す」自己分析をする必要ってほんとうにあるのか?手間をかけてまでやることなのか?疑問に思う学生も多いはず。

さて、いわゆる「自己分析」をやる必要があるのか。結論からいうと、やる必要はありません。なぜやる必要がないのか。

1.自己分析をやっても、わからないから

仕事をしたことがないのに、机の上でワークシートをこなしていくと「どの仕事が向いているのか?どんな仕事に喜びを感じるのか」がわかるのでしょうか?わかりません。

仕事はやってみないとわかりません。向いている仕事、やるべき仕事というのは色んな仕事をこなす中で見つけていけるものなのです。
机の上でワークシートをやっても見つかりません。

ワークシートをやって「そうか、俺は人の役に立つ仕事がしたいんだ!」という当たり前のことがわかるだけ、というのが関の山でしょう。

36の質問に答えてパーソナリティータイプを診断しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

2.それほど深堀りされないから

一部の自己分析本は「君は何型?」とか「好きな色は?」「小学校の頃の夢は?」というような質問に答えることを要求します。しかし、これは無駄です。なぜなら、そんなことは面接でほとんど聞かれないからです。

面接官が気になっていることは、あなたが会社員として、貢献してくれるかどうかで、あなたの好きな色には興味がありません。就活は合コンではないのですから。

imasia_15025085_S-1

3.自己分析でやりたいことは見つからないから

自己分析をやって探さなければいけない時点で『やりたいこと』ではありません。

なぜなら、本当にやりたいことなら、もう既に自分でわかっていて、具体的な行動をはじめているはずだからです。たとえば、「将来漫画家になりたい」と言う人が「まぁ、マンガは1ページも書いたこと無いけど」と言ったら、うーん・・・となりますよね。

本当にやりたいことならば、探すまでもなく、すでにはじめていて、わかっているはずです。探さなければいけない時点で、それは「やりたいこと」ではありません。

大学時代に、そのために何のも行動も起こしてないのに、自己分析で「やりたいことがみつかったー!」といっても、それはまやかしでしょう。本当にやりたいことなら、もう「やっている」はずです。わざわざワークシートをこなして探さなければいけない時点でそれはやりたいことではありません。

やりたいことが害になる

加えていうと、日本の総合職採用は「なんでもやる」仕事です。就職活動で希望した「やりたいこと」が必ずしも実現するわけではありません。あまりにも固定したキャリアプランを描きすぎていると、かえってそのプランがかなえられない時に幻滅してしまいます。

「就活エリートの迷走」という本では、満足のいく内定をとった「就活エリート」が、自分のやりたいことが実現できないあまり幻滅してしまうという事例が紹介されています。何が向いているのかもわからないのに「これだ!」と決め過ぎるのは、かえって自分の可能性を狭めることにつながりかねません。

最低限の「説明」は必要

上記のような「本当の自分を見つける」自己分析は必要がありません。ただ、面接というのはあなたという商品を説明し、売り込む商談なのですから、あなたがどんな人間か説明をする必要はあります。

とはいっても「なぜ志望するのか」「なにが得意なのか」というような『聞かれる質問にしっかり答えるために』やれば十分です。説明の素材集めの自己分析は必要です。

「あなたの小さい頃の夢は?それは今とどうつながっている?」なんていっても、たとえば、私の小さい頃の夢は「おいもさん」でした。なぜなら、おいもさんが好きだったからです。「おいもさん」とキャリアプランを結びつけて語ることなどできません。

なお、就職活動に必要な最低限の「説明のための」自己分析は拙著「60分自己分析」にまとめてありますので、よろしければ是非、ご覧ください。

自己分析に使える!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」

ここまで自己分析の方法を詳しく解説してきましたが「大変そう…」と感じる方もいるかもしれません。自己分析は大事ですが、ゼロからワークシートを埋めていくのも大変ですよね。

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断テスト「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断テストです。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

これは、私がテストした時の診断結果です。この通り、かなり詳しく教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。

OfferBoxに無料登録して、AnalyzeU+を使う

 

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
最終選考からスタート!一発内定を狙える

ES,面接をスキップし、最終選考からスタート!最短即日内定の可能性もあります。ぐるなびやエイベックスなどの一流企業が続々参加!【Meetscompany】

imasia_12756285_S2
最短4時間当日内定を狙える

ソニー、博報堂、ソフトバンクなどの大手グループ企業が参加するイベント!ESや面接不要で当日の内定の可能性もあります!【ジョブコミット】

imasia_14141661_S-2 3
いまからでも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。